ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ あれこれ韓国生活の思い出

運は開く!ソウル安岩洞~死にそうなくらい韓国語学習した街の最終案内♪

会いたい人に会えるストリートビュー♪
高麗大学学生街「安岩洞」を散歩♪


韓国から完全帰国してそろそろ2年~
ソウルの我が家をストリートビューで紹介します♪


この続編でこれで完結編。安岩洞の街、最終案内です。


これから韓国で語学留学を考えている方も、いらしゃるかと思います。
そんなあなたが死ぬ気で、韓国語をモノにする気持ちがお有りなら、
留学準備は、ご自分でなさることをお奨めします。
ちょっと辛口になりますが・・・本気のあなたに・・・

学校の入学手続きとビザの発給、部屋探しに、テレビ・ネット・電話の申し込み、
銀行口座を開き、暮らしの道具を揃えて、食う寝るの生活の基本の準備・・・
すべてを自分自身でやってみる!それは韓国語学習の宝庫です。
初級程度の語学力があっての話ですが・・・。

言葉は、文化を知らないと咀嚼できない場合が、数多くあります。

韓国には、日本語が堪能な韓国の方が多いですが、私が1つ言えることは、
日本語が出来て日本人相手にご商売されている韓国人と、
韓国語で韓国人相手に商売している韓国人とでは、カルチャーが違います。

留学は、下心のない韓国人と、コミュニケーション出来る環境にあるのです。
日本語の出来る韓国人とのお付き合いは、程々にが鉄則です。

Baidu IME_2012-6-21_0-22-4

語学堂で韓国語を学習する留学生は、中国人留学生が多数を占め、
その他、日本人とその他外国の留学生です。
学生同士集まって会話をしても、語学上達には遠い道のり。

学校と下宿の往復だけでは、当然生きた韓国語の学習にはなりません。
学校での勉強も大事ですが、そこから離れ、韓国生活をして韓国で遊ぶ。

学校が休暇になると自国に帰る学生さんが多くて、
なぜ帰る?もったいないな~!と、よく思っていました。
私たちは生活で困ったことがあっても、韓国の日本人コミュニティーには、
一度も近づかなかったですね。それでも何とかなりました。

お陰さまで2009年4月から、43歳の夫が死ぬ気で韓国語を勉強して、
現在、仕事では不自由しない程度の、韓国語能力が身につきました。
ブログでも分かる通り、韓国語によるリサーチ力は韓国人以上かも・・・。
そして今週は、韓国本社から視察に来た社長とも、普通に懇談が出来ました。

すべてはこの街、安岩洞で夫が死ぬ気で勉強したことが始まりです。

Baidu IME_2012-6-21_0-33-31

국수집(ククスチプ)

玄関を出てエレベーターで下に降り、通りに出て右折して10歩くらい。
ククスが売りの粉食の店です。隣りのこの店にもよく行きましたね~。
あまりにも日常だったので、ブログにもしていませんし、写真もありません。
私は好きでしたが夫が飽きて、後半は、ほとんど行かなくなりました。

ここでは先ずマッコリです。当然ナマです。つまみはチヂミですが、
これが焼くのが上手なおばさんと、下手くそなおばさんと、差が歴然。
奥のキッチンのメンツを見て「今日はチヂミ止めとこうか」と、
焼き手のおばさんの、チヂミを焼く腕前まで私たちは、熟知していました。

煮干出汁のククス(素麺)も、安くて美味しい~です。
ちょっとスープが魚臭いので、タテギをたっぷり入れていました。
夏はコングクス(豆乳麺)も美味しかったな~。

Baidu IME_2012-6-21_0-32-27

미래공인중개사(未来公認仲介社) ミレ コンインチュンゲサ

暮らしていたビルのお向かいが、お世話になった不動産屋。
学校周辺の下宿を中心に、いくつか部屋を見せてもらいました。

学生さんが一人暮らしする部屋は、いくらでもありましたが、
夫婦で、料理をして暮らす部屋となると、少なかったですね。
あっても2LDKとか3LDKとかで、広過ぎ高過ぎな物件ばかり。

韓国留学のため、部屋を探す日本人夫婦が、そもそも珍しかったみたい。
当然か・・・。

Baidu IME_2012-6-21_10-9-7

不動産屋の並びが、후문(後門)세탁(洗濯) フムン セタクと、
ここも学生さんに人気の定食屋、토담(土談)トダム

クリーニングにトラブルはつきもので、ちょっと最初は心配でしたが、
この店は仕事も丁寧で問題なかったです。しかも日本に比べると安い。
スニーカーも洗ってくれるようです。あとボタン付けや、ほころびの修繕も。

その隣りの店は建物が古くて、上玉の発酵菌が絶対飛んでいますね。
古漬けのキムチが一味違いました。この店のキムチチゲはマニア好み。
酸っぱいのが苦手な人には、お口に合わないと思いますが。
おばさんが愛想が良くて、学生街の昔ながらの食堂の趣の店です。

Baidu IME_2012-6-21_9-41-53

そこからさらに北上すると・・・見えて来た見えて来た。
煮詰まった時食べたチキン屋が見えて来ました。

Baidu IME_2012-6-21_10-6-8

롱런치킨 ロンロンチキン

何も作る気がしない時。外食にも出たくない時、
出前は二人揃って好きではありませんので、下でキンパプを買って来るか、
ここまで数分歩いて、チキンをポジャン(持ち帰り)していました。

甘辛いカンジャン(醤油)味が、お気に入りでしたね。
韓国滞在中、何回食べたか分かりません・・・。

ソウルの山寺で肝だめし~の後は、チキン屋へGO! ←関連記事

Baidu IME_2012-6-21_9-43-16

そしてもう少し北に歩くと、突き当たりにお寺さんが見えて来ました。

Baidu IME_2012-6-21_9-48-27

개운사(開運寺) ケウンサ

世界平和を安岩から叫ぶ! ←関連記事

なんて縁起が良い名前の寺なんだ!と、私のお気に入りの寺でした。
朝、夕には、寺から『ゴーン』と鐘を突く音が部屋まで響き、荘厳な気分。
『ポクポクポクポクポク』と木魚を叩く音も、なんとも言えず好きでした。

街を見ると、ハエと蚊と生ゴミの匂いで充満していましたが・・・。

2009年の大晦日、除夜の鐘はここ開運寺で打たせていただきました。
死ぬほど寒かったです。NHKワールドの紅白歌合戦を部屋で見て、
夫は寒いから行きたくないと言うので、私一人ここまで来たこと懐かしいです。

P1030404.jpg

きっと運は開けると願って・・・。

終わり

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^




韓国から完全帰国してそろそろ2年~ソウルの我が家をストリートビューで紹介します♪

グーグルのストリートビューで、会いたい人に会いに行くなんて、
本来の使い方とは違うよ~でも可笑しい~と、読者からの感想~です。

会いたい人に会えるストリートビュー♪
高麗大学学生街「安岩洞」を散歩♪
 ←前回の記事ね。

そりゃ~そうだ~。でもしかし、味を占めました。
グーグルのストリートビューを使って、昔懐かしのあの街に遊びに行ったら、
あの人この人その人に会えるかもしれません。

田舎って、どういうワケか知りませんが、日がな一日、
同じ場所同じベンチに座っている人って、かなりいませんか。
ソウルも中心部を離れると、いきなり田舎町の様相。

沖縄の伊良部島に遊びに行った時、海を見ていたお年寄りが忘れられません。
10人近くだったと思いますが、皆さん無言無表情で椅子に腰掛け、
海を見ていました。「老人と海だ」と、深く印象に残っています。
それはまるで1枚の絵画でした。伊良部島もストリートビューで覗けるかな~。


Baidu IME_2012-6-23_11-26-29

さてさてこちらは、前回案内しました「おじさんと安岩洞」ですね。

韓国ソウルの、地下鉄6号線安岩駅から地上に上がり、交差点を北、
山が見える方角に歩き出して数分の場所に、我が家がありました。

Baidu IME_2012-6-21_10-8-12

写真に「←ココネ」と入れましたが、私たちの部屋は北向き。
ですから見えている部屋の真裏になります。(方角を変えて見ると、こんな感じ)
駅方面に行くには、毎日3人のおじさんの前を歩いていたわけです。

Baidu IME_2012-6-21_0-23-5

고른햇살 (コルンヘッサル)。
学生街で大人気の粉食屋です。いつも高麗大学生でいっぱいの店。

実はここの6階が、1年3ヶ月暮らしたソウルの我が家でした。
住まいの真下に、大人気のキンパプ屋があったのです。
今思うと・・・なんて幸せ~なことでしょうか~。

韓国の部屋の収納で、韓国人の気質を、深く広く知る!
韓国の布団で「ファン・ジニ」気分★
韓国では洗濯機が前進してくる部屋に住んでいます!
ウチの台所を公開!ここで、ごはん作っています^^
夏になれば大丈夫!?温度が一定しないソウルの我が家のシャワー
ウチはリゾート気分でいっぱい!

家の中の様子は過去の記事にあります。

また韓国で暮らすことがあれば、同じビルにチムジルバンがあって、
お向かいがチキン屋だったら、私には申し分ない物件ですね。ありそう~。

Baidu IME_2012-6-21_10-24-40

店の左側の路地を入って行きましょう~。ここが玄関で赤いのが郵便受け。

「わっわっ懐かしい~」と盛り上がるのは、私たちだけですが^^

一応オートロックになっていますが、開錠する暗証番号は、
ペダル(出前持ち)のお兄さんも、住人の知り合いも知っています。
みんなが自由に出入り出来る、解放された集合住宅でした・・・。

この先、突き当たりから裏山、つまり開運山への登山路入口になります。
気分転換に時々ここから山頂まで、二人で軽くハイキングしましたね。

途中、付属の病院や運動場、キム・ヨナも滑ったアイスリンクなどの
大学の施設もあり、広大な敷地には、大学の循環バスが走っています。しかし、
ちょっと茂みを見れば、リスが走り回っているような自然豊かな環境でした。

Baidu IME_2012-6-21_10-33-54

玄関の先でクルッと180度方向転換すると、
ここも毎日見ていた路地からの通りの風景。汚い街だったな~。

飲食店が多いので、通りのあちらこちらに生ゴミが置いてあり、
ハエも多いですが、ゴミ袋から赤い汁が路上に垂れている街でもありました。
道路は凸凹。最後まで慣れませんでしたね。道路のゴミと凹凸は。

Baidu IME_2012-6-21_0-22-42

コルンヘッサルのオーナーが管理人さん。元気かな?
姿が見えるかワクワクして見ましたが、これからは分かりませんでした。
またキンパプ食べに行こう。管理人さんにも会いたいです。

ソウル最後の食事は、高麗大学生に大人気のキンパプ! ←関連記事。

ちなみに家賃は75万ウォン(管理費込)。2Kでした。
駐在員さんに比べたら、格安ですが学生には高い家賃です。
ここは、大学や病院関係の職員さんが多く入居していました。
あのスニムもここの住人で、顔を合わせているうちに親しくなりましたね。
(現在はお引越しされています)

韓国から~知玄スニムのメールとラジオ番組のご紹介 ←こんなお坊さん

あれこれ思い出すと長くなりました。次回で終わりにします。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^

思い出につきあっていただき、ありがとうございます。
来月7月5日で、韓国の暮らしから離れて丸2年です。
いろいろとあり過ぎたここ3年あまり。感傷的になってしまいそうです。



会いたい人に会えるストリートビュー♪高麗大学学生街「安岩洞」を散歩♪

先日、グーグルのストリートビューの話題をブログ記事に入れたのですが、
「ところで私たちが暮らしていた安岩洞は、どうなっているかな~?」と、
ふと気になり、1年3ヶ月過ごした高麗大学校のある学生街、韓国ソウルの
安岩(アナム)の街を、夫と二人でストリートビューでのぞくと・・・

これが面白い^^世界の街は自分の足で歩きたい!なんて前言は、撤回します!

ストリートビューで世界中を歩ける時代でも、
世界の街の景色は自分の眼で見たいですね♪
 ←関連記事ね。

abc.jpg

改めて説明するもないですが・・・先ずはグーグルの地図検索ボックスに
「서울 안암동5가 (ソウル安岩洞5街)」と入力してクリック。
地図が表示されるので、Aからストリートビューを順にクリックするだけです。
これで、2009年10月のソウル安岩洞5街へGO!

画像撮影時期が2009年10月になっていました。
2009年10月は夫が韓国留学中で、まさに私たちがここ、
安岩洞5街に暮らしていた時期と重なります。
懐かしい~人と風景に、思いがけず二人で盛り上がってしまいましたね。

Baidu IME_2012-6-21_6-28-28

私たちが韓国で暮らした2009年10月の安岩の街を、
安岩の交差点から開運寺まで一緒に歩いてみませんか~。
観光案内とは違いますが、1年3ヶ月過ごした学生街の思い出探しです。

途中、ろくに韓国語も出来ない私たちが、自ら探して契約したアパートや、
懐かしい~近所のお店も案内しますね~。

ではここ、安岩交差点から北に向かって出発しま~す。

あっここの交差点から左に坂を上がって右が、高麗大学附属病院です。
↑写真の左に見えているのは大学薬局。なんてズバリの名前なんだ・・・。
その名も学生街にある대핵약국(テハクヤックク:大学薬局)です。

ここで消毒用のアルコールを買っていました。
当時、鶏インフルエンザが猛威を振るい、外食時には、
エチルアルコールで箸やスプーンを消毒するのが習慣になっていましたね。

Baidu IME_2012-6-23_6-30-47

「あの果物屋いるかな~いたいた~いるよ~」

期待通りの人物が登場しました~。分かる人しか分からない話で恐縮です。

交差点から開運山に向かって歩き出して直ぐ右手が、CJ系のチェーン店、
GOLD STONEと、ここもチェーン店のThe Coffee Bean & Tea Leaf。

この間に駐車している軽トラが、月曜日から土曜日まで開業している果物屋。
朝から夜遅くまでいましたね~。労働時間長っ!と、当時通る度に見ていました。

The Coffee Bean & Tea Leafは、初めてこの街に部屋探しで来た時、
韓国の薄くて不味いコーヒーを飲んだ店。2度と入らなかったです。

Baidu IME_2012-6-21_0-19-17

「あ~あ~あのフリーペーパーもイスの上にあるわ~」

2009年の4月から2010年の7月までウォッチングしていましたが、
この果物売りのおじさん、商売がヒマなのか、ほとんどの時間、
駅から持ってきたタダのフリーペパーを読んでいるか、イスで寝ていました。
余程寝心地の良いイスでしょうかね~。真夏も真冬もです。

春から観察して冬はどうするのだろうか~?と心配しましたが、心配は不要。
真冬も商売していました。暑くても寒くても雨の日も雪の日も、毎日昼寝。

Baidu IME_2012-6-21_0-24-58

毎日毎日、この軽トラの前を歩いていた私。間もなく気づきました。
青いトマトが、日々熟して赤くなっていくのです。
「なるほどね~」変に感心したことを覚えています。
どこからか青いトマトを仕入れ、ここで完熟させていたのです。
日々赤くなっていくトマトの脇で、おじさんは居眠り。
そしてある日突然、青いトマトに変わるのです。その繰り返し。

おじさん、トイレはどこで借りていたのか?今更ながら知りたいですね~。
それから、なぜここに決まって駐車出来る権利関係もナゾでした。
ソウルの繁華街もそうですが、いつも同じ場所に同じ屋台。
道路は公共の場所のはずですが、なぜか定位置が決まっていますよね~。

ちなみに日曜日は別のおじさんがここで、果物を軽トラで売っていました。
日曜日のおじさんも、毎回同じ人でしたね~。不思議な物売りの世界です。

Baidu IME_2012-6-21_0-20-39

さらに安岩の交差点から山に向かって北上すると・・・

「わっいた!いたいた~!カギ屋のおじさんがいた~!」

バイクの向こう青いイスに座っているおじさん。
背後の一間ほどしかない間口の小さな店で、合カギ屋を営んでいます。
私たちも部屋の契約後、この店で合カギを作りました。

歩いて数分の所に高麗大学の裏門があります。東京の有名大学とは違い、
韓国は大学の周辺に学生に貸す、賃貸の部屋が多く密集しています。

おそらくこの店が、高麗大学学生の御用達下宿や考試院(コシウォン)の、
カギ屋になっていると思われます。引越しが多い春先は忙しそうでしたが、
それ以外の時期は、このおじさんもヒマにしか見えませんでしたね~。

私が2~3日に1回は、大型マートの袋を下げて、この前を通るのですが、
何がうざいかと言うと毎回必ず、おじさんは私と袋を見るのです。じぃ~とっ。

ただ意味はなく見ているだけだと思いますが、私は気持ちが暗くなります。
交差点から、このおじさんが見えると、迂回して部屋に自宅に戻るように・・・。

このおじさん、通行人を毎日眺めるのが趣味だったのでしょうか~?
この人も長時間労働でしたね~。月曜日から土曜日まで毎日。
朝から、たまに私たちが他所で飲んで帰って来る夜の時間も、
店は開けて店の前に座っていました。そして通りを見ていました。じぃ~とっ。


そして廃品回収のリヤカーの前にいるのがっ!

Baidu IME_2012-6-21_0-21-13

合カギ屋のお向かいが駐車場で、ここの管理人のおじさんがいました~。
帽子と手袋がトレードマークのおじさんです。

ストリートビューはスゴイです!会いたい人3人全員に会えました!

このおじさんも、駐車場の前に座っていることが多かったですが、
ストリートビューでは立っています。立つこともあるんですね・・・。

合カギ屋と駐車場のおじさんが、向かい合わせで座っている街です。
その手前には、果物屋のおじさんが居眠り。のどかな街だったなあ~!

ある日、少し離れた大型マートにバスで買い物に出かけようと外に出ると、
ちょうどこの二人の定位置の、真上の電線の工事をしていました。

「ふ~ん工事か~」と、私は口を開けて見上げる二人の前を通りすぎ、
2時間ほどして買い物から戻ると、二人は変わらず上を見上げていましたね。
「おい!おい!ず~~~っと見ていた!もしかして?」と驚きました。
韓国では電線の工事が珍しいのか?、見物人が増えていたのにも驚きましたね。

今日も安岩の街で、あの3人のおじさん、働いているのかな~。
今度ソウルに行くことがあったら、様子見てこようかしら・・・。

つづく

※2009年当時の様子です。現在とは状況が変わっているかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします。
韓国旅行記に安岩洞案内、同時進行になってしまいました
他にも韓国ネタが・・・尽きない・・・どうしよう~^^



韓国広蔵市場で出会った親切なアジョシ

私がブログを開設したのは、2010年の4月ですから、
韓国のあれこれを書き出して、まだ2年です。もう2年かな?
先月の2周年記念は、すっかり忘れていました。

夫が韓国ソウルの、高麗大学校の語学堂に留学したのが、2009年の4月。
それと同時に韓国ソウルでの暮らしが始まり、またそれをきっかけに、
私は生まれて初めて、現在も使っている自分用のデジカメを購入しました。
私のカメラ歴は3年。パソコン歴は4年。もう少し勉強しないとですね。

ブログを始める以前の写真を見ていると、そこにはあるのは、
な~~~んにも、利害関係がなかった韓国人との楽しい出会いが…
あります。留学生とその妻という幸福な時間でしたね…今思えば。

失職して先の見えない不安はありましたが、幸せな人生の夏休みでした。

広蔵市場1

韓国の最初の公設市場として100年あまりの歴史を持つ広蔵市場。
汚いですが、好きな市場です。写真右下のポニーテールが夫。
留学時代は髪を切らなかったのでロン毛に。どこから見ても異邦人です。

屋台の場所と営業業態ですが…
東部A 27号 の
チョウオタン ヘジャングク スンデグク が売りの
ヨンナム(嶺南)ポリパプ という店です。
※昼は麦ご飯(ポリパプ)屋ですが、夕方から飲み屋(スルチプ)に変わります。

s_P1010790.jpg

韓国の屋台で、初めて刺身を食べた記念日です。
ナマモノは警戒していましたが、6級が修了して気が緩んでいたのかも。

日本から持ち込んだ新潮社の雑誌「旅」に紹介されてあった屋台です。
衛生面では不安は残りましたが、そこそこ鮮度も良く、
幸いにもお腹は壊しませんでした。
運が良かったのか?免疫が出来ていたのか?

s_P10107831.jpg

2010年の4月でしたが、まだオデンのスープの温もりが美味しかったです。
ここではスープはセルフサービス。お代わりは自由でした。
そして屋台のイスは、オンドルになっていてヌクヌクでしたよ~。

s_P1010798.jpg

屋台には、そこの屋台の客専用というか、店舗と話が出来ているらしく、
トイレは後方の店で借ります。トイレに行くと面白いおっさんが、いい~調子。

韓国の屋台には、面白いおっさんが大集結です。
韓国語が少しばかり話せる夫は、屋台のおばちゃんからは、
日本人の客が来るので、接客のための日本語講座をさせられるし、
周囲の客からも、いじられまくりで、私たちは退屈しませんね~。

s_P1010795.jpg

そこに、ドングリのムクを持って現れた一人のおっさん。

s_P1010797.jpg

ここの屋台とは、何年って言っていたかな~長いつきあいらしい。
おっさんは山登りの帰りで、山から買ってきた超~美味いトトリムクを、
おばちゃんに切ってもらい、この通り「あ~~~ん」

s_P1010802.jpg

LOCK ON!されてしまった!

s_P1010801-1.jpg

気の良いおっさんでしたね。人懐っこいし。
まあ~たいがいの韓国の人はそうです。こちらの警戒心を解きます。

なぜか自宅に電話をして、奥さんに「日本人と呑んでいる」とかなんとか報告。
そしてムリヤリ夫に電話を代わり、強引に奥さんと会話をさせ、
やれやれと思えば、私にもお鉢が廻ってきて、
これまたムリヤリ奥さんと会話「アニョハセヨ~」です。

屋台ならではの、韓国人とのふれあい?とでも言いますか…。

s_P1010805.jpg

そしてもう1軒行こう~と、連行される日本人捕虜。

s_P1010806.jpg

まさかのナマモノ2連発!生魚のあとの生肉だ~~~。

広蔵市場の名物、ユッケ通りにあるチャメチプのユッケ。
その存在は知っていましたが、ナマモノは夫の留学中は敬遠していました。

親の反対を押し切っての、42歳からの海外留学。
体調不良で勉学が疎かになっては、申し訳がたちません。
現地で体調が悪くなって、日本に帰ることは出来ない…
なんて、気持ちもあったのかも…。すべて自己責任だし…。

いつも生肉の前は、素通りしていたのに…。

s_P1010811.jpg

おっさん、ここチャメチプも、馴染みの店とか…。
混ぜ混ぜしてくれて、私の口にも運んでくれます。
数時間前に屋台で隣り合わせになったばかりなのに…
まるで恋人みたいというか…
親鳥が雛にエサを運ぶように、せっせと、容赦ありません。
たいがいの韓国人は親切です。過剰なくらい。

旨いけど怖い。食べてしまったけど不安。
写真はありませんが、生レバーも出てきました。

生レバーは、目を白黒させて、焼酎で流し込みました。
そのせいか、お腹は壊しませんでしたが…。

s_P1010809-1.jpg

おっさん、また週末には山に登るらしい~。
大きな団体を引率するとかで、一緒にどうかと誘われました。
了解した夫。運命の出会い?いや、韓国ではよくあることです。

s_P1010808-1.jpg

日曜日、龍山駅で待ち合わせになりました。

s_P1010781-1.jpg

おっさん、2軒目で所持金がありませんでした。
私たちが会計をして、店を出ようとすると、
「2万ウォンを置いていけ」
「???」
自分は、まだ飲むらしい。カネを置いていくように言われました。
事情はわかりませんでしたが、財布を開ける私。

韓国では、よくあることでしょうか?
そして、このおっさんと週末、山登り???

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
山登りの話は、どうしましょうか…。
ここの黄色のバナーのクリックの数で決めさせてください。
ではでは^^よろしくお願いします。

さてさて~我が家のお茶の時間です♪

昨日のつづきです。

お茶にしようかな~そろそろあの韓国の茶葉で♪

秋になり、そんな気分になりました。



中国茶のセットを、用意してみましたが・・・
お茶の葉は、韓国から持ち帰ったものです。ちょっと違うかも。

ウチの茶道具は、中国旅行で買った品もあります。
大事に手荷物として、抱えて飛行機に乗りました。

買物の前に中国人の友人から「日本人だと分かると3倍くらいの
値段で言ってくるから、日本語で話さないで!」と
注意をされましたが、いったい日本語しか話さない私に、
どうやって価格の交渉をしろと言うのでしょうか?

観光客の行かない町の専門店です。価格は書いてありません。
中国で「いくらですか?」と聞くと「いくらなら買う?」と
反対に聞かれてしまいます。「おいおい、いくらなのよ~」。

中国茶器の専門店だけ集めたビルを、
まず1人でグルグル歩いて品定め。
「日本語を話しちゃ駄目!」と、注意を受けているので、
店員が何か話しかけて来ても、私は黙秘です。
しかもヘラヘラ笑うと、日本人に見えるのでムッツリ顔。
感じの悪い人は、大変な努力をしていることが分かりました。

欲しい茶器の品定めをしてから、同じビル内でつれあいと、
お茶をしている友人の助けを借りることにしました。
この友人は、つれあいの大学の先輩で、中国語と英語も出来ます。

2人でお目当ての店に行き『あれあれ私あれが欲しい』と合図して、
中国人の友人が、価格交渉をする作戦でしたが・・・
もうなぜか、日本人とばれていて、いきなりの高値!
「日本語で話したでしょっ!」「話していない話していない」
もう店員は、値下げに1歩も譲りません。
「いらない!プン」と店を出る友人。「ええっ待って~!」と私。
これが次の作戦です。いきなり価格がダウンしました。

中国での買い物は、ヘトヘトです。

韓国で「いくらですか?」と聞いて「いくらなら買う?」なんて
言われたことは1度もありません。韓国の京東市場で、頻繁に
買物をしましたが、吹っかけられたこともありません。

韓国の市場で、価格の値下げ交渉の苦労はありませんでした。
韓国のおばちゃんは、おおむね適正価格で最初から言ってきます。
そういった意味では、韓国の市場は穏やかでしたね~。

P1080395.jpg

東京の中国茶器の専門店で、中国人を相手に
値下げ交渉に成功して買ったお茶碗。

いいものを並べている店でしたが、閉店しましたね。
通勤途中にある店で、毎日お茶碗の鯉の顔を
見ているうちに、鯉に恋してしまいました~。

P1080396.jpg

よく見ると、鯉の顔がそれぞれ違います。
笑っているように見えませんか?癒されます^^

P1080407.jpg

ドラゴンの口からお茶を注ぎます。昔の銭湯のようです。
ザ・コンランショップ新宿本店のイベントで買いました。

P1080401.jpg

これも、ザ・コンランショップのイベントでみつけた茶器。

P1080402.jpg

カエルの周りの玉が動き、コロコロと鈴の音がするフタです。

P1080403.jpg

カップには、カエルが!お茶を注ぐと、恨めしそうに
カップの底からカエルに見つめられる趣向になっています。

P1080408.jpg

あれこれと並べてみましたが(並べるのも楽しみ)
結局これでお茶を入れました。

ソウルに東京から運び、またソウルから東京に持ち帰った
伊勢丹新宿本店で買った急須です。新宿で買った時は、
まさかソウルに持って行くとは、夢にも思いませんでした。
急須もワッタカッタ!しましたが、いや~割れませんでした。
思い出の品になってしまいましたね。大事に使わないと。

P1080409.jpg

瓶から出したお茶の葉。どこの山から採取した葉なのかしら。
つれあいが、スニムに話を聞いているはずですが、忘れたらしい。

P1080410.jpg P1080411.jpg

スニムにいただいたお茶碗で、お茶をいただきます。
あの晩のお茶会は、気持ちが高ぶっていきましたが、
このお茶は、沈静効果があるのかしら?
イライラ解消に良さそうなお茶でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
今日は朝から冷たい雨です。
温かいお茶が美味しいです。