ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2017年6月 草津~嬬恋~軽井沢さわやか街道の旅
CATEGORY ≫ 2017年6月 草津~嬬恋~軽井沢さわやか街道の旅
      

夏のクラッシック♪軽井沢万平ホテルでランチタイム

クラシックホテルとは、戦前に創業した日本のホテル、
もしくは戦前に建設された日本のホテル建築を指して用いられる言葉


ホテルニューグランドが呼びかける形で、
日光金谷ホテル・富士屋ホテル・万平ホテル・東京ステーションホテル・奈良ホテルの
5つのホテルとともに「クラシックホテルの仲間たち」というグループを結成し、
共同でのPR活動などを開始した
(Wikipediaより引用)


クラッシックホテル、定義があるのかしら?と検索してみると、
このような記事がありました。




避暑地として知られる軽井沢は、私にもやはり特別な感じがする場所です。

故・ジョン・レノンが家族と共に、毎年のように滞在していた話は有名ですし、
現在の天皇、皇后陛下である、明仁親王(当時)と正田美智子さまの、
テニスコートの恋は、あまりにも有名。

旅友として長い付き合いのオルネリョ!さんと、初めての旅行は、意外にも軽井沢でした。
そこには、たまたま居合わせた友人Cちゃんも一緒というおまけ付きで。
オルネリョ!さんは学生時代からテニス愛好者で(これも意外かもしれませんが)、
ちょくちょくと軽井沢にも足をのばし、意外にも軽井沢にも詳しかったりします。


Cちゃんが貸別荘で作った、石けん味のカレーライスの味は忘れられません。
なぜか、ほのかに石けんの香りがする不思議なカレーライスでした。



さて夏のクラッシック、6月の軽井沢を訪ね、万平ホテルでランチをとりました。

P1290657.jpg

万平ホテルに立ち寄るのは2回目。
前回は、ホテル名物のジョン・レノン自らが伝えたと逸話が残る、
ロイヤルミルクティー(John's favorite royal milktea)をカフェテラスでいただきました。
その時、今度は食事をしよう~と思いましたが、先延ばしの先延ばしに・・・

P1290661.jpg

P1290663.jpg

P1290717.jpg

ホテルに入ると、全体的に明るくなったように感じました。
2014年に、創業120周年を迎え、ロビーやカフェテラスの一部をリニューアルされたそうです。
堂々たる日本のクラッシックホテルもお色直しで、ますます磨きがかかった感じ。

P1290712.jpg

本館にあるメインダイニングルームへ。こちらは昭和11年の建築で、ステンドグラスが印象的。
実は、私たちのテーブル担当だったお兄さん、給仕の係りのお兄さんが気さくな人で、
食事中もフレンドリーですが、食事が終わったあとも、カメラを手にする私に親切。

クラッシックホテルでもガード下の飲み屋でも、同じように振舞うオルネリョ!さん。
給仕のお兄さんの出身地まで聞き出してしまいます。
お陰さまで、ランチタイムが終了したメインダイニングルームですが、
好きなようにカメラに収めることができました。

P1290714.jpg

この日、夜は大きなパーティーが行われる様子で、ランチタイム終了後、準備が始まっていました。

P1290709.jpg

私たちは、こちらのお庭が見えるお席にてお食事でした。


おすすめランチコースを予約しておきました。

P1290671.jpg

信州サーモンのマリネと高原野菜のサラダ
信州でなぜサーモン?と思いましたが、疑問は感動に変わるサーモンでした。

P1290674.jpg

地元で採れた白いんげん豆のスープ。高原で採れた豆がとても美味しく、
思わずお代わり!とでも言いたくなるスープ。

P1290677-1.jpg

オルネリョ!さんはコースのお肉を選択。

P1290681.jpg

私は魚を選択。どちらも美味しく、付け合せの野菜もどれも美味しい~。

P1290687.jpg

ゆったりとした気持ちでデザートとコーヒー。
お皿のすずらんは、万平ホテルを象徴するお花です。

P1290707.jpg

ジョンのように夏の避暑の定宿にしますか?

P1290670.jpg

私たちが案内されたテーブルから、メインダイニングルームを見たらこんな感じでした。


食事が終わり、資料室の見学もしました。

P1290728.jpg

P1290729.jpg

万平ホテルで過ごす、ジョン・レノンとオノ・ヨーコとショーン。

P1290720.jpg

P1290721.jpg

資料室には、田中角栄とキッシンジャー米国大統領補佐官が腰掛けた椅子もあります。
またジョンが気に入ったと言われるピアノも展示してありました。

P1290722.jpg

P1290723.jpg

三島由紀夫の他、東郷平八郎、室生犀星や堀辰雄、宣教師で登山家のウォルター・ウェストンなど、
数々の著名人が利用、宿泊したホテルということが分かります。

P1290724.jpg

P1290725.jpg

P1290711.jpg

江戸時代後期に、佐藤万右衛門が旅籠「亀屋」を開業。
明治に入り、聖公会宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーと、
その友人の東京帝国大学英語教師ジェームズ・メイン・ディクソンが
故郷のイギリスと、軽井沢の気候や雰囲気が似ていることもあり、お気に入りに。

当時の亀屋の主人であった佐藤万平(初代)は、彼らから、
外国人に応対する接客や西洋の生活習慣を学びます。
それらを反映させる形で1894年(明治27年)に亀屋ホテルがオープン。

1902年(明治35年)には、旧軽井沢銀座から桜の沢に移転し、
現在の「万平ホテル」に名称を改めました。

やがて太平洋戦争に入り、旧ソ連とトルコの大使館が万平ホテルに疎開。
終戦後は、アメリカ陸軍第8軍に接収、連合国軍将校向け宿泊基地としての機能を果たし、
それも解除。ホテルの歴史は日本の歴史と重なります。

P1290740.jpg

日本を知る上でも、クラッシックホテル巡りは楽しい~。
そして上質かつ、とてもフレンドリーなサービスを受けながら、
日本のフレンチを楽しむひと時は、とても豊かな気持ちになりました。

万平ホテル、また訪ねたいです。






ワッタカッタ!さんのInstagramはこちら ⇒ ★☆★☆★

フォローしてね^^

ユーザー名は ⇒ wattakatta

ブログ共々、インスタも、よろしくお願いします^^


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いしますm(_ _)m





暑中お見舞申し上げます♪

お久しぶりです。ブログ管理人のワッタカッタ!です。
久しぶりにブログ管理画面にログインしたら、オルネリョ!さんのBLOGとなっていました。

ブログを留守にすると、よそ様のブログに訪問することもなく、自分のブログも放ったらかし。
突然ですが、旅行ブログに戻って来ようと思いますが、すっかり浦島太郎の気分です。

最近の私ですが、今年2月から先ずは断酒を決意。こう書くと、すごい決意みたいですが、
すんなりとお酒は止められました。そして2009年韓国生活が始まるまで続けていたジム通いを復活。
そして、そろそろ半年になりますが、血圧が30mmHgほど下がり、体重が約10kgほど落ちました。
薬も飲まず、血圧が下がったこと、お医者さんに褒められました^^

昨年の暮れは、パソコンの前に座ることもきついくらい体調が悪かったのですが、
ブログ書いてみようかな・・・なんて気持ちが、昨日、やっと湧いて来ました。

今年1月の韓国旅行記も途中になっています。そのあと4月、大切な友人たちが集まった沖縄旅行も、
その前の前、宮古島の旅も手付かず、そして先月、6月ですね、
草津から嬬恋を通り、軽井沢へと懐かしい、青春?の足跡をたどる旅も・・・

気分次第、あれこれ振り返りつつ、旅の記録をブログに残したいと思います。
さらっと振り返るつもりですが、いつものように、ダラダラグタグタ書いてしまうかもしれません。



長く運転していませんが、私、一応、車の運転の免許資格は所持しています。
20代の後半でしたか、私は会社に志願して、草津&万座スキー場の駐在員を経験しました。
晴れの日も吹雪の日も、草津&万座の両方を管理する私は、一面雪景色の嬬恋を
車を運転して、行ったり来たりの日々。

訪ねたのは先月の6月、嬬恋は雪景色ではありませんでしたが、懐かしくて本当に懐かしくて、
北海道から沖縄までが職場だった私、日本全国、思い出探しの旅をしてみようかと思いました。




P1290643.jpg

P1290649.jpg

P1290650.jpg

P1290648-1.jpg

P1290641.jpg

P1290640.jpg




国内旅行の良さが、しみじみと分かるようになったのは、体調を崩したせい?
いやいや、それなりの年を重ねたせい?でしょうか(^_^;)



ワッタカッタ!さんのInstagramはこちら ⇒ ★☆★☆★

フォローしてね^^

ユーザー名は ⇒ wattakatta

ブログ共々、インスタも、よろしくお願いします^^


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いしますm(_ _)m