ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2013年12月 済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行

ふりかえります!2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日あったか冬旅行 目次作りました!

昨年12月の済州の旅行記の目次も作ってみました。


普段気ままに歩いて、気ままに書いてる韓国旅行記と違い、
モニターツアーの記事は、期限ほか条件が決まっているので、
のんびりペースの私としては、なかなかヘビーな作業となります。

しかし済州の記事を書いている30~40日は、寝ても覚めても家事をしていても、
済州のことばかりを考える日々。終盤に近づくと、本当に寂しい気持ちになりました。

お陰様で、すっかり済州の大ファンになってしまい、
これが済州観光応援団の活動につながったのかもしれません。

済州の観光応援は、まだ何が出来るか分かりませんが、
私たち第一期生の活動が、第二期、第三期と、息の長い活動につながるように、
私にできること、精一杯努めさせていただきます。

これから済州は、7月、8月と青い空青い海がよりいっそう美しい~季節を迎えます!!
皆さまの済州観光のプランの参考になれば幸せです。

以下タイトルをクリックすると、癒しのリゾート、済州へジャンプします。
済州の旅へどうぞお出かけくださいませ~。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブロガーによる韓国旅行情報が満載!韓国にお出かけ前にクリック!



本編

これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪

またご一緒出来て嬉しい~成田空港~弥次喜多済州道中記

P1020675.jpg

弥次喜多済州道中記~成田空港ゴールドカードラウンジにて麦酒で乾杯!

P1020656-1.jpg

兜の緒を締めよ!いざ出陣じゃ~!成田空港KALラウンジでもう一杯♪

P1020731_2013121405184492c.jpg

成田空港から済州空港へ~会いたかったこの笑顔♪

P1010632_2013121706245294e.jpg

ホンダワラって誰?モムクック?モルマンクック?モジャバンクック?
黄金魚場(ファングムオジャン)で済州郷土料理モングッ!


済州の情報館~済州ウェルカムセンターにもあった衝撃のあれ!あれあれ~!

P1010736.jpg

済州の世界自然遺産~
拒文岳溶岩洞窟系(コムンオルムヨンアムトングルゲ)の万丈窟(マンジャングル)を歩く!




ハルラサン?海?に向かって「パボヤ~!」龍頭岩の伝説~石になった龍の悲しみとは?

P1010793_2013122200183212a.jpg

済州の郷土料理~
甘鯛と大根のスープ「オクドムムークック」忘れられない味と夜になりました♪


P1010909_20131222032705e89.jpg

アワビ刺し♪アワビ粥♪アワビの石鍋ご飯♪アワビあわび鮑の済州大行進の夜♪
ファジンチョンボクにて♪


P1010847.jpg

ラマダプラザ済州ホテル315号室~
世界のホテルブランドラマダが考えた韓洋折衷のオンドル部屋♪


P1020902.jpg

ラマダプラザ済州ホテルの朝食♪味の秘密はタクチョンセウ(딱총새우)タクセウにあり!
ホテルの美味しい~海鮮トゥッペキ♪


P1030094.jpg

ここも済州のリゾートと言っちゃう~!?婆ちゃんと石と壺が迎えてくれたコネチョンリゾート♪

P1020966_20131229012252ef0.jpg

都会の人間が忘れていたもの!?済州でメジュ(味噌玉)作り体験!
コネチョンリゾートは正真正銘のナチュラル♪


P1030112.jpg

豆と生きる済州の女~ソイビーンシャジャンニム(豆社長さま)特製のチョングッチャン♪
大豆から作るチョングッチャンのレシピ付き!


P1010967.jpg

2014年は便所の長い女になりたい!
innisfree Jeju house(イニスフリーチェジュハウス)でカフェ&石鹸作り体験♪


ここはアモーレパシフィックランド!
OSULLOC TEA MUSEUM(哦雪綠お茶博物館)でTea Stone(韓国茶礼)体験♪




ブロガー魂と滅多に倒れない済州島の隙間だらけの石垣♪

P1020115.jpg

冬の済州オルレ8コースを歩く!夕陽コレクションと海女オルレ♪

♪人生楽ありゃ苦もあるさ~涙の後には虹も出る~海女オルレからオンギカフェへの道程♪

ニナス オンギ ジョギョク カペで~美味しい済州の唐柚子(テンユジ)のジュース♪
済州のミカンは中国から日本から♪


P1020182_201401060854135fb.jpg

ブロガー集団~済州で大宴会の夜♪黒豚うまっ~!
表善のホンサムフクテジ(紅参黒豚)で♪


P1020254_2014010703574367d.jpg

ここは済州のヘガビチンダ~ですか?
ヘビチホテル&リゾート済州(チェジュ)たっぷり魅せます!


ヘビチホテル&リゾート済州(チェジュ)館内を散策♪
またまたM作さんとご一緒でスミマセン・・・


P1020432.jpg

太陽のホテルの朝食~ヘビチホテル&リゾート済州(チェジュ)~陽は昇り陽は沈む♪

P1020458_20140110203708246.jpg

世界で1番長い迷路も左手法でストレスフリー♪
遠赤とマイナスイオン効果も期待できる10万個の玄武岩の迷路MAZE LANDで!


P1030254_201401111414423fb.jpg

済州(チェジュ)マニアへの道~城邑民俗村とトルハルバンの話♪マニアック済州の旅へ!

済州(チェジュ)マニアへの道~民俗酒「オメギ酒」で知る!昔の済州は貧しかった~

P1020469.jpg

城邑民俗村の城外の店「自然苑(チャヨヌォン)」済州の海の幸山の幸たっぷりのマッチプ(味店)♪

これは嬉しい~市場商品券5000ウォン♪済州の東門市場でお土産探しのそぞろ歩き!

P1030329.jpg

東門市場でオルレクルパンを買いダイソーへ済州牧官衙~観徳亭で休んだあと
済州市中央地下商店街を歩き
東門公設夜市場で屋台グルメそして山地川では!?


P1030440.jpg

帰りたくな~い龍淵(ヨンヨン)からの叫び!そしておまけの龍潭洞(ヨンダムドン)古墳♪

P1030482.jpg

済州国際空港コンビニ・バーで飲む白ビールのホガドゥン(ヒューガルデン:Hoegaardenn)♪

P1030519.jpg

私もやっと最終回「済州の魅力を大満喫!2泊3日 あったか冬旅行」
皆様に感謝の40日あまりでした♪


現地からリアルタイムアップ記事

冬の済州島~リアルタイムアップその1

冬の済州島~リアルタイムアップその2



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑
お出かけ前にクリックお願いします^^









私もやっと最終回「済州の魅力を大満喫!2泊3日 あったか冬旅行」皆様に感謝の40日あまりでした♪

12月の初旬から書き始めた済州島の旅行記も、いよいよこれでおしまいです。

済州事務所の友野さんからお聞きしましたが、私たちのブログを見て、
事務所に、読者の方からの問い合わせの電話があったそうです。

9月に続き、今回12月の済州の旅行記も「寝ても覚めても」というに相応しく、
40日あまり、毎日毎日済州のことばかり考えて書いた旅行記です。

読者の方からの問い合わせがあったと聞いて、本当に嬉しく思いました。
済州島の旅行記を書く機会をいただいた主催者さまと、読者のみなさんに、
先ずは心より御礼をお伝えしたく思います。

ありがとうございました。



さて検査場に入ろうと思いましたが、時間を見て「早すぎる」と、
勝手にコンビニ・バーで缶ビールを飲んだ話は前回しました。

楽しい時間が過ぎるのは早いもの。時間を見て慌てましたね。
「もうこんな時間!?」
そのときのル~♪さんの動きは早かった。ゴミを捨てると、ひとり一目散に検査場へ。
おいおい置いていかないでよ~ル~♪さん。

P1030505.jpg

オルネリョ!さんから頼まれていた、正官庄の紅参エキスとタバコを免税店で買ったら、
もうここではすることがなく、搭乗時間まで、のんびりと過ごしました。

P1030515.jpg

シートは並びで通路際と、ル~♪さんと一緒にチェックインするさいリクエストしました。
すると最後尾の席の通路際に、それぞれアサインされ、3席3席の並びの通路際を2人で使用。
まるで就学旅行の女番長の気分。いや~私もおばちゃんになったと実感しました。

P1030519.jpg

これが本当に最後の乾杯。軽~い韓国のビール、今度はいつ飲めるのでしょう~。

P1030524.jpg

ここでまさかまさかのハプニング。トイレの鍵が壊れました。
飛行機の後部にあるトイレが、しかも両サイドとも!
これは珍事と写真を撮ることは忘れません。CAの慌てぶりが面白かったです。

P1030526.jpg

大韓航空KE717便は、ほぼ定刻20:30頃に成田国際空港に到着。

P1030529.jpg

成田出発組のブロガーさんとは、ここでいよいよ解散式。
2泊3日、お疲れ様でした。そしてお世話様でした。本当にありがとうございました。

P1030531.jpg

急ぎ、レンタルしていたWi-Fiルーターを返却して、リムジンバスの乗り場へ。
行きは渋谷から成田に向かいましたが、帰りはバスで新宿方面へ向かいます。






























12月の済州の旅も、読者の皆さまとご一緒に、振り返りが出来たこと、本当に嬉しく思います。

P1030723.jpg

またいつか済州島でお会いしましょう。

完!


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

済州の旅行記、最後のクリックよろしくお願いします^^

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!



済州国際空港コンビニ・バーで飲む白ビールのホガドゥン(ヒューガルデン:Hoegaardenn)♪

12月の済州島での楽しかった思い出をいっぱい乗せて、バスは済州国際空港へ走ります。



9月の旅では、こぢんまりとした小型バスでしたが、今回は参加者が多かったので大型のバス。
新車だったのでしょうか。比較的新しく、車内は快適でした。
大型でも新車でも、済州島のバスにはゴージャス?なカーテンは、決まりなんでしょうね。

P1030466.jpg

9月も12月も、韓国のバスとは思えない(?)安全運転の3日間。済州の人は、
韓半島の人とは気性が違うといいますが、今回も穏やかなハンドルさばきの運転手さんでした。

P1030467_2014011818443032e.jpg

最終日の午後は、済州市内見学。済州国際空港まで、あっと言う間のドライブでした。
空港への道、ガイドのアミさんからの最後の挨拶。しんみりと聞き入ってしまいました。

アミさんは、日本が、日本人が好きなんだと、私は受け取りましたが。いかがでしょうか?

P1030472.jpg

外交上、韓日、日韓関係は、2012年の夏から急速に冷え切ってしまいました。
私も日々韓国関連のニュースを見聞きして、そしてほぼ毎日、韓国ブログを書いています。

韓国の政治・経済ニュースと、韓国や済州島で会った人々との乖離(かいり)に日々迷います。
受けいられないことも、いっぱいあります。しかしどちらも真実。どちらも現実。

自分の足で歩いて、感じて、自分の頭で考えることが何より大事かと、今回の旅も教えてくれました。

P1030473.jpg

運転手のキムさん、お世話になりました。安全運転ありがとうございました。
バスの運転手さんとは、ここでお別れ、ガイドのアミさんは、私たちを最後までお見送りです。

P1030474_20140118185030165.jpg

オルネリョ!さんは、私が書く済州島の旅行記を読んで、また済州島に行きたくなったと、
嬉しいことを、昨日は言ってくれました。しめしめです。やっとその気になってくれたか。

P1030478_20140118190038ff1.jpg

国内線を利用してソウル金浦空港へ戻る、在韓ネットワークのブロガーさんとは、
ここでお別れ。3日間お世話になりました~。

P1030482.jpg

成田国際空港へ出発する我々は、こちらで搭乗手続き、チェックインをします。

P1030486.jpg

お帰りは、大韓航空KE717便。飛行機の離陸まで1時間30くらいあります。

P1030491.jpg

最後の最後まで、ガイドのアミさんは人気者。チェックインが終わっても記念撮影が続きました。

P1030489.jpg

名残惜しくアミさんと分かれたあと、各自検査場に入り審査を通って、免税店で買物するにも、
時間が有り過ぎます。済州国際空港は小さい空港なので、あまり早く入っても・・・

「飲みますか」「そうしますか」

誰が言いだしたのか。誰が言い出したわけでもなかったような。あ・うんの呼吸でコンビニへ。
済州の神様がくれたプレゼント。その1つに、気の置けない仲間が出来たこと!があります。

P1030493_20140118190409526.jpg

空港のコンビニGS25に並ぶビールを見ると、国際リゾート済州らしく?ビールも国際的。
日本のアサヒスーパードライに、ミラー、ハイネケン、バドワイザーなどなどあります。

P1030494_20140118190414b0d.jpg

私が手にしたのは、ベルギービールのヒューガルデン。韓国ではホガドゥンと呼ばれています。
オルネリョ!さんが言うには、日本で飲むヒューガルデンとは味わいが違いますが、
日本で買うより、韓国では価格が安い!という理由で、韓国で飲むホガドゥンはオススメ。

もちろん本場ベルギーで飲むと、日本とも韓国とも、ホンモノのホガドゥンは、ひと味違うのでしょうが。

P1030496.jpg

済州国際空港、ハルラサンが見えるコンビニ・バーです。4人で乾杯!
このメンバーとは、昨夜、新宿某所でも乾杯。
もう~ず~っと済州の旅が続いているような錯覚に陥りました。

P1030498_20140118190426a4b.jpg

ブログを開設した当初は、まさかのまさか「ワッタカッタ!さん」の名前で、
リアル社会に出て行くなんて思ってもみなかったです。
もっと素敵なハンドルネームにすれば良かったと、今更ながら後悔しています。

人様の前で「ワッタカッタ!と申します」と挨拶するときのバツの悪さ。カッコ悪さ。
ああ~もっと、こじゃれたニックネームに変えるか・・・。

P1030502_20140118190432c84.jpg

まあしかし(勝手に)コンビニ・バーからのハルラサンの眺望は雄大で、時間を忘れるほどでした。

Baidu IME_2014-1-18_19-40-29

ここ数年で韓国の外資系ビールの数、種類が増えましたね~。
OBビールのホームページを見ると、ホガドゥンだけでなくカフリ、バドワイザーもOBビールから。

ホガドゥンは、OBビールがライセンスを取得して、韓国で製造しているメイドインコリアです。
ちなみに日本のホガドゥン(ヒューガルデン)は、アサヒビールが販売権を持っています。

Baidu IME_2014-1-18_19-41-40

OBビールのホームページの商品の紹介には、以下のように書いてあります。

柔らかくて新鮮な白ビール。ホガドゥン(호가든)は、国内では初めての白ビールで、
コリアンダーやオレンジピールの香りが含まれる、爽快で新鮮な味が特徴です。
(度数4.9%)

ハルラサンを望みながらの白ビール、ホガドゥンを飲むのも乙なものでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!



帰りたくな~い龍淵(ヨンヨン)からの叫び!そしておまけの龍潭洞(ヨンダムドン)古墳♪

「済州の魅力を大満喫!2泊3日 あったか冬旅行」は、いよいよ最後の見学地へ。
東門市場から4~5分で、ブロガーを乗せたバスは、見覚えのある駐車場へ到着です。

国際線で済州に入った私たち国際線組は、龍頭岩の見学は初日に終わっていますので、
龍頭岩を見学するソウルから国内線で済州島に入った国内線組とは一旦駐車場で分かれました。

私たちは龍淵(竜淵)を見学します。都合により初日と最終日と、それぞれ訪れましたが、
時間の都合がつくのであれば、龍頭岩と龍淵は、一緒に見学した方がいいかも。
龍淵(ヨンヨン)は、龍頭岩(ヨンドゥアム)から東側に200メートルほどしか離れていません。

P1030440.jpg

さて「ヨンヨン」と聞いて、中国人歓迎のパンダの「ヨンヨン」が待っているのかと思いましたが、
「ヨンヨン」は漢字で書くと「龍淵」または「竜淵」。

龍淵(ヨンヨン)は、別名、翠屛潭(チュィビョンダム)とも龍楸(ヨンチュ)とも呼ばれ、
毎年9月には、龍淵夜梵祭(ヨンヨンヤボム・チュッチェ)が開かれているそうです。

上の写真は、漢川の橋から川上に向かって。
水面はお天気によっては、エメラルドグリーンに輝くそうです。

P1030441.jpg

そしてこちらは、同じく漢川の橋から河口、海に向かって撮った写真です。

ここは見ての通り、龍潭洞(ヨンダムドン)に位置する漢川(ハンチョン:한천)の下流で、
海水と淡水が合流する五色の波の光が美しく、木々の緑と絶壁とが作る景観が素晴らしいと、
朝鮮時代には、役人、判官、流刑された人々が、風流を楽しんだ場所として知られています。

P1030445_2014011705225608c.jpg

龍淵(ヨンヨン)の説明は、川岸にあった韓国語の看板を私が写真に撮り、
オルネリョ!さんに翻訳してもらい、私が加筆した説明ですが、
私が気になったのは「流刑された人々」。済州に流されて、どんな歌を詠んだのでしょうね。

島は岩ばっか 風はビュービュー強い そして女ばっか
盗人はいない 乞食もいない 錠前もない
海や山は麗しい みかんは美味い 流されて良かったぜ~心優しい済州島

なんて詠んでいたのかしら・・・。すみません・・・。

P1030446.jpg

龍淵にかかる橋。夜間はライトアップされるそうです。
渡るとき、ちょっと揺れました。ここを渡って龍淵周辺を散策します。

P1030456.jpg

これは歌の1つでも詠みたくなる、12月の龍淵の遊歩道です。

写真の左上に見えるのはトンボではありません。
済州国際空港が近いので、頭上には遠く飛行機の爆音が聞こえます。

P1030453.jpg

旅の3日間、お天気にも恵まれました。この青空とも、あと数時間でお別れの時を迎えました。

P1030454.jpg

遊歩道の静けさの中、2泊3日ご一緒したブロガーさんんと歩いた黄昏の時間。
ここも、済州オルレ(トレッキング)のコースになっているそうです。
人生を振り返るには良い小路かも。私たちは、ただただ楽しく、しゃべくり倒していましたが。

P1030458.jpg

済州国際空港からも近く、ラマダプラザホテル済州からも近い龍頭岩と龍淵。
街中にあって、自然の景観が楽しめるのも、済州島が火山島だから。島全体が火の島。
火山の噴火で流れた溶岩と、荒い波の浸食で出来た自然の芸術。ところで、

「えっ?時間がない!」

皆が皆で写真を撮るのに夢中になっていたら、ガイドのアミさんから声がかかりました。

P1030461.jpg

心もち急いで歩く私たちの頭の上には「早くして~!」と飛行機が飛びます。
あの飛行機に乗って日本に帰るのかな?機材はもう空港で待っているのかしら。


ここからおまけ

P1030432_201401170532032b2.jpg

駐車場から歩いている途中「うん?ここはお墓?」と足が止まりました。

済州の「龍潭洞(ヨンダムドン)古墳 」でした。畑から発見された古墳で、
土器から鉄器に移行する紀元前後の済州島の歴史変遷を明らかにする、
とても重要な鉄器時代の資料が、ここから発掘されました。

(おまけは編集中~週末時間があったら追記します!!)

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!


東門市場でオルレクルパンを買いダイソーへ済州牧官衙~観徳亭で休んだあと済州市中央地下商店街を歩き東門公設夜市場で屋台グルメそして山地川では!?

これは嬉しい~市場商品券5000ウォン♪済州の東門市場でお土産探しのそぞろ歩き!

済州島~東門市場お散歩のつづきです。市場商品券5000ウォンでお土産を買います。



足が止まったのは、みかんの店・・・ではなくお隣りさん。

以前、どこかでも書いたと思いますが、市場を歩くと、同じ商品を売っている店が並び、
どこの店で買ったら良いか、市場に精通していない素人は迷います。そんな時の決めては!

P1030329.jpg

アジュンマです。おばちゃんの笑顔で私は決めます。これは韓国旅行で学びました。
笑顔が素敵な人に悪い人はいません。同じ商品を買うなら、気分よく買いたい!
そんな理由からですね。笑顔が輝くアジュンマの店で、市場商品券は使うことにしました。

いや~惚れ惚れする笑顔です。済州の人の笑顔は輝いています。
こんな素敵な笑顔、韓半島の市場では、滅多に、いや私は見たことがありません。

P1030331.jpg

ところで私が済州島のお土産に買ったのは、オルレクルパン。
10個入りで1万ウォンを2箱、合計2万ウォンお買い上げ~。約2千円ですね。

P1030328_20140115200854adc.jpg

バラ撒き土産にしては、贅沢ですが、職場のお土産にもしました。重かった~。
韓国嫌いが多い職場ですから、反応は???しかし私の気持ちです。気持ち。

P1030668_20140116110935809.jpg

我が家のグルメ番長、お義父さんの口にも、オルネリョ!さんの口には、好評でした。
沖縄のサーターアンダギーに似た揚げ菓子に蜜をまぶし、ゴマやナッツをトッピングした済州名物。
ボリュームがあって腹持ちよく、私も美味しかったです。

P1030655.jpg

9月の済州島の旅のさい、サニョリの森の入口でオルレクルパンを売っているのをみつけました。
「何だろう?」と見ていると、seoulmikiさんが「これ美味しい~よ」と教えてくださり、
あとで買おう~なんて思ったのが間違い。結局、9月の旅では口にすることが出来ず、
12月、済州島を訪れることになって、今回はあのオルレクルパンを!と探していたのです。

P1030379.jpg

済州島が、お初のブロガーさん数人をなぜかワタクシ、100円ショップのダイソーに案内して、

P1030381.jpg

ちょっと見て回り、まだまだ時間があるので・・・銀行に行く用事を思い出し・・・歩いていると・・・

P1030389.jpg

懐かしいホテルの前まで来てしまいました。初めて済州島に訪れた時利用したロベロホテル済州。
掃除が行き届かず、先ず掃除からしました。しかしホテルの立地は悪くなかったですね。

オルネリョ!さんとの旅は基本、電車、バス、そして歩きなので、意外と道を覚えています。
東門市場から、トコトコとひとり歩き・・・

P1030394.jpg

済州牧官衙(チェジュモックァナ)まで歩いて来てしまいました。
朝鮮時代、濟州牧の政治・行政の中心地だった官庁跡です。

ここは1日目に宿泊した、ラマダプラザ済州ホテルからも徒歩圏内です。約10~15分くらい。
歩くのが好きな方だったら、東門市場から済州牧官衙へ歩いて、これまた初日に見学した
龍頭岩(ヨンドゥアム)までラクラク散歩コース。実際、私とオルネリョ!さんは、
初めての済州島訪問のさい、このあたりは雨の中、傘をさして歩き回りました。

P1030396.jpg

さて、済州の旅行記の前に書きましたが、1941年に郡県制度が廃止されるまで、
済州市周辺を「濟州牧(チェジュモク)」、
そして西帰浦市を含む済州島の南西部は「大靜(テジョン)県」、
ハルラサン(漢拏山)の東側にあたる地域は「旌義(チョンイ)県」と、
済州島は3つの行政区域に分かれていました。

その「濟州牧(チェジュモク)」の、政治、行政、文化の中心的役割を果たしていた建物です。
もちろん復元ですが。ここも初めて済州を訪れたとき、オルネリョ!さんと見物しました。

P1030395.jpg

あらためて見学してみようか、どうかと迷いましたが、そこまで時間はなさそうで・・・

P1030391.jpg

観徳亭(クァンドッチョン)の前に座り、ひとりでボヤ~っと休憩タイム。

ここは朝鮮時代、兵士の訓練と武芸修練場として使われた建物。いわゆる道場ですね。
済州牧官衙の一部になりますが、ここは料金所の手前ですから、無料エリア(?)。
済州で最も古い木造建築らしい~です。またかつて、立春に民俗行事が行なわれたり、
韓国歴史ドラマでよく見る、官吏登用試験「科挙(カキョ)」が実施された場所でもあります。
ここから済州のエリートが誕生した場所?ってことになるのでしょうか。

ソウルの12月だったら、吹きさっらしの建物で休憩なんて寒くて出来ませんが、
この日は、風も穏やかで、座って休んでて気持ちよいくらいでした。

P1030393.jpg

9月も12月も、済州の旅、おひとり様でぼんやりしたのは、観徳亭に座ってが最初で最後かも。
ボヤ~っとしていると、カカオ(トーク)に、ご一緒しているブロガーさんからのメッセージが。
『そうだ~ホットク食べないと』と、また東門市場方面に向かって歩き出しました。

P1030397.jpg

戻りは、歩いてきた地上ではなく済州市中央地下商店街に、おります。

P1030383.jpg

しばらく歩いていると、済州事務所の友野さんにバッタリと合い・・・

P1030413_201401152031466a0.jpg

一緒に東門公設夜市場へ。ここに市場でも評判のホットクの店があるそうです。

P1030412_201401152031408ff.jpg

屋台の前には、カカオ(トーク)をくれたブロガーさんが、すでにいました。

p 398

ここには数軒のホットクの屋台が並んでいましたが、お客さんは、他の屋台には目もくれず、

P1030409_201401152042526d0.jpg

ここだけが繁盛していました。友野さんも、ここの屋台のホットクは一味違うと太鼓判。

P1030403.jpg

유라이모네(ユライモネ、ユラおばさんの店)

호떡1개(ホットク) 1個  500냥(500両)
야채호떡1개(ヤチェホットク、野菜ホットク) 1個 1000냥(1000両)
오뎅1개(オデン)1個  500냥(500両)

黄色のPOPは・・・
씨앗호떡(シアッホットク、ナッツのホットク) 700냥(700両)

※単位がウォンではなくニャン(両)になっています。

P1030418.jpg

納得!油っこくって、私は大好きとは言えないホットクですが、これは美味しい~。
並んでも買いたくなる味でした。これで1つ500ウォン(約50円)はお値打ちかも。

P1030421.jpg

たっぷり市場見学もして、市場商品券も使い、思いがけず名所旧跡の見物もして、
美味しい屋台グルメ、ホットクも食べられたし満足満足。大満足の市場歩きでした。

P1030321.jpg

そして集合場所へと。噴水広場です。なぜか水が出ない噴水広場。

P1030322.jpg

見えているのは、山地川(サンジチョン)。済州市を貫くように流れています。
大昔は飲料水に使われ、川岸で洗濯する姿も見られ、子供たちの水遊び場となった川。

P1030425.jpg

駐車しているバスに向かって、ブロガー集団は川沿いを歩きます。

P1030427_20140115204710132.jpg

あ~あ~ご苦労さまです。あったか済州島ですが、見ていると顔が熱くなりますね。
韓国慣れしているブロガーさんはご存知ですが、前撮りのロケですね。結婚式前に撮る写真です。
ちょっと騒ぎになり、待っているバスに乗り込みました。さて最後の見学地へ向かいます。

最終日の午後も盛りだくさんです!大満喫も、もう少しです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!