ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2010年6月 江陵日帰りの旅

弾丸日帰り「江陵の旅」最終回 高速バスのススメ^^

束草に行って、日帰り出来ないかな~と思いつき、出発。
高速バスの時間の都合で、行き先を江陵に変更しましたが、
韓国の東海岸の海と料理を満喫できて、大満足の旅となりました。



予定通り19:00の高速バスに余裕をもって乗車。

江陵に到着したのが13:30頃でしたので、約5時間半の滞在時間。
約5時間半で、東海岸の名所「正東津駅」に行き、新鮮な貝焼きを食べ、
地元の酒を飲み、仕上げに郷土料理、マッククスも食べました。

P1050342.jpg

韓国は公共の交通機関の運賃が、日本と比べると驚くほど安い。
しかも、円高傾向は続いています。
韓国の地方には、ソウルで感じられない郷愁といえば簡単なんですが、
懐かしい記憶が甦る、風景と人に出会うのが魅力ですね。

P1050350.jpg

韓国の地方の主要駅には観光案内所があり、どこに行っても
日本語、英語の出来るスタッフが、多いことに驚きます。
日本語表記の観光地図も、たいがいそこで手に入れています。
今回は高速道路の、サービスエリアで情報収集。
ここのお姉さんも、日本語が出来ました。

P1050352.jpg


江陵を出発した高速バスは、途中1回休憩を取り
予定通り渋滞も無く江辺へもどってきました。
時計は21:45になっていました。

韓国の渋滞は有名ですが、バスは主に専用のレーンを走ります。
今回は平日の19:00現地を出発したので、全く渋滞はありませんでした。
行きもそうですが、朝夕の渋滞の時間を少し外せば
心配するほど、渋滞でイライラすることもありません。

高速バスでの韓国の旅、ちょっと魅力的だと思いませんか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑昨夜はFIFAワールドカップ1次リーグ予選、
 日本が1勝できて、うれしいです。
 海外で応援するのは初めてですが、
 やはり日本を離れると、応援の熱が違います。
 ワッタカッタ!さんへの応援も身にしみて
 うれしいです。本当にありがとうございます^^

弾丸日帰り「江陵の旅」5 あっぱれトンチミ!江原道~

6月9日のこれまでを、ざっと振り返ると・・・

朝いちに、安国でビザの延長の手続きを済ませ、
高速バスで東海岸の江陵まで行き、駅からムグンファ号で
「世界で1番海に近い駅」正東津駅に到着。
貝焼きを食べ、韓国の伝統酒に酔い、再び江陵駅へ戻りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソウルへ帰る最終の19:00の高速バスまで、もう少し時間があります。
「よっしゃ~蕎麦だ!江原道名物の蕎麦を食べよう~」と
江陵駅前で、客待ちしているタクシーの運転手さんに
「こことこことここと、蕎麦屋、どこがいいですか?」と、
観光案内所で、もらったガイドの蕎麦屋を、いくつか指して聞くと
「ここ!」と、私たちが行く蕎麦屋が決まりました。
私には江陵駅から店が、遠いのか、近いのか分かりません。
19:00の終バスに乗車できるか、ちょっと不安。

夕方のラッシュに、はまりながらも18:00前に店に到着。
タクシーの料金は、運転手さんに小銭は謝礼として渡したので
5000ウォン出して、1000ウォン返ってきました。



「家?」タクシーを降りて思いましたが「店」です。

P1050334.jpg

避暑地のペンションのような店内の、やけに広い大広間に座り
早速、マッククス6000ウォンを注文したら、運ばれてきました。

蕎麦は韓国語でメミルと云いますが、江原道では
蕎麦粉を使った麺料理をマッククスと云うようです。

麺に、たっぷりのトッピングされた海苔と摺りゴマが、
そして茶色のタレ(正体が分かりませんでした)が
香りがあって美味しく、蕎麦の味を引き立てています。

この店は、この状態で運ばれてきた麺(マッククス)を自分でアレンジ。
お客自身が、ムルマッククスにしてもピビンマッククスにしてもよい趣向です。

P1050331.jpg

そして半凍りのシャリシャリ~のトンチミとナツメがキレイ!
「わあ~美味しそう!」と味見すると、味が深い。
トンチミに牛のスープが、ブレンドしてあるのかと思いました。
つれあいが、会計の時におばさんに聞くと
「トンチミだけですよ~」と自信満々の笑顔。
大根にニンニクや生姜、梨等を加え、発酵させた水キムチですが、
この店、何か秘密がありそう~、コクのあるトンチミにビックリです!

P1050335.jpg

そして先程のどんぶりの麺に、トンチミをサラサラ~っと流し
好みでお酢、カラシ等を加えて自分の好きな味に調整しますが、
私もつれあいも、トンチミが素晴らしく美味しかったので
好きなだけトンチミを加えて、調味料は入れないでいただきました。

※トンチミは少し入れて(または加えないで)、
 タテギ、調味料を足し、ピビンマッククスで食べる方法もあります。
 自分の好みでアレンジできます。

江原道って、何か特殊な乳酸菌がいるのでしょうか?
空気と水がキレイだと、キムチの発酵が違い、味も違うようですね。
蕎麦を味わいに、ここまで来ましたがトンチミに感動してしまいました。

「あっぱれトンチミ!江原道~」

さてさて麺ですが、見た感じ細~い平壌式冷麺のようです。
コシがあって、蕎麦の香りがして、これまた素晴らしい~。
もっと早く江原道の旅、思いつけば良かったなと思いました。

P1050337.jpg

つれあいに何が書いてあるか聞きました。

美味しく召し上がる方法

トンチミマッククス
トンチミをお玉3杯、砂糖2スプーン、酢、カラシをいれ
(ゆで)玉子の黄身をくずして混ぜ、召し上がってください。

ピビンマッククス
砂糖、酢、カラシ、ピビンジャン(タテギ)、ゴマ油をいれ
ヨルム(若大根の葉)キムチとトンチミを少しいれて
召し上がってください。

私どもの店は、ムル(トンチミ)マッククスと
ピビンマッククスを分けていません。
お客様のお好みに合わせて、上記の方法で
美味しく召し上がってください。


と、書いてあります。なるほど好きにして、いいらしい。

P1050330.jpg

マッククスを美味しくいただいて、タクシーを呼んでもらいました。
タクシーは直ぐに来て、店から出たらこんな景色。

店に着くなり、時間が無い!と急ぎ店内に入ったので
周辺が、のどかなことに店を出て気づきました。
「ここどこだろう?」「早くしろ!」「ハイハイ!」
江陵の高速バスターミナルへタクシーは走ります。

サムギョリ トンチミ マッククス(キョドン店)
삼교리 동치미 막국수(교동점)
강원도 강릉시 지변동 671-1번지
TEL033-642-3935
ホームページはココ

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。
 弾丸日帰り「江陵の旅」は次で終了します。
 日帰りの旅ですが、長くなってしまいました^^



弾丸日帰り「江陵の旅」4 ドンドンジュとマッコリ~

砂時計公園の近くで、チョゲグイを満喫して、
私たちは、再び海岸を歩いて正東津駅前に戻りました。
少し時間があるので切符を買って、駅前の土産店の店先で
地元のマッコリを飲むことに~。



だいたい日本も韓国も、田舎の観光地は
妖しいお土産が売っています。
私たちは、この瓶の前に座りました。薬酒です。
見ているだけで効いてきそう~~~。
何に効能効果があるかは、想像してください。

P1050310.jpg

おばさんに「ドンドンジュちょうだい!」と言うと
キムチを添えて出してくれました。
つまみもありましたが、時間が無いのでドンドンジュだけ。
少しオレンジがかったドンドンジュ。とうもろこしの味がします。

P1050319.jpg

世界で1番海に近い駅を背景に1枚写真をカシャッ!

商品名:オクスス(とうもろこし)生ドンドンジュ
 会社:江原酒造 TEL033-746-3006
 成分:米(輸入産)70%小麦(輸入産)20%
     とうもろこし澱粉糖(国産)10%

と、ボトルに書いてあります。
いや~とうもろこしのドンドンジュは初めてです。
甘さはひかえめで、生の清涼感があり美味しくいただきました^^

P1050303.jpg

こちらは先程の、東海岸刺身家で飲んだ生マッコリ。
美味しかったので、ご紹介します。
それにしても、日本も韓国も電線が・・・何とかなりませんかね~。

商品名:ウリサルマッコリ
 会社:商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ)
 成分:白米国内産100%

と、ボトルに書いてあります。
商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ?聞いたことある!って方は
かなりの韓国の伝統酒、分かっている方と思います。
ソウルのデパート、マートでも、この会社の酒はよ~く売っていますね。
会社のホームページを見ると「ああ見たことある!」と分かります。
会社のある抱川は水の美味しい場所で知られ、マッコリが有名。

サル(米)マッコリは普通に飲めますが、国産の米を原料にしている
マッコリは、ちょっと記憶にありません。珍しいです。

この会社、ソウルに直営店があります。
そこでは、美味しい生伝統酒と料理が楽しめるようです。
実は、市庁前にあるファイナンスセンタービルの地下にあるこの店、
私は行きたい店リストに入れていましたが、ちょっと高い。
どうなんでしょうかね~?いまだに検討中。
「ペサンミョン酒家」で検索すると直営店がみつかります。

商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ)のホームページはココ

P1050275.jpg

このマッコリは、この写真はトラックなんですが、
駅前の土産店で買って、ソウルに持ち帰りました。
写真を撮る前にボトルをつぶしたので、こんな写真です。

しかも私は飲んでいません!
私が寝ている間に、つれあいが1人で飲んでしまっていました。
「美味しかった?」と聞くと
「すごいサッパリしてたよ~!米にしては軽かった」と
サッパリと答えました。私は飲んでいません!寝ていました。

商品名:生マッコリ
 会社:SAIMDANG(サイムダン) TEL033-746-3006
 成分:白米100%

と飲み干したボトルに書いてあります。

P1050323.jpg

オクスス生ドンドンジュを1本飲んだらいい時間。
17:13発のムグンファ号に乗車して江陵駅まで戻ります。
再び15分だけの鉄道の旅。気が張りますね~^^

ところで、何て書いてあるのでしょうか・・・。
「景服宮(光化門)真東側」
ここに来て知りました。正東津の名前の由来なんですね。
つまりソウルの古宮、景福宮の光化門のちょうど真東の国土の先が
ここ正東津駅だったんです!なるほど~。
光化門に立ったら、磁石を持って東を指す方角に
世界で1番海に近い駅があります。

江陵駅に戻り、19:00のバスに、もう少し時間があります。
「江原道と云ったら~?」「蕎麦だ」「蕎麦食い行くぞう~!」
観光案内所で貰っといたガイドを参考に、タクシーに飛び乗りました。
美味しい蕎麦の店はどこだろ?

つづく・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑今日は朝から雨が降っています。もしかして梅雨?に入ったかな。
 ブログランキング参加しています。


弾丸日帰り「江陵の旅」3 チョゲグイうめぇ~~~!

6月9日、安国でビザ延長の手続きを済ませ、
高速バスで一路、東海岸に向かいました。
そして江陵駅から、1度は訪れてみたかった
「世界で1番海に近い駅」正東津駅に到着~。

正東津駅前には、観光客相手の土産店、飲食店が並び、
お腹も空いたし、どうしようか~と歩いていると、
海岸まで出てしまいました。



朝鮮半島の海岸の町には、もう何回か出かけていますが、
東海岸を訪れたのは初めてです。

空と海の青さが、ここは東海岸!とび抜けて透明感のある青さです。
変な例えですが、伊豆に行くと、空と海が東海岸と西海岸って
違って見えませんか?そんな感じなんです。東は明るいブルー。

P1050285.jpg

それにしても、おばさんたち気持ちよさそう~。

「どっか水道ない?」「はっ?」「足洗うところ」
「便所行けば、あるんじゃないか~」「どこある?」
「どっか・・・」「無い!」

海岸を見渡しても水道の蛇口がみつからないので、
私は海に足をつけるのは止めました。
あのおばさんたちは、足はどうするのでしょうか?
韓国の人って、先のことあんまり考えません。

P1050294.jpg

公園の先の方にも、飲食店が並んでいました。
貝焼きにしよう~と、この店に決定!

「トンヘアン フェッチプ」→「東海岸刺身家」・・・
分かりやすい名前の店です。

P1050301.jpg

チョゲグイ(貝焼き)盛り合わせ(写真は1部)40000ウォンです。

この店、貝の鮮度が抜群によかったです。
「生で食べられる貝だから、焼き過ぎないでね~」とおばさん。
ソウルのチョゲグイと比べると、話しになりませんが、
以前食べたオイドのチョゲグイより、美味しい~。

実は韓国のチョゲグイ、安くて美味しいと人気なんですが
貝は中国産、北朝鮮産、他、輸入の貝が多いですね。
この店、確かにオイドに比べると貝の種類も、量も少ないですが
1つ以外は全部、韓国産の貝と水槽に表示されていました。

このデカイ貝はキジョゲと云いますが、初めて美味しいと思いました。
ソウルで食べると、イマイチ味がはっきりしない貝なんですが・・・。

キジョゲって?はココ

貝に、コチュジャンベースのソースとプラスα(にんにく、青唐辛子、栗など)
トッピングするのが韓国風貝焼きの特徴。
ソースが店によって違います。このソースの良し悪しが大事みたいです。
ソースのかかってないホタテは、私はそのまま、つれあいは
醤油をたらして食べました。美味しいホタテも久しぶりでした。

P1050296.jpg

水平線を見ながら飲むビールは美味しいし、貝は抜群に美味しい。
つれあいとおばさんの会話は弾みます。この人、おばさん相手の話が上手。
おばさんは、貝の追加を出してくれました。サービスです。

電車の時間まで、もう少しあります。
「もう1軒行こう!」「時間大丈夫?」「行くぞう~」「大丈夫かな?」
私たちはソウルに日帰りの予定です。

つづく・・・。


東海岸刺身家(동해안횟집)
강원도 강릉시 강동면 정동진리 8-15
TEL033-644-1725


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑ブログランキング参加しています。

弾丸日帰り「江陵の旅」その2

6月9日10:40発の江陵行きの高速バスに乗車しました。
この日乗車した優等高速バスは、高速バスよりワンクラス上です。

P1050235.jpg

シートがゆったりしていますね、通路をはさんで1列と2列の座席。
リクライニングシートだけでなく、フットレストも装備。
平日とあってバスの乗客は少なく、空いている席に移動して
江陵までラクチン!しかもこの日は渋滞も無し!で、ご機嫌です^^

江陵には、清涼里駅から鉄道の旅(夜行列車もあり)も可能。
鉄道は6時間程の時間がかかるようです。

P1050240.jpg

約2時間走って、バスはパーキングに入り15分の休憩です。
韓国のサービスエリアは、日本のサービスエリアとそっくり。
そこで買った、たこ焼き3000ウォンはちょっと甘かった。

ソウルを10:40に出発した高速バスは13:30頃に江陵に到着。
直ぐに帰路の高速バスの時刻表を見ると、平日は終バスが早く19:00です。
「わあ~急がんと!」もう1分もモタモタしてられません。
帰りの高速バスのチケットを買って、直ぐにタクシーに乗車。
あんまりドタバタ、江陵のバスターミナルを右往左往していたので
このあたりの写真は1枚も撮っていません^^

P1050242.jpg

江陵のバスターミナル周辺は、リゾート気分でいっぱい。
韓国の、東海岸最大の街だけあって、市庁の建物も立派でした。
江陵のバスターミナルから江陵駅まではタクシーで直ぐ2500ウォン。

列車の本数は少ないですが、タイミング良く乗れるチケットが買えました。
さあここ江陵駅からムグンファ号に乗車して、韓国で
「世界で1番海に近い駅」と云われる正東津駅に向かいます。

江陵駅14:05発、正東津駅14:20着の15分の旅です!

P1050253.jpg

出発の前にTrain Cafeに入ってみました。
ムグンファ号の、この車両のポップカラーの内装には毎回呆れます。

P1050246.jpg

ここではドリンク、おつまみ類が売っています。

P1050247.jpg

そして私が1番驚くのは、このカラオケルーム。
誰が歌うのかしら?と最初は思いましたが、韓国のおばさんたち
ここに閉じこもって、熱唱しています。

赤い蛇腹カーテンの向こうはあんま室。
のぞいたらマッサージチェアがドン!と置いてあります。
温泉宿の脱衣所の置いてある、コインを入れるタイプです。

他にもPCが数台あり、こちらもコインを入れて使用できます。

P1050254.jpg

韓国でも人気の乗車区間ですが、平日のこの時間は、
乗客が少なく、静かでした^^

韓国ドラマの歴史を語る上で、必ず話題に上がるのが
1995年、韓国SBSで放送され高視聴率を記録した、
伝説のドラマ「モレシゲ(砂時計)」。
私はつい「もりしげ」と云っては「違う違う!モレシゲだろ~」
と、つれあいに注意されます。

私も日本でDVDをレンタルして「モレシゲ(砂時計)」を見ました。

韓国の70年代から90年代初めの激動の時代を、3人の男女の
生き方を通して描かれており、当時の韓国の社会の様子が分かります。
夜ドラマを見るため帰宅時間を急ぐ人が増え
「帰宅時計」と呼ばれ、韓国で社会現象となったドラマ。

主人公のコ・ヒョンジュンは人気絶頂でしたが、
財閥の御曹司と結婚して、芸能界から引退。その後離婚。
SBSドラマ「春の日」で芸能界復活、今も大人気ですね。

その「モリシゲ(砂時計)」の印象的なロケ地が正東津駅です。
放送後は韓国でも、大人気の観光スポットとなっています。

さあ~ドラマをちょっと思い出していると、ムグンファ号が出発。
乗車時間は15分です!集中しました~。

P1050259.jpg

6月9日は天気が良く、海はきれいでした。窓は汚れていました。
こんなに海を見て感動したのは、沖縄の宮古島の海、以来かも?
しかし気になるのは有刺鉄線。韓国では見慣れた有刺鉄線。
いつも感じるのですが、この有刺鉄線の本気度が疑問。

私は学生時代、東京渋谷の学生寮で数年過ごしましたが
そこにも、高い塀には有刺鉄線が張りめぐらされていました。
若い娘は、たやすく有刺鉄線の塀を乗り越えて
夜の東京の街に遊びに出かけたものです。

この有刺鉄線で、どれだけ、何を遮るのでしょうか???

P1050273.jpg

ここがギネスブックに登録されている聞く
「世界で1番海に近い駅」正東津駅です。

P1050274.jpg

6月9日は、日の出が05:02だったようですね。

P1050326.jpg

ワッタカッタ!さんも、髪が伸びました。
最近はつれあいと一緒にいると
「二人で同じモリスタイル(髪型)」だと韓国のおばさんに
笑われてしまいます^^


すみません、つづきます・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑いつもご訪問ありがとうございます。
 お蔭様で感激しています。