ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2014年2月 仁川アジア競技大会開催記念FAMツアー

仁川アジア大会、今夜開幕!!FAMツアーに参加の皆さんお元気ですか~♪

アジアで4年に1度のスポーツの祭典、アジア競技大会。
その第17回の開会式が、今夜、19日、韓国の仁川(インチョン)競技場で行われています。
アジアの45カ国、地域から1万人近い選手の参加が見込まれているそうです。

P1050633_20140919203138148.jpg

ああ~もう遥か昔のような記憶ですが、今、今夜、開会式ですか~。
思い出されるのは、仁川チャイナタウンで食べたチャジャンミョン。
そして・・・

2014年仁川アジア競技大会開催記念FAMツアー目次

いよいよですね!!テレビの中継で見ています!!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村







2014年仁川アジア競技大会開催記念FAMツアー目次とまとめ

連休だから出来たことですが、FAMツアー記事の目次を作ってみました。
ただの目次作りですが、これってかなり大変なんですね(^_^;)

写真の下のタイトルをクリックすると各記事へとジャンプします。
1ヶ月かけて書いた旅行記です。時間があれば、のぞいてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


1日目の予定
2/21(金) 午前中 成田空港⇒仁川国際空港
12:00-13:00 空港→仁川市内へ移動
13:00-14:00 昼食
14:00-15:00 チャイナタウン、旧日本人街等取材
15:00-15:30 新浦(シンポ)国際市場取材
15:30-16:10 松島(ソンド)へ移動
16:10-17:30 松島取材
17:30-18:00 ホテルチェックイン【宿泊:松島エリア】
18:30-20:30 晩餐会 (仁川都市公社(または「2014仁川アジア競技大会組織委員会」主催)
20:30- ホテルへ (部屋には入らずロッテマートへ買い出しに)

P1040300.jpg

本日より韓国観光公社ソウル本社主催のFAMツアーに行ってきます!


P1040334.jpg

韓国旅行ご招待も3回目~
ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか細心の注意を払いましたが(^_^;)
先ずはお礼の挨拶♪



P1040325.jpg

成田空港でカリスマに!パワーブロガーに遭遇!
わてら陽気なブロガー集団~韓国仁川に行く!



P1040348-1.jpg

韓国最大の国際空港~仁川(インチョン)電気使い放題Wi-Fiも使い放題!
いつでも世界につながるエアポート♪



P1040375_20140228050120c04.jpg

私のノスタルジーを探して歩く~韓国仁川のチャイナタウン♪


P1040407_2014022810020002c.jpg

正子さんが案内する義善堂(ウィソンダン:의선당)♪


P1040387_201403011211569de.jpg

これが華僑の味!売上1日1000万ウォンという100年チャジャン麺♪
萬多福(マンダボク:만다복)



P1040462.jpg

文明開化の遺産なのか?
侵奪の歴史なのか?仁川旧日本人街歩きと大仏(テブル)ホテル、대불호텔



P1040715.jpg

3日間分刻みのスケジュールでした!仁川~ソウル~水原FAMツアーのこれが日程表~!


P1040512.jpg

仁川開港当時~中国人華僑が商売を始め日本人商人が買物をした~
新浦国際市場(신포국제시장 )



P1040525.jpg

制限時間20分金券3000ウォン!
元祖新浦タッカンジョン(원조신포닭강정)&五色マンドゥを狙え!!



P1020861.jpg

「松島や ああ松島や 松島や」韓国最高層ビルが見える!!韓国仁川~松島新都市の絶景!!


P1020882_201403040538043aa.jpg

韓国仁川「松島新都市」の「NC CUBE カナルウォーク」で未来志向について考えてみた♪


P1020954_201403050141232d7.jpg

冬のアンコウ旨旨♪塩味のアグのペクスク美味!龍峴洞アンコウ通りソンジンムルトムボン♪


P1020908_20140306034039c9a.jpg

元気で長生きしたくなった仁川の宿~松島新都市「オラカイ松島パークホテル」♪


2日目の予定
2/22 (土) 09:00-10:20(実際は8:00出発に) 仁川→ソウルへ移動
10:20-12:00 韓方美容体験取材
12:30-13:30 昼食
14:00-15:00 カロスキル自由取材
15:00-16:00 韓食デザート試食
16:30-18:00 伝統醸酒造り体験
18:00-19:20 夕食ならびにマッコリ試飲
19:20-20:00 良才(ヤンジェ)→東大門へ移動
20:00-21:00 K-POPホログラムコンサート取材(LOTTE FITIN 「Klive」)
21:20- ホテルチェックイン【宿泊:東大門エリア】(これで終わらず夜の東大門へ)


P1030028_201403070528135bd.jpg

オラカイ松島パークホテルで朝食を♪


P1030055.jpg

正官庄スパGは殿方も体験出来る6年根紅参使用~の韓方最高の癒しのスパです♪


P1030089.jpg

カロスキルから徒歩5分「裏カロス」の素敵な店♪サンホ(산호:珊瑚)はグループ予約もOK!


P1040594.jpg

わずか2週間ほど前に歩いた~人気スポット2014年2月22日土曜日の カロスキル♪


P1040700_20140312085628623.jpg

「イダ・ファイバーコーラ」
飲んだのは留守番のオルラッタネリョッタ!さん、ごめんなさ~い!



P1040671.jpg

裵商冕【ペ・サンミョン】酒類研究所でマッコリ作り体験「人はお酒がなくても暮らせます。
しかし我々は、お酒がない世では、暮らしたくありません。」


P1030111.jpg

韓国伝統酒万歳♪「ヌリンマウル醸造場 SOOL&PUB」でマッコリ&爆弾酒の試飲&懇親会♪


P1030194.jpg

ほんしゃかま~♪ほんしゃかま~♪ほんしゃかま~♪
東大門ロッテFITIN☆「Klive(クライブ)」でホログラムコンサート♪



P1030255_2014031517074775f.jpg

ここはどこ?ラマダソウル鍾路に到着するやいなや地図で確かめました~広蔵市場そばです!



3日目の予定
2/23 (日) 08:30-10:00 ソウル→水原(スウォン) へ移動
10:00-11:00 水原華城取材
11:00-12:00 華城行宮工房通り取材および工房体験(七宝焼き)
12:30-13:30 水原名物“チキン通り”取材および昼食(骨付きカルビに変更に)
13:30- 水原→仁川国際空港へ移動
16:00以降       仁川国際空港⇒成田空港


P1040701_2014031703345091b.jpg

一にも二にも体力勝負!FAMツアーは仁川からソウルそして水原へ入ります♪


P1030285_20140317233340aed.jpg

初めての韓国旅行で訪ねた水原華城♪13年前の
「生きるか死ぬか!成田離婚か?」の現場を思い出しました!



P1030273_20140319042626665.jpg

世界遺産トイレ!?


P1040749.jpg

華城行宮工房通りとナニョン工房で七宝焼き体験~
あの便所紙さえ無かったら・・・残念・・・



P1030388.jpg

カボジョン♪水原華城の見学と骨付きカルビはセットで!
評判良く水原カルビ屈指の名店♪



P1030363_20140321204437b38.jpg

旅の終わりは韓国ご縁の始まり♪また韓国の空の下でお会いしましょう~おしまい♪♪



iPhoneより現地からアップの記事

成田空港NOW 

仁川チャイナタウン(인천 차이나타운)を後にしてNOW

韓国仁川~オラカイ松島パークホテル
(오라카이 송도파크호텔、旧ベストウェスタン松島パークホテル)NOW


韓方エステ♪正官庄 スパG(정관장 스파G、チョングァンジャン スパG) NOW

2013年12月オープンの特2級ホテル♪ラマダソウル鍾路(라마다 서울 종로)

水原華城(수원화성、スウォンファソン)日記

華城行宮(화성행궁、ファソンヘングン)周辺の工房♪

仁川空港(인천국제공항、インチョンククチェゴンハン)NOW


FAMツアー参加者

東京出発組:seoulmikiさん豊年満作さんすうじぃさん、ワッタカッタ!

大阪出発組:HALEさんゆきえさんorange nabiさんirikoさん

名古屋出発組:bururaさんかんかんさんしゃかしゃかさん

福岡・宮崎出発組:マドカップさんプヨンさんゆみさんJunさん



毎度毎度のご愛顧ありがとさんです。ほな!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへクリックお願いします^^

Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社



韓国旅行は楽しい~ぞ~^^



旅の終わりは韓国ご縁の始まり♪また韓国の空の下でお会いしましょう~おしまい♪♪

2泊3日の仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの思い出に揺られて、バスは仁川空港へと走ります。

P1040760.jpg

FAMツアー参加のブロガーの皆さん、よく眠っていらっしゃるわ~。
眠れる時には眠る。これ元気の秘訣でしょうか。私はなぜか眠たいのに眠れず・・・。

P1040759.jpg

ITエンジニアは、携帯を片手に夢の中へ~♪(○作さんゴメンナサイ。寝姿があまりにも安らかで)

P1030363_20140321204437b38.jpg

「2014年仁川アジア競技大会記念」FAMツアーも、そろそろエンディングです。

2月21~23日の2泊3日、ご一緒した参加者ブロガーと、
主催者さま韓国観光公社のスタッフ、ガイドさんの計19名の集合写真。

P1030366_20140321204439fe5.jpg

飛行機の時間の都合で、一足先に帰国の途についた名古屋・宮崎出発組に、
手を振る福岡出発組の皆さん。

P1030367_20140321204439aa7.jpg

涙あり握手あり最後は笑顔の解散。日本全国から集まった、韓国つながりのご縁です。
見送った私たち東京、大阪、福岡出発組も、この後すべての日程を終えて水原から仁川へ。

P1040710.jpg

昨夜、写真を選んでいると、夫で旅友さんが背後から声をかけてきました。

「おお~会うぞ!!」
「誰が?」
「パックネとアベが!!」
「ええっ!!」

韓国の楽しい美味しいを日々毎日考えておりますが、日韓関係のニュースを見ると、
気が滅入ることが多いのも事実です。新聞雑誌を見て、ふっ~とため息をつく私。

政治は政治として直視するのが、韓国と読者の皆さんと自分に対する誠意と考えます。

この旅行記がいよいよ終了するのにあたって、昨夜飛び込んで来たニュースは、
ちょっとばかり感慨深いものがありました。アメリカさんの仲立ちではありますが・・・

韓国大統領府関係者は21日、オランダ・ハーグで
24日から開かれる核安全保障サミットに合わせ、
安倍晋三首相とオバマ米大統領、朴槿恵韓国大統領による
日米韓首脳会談を開催することが決まったと明らかにしたそうです。
本日21日午後にも、日韓両政府が正式に発表するとのこと。

P1040766.jpg

仁川国際空港に到着しました。今回の韓国の旅も、嘘偽りなく楽しい旅になりました。

私がカネガネ、ブログに書いておりますが、
自分の足で歩き自分の眼で見て自分の頭で考えることが大切。対話することが大切かも。
腹立つことも多いですが、その何倍も韓国は面白い。アジアのラテンと言われるのも納得のお国柄。

P1040768.jpg

さてとまたここからは、東京支社の南波さんの計らいで、各自チェックインして自由解散。
そうは言っても、搭乗口、飛行機機内、到着口では、全員が揃いましたが。

P1040773.jpg

検査場を通過して審査も抜け、ここからは一人でプラプラと空港内の散策。

仁川国際空港は、もう何度となく利用しておりますが、初めて気づきました。
「ほう~韓国観光公社の免税店だ~」
以前と違い「韓国観光公社」の文字が、ぐっと近くに感じます。

2001年の初の韓国旅行以来、これで何回目の韓国旅行なのか、数えていませんので、
分かりませんが、こうした機会をいただき、韓国旅行大好きの仲間とのご縁が出来き、
韓国つながりの縁が、最近どんどんと広がって行きます。

2001年の初訪韓の時には、想像もしなかった展開になって来ました。

P1040776.jpg

仁川国際空港名物のパレードに遭遇~。

P1040777.jpg

国際都市仁川。未来都市仁川。飛行機の乗り降りだけでは、もったいない。
チャイナタウン、松島新都市と足を伸ばすのもいいかも。

P1040775.jpg

今年秋開催される、仁川アジア競技大会では、どんな感動が生まれるのでしょうか。

私は、テレビを見ながら懐かしく、この旅と皆さんの笑顔を思い出しているかも。
いやいや、観戦に訪れ、またここ仁川国際空港に、ひょっこり立っているかもしれません。

P1040779_20140321211144374.jpg

お帰りの飛行機は、大韓航空KE0001便仁川17:40→成田20:00です。

P1040783.jpg

思い立ったら直ぐ行ける外国。韓国は近い国。行きたくなったら行ける国。また来ます。

P1040784.jpg

「満作さん満作さん!そちらはビジネスクラスですよ~!私たちはエコノミー!」

P1040785.jpg

うんデジャブ?行きと同じ光景だわ。また韓国旅行が始まるかと勘違いしそうです。

P1040792.jpg

離陸の前に眠りについてしまったようです。目が覚めるとミールサービスが終わっており・・・

P1040791_20140321211911e02.jpg

CAのお姉さんに後から出していただきました。気づかず眠っているなんて久しぶり?
初めてかもしれません。う~んキンパプを空港で、お土産に買えば良かったかな~。
仕方がありません。水原カルビのあとですから。機内食のビーフを前に正直な感想。



お陰さまで、韓国の思い出が、またいっぱい詰まりました。
またいつか皆さん、韓国の空の下でお会いしましょう~。またね~。

2014年3月22日 ワッタカッタ!




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^



2014年2月仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの旅の本編はここから始まります。
韓国旅行ご招待も3回目~ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか
細心の注意を払いましたが(^_^;)先ずはお礼の挨拶♪ ←ここをクリック!


Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社


カボジョン♪水原華城の見学と骨付きカルビはセットで!評判良く水原カルビ屈指の名店♪

ソウルからも近い京畿道水原市を訪ねたら、水原華城の見物とセットで、
「水原カルビ」名前で知られる骨付きカルビを食べるのが、水原観光の王道でしょうか。

当然人々は「水原カルビの店は、どこが美味しいのか?」という話になります。

韓国のガイドさんは正直です。日本のガイドさんは、競合店を滅多に区別しませんから。
立場上いろいろ制限があるので、特定のお店の名前を上げることを嫌います。
日本のガイドさんに美味しい店を聞くのは、野暮。
日本のガイドさんの多くはバス会社に所属されるので、立場上、本当のことは言えません。

イ・ミギョンさんは、ハッキリキッパリおっしゃいました。日韓の違いでしょうか。
JATA(一般社団法人日本旅行業協会)に加盟する旅行会社の、
社長さんたちも案内されることがあるという、ベテランガイドさんが、
バス車中で直ぐ後ろに座っている私に何度もささやき、マイクを使って率直におしゃいました。

「カボジョンが、水原カルビの中で1番美味しい~です」
「カボジョンは、おかず(パンチャン)も、すごく美味しい~です」

お客さまを長年ご案内して、水原カルビの店を訪ねた結果、カボジョンが一押しとのこと。
う~んそうなのか~。カボジョンに期待するぞ~。
因みに、カボジョンは漢字にすると「佳甫亭」で、意味は「美しくて大きい家」です。



は~い到着したのは「カボジョン1号館」。1号館と言うからには2号館もあります。
ホームページを見ると、なんと3号館もありました~。凄い!
骨付きカルビの町、水原きっての人気と規模を誇る、焼肉専門店です。

ご存知の方はご存知ですが、水原には「3大カルビ店」と名前を轟かせている名店があり、
カボジョン【가보정】、ポンスウォンカルビ【본수원갈비】、チルロチプ【진로집】の
3店舗が、韓国で知られる水原の有名なカルビ専門店です。
※残念ながら、「チルロチプ」は社長のハルモニの健康状態悪化で、2003年に閉店。

知らない土地の店選びは、ガイドブックやガイドさんの影響が大きいです。
私も以前、水原カルビを食べるにいたって、どこの店に入るかで、ずいぶんと迷いました。
結局、有名店の1つ「本水原(ポンスウォン)カルビ」にしましたが。

水冷麺やチャジャン麺と違い、料理単価も高ければ客単価も高いですから。水原カルビは。
お財布との相談もですが、ソウルから水原まで、わざわざ足を運んで失敗は出来ない。

店選びに気合が入るのは、そんな理由からでしょうか。

P1030424.jpgP1030423.jpgP1030420_2014032105291217c.jpgP1030422_20140321052914e38.jpg

店内の調度品や家具、インテリアなどが、故き良き朝鮮王朝時代といったテイストでしょうか。

カボジョンのキム・ウェスン社長は、トッポキの屋台から身を起こし、
12年間屋台で稼いだお金を貯めて、カルビ屋を開業させた苦労人。

毎年、水原市の奨学金財団に寄付を続ける寄付ハルモニで、
赤十字の活動にも積極的に参加している。
2009年、京畿道知事から女性経営者賞も授与された人物。
将来の夢はソウルに直営店を出店することだそうです。

今回FAMツアーの一食目が、仁川のチャイナタウンで美味しいタンスユクとチャジャ麺の昼食。
そこの店では中国直輸入の素敵な家具、照明、調度品でウェルカムしていただきました。
そしてツアー最後の食事も、古き良き時代を彷彿とさせる空間でのお食事になりました。

店選びは、味だけでなく、店の内装雰囲気も大事ですね~。外国人が喜びそうな雰囲気です。

P1030369_20140321053837c9e.jpg

お店は広く、私たちが通された部屋は、1枚の絵画が印象的な、すっきりとした雰囲気の個室。
ここでツアー最後の食事。
旅はFAMツアーでしたが、グルメツアーと言っても良いほど、毎回美味しい食事でした。

P1030378_201403210538396ee.jpg

韓国観光公社ソウル本社のハ・スルギさんからご挨拶。そして乾杯をしました。
個人旅行では、とても消化出来ない、ギュギュギュ~っと詰まった日程。
物珍しくもあり、再発見もあり、食事も美味しくホテルも良く、感謝感謝です。

P1030388.jpg

ドデカイお肉の周りに咲いたお花のようなパンチャン(小鉢)に、歓声が湧きます。

水原カルビは、塩をつけて食べるセンカルビと言われる生カルビと、
味付けしてあるヤンニョム(塩・梨・ニンニク等配合)カルビの2種類がありますが、
今回食べたのはヤンニョムカルビ。

P1030407_20140321053841bc1.jpg

韓牛味付き(ヤンニョム)骨付きカルビ 270グラム 42,000ウォン~を
惜しげもなくガツガツと、焼けるそばからいただきました~。幸せ~。

良質なタンパク質しっかり噛みしめ、肉本来の味が分かる韓牛(ハヌ)の焼肉です。

ちなみに韓牛生(セン)骨付きカルビ 250グラム 53,000ウォン~。
味がついていないセンカルビの方が、お値段は高いです。

カルビの由来ですが、

肋骨周辺の肉をカルビと言いますが、文献に登場したのは18世紀からで、
実学の大家、丁若鏞【チョン・ヤギョン、丁若鏞、1762~1836】の著書、
「アオンカクビ【雅言覺非、아언각비】」に、
肋骨周辺の肉(カルビ)を煮込めば、美味しいスープができると記述されています。

家庭では滅多に味わえないカルビ肉でした。
韓国国内で初めてカルビ肉と称して販売したのは、
1939年ごろ、ソウルの楽園洞に位置した平壌ネンミョンチプが最初です。
※1920年代、北朝鮮の平壌が正確にはカルビの元祖のようです。

水原カルビの始まりは、1940年代後半、ヨンドンシジャン【영동시장、栄洞市場】で、
ヘジャングクに使っていましたが、残ったカルビ肉を、
ヤンニョムに漬け込んで売ったことで、人気を得るようになったという話です。
(2010年10月4日、毎日経済新聞より)

P1030375_201403210538407be.jpg

野菜に巻いて味噌をつけて食べても美味しい~。

水原カルビが美味しいことはもちろんですが、昼間からビール飲んで、マッコリも飲んで、
この時は席が近くになった福岡出発組のブロガーさんと、地元九州の話で勝手に盛り上がりました。

玄界灘の匂いがする女性と一緒に居ると、ちょっと興奮してしまいます。

九州、名古屋、大阪、東京からと集まった、韓国繋がりのブロガーさんと、
親しくお話出来きる機会に恵まれたことも、
今回このFAMツアーに参加出来て、良かったことの1つです。

P1030377_201403210550159c9.jpgP1030393_2014032105501675e.jpgP1030391_20140321055014315.jpgP1030394_20140321055018729.jpgP1030392.jpgP1030397_20140321055643d6e.jpgP1030395_20140321055642455.jpgP1030396_20140321055642e2a.jpgP1030390.jpgP1030398.jpgP1030400.jpgP1030399.jpgP1030402.jpgP1030403_2014032106025960f.jpg
P1030409_20140321061220989.jpg

どれもこれも丁寧に作られた美味しい数々のおかず、パンチャン。
そして骨付きカルビが豪快に入った、テンジャンチゲ。

ガイドのイ・ミギョンさんオススメのカボチャのチヂミは、上から2番目の左。
私が感激したのは、下から3番目左の一皿。
生のサツマイモとリンゴが甘いソースで絡めてあり、食感がサクサクっと気持ち良く、
ナッツと干しぶどうの甘さが効いて、中でもこれは私の好みの味。美味しかった~。

P1030387.jpg

酔いが回り、おしゃべりも楽しく、カメラを持つ手も定まらず、写真がブレブレですね。
楽しい時間も残りわずか・・・旅の終わりの時間がそろそろ近づいてきました。

P1030415_20140321061237b3b.jpg
P1030419.jpg
P1030418_201403210612412cd.jpg
P1030417.jpg
P1030416.jpg
P1030414_20140321061220198.jpg

カボジョンの店内に飾ってあった、この写真が気になりました。
いつの時代の、どちらの高貴な身分の女性たちでしょうか。

P1030421_20140321204710653.jpg

水原カルビの名店で人気店で美味しい店「カボジョン」は、水原駅からタクシーで10分。
是非是非また何度も訪れたい水原のお店になりました。


☆カボジョン水原本店【가보정(佳甫亭)수원본점】 ←ホームページへGO!

Baidu IME_2014-3-21_13-45-6
※オリジナルの地図を見る

所在地:
京畿道水原市八達区チャンダリ路282番地 ウィソンビルディング
경기도 수원시 팔달구 장다리로282 의성빌딩
電話:031-232-3883
営業時間:11:30~22:00(平日)
     11:00~22:00(土・日・祝)
最近のTV出演:KBS2「VJ特攻隊、VJ특공대」2013.08.30.OA


Baidu IME_2014-3-21_12-48-37
※12年間、5万ウォンで購入した屋台を引いて、トッポッキを売ったのが商売の始まり。
その時稼いだお金を元手にカボジョンを開店させたキム・ウェスン社長(64)。
当初はお客が入らず、資金繰りに苦しみ、
ドラマや映画に出てくるような違法サラ金業者からカネを借りることもあったそうですが、
今では、年間売上200億ウォン、従業員170人の企業に成長させました。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^



2014年2月仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの旅の本編はここから始まります。
韓国旅行ご招待も3回目~ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか
細心の注意を払いましたが(^_^;)先ずはお礼の挨拶♪ ←ここをクリック!


Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社

華城行宮工房通りとナニョン工房で七宝焼き体験~あの便所紙さえ無かったら・・・残念・・・

世界遺産、水原華城の城郭歩きのあと、バスは城周りを南方面へ少し走り、
華城行宮工房通りに隣接する、その名も華城行宮駐車場に入りました。

八達門の近くにある華城広報館から八達山入り口まで、420メートルにかけた通りを
華城行宮工房通りと呼ぶそうです。そこで私たちは、七宝焼きの工房体験をします。



華城行宮工房通りは、観光客の誘致と地域経済の活性化のため、
2012年より水原市が都市再生事業として推進する、水原市の注目スポット。

今ここでは、創作活動のための空間で文化事業共同体である工房及び、
レストラン・カフェ、そして地域住民との連帯を通して、市民及び観光客に、
文化芸術の観賞と体験の機会を提供する、都市空間作りを目指しているそうです。

P1040755.jpg

地域住民の協力あっての文化都市空間作り、及び再生事業なんですね。ふむふむ。

P1040722.jpg

通りのあちらこちらが、市民の手作り感あふれるアート空間となっており、
ゆる~い雰囲気が私の好みでした。ここはまた来たい!と思いましたね。

P1040723.jpg

こちらの小路も、ご覧の通りビフォーアフターで紹介。
通りのスナップは、現地よりリアルアップした記事に収まっています。

華城行宮(화성행궁、ファソンヘングン)周辺の工房♪

韓国らしい~文化芸術空間都市?写真(iPhoneで撮影)見てね。

P1040751_201403200842596c7.jpg

華城行宮工房通りで体験出来るプログラムは、韓紙工芸、木工芸、革工芸、シュガー工芸など、
芸術家が運営する工房及びショップが20箇所ほどありますが、
その中で私たちが訪ねたのは、七宝焼きが体験出来る「ナニョン工房」。

「ナニョン工房」は手狭なため、その数軒先の「チャングミ」に入りました。

P1040727.jpg

七宝焼きの工芸士であるナニョン先生のお話を聞きます。
先生は2006年から工房を立ち上げ、作品の発表、七宝作りの講師と活躍されています。

P1040735.jpg

実は席が足りなくて、急きょ用意された席に座り、あたふたしていたワタクシ。
城歩きのあと直ぐだし、ここでは今一つ集中力に欠けました。創作能力もですが想像力0。

P1040731.jpg

早速七宝焼きの作品作りを始めます。

地の色は赤にしようかと思いましたが、赤は映えないから紺にするようにとご指南。
ハイハイ。何も分からないので、おっしゃる通りに紺をペタペタと乗せます。

P1040734.jpg

次はガラスの破片を乗せて模様を描きますが、破片には適切な大きさがあるらしく、
大きさだけに注目して、言われるがままピンセットで乗せます。

P1040747.jpg

焼けました。う~~~ん。納得がいかないので、もう1度体験がしたいです。

P1040749.jpg

yukieさんの作品と並べて。こちらは素敵に仕上がっていました。ますますガッカリ。

でもしかし、これも旅の思い出になって良いものです。ただ今、デスクの脇に下がっている、
生まれて初めて作った七宝焼きを眺めながら、ブログを書いています。

P1040744.jpg

焼ける時間は、そう長くはかかりませんでしたが、待ち時間は、お茶タイム。

P1040745.jpg

韓服を来た女性が現れて、私は見とれてしまいました。その佇まいが凛として美しい~ですが・・・

P1040742.jpg

気になる。トイレットペーパーが。どうしても片付けた衝動に。でもしかし・・・
これも韓国。まんまの韓国です。お美しいのに、姿も立ち振る舞いも、しかし便所紙が・・・

P1040746.jpg

茶道具もとっても素敵でしたが、気になる延長コード。片付けたい私との葛藤です。

P1040740.jpg

お菓子は福岡出発組からの差し入れ。素朴なお菓子といただくお茶、美味しゅうございました。
参加したブロガーそれぞれがの皆さんが今回優しくて、ほのぼのツアーでした。

Baidu IME_2014-3-20_10-28-53

ナニョン先生の作品を持つのは、故ノ・ムヒョン大統領。先生もしかして大家?
夫で旅友さんが、検索していて偶然みつけました。

Baidu IME_2014-3-20_10-28-21

こちらもナニョン先生の作品。七宝焼きで描いた女優キム・ヘオク。
キム・ヘオクのお名前、私は存じておりませんが、有名女優らしい~です。
先生もしかして凄い?芸術家。

ナニョン工房ブログはここ ⇒ http://blog.naver.com/ninan/

P1040752.jpg

何だか私的にはやり残したような気持ちのまま、華城行宮工房通りをあとにしました。

P1040757_20140320085512b9e.jpg

ここ華城行宮工房通りも、また来よう~っと。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^



2014年2月仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの旅の本編はここから始まります。
韓国旅行ご招待も3回目~ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか
細心の注意を払いましたが(^_^;)先ずはお礼の挨拶♪ ←ここをクリック!


Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社



華城行宮工房通り
(화성행궁 공방거리、ファソンヘングン コンバンゴリ)

경기도(京畿道)수원시 팔달구(水原市 八達区) 행궁동(行宮洞)一帯

Baidu IME_2014-2-23_19-40-50