ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2013年1月 厳寒のソウル食べ歩きの旅

ドーパミン噴射アドレナリンも噴出!?我を忘れ平常心を失ってしまう新沙洞の釜山チプ♪

良才洞(ヤンジェドン)のヤンジェタクチプで、軽~くチキン一羽を食べて、
韓国人カップルと日本人夫婦は、新沙洞(シンサドン)まで移動しました。

新沙駅の4番出口から近いアグチム通りと言えば、
駐在員さんにも、日本人観光客にも、よ~~~く知られた、超~~~有名店があり、
超~~~有名なモクチャコルモッ(食い倒れ通り)ですが、
私たちはそちらには行かず、3番出口から近い地元民で人気の釜山チプへ。

P1000302.jpg

アグチムとカンジャンケジャンが評判の店、釜山チプはド派手なビルではありませんが、
江南っ子のジョンヒョンおすすめの店で、彼女に案内されて前回は二人で来ました。
今回は四人です。前回食べなかったカンジャンケジャンも食べるぞ~~~。

P1000283_201309011103156f2.jpg

意気込んで来ましたが、一軒目のチキン屋が失敗?出遅れてしまい・・・
店は恐ろしく混雑していました。待つことが嫌いらしい~韓国人が、
店の入口のシートで仕切られた狭いスペースで、暖を取りながら、
ぎゅうぎゅう詰めで順番待ちです。仕方なく私たちも待っていると・・・

店のアジュンマがやって来て・・・

P1000284moz.jpg

「はい、あ~んして」
と、そこらじゅうの立っている客にも座っている客にも、容赦なく・・・

P1000287moz.jpg

「はい、あ~んして」
と、韓国のおにぎり「주먹밥(チュモクパプ」を、お口にポンポン入れて回ります。

こんなサービスが韓国らしい~と感じますね。素顔の韓国です。
旅行は出来れば、自由旅行ですよ。
ガイドに連れ回されるパック旅行の、決められた小奇麗な観光客御用達の店では、
ファンタスティックな体験は出来ません。上っ面しか分かりません。

P1000292.jpg

どれくらい待ったでしょうか・・・小一時間は待ちましたね。
滅茶苦茶ここでも寒かったですが、アジュンマのサービスにほっこりして、
まあ何とか待てました。そしてやっとやっと順番が来てテーブルに案内されると、
あらかじめ注文しておいた料理が、もう・・・並んでいました・・・。

料理は客が着席して運んで欲しい~ですが・・・これが江南スタイル?
まあ細かいことをイチイチ気にしていたら、外国旅行はできませんね。

騙されてナンボ・・・腹下してナンボの自由旅行です・・・いつも。

P1000300.jpg

さあご馳走です!二軒目ではマッコリで乾杯!食べるぞ~~~!

P1000293.jpg

アンコウを甘辛く煮詰めた、韓国は馬山の名物料理のアグチム。
これで小サイズ3万ウォン。見かけ以上に意外とアグチムはお高いのです。

しかし一度食べたら忘れられない味。
甘辛の中にも、しっかりアンコウの旨みが詰まっています。

そして私の大大大好物「オマンドゥンイが少ない」と店に抗議したら、
ひと皿どさっと足してくれました。言ってみるものです。外国では。

オマンドゥンイについては過去記事にあります。
ミドドク大好き!気になるアナタだけに~ミドドクとオマンドゥンイのこと♪

P1000296_20130901110402b67.jpg

そしてまた次回、釜山チプに行くことがあったら、
是非!食したいと思っていたのが、この店のカンジャンケジャン。

ど~んと、これで二人前です。4万ウォン×2で8万ウォン!わっ贅沢しちゃったな。

生蟹を韓国醤油に漬け込んだカンジャンケジャンは、
もうすっかり日本人にもお馴染みの韓国料理かと思います。
ただの醤油漬けですが、醤油の味によって味が大きく違うように感じますが・・・

そうそう滅多にカンジャンケジャンを、韓国で口にする機会がありません。
お高いですから・・・だから言うわけではありませんが・・・

これまで韓国で食べたカンジャンケジャンは、
群山で食べたのが初めて、そして景福宮近くの有名店クンキワチプと、
そしてここ釜山チプが三軒目になります。

先ず蟹味噌を見ただけで視界に入っただけで、ドーパミンが脳内から噴射し、
口に含んだ途端、次は一気にアドレナリンが副腎から分泌されて、
その先は夢心地で平常心を失い、私は未だに、冷静にお味をお伝えできません。

蟹味噌を目の前にすると我を忘れます・・・カンジャンケジャンは薬物?
写真を見ただけで・・・気持ちがソワソワしてきますね・・・。

P1000295.jpg

そしてアグチムにもカンジャンケジャンにも、合う合うチュモクパプ。
片手でご飯を握って、韓国海苔をまぶしただけですが、これが妙に旨い。
チョモクとは拳、パプがご飯。つまり韓国ではおにぎりのこと拳飯というらしい。

店先でアジュンマが客の口に、握りながら放り込んでいたのもこれですね。

P1000298.jpg

わっ・・・アグチムと、わっ・・・カンジャンケジャンが、
わっ・・・並んでいるわ~。

今年始めのお正月、こんな豪華な韓国料理・・・一緒に食べたのね・・・
もうすっかり・・・遠い遠い・・・遥か遥か・・・昔のこと・・・。

P1000303moz.jpg

蟹もアンコウも食べるのに手間がかかりますから、
幾分おしゃべりのトーンは下がりますね。

ここでは、ひたすら食べることに集中。
チキン屋と待ち時間にさんざんおしゃべりはしましたから。

四人で食べる食べる飲む飲むでした。

P1000306moz.jpg

頃合を見て、店のアジュンマが手袋をつけて登場~。
蟹味噌をギュッギュッと搾り出し、ご飯と混ぜ混ぜしてくれます。

P1000305.jpg

山の手暮らしの奥様は、びっくりかも。とてもこれ店の調理とは思えません。
ここは外国外国。やっぱり韓国は外国だと私は感じます。

P1000307.jpg

これが見た目、ぜんぜん美味しそうにありませんが、
蟹味噌と韓国海苔の風味が、なんとも相性が良く、ウマウマなんです。

P1000308.jpg

アグチム通りのプロカンジャンケジャンと比べてどうなんでしょうか。
そちらは、まだ未体験なので、いつか無駄にお金が有る時行ってみたいです。

P1000309.jpg

メニュー

コッケ(ワタリガニ)
チム(蒸し)、タン(スープ)、ポムボク(ごった煮)
各 大70000 中60000 小50000

アグ
チム(蒸し)、タン(スープ)
各 大50000 中40000 小30000

ナクチ(テナガダコ)
各 大50000 中40000 小30000

カンジャンケジャン
40000

ホンオ(ガンギエイ)チム(蒸し) 
30000

なんとこの店は24時間営業です!

釜山チプ(부산집)

ソウル市カンナム区ノニョンドン(論峴洞)16-1
서울시 강남구 논현동 16-1
新沙(シンサ)駅3番出口出たカフェ「tous les jours」の通りを入ったところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
お手間かけますが、クリックお願いしますね^^


Baidu IME_2013-9-1_19-30-7







ソウル三大チキンの称号も!ヤンジェタクチプ(양재닭집)江南エリアの古くて人気のチキン屋♪

残暑がモーレツに厳しい~夏の終わりに書く、厳寒ソウルの旅のお話です。

P1000257moz.jpg

ソウル江南が地元のジョンヒョンと、今回の旅も、またまた再会しました。
これからバスで移動~のため、江南のバス停でバスを待っています。

私たちの親しい友人ジョンヒョンとは、私たちがソウルを訪問すると、
決まって会って食事をしているので、年に数回は、
ジョンヒョンの顔を見ていることに。ブログにも数回登場しています。

夫とジョンヒョンは、馬が合います。
私にはさっぱり分からない話をして、二人でいつも笑い転げています。
歳も違えば国籍も違うし・・・不思議な二人です。

P1000260_20130829235634d2b.jpg

ジョンヒョンの素敵な彼氏も合流~。彼氏は前回会った時と同じ人物です。
ジョンヒョンの彼氏・・・私たちが知っているだけで三人目かな。
彼女とは東京留学時代からの、長い付き合いなので、
ジョンヒョンの彼氏の変遷を、10年近く見させていただいています。

P1000262_20130829235638733.jpg

韓国人カップルと、日本人夫婦が吸い込まれていく、あやしいビルの地下。
良才(ヤンジェ)駅から数分の場所です。

江南エリアが、まだ畑だった時代を知るジョンヒョンのお父さんが、
若い頃、給料日には必ず立ち寄っていたという店に案内してくれました。

P1000263_20130829235642c1e.jpg

양재닭집(ヤンジェタクチプ)直訳すると「良才鶏家」でしょうか。

ジョンヒョンのお父さんが、若い時代から通っている店なので、
相当古い店ですが「양재닭집」で検索すると、
韓国人ブロガーの、最近アップされた記事も多くヒットします。
ここは、かつて「ソウル三大チキン」の称号で呼ばれていた名店のようです。

P1000274_2013082923581374e.jpg

この日もソウルはマイナス10度以下でしたが、
こんな寒い日に、ビールを飲んでチキンを食べる客なんているのか・・・?

いたよいたよ。チキン好きの韓国人。ビルの地下の店にはお客がいました。

P1000273.jpg

ビルの地下の店内は意外と広いですが、さすがに冬季は客の入りが少ないのか、
寒さ対策なのか、客席は一部を仕切って営業していましたが、

仕切られた店の奥は、どこまであるの???という位・・・先がある様子。

実はここ、一見するとビルの地下のワンフロアに見えましたが、
良才の地下商店街の名残なんだそうです。つまり商店街の一部でした。

ソウルには街の地下に、長い長い商店街がいくつもありますが、昔はここも商店街で、
ヤンジェタクチプは、乾物屋、肉屋などと並ぶ、市場の鶏屋だったそうです。

P1000266moz.jpg

「どうもどうも~」
「おひさしぶりです」

娘の彼氏を品定めする、親父さんみたいな夫。

ジョンヒョンの彼氏は、日本語は全く理解しません。
彼氏の耳に入れたくない、昔の男の話は日本語で。
私に聞かせたくない話(私の想像)、韓国語でおしゃべりが弾みます。

男の趣味って変わらないものだと、変に感心します。
ジョンヒョンの彼氏は、いつも気が優しくて、お姫様に仕えるタイプばかり。
ルックスも・・・私が知っている三人揃って・・・あまり変わらないし・・・。

ジョンヒョンは、日本語一級の実力。
これを読んだら・・・たぶん大笑いすると思います。そんな娘です。

P1000271_20130829235737d3d.jpg

それにしても、この夜は寒かった。当然誰もコートは脱ぎません。
しかもビルの地下の一室ではなくて、商店街を仕切ったワンコーナーです。
底冷えしていました。

客の入りはまあまあで(たぶん寒いから)、お陰様で直ぐに座れましたが、
最近アップされた韓国人のブログによると、こんな店ですが行列覚悟。
席に座っても、料理が出るまで15分はかかるとあります。

ソウル三大チキンの称号をゲットした名店。夏はもっと繁盛しているようです。

P1000272_20130829235740eec.jpg

メニュー

チキン       12000
瓶ビール(HITE)  2500
焼酎        2500
飲料        1000       
生ビール 500cc   2000
     2000cc  7000
     3000cc  9000

このいさぎの良さ。メニューはチキンのみです。
入口の看板には「生鶏と揚げ鳥の卸販売致します」と書いてありましたが、
ポジャン(持ち帰り)と、市場の名残り、生鶏も販売してくれるそうです。

ジョンヒョン曰く「ここで買った鶏で作る参鶏湯は、一味違う」と言っています。

P1000268.jpg

乾杯は瓶ビールで、寒くて生ビールに手が出ませんでした。
瓶ビールのあとは、韓国焼酎に・・・。

やっぱりチキンは夏。チキンに生ビールは、夏が美味しい~ですね。

P1000265.jpg

それにしても・・・
キッチンをのぞくと・・・
無造作に積まれた、裸のセクシーチキン。

P1000279.jpg

先ず、日本人の主婦は、丸鶏を料理する機会が、そうそうありませんから。
見た目で美味いのか、そうでないのか、目利きが出来ません・・・。

無造作に向けられたチキンのヒップ・・・美味しそう~。
なんてなかなか思えません。

しかしほんのりピンクのセクシーチキンは、
東京のスーパー肉屋で見る丸鶏より、格段と美味しそうに見えました。

ピントが合っていませんが・・・。

P1000278_201308292358270b9.jpg

砂ずりも美味しそう~。ピントが合っていませんが・・・。

東京では「砂肝」なんて呼びますが、九州では「砂ずり」。
私の実家の方では、スーパーに砂ずりの刺身が売られています。
それを見た夫は仰天しましたが。
東京では、砂ずりの刺身には、滅多にお目にかかれませんが、
九州の実家では砂ずりは、普通に家庭でも生食していました。

さてこれは、メニューにはありませんので、販売用なのかな。
韓国も、砂ずり刺身で食べるのかしら???

P1000280_201308292358522e9.jpg

業務用のフライヤーでなく、ごく普通の鉄製の中華鍋でフライ。

P1000276.jpg

鶏皮はパッリパッリ。お肉はプッリプッリの韓国のフライドチキン。
チキンの味に舌が超えた韓国人が、並んでも食べたい、
良才のチキン屋「ヤンジェタクチプ」納得の味でした。美味しゅうございました。

今度は夏・・・夏に行こう・・・。寒すぎる・・・。

Baidu IME_2013-8-29_23-51-51

ヤンジェタクチプ(양재닭집)

ソウル特別市ソチョ区ヤンジェ1洞1-7
서울특별시서초구양재1동1-7

TEL02-572-1741


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします。






ソウルの私の好きな店~合井洞(ハプチョンドン)のポリウルで忘れられないあの味を♪

長く暮らした新宿から、夫の実家のある世田谷に引っ越して来て、
肌で感じるのは、同じ東京でも朝夕の空気の違いです。
マンション暮らしから、戸建の生活に変わったというのもありますが。

ここ数日、世田谷の朝と夜は、少し空気が冷えて来たと感じますね。
水も冷えてきました。秋が近いんだわ・・・「わ~~~また冬が来る!」と、
世田谷の家の今年始めの、冬の台所を思い出して身震いがしました。

そして一戸建ての夏は暑かった。お義父さん・・・エアコンが苦手?

P1000128.jpg

この夏の話ですが・・・朝・・・台所の温度計を見ると36度超え!
ヤカンを火にかけ、炊飯器の蒸気が吹き出し、味噌汁が出来るころには、
私は汗が全身から吹き出していました。グラス一杯の水の補給では足りません。

台所にエアコンは、あることにはありますが、これが古くて使えません。
ここの家の造りは、台所が独立しています。窓はありますが暑い・・・。
エアコンの冷気を、隣室の居間との間にある小さな窓から入れます。

と言っても、お義父さん暑さに強いのか寒がりなのか、
この夏、朝にエアコンのスイッチを入れたのは5日もなかったかな・・・。

P1000129_20130829052614ef3.jpg

頭から汗を流し全身濡れた状態で、朝ごはんを食べたのは初めてかもしれません。
今年の夏は、手の甲から腕にかけて、汗が吹き出した状態で、
お箸とお椀を持っていました。何の修行だったのか・・・。

そしてまた、全身凍える寒い冬が来るのね・・・。日本の一戸建ては寒いです。
「日本の家は寒い」オンドルの部屋に慣れた、韓国人がよく言います。

P1000130.jpg

私のソウルの好きな店の一つで、合井洞(ハプチョンドン)にあるポリウル。
韓国滞留中から、この店の味が好きで、数回食事していますが、
ポリウルをブログで紹介するのは初めてですね。たぶん?

季節はクリスマスシーズンではありません。今年のお正月訪ねました。
熱しやすく冷めやすい気質と言われる韓国人ですが、
クリスマス気分だけは、翌年の春先まで引きずる不思議なお国柄です。

P1000133_2013082905302206f.jpg

店の看板メニューのポリパブ(麦飯)を、早速注文しました。
道路も河川も凍結していたソウル。果たして美味しい野菜がいただけるのか?
と、真冬にお店に来たのは初めてなので、一抹の不安はありましたが・・・

P1000137_20130829053227ef1.jpg

麦ご飯の上に、数種類のナムルを好きに自分でトッピングして、
コチュジャンを少し加えて混ぜて食べます。

不安を拭う安定した味。安定して美味しい~店って、韓国では珍しいかも。
ここのナムルは素材の味を大事にした、あっさりさっぱりすっきりした味。
韓国の野菜の美味しさが、しみじみと伝わります。

ポリウルは、やっぱり美味しかった~。

P1000135.jpg

食事だけのつもりが、昼間から乾杯!
これだけ美味しい~ナムルとキムチが並べば、つまみはいりません。
韓国で食べる韓国料理は最高~。

P1000136.jpg

しかし・・・ここの店で忘れてならない味がまだあります。それは・・・

ポリウルメニュー

‐食事‐
ポリパプ 6000ウォン
スジェビ 12000ウォン

‐添え物の(料理)‐
コダリッチム 12000
チェユク(豚肉)ポックム 10000
チュックミ(イイダコ)ポックム 10000
ヘムルパジョン 12000
トドリムク 10000

トンドンジュ 6000
マッコルリ 3000

P1000140.jpg

コダリッチム大好き。もう大好き。私はコダリッチムが大大大好きなんです。
そしてこれが、マッコリに合う合う合うのです。

初めて食べたのは、もう15年前くらい昔だったかな。
新宿の、今はもう閉店してありませんが、とある韓国料理屋さんで、
当時、隣人だった韓国人のキムさんと一緒に食べました。

コダリッチムなんてメニューは、店にはありません。
韓国人の常連さんだけに、こっそり出してくれる裏メニューです。
その店のおばさんは料理上手で、コダリッチムの美味しさに私は驚きました。

それから韓国に行くと、乾燥したコダリ(スケトウダラ)を市場で買ってきては、
隣人のキムさんの手ほどきを受け、
試行錯誤してコダリッチムを作っていた時期がありましたね。
キムさん曰く、これは練炭か炭火で焼くのが最高のご馳走だそうです。

P1000154.jpg
写真は、今年のお正月、市場で売っていたものです。

つまりコダリに、はまってしまったというわけです。

しかしなかなか納得出来る味には出来ませんでしたね。
乾燥魚ですから、戻し加減が難しく、辛いヤンニョムの配合も、
つけ具合も、とにかく上手くいかず、これは外食する料理だと諦めました。

韓国に滞留中、あちこちで食べてみましたが、ここポリウルの味が、
一番最初に食べて感動したあの味に近いように感じます。

まさか・・・コダリッチムごときで、こんなに書けるとは思いませんでした。

P1000144.jpg

写真を見ていると思い出してきました。
窓の外は、鼻毛も凍る厳寒のソウルでしたが、オンドルの温もりで、
お尻から暖まってきます。冷たいマッコリもオンドルの部屋では美味しい~。

そして・・・「あなたもうやめなさい」と私は言いましたが、
この店ポリウルの、もう一つの看板メニューのスジェビを、
夫が注文してしまいました。そして私もついつい箸がすすむすすむ。

スジェビとは、韓国式のすいとんですね。

スジェビのスープは、煮干出汁の店、そして牛出汁の店が韓国には多いですが、
ポリウルは海鮮出汁です。
海老の旨みがよく出ていて、これがまた美味しい~のです。

P1000131.jpg

軽く食事のつもりが、ついついお酒もすすみ、そして鍋で温まり、
ああ~韓国ソウルまたまた行きたくなりました・・・。

韓国で食べる韓国料理と飲むマッコリは最高~。
二重三重に厳重に封印していた記憶を、あ~あ思い出してしまったぜ・・・。
寒くなる前に韓国に行こうかな・・・。行きたいな・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^



ポリウル(보리울)
小さな家庭的な店です。時間定休日は確認したが良いかもです。

ソウル市 麻浦区合井洞413−16
서울시 마포구 합정동 413-16

02-325-8915


韓国ソウルのセレブ?な下町のパン屋「SHILLA(新羅)銘菓」で聴くグランドピアノの調べ♪

今年のお正月は、厳寒の韓国ソウルに遊びに行ったんだよな・・・。

もう遥か遥か、それは遠い遠い、昔々の思い出のような気持ち。
パスポートのスタンプを見ると1月3日から7日までの4泊5日か。

P1000118_20130828030332989.jpg

この旅行から帰国したら、お義父さんと同居のための引越しだな~。
なんてある意味、誰にも気兼ねせずに、好きに出かけられるのは最後かも?
なんて思いながらの、韓国旅行でした。

気づけば買ったばかりのカメラに、SDカードは入ったまま。
数日前、八ヶ月も昔に撮影した、韓国旅行の写真を見てみました。

正直な気持ち、開けたくなかった、私のパンドラの箱。



八ヶ月も昔の韓国ソウルの旅行記なんて誰が読むんじゃ・・・とは思いましたが、

やっぱりこれは変!韓国は外国!分かり合おうなんて僭越じゃ~。
分からなくてナンボ。分かり合おうとするから難しくなる。

韓国は外国なんだ。韓国人は外国人なんだ。あらためて気づいたよ私。

P1000077.jpg

ブログの神様が、夕べ私に降りて来ました。
韓国旅行・・・古い話ですが、変だから面白いから、ブログに残しておきます。

地下鉄5号線と6号線と空港鉄道が交錯する、孔徳駅構内のパン屋。
パン屋の店内で、女性がグランドピアノを弾いています・・・。

なっ!なっ!変でしょっ。そう思う私が変?
韓国では、何が普通か分からなくなります。

P1000081.jpg

麻浦区の孔徳と言えば、急速に街の開発が進んでいますが、
夫曰く、孔徳は、東京で例えるなら錦糸町~的な街の雰囲気かな。
錦糸町が、どうのこうのって話ではありませんので、錦糸町の方は怒らないでね。

錦糸町の駅構内を歩いていたら、ピアノの調べ。
生演奏です。間違いなく人が演奏しています。

P1000079.jpg

最初は驚きましたね。

なんで韓国人はパン屋で、ピアノ、しかもグランドピアノの演奏を聴くのさ!?
しかも錦糸町で。だから物の例え・・・錦糸町の方、怒らないでください。

P1000080.jpg

私が知っている韓国人全般ですが、
気取るのがお好きな方が、多いように感じます。

日本人でも、とりわけ砕けた人種に属する私から見たら
「ウンップップップッーーーアンターーー何気取っとるんじゃい?」なんて、
突っ込みたくなるようなアガシ、アジュンマによく遭遇します。

気取るのが好きな国。韓国。これは変。だから外国旅行は面白いです。

P1000083.jpg

パン屋が気取るには、ワケがありました。

ここのパン屋「SHILLA銘菓」は、韓国を代表するホテル、
新羅ホテルのベーカリー部門と言うのか、サムソン財閥系のパン屋。

ワッタカッタ!さんのBLOG愛読者には、ご存知、韓国財閥サムソン一家の
皇太子イ・ジェヨンの妹イ・ブジン(新羅ホテル代表理事社長)が、
ここパン屋「SHILLA銘菓」のトップと言ったらトップ。
(両者の関係については文末に追記しました)

由緒正しいセレブなパン屋?だから、ここで韓国人、気取ってナンボなのかもね。

P1000082.jpg

プヨ(扶餘)メロン100%使用して作ったプレミアムパイ

オススメのパンと他を数個買って、ホテルでいただきました。
味の感想は・・・プヨ(扶餘)産のメロンは、きっと美味しいのかもしれませんが、
パンになったことが残念でした。
人工的なメロンのニオイが鼻について・・・私はむせました・・・。

よかったよ店で食べなくて・・・残念なパンを食べながら、
私はピアノの演奏なんか聴けない・・・気取れません。

P1000061.jpg

ピアノの生演奏の時間は決まってはいないようです。

猛暑に書く厳寒の韓国ソウルの旅でした。
不定期で続きます^^

追記です。SHILLA製菓とサムソングループの関係について調べてみました。

リンクさせたSHILLA(新羅)銘菓の会社のホームページには、
以下のように書いてあります。

SHILLA(新羅)銘菓は1978年サムソングループのホテル新羅の製菓事業として発足して以後、
1983年別途のベイカリー専門業者として独立。

夫がさらに、

「1983年別途のベイカリー専門業者として独立」した背景を、ネットで調べると、
1983年当時、「財閥系企業がパンの事業までするな~!」と、
街のパン屋さんが反発してデモをおこした。

そこで、資本関係は仕方なくサムソンとは切り離しましたが、
現在も新羅銘菓は、ホテル新羅にパンは納入してるし、
サムソン系列の「サムソン半導体」「ルノーサムソン」「サムソンエバーランド」とは
取引関係を維持している。

ここからは夫の見解ですが、

ケンカ別れしてたら、新羅のロゴ使えないし、全く関係ないとは言えないと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^

元ちゃんのリクエストに応えます♪ ソウル・九老(クロ)、三千里串店のメニュー解析!!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

皆さん、お久しぶりです。オルネリョです。
芸能情報サボっていてスンマセンです。

カミサンからは、ピとキム・テヒはどうなっているの?
チョ・ソンミンの自殺は?等々、リクエスト来てるわよ!なんて
言われてます。

僕らが、ソウルに行ってる間に、飛行機の機内紙、ホテルのテレビなどで
ウォッチしてましたが、日本で伝えられている以上の情報はありませんでした。

ソウルのオフ会は本当に楽しかった。
具体的に覚えていることはほとんどなく、
前半部分の我が後輩の元ちゃんによる
猪木物まねぐらいしか記憶ないです。
中国の「白酒(パイチュウ)」、上物はすごいです。
今回飲んだもの、日本なら1本5,000円以上は、するでしょう。
(三千里では1本が1万ウォン約700~800円!激安!!)
若者による薬物乱用が問題になっている昨今、
この酒がもっと、日本で普及することを望みます。
付き合いが短い間柄でも、簡単にトランス状態になり、
お互いが、30年来の友人になれることウケアイです。


今回の同時ブログUP企画の言いだしっぺとして
ブログに参加しないのは無責任と感じつつ、
元ちゃんから「あの店のメニューを日本語にして!」という
カカオでの圧力もあり、

Baidu IME_2013-1-11_22-55-50
朝鮮族料理屋 三千里のメニューの左側にある

P1000161_convert_20130111232530.jpg
串焼き部門の和訳をすることといたしました。


Naverの韓国語辞典は役に立たないので、
中国語辞典(中韓辞典)やGoogle検索等で調べてみましたが、
そこで以外にも、僕らは、この朝鮮族伝統料理の
ほんの触りの部分だけをかじっただけだということを
思い知らされました。

オフ会参加の皆様!三千里のディープな世界はまだまだです。
写真は一部を除いて資料イメージです。羊肉串とイカ以外は食べてないので…


P1000181_convert_20130109221944.jpg
↑ ↑ ↑
羊肉串 양꼬치 羊肉の串焼き 9,000ウォン(三千里で実際に食べたもの)


Baidu IME_2013-1-11_23-30-12
↑ ↑ ↑
月牙骨 오돌뼈 軟骨(通常は豚だけどこの店は羊?)9,000ウォン


Baidu IME_2013-1-12_11-44-36
↑ ↑ ↑
心管 영통줄기 豚(この店は羊かな?)の心臓の血管 9,000ウォン
写真は実際に食べたもの(やきとん屋では通称パイプ)


Baidu IME_2013-1-11_23-47-29
↑ ↑ ↑
板筋 심줄  豚のスジ肉  9,000ウォン
ソウル他店のスジ肉


Baidu IME_2013-1-11_23-49-25
↑ ↑ ↑
鸡胗 닭똥집 鳥の砂肝


Baidu IME_2013-1-11_22-17-10
↑ ↑ ↑ 
毛蛋 보신알  孵化直前の鳥?アヒル?の卵 5,000ウォン
キーワードでヒットした韓国人ブログの写真、フィリピンや東南アジアで食べられてます。


Baidu IME_2013-1-11_23-51-14
↑ ↑ ↑
牛鞭 우랑  牛の睾丸 9,000ウォン


Baidu IME_2013-1-11_23-53-5
↑ ↑ ↑
心脏 얌통  鳥の心臓(ハツ)9,000ウォン

 
Baidu IME_2013-1-11_23-54-59
↑ ↑ ↑
达蹄 지라  牛の脾臟 2,000ウォン


Baidu IME_2013-1-11_23-57-51
↑ ↑ ↑
腰子 통팥  豚の腎臓  2,000ウォン
やきとん屋では「通称マメ」


Baidu IME_2013-1-12_9-14-8
↑ ↑ ↑
鱿鱼 오징어 イカ 9,000ウォン
(このイメージはペコさん撮。これだけでまた、ソウルに行きたいぐらいマイウーでした)


Baidu IME_2013-1-12_0-0-11
Baidu IME_2013-1-12_0-1-12
↑ ↑ ↑
鹌鹑 메추리 うずら 10,000ウォン
焼くとこんな感じ。


Baidu IME_2013-1-12_0-3-45
↑ ↑ ↑
羊筋 ハングル表記なし 羊のスジ肉 10,000ウォン
都内某朝鮮族飲食店の羊筋(歯ごたえがいい感じらしい)




以上でしたが、本当にディープだったでしょ。
元ちゃん、この作業、以外に面倒でしたが、オモロかったよ~!

1月12日深夜0時時点で、4名の同時UPは、記事ランキングで
Baidu IME_2013-1-12_0-9-42
上位独占!

そして、1月12日午後6時時点では、
Baidu IME_2013-1-12_20-13-48a
人気記事ベスト10中で、5本の「三千里」関連記事がランクイン!

あとは、僕らの密かな野望、ヤンコチ大ブームに向けてがんばりましょー!


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
ここをクリックしていただきますと「韓国情報」にジャンプします。