ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 韓国芸能人Xファイル

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その15 ~中堅女優編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、
皆様に委ねたいと思いますが、
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。
(今回は1箇所だけ、補足を加えました。)



㊳ドラマ「ガラスの靴」でのヘアスタイルには驚かされた女優K

Baidu IME_2014-1-20_13-40-39red


○主演級に昇格するも、良い結果を得られず、
最近OAのKBSドラマ「ハンガンスタリョン、漢江水打令」では、
準主役の出演で挽回中
○サムソンの40代役員と愛人契約を結んでおり、
前所属事務所マネージャーによれば、
愛人からの援助を受けて、先日、億ションを購入したとのこと

Baidu IME_2014-1-20_13-29-37red

○ドラマの共演がきっかけで交際したカム・ウソンとは、
所属事務所の移籍を契機に別れた
○その後、映画共演のチョ・スンウと付き合うも、
カン・ヘジョンとの三角関係に陥り、結局は、これも別れることに・・・

Baidu IME_2014-1-20_13-35-4red

○新人俳優キラーだが、対処がうまく、表立ったウワサにはなっていない
○主役を勝ち取るためには、たゆまぬ努力を惜しまない
○見た目と異なり、温厚ではなく、むしろ礼儀知らずという評価がある
○作品に関する欲だけは高く、己知らずの傾向があるため、
自分がうまく演じきれない役柄まで取ってきて、
結果が大ヒットには結びつかない事例が多い(ex.映画「下流人生」)
○元々、経済的に厳しい家庭環境で育つ。(父子家庭で、彼女が家長の役割)
そのため、生活力がある一方で、
所属事務所を頻繁に移るのは、カネ絡みでは?というもっぱらの評判
○所属事務所とは、契約終了直前、必ずもめるので、絶えず、裁判沙汰が起こる。
現在も、前所属事務所スターズのキム・ソンフン社長
(※自殺したチャン・ジャヨン、チェ・ジンシル、ユニ、チョン・ダビンの
所属事務所社長はこの方でした)と訴訟中

Baidu IME_2014-1-20_13-49-1red

○ラクダのような顔で、足が綺麗ではなく、品もないので、
フルショットの撮影には不向きだが、演技力は兼ね備えている

Baidu IME_2014-1-20_13-47-37red

○彼女は以外にも多芸多才。
そこら辺の歌手より、歌とダンスの実力は目を見張る水準

Baidu IME_2014-1-20_13-46-47

○メロドラマより、明朗快活なキャラクターで活きる
○彼女のハツラツ感は、平凡な人から見たら、代理的満足感を与え、
視聴者や観客との一体感や安心感を与える

Baidu IME_2014-1-20_13-56-23red

○映画での主役級はまだまだ難しいので、
ドラマで勝負する方が彼女にとっては適しており、
無謀な主役への欲は、かえって彼女の今後にとっては、
マイナス作用に・・・



㊴昨年ウォンビンとの熱愛をディスパッチにキャッチされた女優L

Baidu IME_2014-1-20_14-16-51red


○2002年MBCドラマ「勝手にしやがれ、네 멋대로 해라」、
映画「知ってる女、아는 여자」に出演し、独特なキャラクター演技を展開

Baidu IME_2014-1-20_14-14-28red

○彼女がイメージキャラを務める化粧品ブランド“Laneige”のCFは高評価



○愛人の存在ではいろんな説が語られている。
“30代後半の日本人”説や、“サムソン常務イ・ジェヨン”説。
可能性が最も低いのは、“映画監督チャン・ジン”説で、
所属事務所社長チョン・ヨンボム社長(現スターJエンタ社長)と
チャン・ジン監督がマブダチでゴルフ仲間なので、
この集まりで彼女がたまたま同席していただけとする意見が有力

Baidu IME_2014-1-20_14-16-22red

○仕事以外で、外出することがなく、完全に私生活はベールに包まれている。
撮影以外は、家にいることが多く、ホストクラブなどの社交場への出入りもなく、
親しい芸能人もおらず、対人恐怖症というウワサさえあちらこちらに・・・
○私生活に関して、関心を持たれることを嫌がり、
所属事務所からコントロールされることも嫌う。
マネージャーと行動を共にすることも避けるし、
バラエティー番組の出演もしない
○頻繁なドラマ出演も避け、自分には何かあるぞという演出がうまい
○所属事務所もよく移籍するけど、自分のイメージを変えることはない
○所属事務所社長の方針「俳優は黙って、演技だけうまくやって、売れればOK」を
忠実に守っているだけという意見もあり、
事務所社長のいわば“ベ―ルマーケティング”は成功していると言える
○両親は離婚しているが、父母それぞれを平等に扱っているとのこと。
現在、父親と同居中。
最近、手術を終えたばかりの父親の体調がすぐれず、悩んでいる
○アメリカに移民した母親に会いに、休暇のたびに、渡米している

Baidu IME_2014-1-20_14-54-11

○ベールに包まれていることが、かえって予期せぬスキャンダルに
見舞われる可能性あり

Baidu IME_2014-1-20_14-48-55red

○演技面で成功しているとは言えないが、広告でのイメージだけで、
当分の間は安泰との意見多数。
不器用なので、イメチェンはかなり難しいだろう

Baidu IME_2014-1-20_14-30-58red

○演技が大衆的ではない。
観客100万人突破の映画や視聴率30%を超えるドラマにも出演歴なし。
ただただ、彼女を支持するのはマニア的なファン。
彼女の人気がいつまで続くかは、未知数としか言い様がない



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その14

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。



㊱韓国では“天然”美人女優と言えばこの方、女優H

Baidu IME_2014-1-15_14-7-4red


○男性問題で浮き沈みが激しいが、
以外にも、目立ったスキャンダルは表面化していない
ビビアン・ウエストウッドの社長(コ・ソヨンとの交際歴あり)との
熱愛説があるが、結婚を前提としない、“エンジョイ”水準との見方が有力。
その根拠は、決別したとされるエリック
(彼女のイライラをエリックがよく受け止め、長く交際した)とは、
まだ関係が続いているからとの指摘があるため
○よく笑い、よく酒を飲み、遊ぶことが好きだが、
双極性障害(躁うつ病)気味とされる
○成功に関する欲はとても強く、
例えば、サムソンの広告契約が終了すれば、
サムソン傘下の代理店“第一企画”の社長を接待してまでも、
契約を続けようと努力する
○業界問わず、知人が多く、同僚芸能人との付き合いも多い
○CF契約はそう多くはないが、一旦、契約すれば、長期となるケースが多数
(ラミー化粧品、パリバケット、ジョイナス、DHC等)
広告主からは“費用対効果”の高いタレントとして認知



○イメージ変化の努力は乏しいし、誰かを模範にすることもしたがらない。
従って、CFも自分のイメージに合うものだけをチョイスするので、
すべて似たような出来上がりになる
○カネへの執着心はそれほどない
○前回発表した写真集からもわかるが、
エクササイズも含めた自己管理はできているとはとても言えない

Baidu IME_2014-1-15_14-9-47red

Baidu IME_2014-1-15_15-9-32red

○国内でもトップクラスの美人。スキャンダルが飛び出しても、
相変わらず、人々が好む女優

Baidu IME_2014-1-15_15-55-14

○20代後半という年齢のせいもあるが、安定感・信頼感不足は否定できない。

Baidu IME_2014-1-15_14-20-36red

○シン・ハギョンと共演した
2003年映画「火星に行った男、화성으로 간 사나이」などの作品に出演しているが、
これといったヒット作はないので、
これ以上、“きれい”“かわいい”で押すのには無理がある
○演技力不足とスキャンダルのせいで、アンチファンが多数

Baidu IME_2014-1-15_14-22-56red

○中国での活動で、ジャッキー・チェンとの関係が人々の関心になっているが、
早期の演技力改善が急務。
香港映画「神話」の成否が彼女の将来を握っている




㊲僕的には、2002年ドラマ「ガラスの靴」で終わってしまった女優K

Baidu IME_2014-1-15_14-35-31red


○3年前までなら、出演作のほとんどがヒットドラマになっていたが、
その後、これといった成果はない

Baidu IME_2014-1-15_14-29-40red

○2004年SBSドラマ「波乱万丈ミスキムの10億稼ぎ、파란만장 미스김 10억 만들기」の
失敗で、この先、彼女の芸能界での位置づけがどのようになるのか心配される
○ソ・ジソプとの熱愛説がかつてあり、2人がまだ続いているとの噂も聞かれるが、
いずれにせよ、彼女がソ・ジソプにしがみついている状況であることには間違いない

Baidu IME_2014-1-15_14-34-35red

Baidu IME_2014-1-15_16-5-6Baidu IME_2014-1-15_16-4-54

○ソ・ジソプの仕事の状況もあまりよくない中、彼女が業界関係者に対して、
自身の出演作にソ・ジソプを起用するよう強く働きかけている



○一方では、芸能人ではない、業界関係者と結婚するのではとの噂もある
○最近になって、演技への関心を高め、レッスンも頻繁に行っている

Baidu IME_2014-1-15_15-54-15

○演技経験はかなり長いため、新鮮さや活発さのイメージが失われているが、
まだまだ可愛いイメージで、高い好感度は維持されている
○年齢もまだ若く、潜在力も備えており、
爽快さを求められる冷蔵庫のようなCFでは力を発揮できる

Baidu IME_2014-1-15_13-47-29red

○演技力はバツグンなので、以前のような人気を挽回できるチャンスは、
十分にあるとする専門家の意見が多数だが、
次回作映画「新石器ブルース、신석기 블루스」は興行面では失敗する見通し


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その13

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。



㉝大学入学時の強烈なバッシングで「国民の妹」から大転落、気の毒だった女優M

Baiu IME_2014-1-9_20-45-29red


○人知れず善行に励んでいる。
父も母も光州(クァンジュ)の市役所に務める公務員で、
娘が芸能活動する条件として、一定額を社会に還元することを義務付けた
○気さくで、愛想がよく、純粋で、周辺の関係者と上手くやっており、
自分が何をすれば、人から好感を持たれるかをよく知っている
○女優のヨム・ジョンアによれば、初めて彼女を見て、
ぶりっ子で本当は性格が悪い娘と疑っていたが、
一緒の撮影が終わった頃に、自分の考えが間違っていた事を悟ったとのこと。
「あんなに素直な娘は私の人生で初めて見た!」
ロケ先での休憩時間、彼女が近所のおばあちゃんとヨモギ摘みに励んでいると思ったら、
翌日、「先輩!ヨモギ茶を入れましたので、お飲みください」と
スタッフみんなに配るんだもの、とは女優ヨム・ジョンアの証言

Baidu IME_2014-1-9_17-9-0red

○賢いし、顔は可愛いし、演技力もあるし、勉強もできるなど、
彼女の人の良さばかりが世間に注目されることで、
かえって、アンチファンが増えることへの憂慮の声が周辺のあちこちで聞かれた
○所属事務所が弱小で、資金不足のため、彼女を頻繁にCF出演させている
○スター性があり、若々しさがはち切れんばかり。可愛く、清純なイメージ。
成長につれて、顔に変化も出てきているが、プラスの作用に働いている

Baidu IME_2014-1-9_17-7-13red

○映画「ダンサーの純情」では、体重を落としたことで、より成熟した姿となったが、
女性的な魅力には欠けるという専門家の声は多数ある
○ヘタな成人俳優より演技力はあるのだが、ただ未成年者のため、
役柄に制約があることをとても残念がる業界関係者が多数



○老若男女、誰からも人気があり、
最近、EMPAS(※以前は検索エンジンの一つだったが、
今はSKグループに買収されて、NATEと統合された)のCFなど、
多様な活動で、テレビの露出も増えているが、アンチファンが少しずつ増殖中。
○大学入学までは、この人気は維持するという意見が多く、
彼女を中心にして、ローティーン映画が最近になって増えており、
韓国映画の幅が広くなったという専門家の意見もある



㉞早くから活動拠点を中国に移した(移さざるを得なかった?)女優C

Baidu IME_2014-1-9_16-59-18red


○離婚が近いという噂が絶えないが、世間体を考えて、
離婚はないだろうという意見が多数。
彼女の口癖は「私はイ・スンファンのアクセサリー。
彼は他人からどう見られるかにしか関心がない人」

Baidu IME_2014-1-9_18-10-53

○ショートトラック代表のキム・ドンソンとの不倫説は確かな情報

Baidu IME_2014-1-9_18-7-49

○タレントのパク・キョンニムとは高校の同級生だが、犬猿の仲らしい

Baidu IME_2014-1-9_18-13-41

○イ・スンファンとの結婚は、彼女にとってプラスに作用することはない。
2人は、仲の良いラブラブな姿を世間に見せることもなく、
業界での2人への評価は最低水準で、仮面夫婦と言えば、彼らの名前がまず語られる

Baidu IME_2014-1-9_17-2-34red

○彼女は嫉妬深く、2004年KBSドラマ「オー!必勝ポン・スニョン」では、
本来重要な役柄ではなかったはずのパク・ソニョンに人気が集中するや、
周囲に当たり散らし、悪態をつくほどで、業界内アンチファンがとても多い
○ドラマ撮影でも、撮り終えねばならないシーンがあっても、勝手に家に帰る。
撮影前には、自分のスケジュールに撮影を合わせるよう、関係者に要求する。
役柄は常に可愛らしいものだけを選択する
○ただ、早くに結婚したため、可愛らしさだけをアピールするには限界があり、
主婦役も彼女の若さにはふさわしくもなく、中途半端な状態

Baidu IME_2014-1-9_16-57-22

○結婚後、整形手術のやりすぎで、その可愛いイメージまでも損傷させ、
彼女の魅力はかなり台無しになった
○いつも同じ演技スタイルなので、大衆も飽き飽きし、結婚後も変化がないので、
視聴者は彼女に対して拒否感さえ抱くようになっている
○ドラマ「オー!必勝ポン・スニョン」は高視聴率だったが、
彼女が貢献した部分は皆無と言っても過言ではない。
彼女も旦那も今後はダウントレンドなのは間違いない



㉟モデル出身俳優の先駆け、俳優L

Baidu IME_2014-1-9_23-52-32redBaidu IME_2014-1-9_23-53-18


○ここ長いこと、映画・ドラマ出演の作品もなく、仕事はCFだけという生活が続いている。
これといったヒット作もなく、イメージだけのタレント生活で、本人も落ち込んでいる

Baidu IME_2014-1-9_23-27-9red

○キム・ミニと交際中だが、結婚したいという考えはこれっぽっちもないよう。
だが、2人が別れるような気配はない。
それも、キム・ミニが一方的に彼に惚れ込んでおり、結婚まで考えているようだ。
彼女のマネージャーも「来年には結婚式の招待状を送りますね」というのが、
関係者への恒例の冗談になっている

Baidu IME_2014-1-10_10-36-10red

○最近になって、彼の浮気癖もめっきり減り、キム・ミニとのスキャンダルで
かえって彼のスター性も好感度も増しているようだ

Baidu IME_2014-1-9_17-16-36

○大ヒット作とは無縁だが、所属事務所との関係はなぜか良好
○性格は頑固で、トップスターであると認められたいと常日頃考えており、
出演する作品は自分で決めたいと周囲に駄々をこねている
○保守的で、倹約家で、車も古くなったものを乗り回しているが、
オートバイだけには、カネを使いまくっている

Baidu IME_2014-1-9_17-17-3

○モデルとしてのキャリアは大したものだが、
演技力はそれほどでもないという評価が多数。
彼の感性は優れたものがあるという反応もあるので、
そろそろイメージチェンジが必要な時期であることに間違いない

Baidu IME_2014-1-9_23-23-37

○チョ・インソンなどの後発組も登場し、彼の活動にも限界が感じられる。
認知度は高いほうだが、好感度は低い状況なので、
とにかく無難なイメージに収まるしかないのだろう

Baidu IME_2014-1-9_17-12-42moz

○チャン・ドンゴンとの映画撮影が予定されているが、シナリオがとてもいいので、
俳優として再起する絶好のチャンスという反応と
所詮、チャン・ドンゴンのお飾りになるだけという否定的な反応もある。
ただ、彼のファッションセンスは優れたものがあるので、
チャン・ドンゴンと対等に渡り合える可能性は否定できない



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その12 ~中堅女優編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。



㉛90年代に絶頂期、2001年の整形告白で女を上げた女優N

Baidu IME_2013-12-25_11-52-50red


○1992年、ミスコリア京畿(キョンギ)予選1位、本選では入賞は果たせなかった

Baidu IME_2013-12-25_12-33-5

○スポンサー(愛人)が一人二人ではないというウワサが広まっている
○彼女には洗練されたイメージが確かにあるが、
今となっては、彼女に代わる女優はいくらでもいるのに、
CF業界の多くが相変わらず彼女を起用することからも推察できる
○不思議なことだが、彼女はなぜかルームサロンを頻繁に出入りするところを目撃されており、
外車ディーラー(天祐?【チョヌ】モーターズ等)の社長たちとはかなり親密
○結婚を約束していたプロゴルファーとは最近、決別した模様で、酒の量が増えている
○親しい芸能人はほとんどいない
○かなり贅沢好きで、ブランドものには目がない
○洗練され、高級感漂うイメージで、ファンションリーダーとしても認められているが、
近頃、彼女に対する大衆のそんなイメージが色あせ、失墜している。
しかし、残念なことに、本人や所属事務所は、その件に関して状況把握ができないでいる
○CFではきれいに映るが、インタビュー記事などで挿入される
写真の中の彼女はそれほど綺麗ではない。
整形でいじりまくっているから、年を重ねるごとに、衰えが隠しきれなくなったとの評価
○半年前、映画のホ・ジノ監督と打ち合わせを行った際、
「お前は、人工美人だから、俺の映画では使えない」とはっきり宣言され、かなり落ち込んだらしい
○2001年MBCドラマ「あの女の家、그 여자네 집」までの作品で
彼女の演技力が認められた作品はなく、空白期間が3年近くになっているが、
CFでは相変わらずの健在ぶりを見せていて、昨年、CFだけで、20億ウォン近く稼ぎ出した
○だからこそ、CF依存の活動に、疑惑や否定的評価が噴出している
○ドラマ・映画の出演準備中という話は前から聞くが、実際に出演した作品はない
○演技力不足は否定できず、大きな成功は見込めない。
今後も、CFが活動の中心であることに変わりはないだろう


俳優Kとの結婚後、ネットで囁かれたウワサ

女優Nと旦那のKの破局説が世間を賑わしている。
Nの新しい男はプルジオ(大宇建設系列のマンション分譲会社)の社長らしい。
一方、旦那Kに関する新たなウワサはKの“両性愛者”説。







㉜韓国で“ボイン(死語)”と言えばこの方、女優H

Baidu IME_2013-12-25_12-4-59red


○最近、作品活動もCFもそれほど多くはない。名前の割には、ヒット作がない。
2004年MBCドラマ「漢江水打令(ハンガンスタリョン)、한강수타령」の視聴率は堅調で、
ある程度の注目をされてはいるが、それ以上のものは感じられない
○しかし、彼女は常に楽天的で、自信満々で、努力は惜しまず、すべての作品選びを自分で行う
○性格はとても正直で、竹を割ったような性格。
インタビューでの彼女を見れば、誰でもその通りだと感じる
○CFでのインパクト不足、それに比べて、高すぎる彼女のギャラのため、
今後、CFに顔を出す機会は減るだろう
○年齢を重ねて行けば、イメージチェンジも必要なのだが、年齢を考えないで、
いまだに、セクシーイメージを大衆に見せようとする点で、かなり心配

Baidu IME_2013-12-25_12-12-4

Baidu IME_2013-12-25_12-11-33

○マスコミを賑わすほどの失敗はしていないが、
レズビアンとのウワサは業界内では根強く存在
○韓国で上演されたミュージカル「ロッキーホラーショー」を演出した
香港人監督との熱愛報道は事実ではない

Baidu IME_2013-12-25_13-22-13moz

○グラマラスで、スタイルは素晴らしい。若い時は健康美を売りにして、評価も高かったが、
30も過ぎてのセクシー路線は、見る人に負担感を与え、
また、過度の整形手術で、顔が変になっている
○年末にOAされる「演技大賞」で彼女が身につける露出度の高い衣装は、
大衆からは下品と受け止められるだけで、彼女にとってメリットはない

Baidu IME_2013-12-25_12-10-27red



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その11 ~カップル編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。



㉙2005年の結婚では、多くの男性を敵に回した俳優Y

Baidu IME_2013-12-19_13-31-35moz


○2004年MBCドラマ「愛するつもりだ、사랑을 할꺼야」でちょっと顔が知られた程度だが、
父親が俳優ヨン・ギュジンという2世タレントの看板は大きい
○かなり以前から女優のハン・ガインと交際している
○女性タレントの立場からは、熱愛説が世間に出ることは、芸能活動に多大な影響を与えるので、
否定したり、騒動が早急に収まることを期待するのに、
彼とハン・ガインのケースでは、2人の熱愛騒動を収束させる意志はないようだ
○誠実さもないし、俳優としての自己管理もできていない。そして、根性もない。
俳優の仕事をしておきながら、「オレは事業家になる」と公然と周囲に語っている
○裕福な家庭で育ち、ある程度、年齢を重ねた世代にとっては、父親の後光が感じられる
○父親のおかげで、業界の雰囲気にもよく馴染んで、周囲とはうまくやっている方
○ソン・スンホンの後釜として周囲からは期待されており、
金鍾學(キム・ジョンハク)プロダクション所属として大きな支援を受けている
○主婦からも支持を受けそうな甘く洗練されたマスク。
反抗して離れて行っても、再び戻ってくるような気にさせるので、
安定的で安心できるイメージを大衆に与える
○分別のない子供のように見えるので、男性層からの好感度は低いが、
女性層からの人気は安定的。
しかし、残念ながらスター性はなく、実に平凡で、インパクト不足
○演技力は安定しておらず、一部では演技が貧乏臭いという評価も。
演技の基本は備えているが、優れているとは言えない
○英語力は優れており、アタマは賢い
○来年下半期に軍入隊予定。
映画では「足長おじさん、키다리 아저씨(with ハ・ジウォン)」、
「恋愛術師、연애술사(with パク・チニ)」にキャスティングされている

Baidu IME_2013-12-19_13-17-32moz



㉚デビュー前から大注目。23歳での結婚で多くの男性ファンをどん底へ、女優H

Baidu IME_2013-12-19_13-27-50red

Baidu IME_2013-12-19_13-23-1moz


○2004年KBSドラマ「愛情の条件、애정의 조건」でのキャラクターと好演で注目される
○今後の発展の可能性に関しては概ね、高い評価を受けており、
彼女には多くのCFや作品の企画が舞い込んでいるが、
キム・ヘスと共演した染毛剤のCF選択は大失敗のケース



○所属事務所は移籍する予定で、各社が彼女の争奪戦を繰り広げている
○俳優ヨン・ジョンフンとは、幼い頃から旧知の関係で、公認カップルとして有名
○互いに愛し合っている関係なので、最低でも今後6ヶ月は別れることはないと予想
しかし、来年、彼女が今以上の人気を得たり、ヨン・ジョンフンが兵役に行けば、
別れることになる可能性も。とにかく、今後の行方は彼女次第である
○基本的には賢く、頭は切れる方なので、男性問題や借金問題を起こす可能性は少ない
○芸能人としての欲があまりない
○俳優ヨン・ジョンフンとの恋愛説でCFの提案があまり入ってこないので、
所属事務所はイメージ管理に苦心している
○男性が好む顔で、バストショットは韓国最高水準。
男性が守ってあげたくなる本能を刺激する女優としては、
ソン・ヘギョに次ぐ2番手。
だが、下半身のスタイルは良いとは言えないので、フルショットには耐えられない
○顔のツヤもGOOD、目鼻パッチリと業界でも高評価。
ジョディー・フォスター、シム・ウナに近いスタイル。
芸能人というタンタラ(昔芸能人を卑下した俗語)イメージは全くない
○デビュー前、KBSバラエティー「挑戦!ゴールデンベル、도전! 골든벨」に出演。
ソウルの名門、慶熙大學校ホテル経営学科に首席入学したというもっぱらのウワサ

Baidu IME_2013-12-19_12-29-54

○多様な役柄をこなすことが可能で、善人・悪人すべてうまく演じる。
異国的雰囲気があり、今後の有望株(特にメロ演技で)であることには違いない
○悲恋の女主人公役をもう一度すれば、成功の確率はグンと上がるが、
少しの人気で傲慢な態度に豹変したら、足踏み状態になることもありうる


おまけ

今回の2人に関する、数年前にネットで流れた与太話では・・・

誠実でシッカリしているイメージを持つ女優Hは、実際、男選びが選手級らしい。
結婚前のHは、男がいないと生きられないタイプで、相当の面食いで浮気症。
特に、酒の席では男は必須。一杯飲んだだけで、そのままホテルに直行するので、
マネージャーは頭を抱えている。
一方、彼女の旦那のタレントYもやはり、
デビュー前の明知(ミョンジ)大學校美術学部在学中から
ナンパ師の中のナンパ師との呼び声が高かった。
そんな2人の結婚なので、いつまで続くか全国民が注目。

Baidu IME_2013-12-19_13-15-37


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。