ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 東京の好きな店

東京用賀 地元で愛されているラーメン店「再来軒」ですが次回の営業日が未定らしい(泣) 

昨日の東京、桜が満開になりました。いよいよ春本番です。

そして私には、家の整理、掃除、片付け本番の季節の到来。
もう一息で、亡くなった義母の遺品の整理、20年来の家の荷物の整理が終わりそうです。

ここ3~4年、春と秋には、ホコリをかぶった箱を開封し、何十年と保管されていたモノを確認。
家族に確認をして、要るのもと要らないものを分け、ゴミはゴミで袋に入れ、捨てられないモノ、
大きなモノは、世田谷区の粗大ゴミセンターに電話して、ゴミ出し日の予約。
数週間後の予約の朝には、玄関先にタンスや飾り棚などを運び出しました。

また家財の処分にあたり、数社のリサイクルの業者さん方にもお世話になりました。
鑑定していただいた家財道具のほとんど9割以上が、ただのゴミと判明してがっかり。

百貨店で買った100万円もした家具も、20年も経てばただのゴミです。
しかしリサイクルのプロから、いろいろ話を聞けたことは、私には大きな収穫。
時代を経ても失われない家財道具や趣味の道具の価値とはいかなるものか、
古道具の世界で生きる人たちから、学んだことは、これからの買物に大いに活きます。
いや、そうしたいと思います。

写真

そんな春の日、用賀での所要を済ませ食事をしようと歩いていると、
閉店したとばかり思っていた、お気に入りのラーメン店「再来軒」に、
のれんが下がっていました。店の表には、次回の営業日が書いてあります。

食事が終わり、店のおかあさんに、どうしたことかと聞くと、
体調がすぐれずしばらく店は休んでいたけど、また再開したという話。
しかし毎日、店を開けることはできず、次回の営業は31日を予定しているとのこと。

P1240110.jpg

カレンダーに印をつけて、月末の昨日の31日を楽しみにしていました。
お店の営業は不定期、しかもお昼の数時間だけですが、訪ねてみると、
お店が開くのを待っていたお客さんで、店内は妙に熱気を帯びていました。

P1240114-1.jpg

用賀のラーメン屋さん「再来軒」と出会ったのは偶然。
たまたま歩いていて、ずいぶん繁盛している店だな~と入りました。

ラーメン本に紹介されているかどうか分かりませんが、
その昔ながらのラーメンの味にノックダウン。
麺もスープも、そしてメンマもチャーシュー、ワンタンも昭和の味。

P1240115.jpg

東京の味、郷愁を感じさせるラーメン屋さんです。

P1240119.jpg

前回訪ねた3月26日には、見なかったスタッフさんの顔もあります。
皆さん、お店の存続のため、数日に1回、手伝っていらっしゃるのでしょうか。
そんな和気あいあいの雰囲気も、流行りの店では感じることがない良い空気。

P1240122.jpg

前回は正油ワンタンメンにしたので、昨日は塩ワンタンメンにしました。
つるっと美味しいワンタンが、本当に「再来軒」さんは、美味しいです。
店の存続のため、私が弟子入りしようかと思ったほど好きなラーメンの味。

P1240117.jpg

しょうゆを、「醤油」ではなく「正油」と表記するところが、またいい感じです。

P1240123.jpg

昨日、おかあさんに次回の営業日を確認したら、未定とのこと。
営業日が決まれば、店頭に張り出し、フェイスブックにてお知らせするそうです。
この優しいおかあさんの味、応援してくださる方、どなたかいらっしゃいませんか。



☆再来軒
住所:東京都世田谷区用賀4-30-1
TEL:03-3700-7335
https://ja-jp.facebook.com/yogasairaiken



にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします







東京三宿 「新記(SUN KEE)」 香港と潮州の味に飢えたら三宿の交差点へまっしぐら!

ハワイ、チャイナタウンの「林記粥粉麵 (Lam's Kitchen)」の味を思い出したら、
たまらず香港に行きたくなりましたが、香港には今日明日と直ぐには行けず、
東京、三宿の交差点にある、香港麺で知られる「新記」へ向かいました。



1994年の創業時から、ず~っとこの場所にあります。今年開店22年目です。
三宿の交差点まで来るのは、少々面倒ですが、オープン当初は足繁く通いました。

あるとき、外苑西通りに、ひょこんと支店が出来たときは大喜び。
当時、新宿区大京町に暮らしていたので、徒歩2~3分の場所で、あの香港麺が食べられると、
大喜びしたことよく覚えています。深夜は芸能人の姿もよく見かけましたが、なぜか閉店。
現在は四谷三丁目の交差点に、麺専門店ではなく中華料理の店としてあります。

わたし的には、1994年創業時の、麺専門店だった頃の味と雰囲気が懐かしいです。

P1230805.jpg

「今夜、新記に行こう~」とオルネリョ!さんを誘うと・・・
「今、今すぐだろう~」と言います。

麺料理のほか、料理も出すようになると、夜は混雑するようになりました。
のんびりできるのは、遅めの昼食か、早めの夕食の時間帯。

P1230796.jpg

わたし的にも、夜は大河ドラマ「真田丸」を見る都合、日曜日の早い夕食は助かります。
いやいや香港もすっかりご無沙汰。熱にうなされるように香港にも夢中でしたが・・・。

P1230797.jpg

オープン当初は、香港の大学に留学した社長さんが店に立ち、
接客していましたが、最近は三宿本店では見ません。お忙しいのでしょうか~。

「新記」の魅力は香港麺にありますが、一品料理は潮州料理。
潮州料理といえば、阿佐ヶ谷の名店「潮州」を思い出しますが、
現在は荻窪に移転。馬さんの味が懐かしい~「潮州」にも行かないと!

P1230792.jpg

先ずは本日のオススメから「香港芥藍菜」。どちらが正しいのか?
ホワイトボードには、「芥蘭菜」と書いてあります。この日は、少し塩気が強いかな・・・
そしてニンニクも効いてます。ひと品目、青菜の炒めもので一気のテンションが上がります。

P1230803.jpg

食い入るようにメニューを見る人。あれも食べたいこれも食べたい・・・

P1230807.jpg

豚バラの蝦醤と豆鼓を使った蒸し物。私、蝦醤を使った鶏の唐揚げも好き~。
こういう繊細な風味の中華が私は好き。

蝦醤とは、小えび(アミ)を塩漬けして発酵させた広東料理特有の調味料。

P1230811.jpg

そして点心王道の海老焼売も外せません。

P1230813.jpg

軽く生ビールで終わるつもりが、紹興酒も1本空けてしまいました。

P1230812.jpg

紹興酒を飲み出したら、鹵水(潮州式のタレ)に漬け込んだ料理が欲しくなります。
本来は前菜としてつまむ、小皿料理ですが・・・

ちなみに鹵水とは、豚や鶏の骨を塩、醤油、酒、生姜や香辛料を入れた鍋で、
煮出して作っただし汁に、豆腐やガチョウ、豚や牛の肉や臓物などを入れて
長時間漬けたり煮たりして作る中国広東省東部の潮州料理。

P1230815.jpg

お好きな3品を選べば1050円ですが、お腹の膨れ具合からして3品も要りません。
オルネリョ!さんは、卵&豆腐を、私は湯葉が食べたいと意見が合わず、
協議の結果、なぜか牛すね肉で落ち着きました。

これ牛すじ肉の鹵水、美味しい~です。いくらでも紹興酒が飲めます。

P1230819.jpg

最後に麺を注文すると、厨房のお兄さんが海老ワンタンを包み始めました。
店は支店が増え大きくなりましたが、ワンタンですが、
出来合いの品や冷食ではなく、注文を受けてから作るようです。

P1230818.jpg

タレで和え、つみれが乗った、撈麺(つゆなし麺)と、

P1230827.jpg

海老入りワンタンが乗った湯麺。どちらも麺は香港麺でいただきました。
ちょっと塩っぱく、味は人工的で濃いですが、病みつき、クセになる味。

P1230832.jpg

ああ~香港行きたいな・・・今年は香港行こうかな・・・。

P1230781.jpg

ハワイの林記の記事を書き、東京三宿の新記へまっしぐらの日曜日になりました。


☆新記 三宿本店
住所:東京都世田谷区池尻3-30-10 山旺ビル2階
TEL:03-3419-4123
営業時間:月曜日~土曜日(祝日含む) 11:30~25:00(LO 24:40)
       日曜日 11:30~24:00(LO 23:40

ホームページ:http://www.honkonmen-shinki.jp/index.php




にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



クリックお願いします!!







東京経堂 「洋食バル ウルトラ」長くて深いつきあいの友人たちと世田谷会

オルネリョ!さんの学生時代の親しい友人たちとの関係は、深く長く、
大学卒業後も一緒に旅行に行ったり、頻繁に酒を飲んだりして、
「久しぶり」なんて会話は皆無。転勤先にも押しかけていくつきあい。

週末、Cちゃんが上京してきたので、友人Aもやって来ての世田谷会。
実は昨年の暮れもCちゃんは上京して来て、約1ヶ月ぶりの再会。



今回の集まりは、オルネリョ!さんが学生時代に通っていた、
下北沢の「洋食屋マック」の店主の次男さんが
経堂に開いた店「洋食バル ウルトラ」。

「洋食屋マック」は、下北沢で33年間営業し2008年に閉店。
閉店後、しばらくして、ご主人は他界されたそうです。
息子さんは、閉店までの4年間、お父さんのもとで働き、2012年、
その意思と味を引き継ぐ形で、経堂に「洋食バル ウルトラ」をオープン。

私は下北沢の「洋食屋マック」の味は知りませんが、オルネリョ!さんは、
「豚ロースしょうが焼き」の大ファンだったそうです。
そして下北沢は、友人のAやCちゃんたちと一緒に飲み明かした街。
そんなこんな理由もあり、経堂の「洋食バル ウルトラ」に集合です。

P1230635.jpg

店の雰囲気も良いですが、雰囲気だけではなく、接客もすごく良かったです。
私が好きな経堂の洋食屋「デリス」とはまた異なり、昔ながらの洋食のその一歩先、
ちょっとお洒落な洋食バルといった位置づけではないでしょうか~。

P1230616.jpg

開店の6時に入りましたが、奥のテーブルは予約でいっぱい。
人気の店なんですね~。たちまち店はオープンと同時に満席になりました。

P1230618.jpg

イタリア産の「たる生スパークリングワイン」で乾杯。続いてワイン(写真撮り忘れ)。

P1230612.jpg

3人で乾杯したあと、遅れて友人Aも到着。こちらは本日のおすすめ。
4人で3時間以上でしょうか~食べる飲むしゃべる食べる飲むしゃべる。

P1230620.jpg

自家製マヨネーズのポテトサラダ

P1230622.jpg

海老・サーモン・アボカドのタルタル(バゲット付)

P1230627.jpg

カニクリームコロッケ(ソース2種)

P1230629.jpg

生ハムとベビーリーフのミニピザ

P1230632.jpg

ビーフステーキ

P1230634.jpg

エビフライ

P1230630.jpg

マッシュポテトとひき肉のグラタン

P1230638.jpg

おたがい、おっさんとおばさんに姿は変わりましたが、話の内容は変わらず、
そして着る服の趣味も、30年前と変わらず・・・

P1230613.jpg

P1230614.jpg

P1230615.jpg

P1230643.jpg

場所を変え、農大通りの珈琲館で、店の閉店時間まで果てしなくおしゃべりをして、
そしてCちゃんは、わが家にお泊りです。オルネリョ!さんはテレビでサッカー観戦。
日付が変わっても、Cちゃんには、私のPCのお悩み問題解消のサポートをしてもらい、
そして翌朝は、お義父さんも一緒に、長い長いおしゃべりが続く朝食となりました。



そして午後も、また前夜と同じ顔ぶれが新宿で集まり、
Cちゃんの新幹線の時間ギリギリまでおしゃべり。
最後は友人Aと別れ、電車の乗り帰宅。

長い長いおしゃべりをした週末でした~。



☆洋食バル ウルトラ
住所:東京都世田谷区経堂1-19-2 松菱ビル 1F
TEL:03-6413-9326
営業時間:11:00~15:00 18:00~24:00(L.O.23:00)






にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



東京新宿 車屋別館で新春会席 年初めセンターラインの確認

特に何も予定がない夜は、BSフジ夜8:00からのプライムニュースが
私のラジオの替わり。暇な平日の夜は、適当に聞き流しています。

去年のいつだったか韓国を代表する新聞社、中央日報の東京総局長が、
中国、日本の新聞記者と並んで出演されており、ふ~んと聞き流していると、
反町理(フジテレビ報道局政治部編集委員)キャスターが、

「韓国のゴールポストはなぜ動くのですか?」といった趣旨の質問を投げかけ、
それに中央日報の金玄基(キム・ヒョンキ)東京総局長は、
「日本のセンターラインが動くからです」と、平然とお答えになられました。

センターラインが動くからゴールポストも動く!?

どう~いうことだろう~と、その瞬間はテレビの画面を凝視しました。
産経の黒田さんと、反町理キャスターの顔が忘れられません。

どうでもいいことですが、反町理さん、夏場、半袖のYシャツに背広を着るのは、
テレビに出るキャスターとしては、格好良く無いと思います。
背広の袖口から出る毛深い手首ばかり私は気になって気になって気になって。
背広の袖口の保護のためにも、夏場でも長袖のYシャツを着るべきではないかと。



話は脱線しましたが、センターラインです。
センターラインがビシっと決まらないとゴールポストが決まらない話。

新年会の食事は、私のセンターラインの確認を兼ねて新宿の「車屋別館」さんへ。

懐、間口が広いというのか、食事は、中華はもちろんキムチに焼肉、タイ、ベトナム、
そしてイタリアンにフレンチ、そして先ごろはハワイでも食事をして、
私、料理は、お国柄、地域などは関係なく、分け隔てなく美味しくいただけます。

さて私の美味しいと感じるセンターラインはどこだろう~と、
あらためて考えたとき、自分が料理をするときイメージするゴールは、
厳しい修行をして腕を磨かれた、和食の板前さんの会席料理です。

P1230460.jpg

新宿の車屋別館さんでは、20年近く、年に数回、季節の会席料理をいただいてます。
亡くなった義母が大変好きな店で、私もオルネリョ!さんも好きな店の1つです。

P1230462-1.jpg

車屋別館さん、移り変わりの激しい新宿に置いて、約50年の歴史があり、
親子3代にわたり、ご贔屓にしてくださるお客様も多いと、店長から聞きました。

ご常連さんには、三島由紀夫さん、松本清張さん、青島幸男さんと、
著名な作家の名前や、芸術は爆発の岡本太郎さん、
そして店には書いてありませんでしたが、私の好きな脚本家で作家の、
向田邦子さんも、車屋別館さんに通われたお一人です。

P1230511.jpg

車屋別館さんは、いつも変わらずお料理が美味しいのはもちろんですが、
新宿駅の東口から近く、待ち合わせにも便利で、そして接客が気持ちがよく、
しかしけして肩がこらない、くつろいだ雰囲気の椅子席というのも良いです。

P1230510.jpg

そろそろ節分。季節感を出す、ちょっとした演出、こういったおもてなしの心は、
外国からのお客様も喜びます。最近では外国人のお客様も増えたとか。

P1230463.jpg

ご案内の葉書にあった新春会席を予約しておきました。

P1230464.jpg

料理長の大森さんは、この店において約20年のキャリアだそうです。
私は、もうかれこれ20年近く、車屋別館さんに通ってますが、
1人の料理人の料理を、これほど長く新宿でいただけるのも、
珍しいことではないかと思います。

P1230465.jpg

献立です。季節の会席料理は、毎回、料理の内容が違うので、それも楽しみ。

P1230467.jpg

自家製梅酒と先附

P1230470.jpg

前菜

P1230471.jpg

松葉刺しの黒豆が可愛かったので横からも

P1230475.jpg

吸物 

P1230476.jpg

造り

P1230480.jpg

合肴

P1230481.jpg

お酒は生ビールから燗酒に

P1230483.jpg

焼物

P1230488.jpg

P1230490.jpg

牛のタタキはジンギスカンソースで

P1230491.jpg

鰤の野田焼きと、肉に魚とどれも美味しい~

P1230495.jpg

煮物

P1230497.jpg

食事はグリーンピースご飯 オレンジは海の幸の雲丹

P1230499.jpg

デザート

P1230501.jpg

大森さんのお料理は、お椀がとびきり美味しくて、そして和食にとらわれず、
ときには洋食の素材なども取り入れて、基本はしっかり自由な感じの献立です。

P1230513.jpg

食事をしたのは2階、1階はステーキコーナーです。

P1230461.jpg

新宿、車屋別館さんでの新春会席、大変美味しゅうございました。

★車屋 別館
住所:東京都新宿区新宿3-21-1
TEL:03-3352-5566
http://www.kuruma-ya.co.jp/shop/bekkan/

※サービス料10%ランチはサービス料なし



にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします





東京自由が丘 「銀節や」 洒落た街で食べる郷愁の味の支那そば♪

東京暮らしの大半は、地下鉄丸ノ内線の四谷三丁目駅から新宿駅方面、
もしくは東京駅方面に行くことで、用が事足りておりました。

それがこの土地、世田谷に暮らすようになると、利用する電車も変わり、
丸ノ内線では見なかった、ベビーカーを押す母親の姿などが目に付き、
電車の中の人の様子も、丸ノ内線車内とは、まったく異なって見えます。

東京の電車は路線のよって運ぶ客層に、それぞれ違いがあるほか、
地下鉄丸ノ内線においては、東京駅から池袋駅方面に向かう客層と、
東京駅から新宿駅方面に向かう客層では、これまた服装からして違い、
電車が進行する街の方面によっても、客層が変わってきて、とても面白いです。

さて最近、東急大井町線に乗車する機会が増え、車窓から見える、
自由が丘駅周辺の人の多さが、ここ1~2年、ず~っと気になっていました。

自由が丘の街を歩いたのは、学生時代が最後だったかもしれません。
当時人気だった、マガジンハウス社発行の雑誌「オリーブ」に掲載されている、
雑貨店やレストランなどを、友人と訪ねるのが、とても楽しかったです。

天気が良い週末に、久しぶりに自由が丘の街を歩いてみました。
すると、あまりにもの街の変貌ぶりに、右も左も分かりません。
駅からの商業圏も、ずいぶんと広がりました。

そして時々、韓国語が聞こえてきました。
下北沢もそうですが、最近の韓国人観光客の皆さん、コアな場所まで、
よくご存知です。それにしても自由が丘で聞く韓国語には驚きました。

P1160694.jpg

まったくリサーチせずに、自由が丘の街を訪ね、夕方入った1軒目の店は外しました。
お腹は、半分、いや3分目くらいで精算をして、中途半端なので、ふらりとラーメン屋へ。



ざっとネット検索をして「ラーメン銀節や」さんへ来ました。

P1160687.jpg

まだ東京の街は寒くはありませんが、そして自由が丘駅周辺には、
おしゃれなレストランが目に付きますが、ついついラーメン屋さんへ足が向かいます。

P1160684.jpg

散歩のあとの生ビールも、まだまだ美味しいです。この店、「ラーメン銀節や」さんは、
サーバーもよく管理されている様子で、生ビールが美味しかったです。

P1160686.jpg

自由が丘の街でラーメンを食べるのは、生まれて初めてです。
まったくイメージしてませんでしたが、駅周辺の路地には、何軒か並んでいました。

P1160685.jpg

シンプルに支那そばを注文しました。

P1160692.jpg

当たりでした!!私のイメージする通りの支那そばの味でした!!

食べログさんの紹介によると・・・
鶏ガラ、豚骨を丁寧に八時間煮込み、枕崎産の鰹節、鯖節と煮干、昆布などからとった
和風ダシをあわせたダブルスープの一杯と書いてあります。

麺は固めで注文しました。同じく食べログさんには、
麺は玉子を使った細くちぢれたのどごしの良い多加水麺と書いてあります。

P1160693.jpg

カウンターにあった、揚げネギをトッピング。合う合う、このスープによく合います。
オルネリョ!さんは、浜田山の名店「たんたん亭」の系列、
流れのラーメンではないかと推測(違ったらすみません)。

「たんたん亭」のワンタンが、これまた私は大好き。
次回はワンタン入りを食べてみようかと思います。

P1160689.jpg

自由が丘まで来て、ラーメンを食べるとは思いませんでしたが、
美味しい店に当たり、幸せな気持ちで、東急大井町線に乗車できました。

自由が丘グルメについては、少しこれから調べて、探索もしてみたいと思います。


☆銀節や (ぎんぶしや)
住所:東京都目黒区自由が丘1-31-9
TEL:03-3718-4633







にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくね^^