ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2014年韓ドラ新作情報

韓ドラ2014年JTBC「密会」は“禁断の愛(ユ・アイン+キム・ヒエ)×ピアノ=極上のアナログエロ”だった!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!





20140514090940.jpg

先日試写会で拝見した映画「ベテラン」で引っ掛かりのあった主役のユ・アイン、
他の作品では‘どんな演技してるの?’って素朴な疑問。
いくつかの候補の中から、昨年のJTBCドラマ「밀회[密会]」を選択し、
気楽に鑑賞してみたらビックリ仰天。
遅ればせながら、ものすごい作品に出会ってしまいました。

一言“エロい、エロすぎる”

具体的な行為ウンヌンということではなく、
画面に醸し出される主演のキム・ヒエとユ・アイン2人の存在感が兎に角エロい。
存在感だけでエロいと僕がかつて感じたのは、
80年代、テレビで見た、こちらはドラマでなく、実際のカップルですが、
‘中尾彬♡池波志乃’カップル以来の超~ひさびさ。
なんて言いますか、24時間、ベッドで過ごしていそうなカップルといいますか・・・


10635276931.jpg


背後からの‘がっぷりよつ’も勿論エロいのです。
エロいのですが・・


maxresdefault286156728031.jpg
201498751395149885.jpg


特に二人並んで一台のピアノに向かって演奏するシーンだけで悶絶もの。
ピアノと不倫ってなぜこうもマッチするの。


Baidu IME_2015-11-15_0-23-50


もっと言っちゃうと、鍵盤に触れる二人の指を見ただけでも何故か興奮。





※このシーンをパロッたSNLコリアの動画もおまけでつけちゃいます。


番組ポスターでもすごいことを僕発見。


2014022013422920474-540x761.jpg


通常の向きにするとキム・ヒエが積極的に見えるのですが・・・


20140310112108_420231_1300_1833.jpg


ポスターを横向きにすると、ユ・アインが積極的になるのが妙に楽しい仕掛け。


またこのドラマ、
家政婦、教授役等々、細かな脇役陣が見覚えのある顔ばかりと思ったら、
今年僕がオススメしたSBSドラマ「風の噂で聞いたのさ」の
演出안판석 (安判碩[アン・パンソク])&
脚本정성주(鄭聖珠[チョン・ソンジュ])のコンビによる作品でした。

「財閥系シリーズ」ファン必見!SBSドラマ「풍문으로 들었소
(プンムヌロ トゥロッソ、風の噂で聞いたのさ、I Heard It Through the Grapevine)」で
韓国財閥系生活を覗き見しちゃいましょ♪

↑          ↑          ↑
チェックしてみてください!


とりあえず、まだ2話までしか見てませんが、
このドラマ、1年以上も放置プレーにしていた自分を今呪っているところ。
ドラマOA当時の韓国一流女性誌「女性中央」が取材した記事がありましたので、
とりあえずご紹介させていただきます。


~月刊「女性中央」2014年4月号~

김희애 (金喜愛[キム・ヒエ])と
유아인 (劉亞仁[ユ・アイン])のドキドキ「密会」ビハインドストーリー


Baidu IME_2015-11-15_0-3-8

最初から互いに惹きつけられた。今年だけでもう2度目だ。
キム・ヒエ(48)とユ・アイン(29)。映画「우아한 거짓말[優雅なウソ]」で
息を合わせた二人が、最近、JTBCドラマ「密会」で再びタッグを組んだ。
「密会」は芸術財団の企画室長‘吳蕙援[オ・ヘウォン]’と貧乏な家で育った
ピアニスト‘李善宰[イ・ソンジェ]’の隠密かつ危険な愛の物語だ。

最近、映画でもドラマでも既婚女性と独身男性のラブラインが
流行りのように広がっているけど、
これほど‘化学反応’が完璧なカップルはまれだ。
3月12日、「密会」の制作発表会で彼らと会った。


1.年齢差を感じさせないビジュアル

art_1395496456.jpg

実際の年齢差は19歳、劇中では20歳の差を乗り越え、
激情的な愛に落ちるキム・ヒエとユ・アイン。
この日、現場で一番の話題は二人の‘化学反応’だった。
中年女性が20歳の天才ピアニストと燃えるようなロマンスを繰り広げ、
自我に目覚めるという、こんなショッキングな題材を
キム・ヒエとユ・アインがどのように消化していくかに関心が集中した。

彼らの演技力はすでに立証されているので、
むしろ二人がどれほどの調和を見せられるのかが核心的。
特にかなりの年齢差が視聴者の没入度を下げてしまうのでは?と
心配する声までも聞かれた。

が、現場で見たキム・ヒエとユ・アインの二人は、
こんな杞憂の声をかき消すように、息の合った姿を見せた。
年下男とメロドラマを撮ったキム・ヒエは
“歳月はしっかり受け止めることにした”と淡々と語ったが、
優雅な口調・深みのある考え方などなど、
年下男から愛されるには十分な程の魅力を我々に見せた。

“キム・ヒエ先輩は人ともレベルの高い会話ができて、
こちらの気分をよくさせてくれる方です。
正直で誰にでも真心で接してくれ、そこが一番の魅力的なポイントです。
自ずと愛さずにはいられない、そんな女性です。
世代格差ですか?
先輩が年齢差を克服しようと神経を使っているようですが、
私自身、はじめから年齢差なんて全く感じていませんよ。”

ユ・アインからの賞賛の言葉にキム・ヒエもゆっくりとした口調で
ユ・アインへの格別な愛情を示した。

“若い子を男として感じたことはこれまでないけど、
ちょくちょく意識して見るようになってみると、
男性を見る目が厳しくなって大変。
ユ・アインの年齢だけでも私には負担なのに、彼があまりにも童顔なので、
こちらが気を使わないと言ったって、使わざるをえないんです。
だからスタッフにも‘私、ものすごくババアに見える?’って、
聞いたこともあります。
だけど、40代女性と20代男性が同じ年齢に見えたら、
それはそれで恐ろしいことなんですけど(笑い)”

キム・ヒエは会見中、引き続く年齢差の話にバツが悪そうだったが、
ドラマの撮影が進んでいけば、年齢差を気にせず自然と
吳蕙援[オ・ヘウォン]役に没入することができだろうとプロらしさも見せた。
彼女の今回の役柄への愛着もひとしおだ。
“台本を見たとき、始めは俳優の立場で読んでいたのだが、
ある瞬間から読者の立場に変わり、最後の1枚を読む時には
もったいないという感情がこみ上げてきた”とも語った。

また年齢差を乗り越え、愛に落ちる設定については、
“ドラマではピアノが重要に扱われている。
その理由は、ピアニストの夢を実現できなかった吳蕙援[オ・ヘウォン]の無念は、
李善宰[イ・ソンジェ]を通じて充足させていくのだが、
彼らのコミュニケーション手段がまさにピアノだから”と脚本分析もしっかり。
キム・ヒエはバラエティー番組‘花より姉さん’で知り合った
이승기(李昇基[イ・スンギ])とユ・アインを比較して見せた。
イ・スンギが可愛くて真っ直ぐな性格とすれば、
ユ・アインは可愛さの中にセクシーな面があること。
彼女は“続けてタイプの違う年下男性と仕事ができて正直楽しい”
と照れ笑い。

会見中、恥ずかしがるキム・ヒエとは対照的にユ・アインは終始、余裕の表情。
“撮影前には先輩・後輩の関係だけど、撮影が始まってしまえば、
先輩を女として見ています。撮影を進めていくうちに、スキンシップも
自然な形で行っています。キスシーンですか?もう撮影しました。
今後、脚本家の先生がどのレベルまで引き上げるかわかりませんが、
やれと言われればどこまでも演じきって見せます。(笑い)”

2.ユ・アインのキャスティングはキム・ヒエが直接交渉

776296_117317_4159.jpg

昔からの知り合いみたいに息がピッタリ合ってる二人。
しかし、二人の出会いは映画「우아한 거짓말[優雅なウソ]」で始まった。
劇中、ユ・アインはキム・ヒエ母子の隣の家に住む若者役で、
司法試験を準備するどこか怪しい、そんな人物だった。

“映画「優雅なウソ」でユ・アイン氏が隣家の独身青年役だったのですが、
若手俳優ってドラマを台無しにしてしまいがちじゃないですか。
20代って特にとんがってて、背伸びしがちな年代だし・・・
だから、彼のこと、少し心配しながら見てたんですけど、
彼、本当に一生懸命だったんですよ。頑張るフリとかではなく、
本当に役になりきろうとする彼の姿勢は本当に印象的でした。”
とキム・ヒエ。

映画の撮影が終わった際、彼女はユ・アインに
“次はあなたが主演のドラマで隣の家のおばさん役をやってあげる”
と約束したことが今回、現実となったというワケだ。
“ドラマは映画とは180度異なるものだが、ドラマの天才ピアニスト役は
本当に魅力的で、ユ・アイン以外の役者は考えられなかった。
しかし、制作陣がユ・アインのキャスティングでもたついて、
私にSOSを出してきたんです。
(ユ・アイン、ピアノ演奏の演技に自信が持てず、始めは断ってたそう)

最近、映画で一緒だったのだから私が交渉しろと・・・
こんなことなら、映画の撮影の時に彼ともっと親しくなっていれば良かった
と思いましたが、とにかく彼に‘連絡ください’と携帯メールを送りました。
そうしたら、彼からすぐに電話がありました。
まあ幸い、彼もキャスティングにOKを出してくれて、
だから今こうして私の隣に座っているのですけど・・・(笑い)”

ドラマ関係者によれば、制作陣は音楽監督とは別個に
ピアニストのキム・ソヒョン氏をクラシック曲のスーパーバイザーに起用し、
ドラマ内の曲目の選定には特に気を使っている。
脚本家が日頃好きなクラッシックの曲を土台に、
劇中の雰囲気や状況に合わせた曲目を監督と話合った上で
選曲しているとのこと。
キム・ソヒョン氏がドラマで使用する曲を実際に演奏する姿を録画。
その映像をキム・ヒエとユ・アインがプロの腕の動きは勿論、
表情、感情表現を自分のものにして、演技をこなしている。

二人はドラマ撮影前にもそれぞれキム・ソヒョン氏からピアノのレッスンを受け、
ピアニストの姿勢や雰囲気、表情を観察してきたとのこと。
指のクローズアップ場面だけは、キム・ソヒョン氏の手をインサートしているが、
その他の演奏シーンは代役なし。

「密会」はキッチリした演技力、キム・ヒエとユ・アインの化学反応、
繊細な演出力、シナリオの重厚な展開などなど、
視聴者を鷲掴みする魅力で多くの話題を提供している。
ユ・アインの“やめてください。私は気が狂いそうです”というセリフに
視聴者らは夜もおちおち眠れぬ状況に・・・

バラエティーと映画で連続ホームランをかっ飛ばしたキム・ヒエが
親しみを持たれているからか、
映画での演技力でスター性を立証したユ・アインへの関心が高いからなのか、
ドラマ「密会」はそのテーマのおどろおどろしさとは反比例に
日に日に上昇飛行を繰り返している。
2.5%でスタートした視聴率が3.7%に急上昇、瞬間最高視聴率も5.3%まで記録した。
放送第一週の最初の2話で視聴者を狂わせたしまったというわけだ。


以上


とにかくこのドラマ、
カミさんであるワッタカッタさん!が就寝中、
声を出さないようにひっそりと楽しみたいと思います。



おまけ


以下は“キム・ヒエ&ユ・アイン”カップルを
フィーチャーした雑誌「ELLE」の表紙&グラビア

201403171020137449.jpg

516606161101.jpg

5DjcP1l.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^


韓国tvNドラマ「未生【ミセン、미생】」OA終了記念! 印象に残った脇役俳優たち♬

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



ケーブルチャンネル“tvN”の8周年記念
金・土ドラマ「未生【ミセン】」も20日(土)で終了(´・ω・`)ガッカリ…
今もその余韻が残った状態で、喪失感的なものにつつまれております。
本当、予告通りにこのドラマ、「ラブライン無し」のまま、最終回を迎え、
トップスター不在のドラマにも関わらず、
ケーブルテレビとしては超~異例の最終回(20話)視聴率が
8%超えを達成したとのことで、
これって地上波に置き換えてみたら、30%~40%に相当する数値かも。


67977397_2.jpg
左からキム・ドンシク代理(キム・デミョン扮)、チャン・グレ契約社員(任時完【イム・シワン】扮)
呉【オ】サンシク次長(イ・ソンミン扮)


基本的にこのドラマ、「営業3チーム」に所属する3人のドラマと言えるのですが、
その他大勢の出演者による演技がこれまた秀逸なドラマだったとも言えます。

そこで、今回はドラマ終了記念として、
セリフ、かつ出演ボリュームは決して多くなかったけれど、
記憶に残った無名?の脇役俳優さんたちをご紹介いたします。
主役級の役者の中でだって、トップ俳優と言える俳優が不在なドラマなわけで、
脇役となれば、言わずもがなです。



①イ・シウォン(이시원[李詩媛]、1987年8月29日生、ソウル特別市出身)
ソン次長(シン・ウンジョン扮)の娘ソミが通う幼稚園の河【ハ】先生役

usense.jpg


5話&14話等で出演し、一方的にチャン・グレを好きになる
かる~いストーカー役でしたが、
このドラマ自体、美人女優がほぼ出演していないせいか、
なんだか、印象に残ってしまいました。
理工系の学科でルックスがそれほどでもない紅一点女子大生が
なぜか男子学生から人気になってしまうような感覚だったかも・・・

彼女のプロフィールを調べてみて、多少ビックリしたのは
「ソウル大学経営学科→同大大学院進化心理学修士課程」という経歴。
ある意味、このドラマにはふさわしくない学歴の女優さんとも言えますです。


a5fcb932f4905685484b4514fe3d4e0c_laM3lKr2wbPMkLHUweNfGk.jpg


今のところ、ソウル大出身という以外、目立った実績はないと思いますが、
今年出演の映画「トンネル3D」では、水着姿を披露してます。

htm_2014111784943c010c011_99_20141117085703.jpg




②キム・ガヨン(김가영、1980年11月20日生)
=「営業2チーム」契約社員チャン・ミラ役

141906640431_20141221.jpg


この女優さん、ドラマ全20話を通じて、
セリフが2つか3つくらいしかなかったと思います。
ただ、彼女の座席の位置が、主役のチャン・グレの隣に位置したため、
基本ちょろちょろ映り込むだけの出演でしたが、
会社の契約更新時期に妊娠をしてしまい、点数を下げないように
会社に無理して通い続けた挙句、オフィス内でぶっ倒れるという、
悲しいシーンを演じ、ものすごく印象に残ってしまいました。


彼女はソウル芸術大演劇科卒業後、
2006年から大学路の演劇舞台で活動していて、
今回初のテレビドラマ出演とのことです。
私生活では結婚もしていますが、旦那も彼女同様、完全な無名俳優です。


141906640467_20141221.jpg
※現在韓国で上映中の映画「カート【카트】」
スーパーマーケットで働く非正規労働者役で出演中です(右は主演の廉晶雅【ヨム・ジョンア】)
↑  ↑  ↑
この映画。とても面白そうです。



③パク・チンソ(박진서、1987年4月27日生) 
=「鉄鋼1チーム」契約社員シン・ダイン役

B9̻FD3
B9̻FD5


基本、チャン・グレとは入社同期の正社員チャン・ベッキ(カン・ハヌル扮)
後ろのデスクでちょろちょろ映るだけの役柄です。
10話での、「営業3チーム」パク課長(後に横領で解雇)による
セクハラ攻撃のシーンでは迫真&渾身の演技を見せたと僕は評価。

プロフィール的には彼女、一時、子役も経験したそうで、
2004年、高2の時、全羅北道の「益山【イクサン】宝石美人大会」で1位という経歴。
ソウル芸術大学放送芸能学科に入るが、
多くのスター級俳優の卵に囲まれ、挫折感を味わう。
2010年KBSドラマ「成均館スキャンダル(성균관 스캔들)」でデビュするも
その後スランプにハマリ、1年間休業して臨んだ作品が、
このドラマ「未生」だったということです。


박진서
※「未生」収録中のインタビュー取材で




④キム・ヒウォン(김희원[金熙元]、1971年1月10日生)
=「営業3チーム課長」パク・チョンシク役
(元々、鉄鋼チームのエース級社員→資源3チーム課長、中東専門家)

Baidu IME_2014-12-23_14-22-14


この役者さん、映画で拝見した記憶あり。
ものすごいリアリティー感あふれた「言葉と視線」によるセクハラを
前出の契約社員シン・ダインに展開。(セリフは全て彼のアドリブだったとのこと)
男の僕でさえも嫌悪感でいっぱいにさせられる程のシーンでした。
彼女とキム・ヒウォンによる奇跡のセクハラ演技を楽しめるのは10話です。


彼のプロフィールは以前出演のバラエティー番組で語られていて、
韓国の共通一次試験を途中退場、
そのまま劇団の門を叩いたとのこと。
ところが、劇団員生活は過酷さを極め、
10年以上無収入の生活を余儀なくされ、生活苦に耐えられず、
ついには、一時期、オーストラリアに移住し、内装業に従事しました。
移住当時、昔の劇団仲間によるオーストラリア公演を見たことで、
また演技の仕事がしたくなり、帰国。
その後、主演俳優イム・チャンジョンの推薦で、
デビュ作となる2007年映画「一番街の奇跡【1번가의 기적】」に出演。
ヤクザ役を好演し、現在に至るとのことです。




⑤イ・ダリョン(이달형、1967年5月9日生)
=取引先のスーパー「ウォールマート/企画チーム長」ピョン・ヒョンチョル役

Baidu IME_2014-12-23_12-35-40


「営業3チーム」呉【オ】次長の高校の同級生。
高校時代と現在の立場が入れ替わったことから起こるエピソード(6話)での出演。
詳細内容は控えますが、実社会で僕にも似たような経験があり、
このシーンを見て、少しほろ苦い感覚になりました。


彼のプロフィールは・・・
89年大学路で舞台デビュ→
その後15年間、家もなく公園のベンチ暮らし→
2003年36歳でテレビドラマデビューがきっかけで、
映画の仕事も入り、住む家が持てたというなかなか苦労人で、
このドラマ出演にかなりふさわしい役者とも言えそうです。




⑥イ・ギョンヨン(이경영[李璟榮]、1960年12月12日生、忠淸北道忠州市出身)
=崔瑛后【チェ・ヨンフ】専務役(中国専門家)

Baidu IME_2014-12-23_15-6-20


出世のためなら、いくらでも仲間を犠牲にすることを厭わない冷酷な人物。
主役の「営業3チーム」呉【オ】次長とはある事件をきっかけに疎遠になり、
その後、「営業3チーム」を利用して副社長のイスを狙うが・・・

対照的な人間性を持つこの2人「呉【オ】次長VS崔【チェ】専務」が
物語の2つ目の核だと思うのですが、それが存分に楽しめる14話と19話は必見です。
僕は完全にシビレてしまいました。


(イ・ギョンヨンのプロフィール)
90年代中盤までの映画界では
パク・チュンフン、アン・ソンギ、チェ・ミンスを合わせて、
「忠武路【チュンムロ】4大俳優」と言われた。
4大俳優の中でもイ・ギョンヨンはメロ演技に優れたことで、
他者とは一線を画し、数多くの映画に出演したが、
メロ演技が上手いハン・ソッキュの登場で落ち目に・・・
そんな中、2002年、未成年者との援助交際疑惑が持ち上がり、緊急逮捕。

6857824_1.jpg
※当時のニュース記事から(東亜日報)

実刑は免れるも、10年以上経った現在でも
KBS&MBCの「出演禁止タレントリスト」から外されることもなく、
残念なことに、ケーブルテレビと映画のみの出演に限定された役者さんです。

※この事件を調べて見ましたが、
相手女性の飲み屋従業員はイ・ギョンヨンに対して、
「自分は21歳の女子大生」と説明していましたが、
実際は、「シルバー」の芸名でエロ映画に出演歴のある未成年の17歳。
裁判でもその事実を隠し続けたそうで、
僕の印象は、彼にも同情する余地は多分にある感じでした。
劇中での妙な存在感は、
彼のこんな人生経験あってのものだったかもです。




⑦ソ・ユナ(서윤아、1988年9月26日生、 中央大学(ソウル)演劇映画学科卒)  
=元「営業3チーム」契約社員イ・ウンジ役

20141201_1417386794_31776200_1.jpg


「呉【オ】次長VS崔【チェ】専務」対立の伏線であり
呉【オ】次長にとってある種「心の傷」にもなった事件の当事者でもある彼女。
回想シーンのみの出演でしたが、僕、このシーンで泣きが入ってしまいました。
物語の中心的エピソードでの出演なので、
彼女にとっては、かなり美味しい役どころだったかもです。




ご紹介はこれくらいとさせていただきますが、
今回の紹介から漏れた役者さんも正直すばらしかったですし、
このドラマ、本当に無駄で不必要な役柄&役者が不在だったと断言できます。


1419124158-37-org.jpg


そして、脚本も完成度が高かったと僕、言い切りますが、その点については、
韓国のドラマ制作で常態化していた
「撮影当日の台本追加&変更」をこのドラマでは一切行わず、
「役者にとっても演技に集中できたであろう」という一部報道もありました。
最後に、未確認情報ではありますが、「未生:シーズン2」も検討されているそうで、
パート2のOAを是非是非楽しみにしたいと思います。



おまけ


僕が一番気に入ったドラマOST曲。
2001年デビュのシンガ-ソングライタ-で、監督直々のご指名だったとのこと。

Baidu IME_2014-12-23_20-32-20


エンディングでも使われた[未生ost part.2] ハン・ヒジョン【한희정】-明日【내일】MV



おまけのおまけ


IT営業チームハム次長parknosik14

映画「殺人の追憶」以来の再会に感謝。パク・ノシクも「IT営業チーム」咸【ハム】次長役で登場。



おまけのおまけのおまけ

Baidu IME_2014-12-23_21-13-45Baidu IME_2014-12-23_21-13-56

チャン・グレの卒業写真。かしこそうな顔してます。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村



韓ドラ新作情報♪ 無条件にお勧め ~tvNドラマ「未生【ミセン、미생】」

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



「応答せよ」シリーズを始め、最近絶好調ケーブル局「tvN」で
10月17日からスタートの、開局8周年記念ドラマ「未生【ミセン、미생】」
連休を利用して、ゆっくり、第1話を見させていただきました。

f130580682684104103(0).jpg
※それでも生きる価値のある人生

このドラマの原作は2012年、ポータルサイトDaumで配信され、
11億ビューを突破したWeb漫画の「未生【ミセン、미생】」。

Baidu IME_2014-11-3_18-59-45

その後に出版された単行本1~9巻は、現在、100万部を突破しそうな勢いで、
韓国では、「サラリーマンの教科書」or「国民的漫画」とまで称されているらしい。

21785026.jpg
※原作者のユン・テホ【윤태호、尹胎鎬、1969年11月6日生】、93年のデビューまでは、
グルメ漫画「食客」のホ・ヨンマン【허영만、許英萬】のお弟子さんだったそう。


ドラマ化に際しては、地上波各局を含め、熾烈な戦いがあったそうですが、
ストーリーの重点をラブラインに置きたがる地上波の姿勢が気に食わず、
結局、原作者のユン・テホは、CJ系ケーブルテレビ「tvN」にドラマ化権を売ったとの情報も。

Baidu IME_2014-11-5_14-45-42
※監督さんはKBSからCJ E&Mに移籍したキム・ウォンソク(左)。
KBS時代は「シンデレラ姉さん」「成均館スキャンダル」、移籍後は「モンスター」を演出。


ザックリなドラマの中身は、
物語の主人公は、6歳から囲碁を始めて、
韓国棋院の研究生となったチャン・グレ(イム・シワン扮)。
天才少年としてメキメキ頭角を表すものの、
生活苦により、囲碁とアルバイトとの掛け持ち生活を強いられる。
アルバイトを辞めて、囲碁に専念しろとの師匠の助言も無視する主人公。
ところが、師匠の憂慮は見事的中し、
毎年行われるプロテスト(大会)は、不合格連発という結果。
年を重ねるごとに周囲との実力に差が出て、
ついには、年齢制限いっぱいの18歳で、
彼が夢見たプロ棋士への道は完全に、絶たれることに・・・
(実際は毎年120人位大会に出場して、プロになれるのは7~8人程度とのこと)

そのまま、社会に放り出されることになった主人公。
大検には合格を果たしたものの、
父親は病死、母親は布団で横になることが多く、
大学に行く余裕のない彼は、
牛乳配達、コンビニ、代行運転、銭湯の清掃などの
バイト生活にただただ明け暮れる日々を続けていく。

Baidu IME_2014-11-4_1-8-44

その後兵役を経て、戻ってきた時には、
主人公のチャン・グレも25歳。
そんな時、母親の知り合いである会社社長から紹介してもらった
総合商社「One International」に
インターン社員として潜り込むことになってからが、ドラマのスタートです。

タイトルの「未生【ミセン、미생】」は、囲碁用語で、
「死んでもいないし、生きてもいない状態の石」のこと。
因みに、「生き返った状態の石」は「完生【ワンセン、완생】」というらしい。
つまり、「未生【ミセン】」は今後、復活して生き返る余地があることを暗示しており、
プロ棋士への「夢敗れてサンガリア」で、いわゆる「未生」状態の主人公チャン・グレが、
全くのアウェーである総合商社という未知の世界で、
果たして、完生できるのか?が、ドラマの核となっていくものと思われます。

Baidu IME_2014-11-5_14-44-9


ドラマ本編タイトルバック後すぐ、
主人公の朝の初出勤シーンを見ていて、
自分の昔を少し思い出しました。
僕のおふくろの場合は「真面目にやりなさい」といって、
僕を送り出してくれたっけ・・・

Baidu IME_2014-11-3_20-56-6
Baidu IME_2014-11-3_20-56-21

母親が息子に語りかけるセリフはいかにも韓国のオンマ。

주눅들지 말어. 네가 보통 머리냐? 학교다닐 때 공부를 얼마나 잘했어.
하나를 가르치면 백을 아는 애인데....

気遅れするな。お前が並のアタマか?学校行ってる時は、どんだけ勉強ができたことか。
一つ教えたら、百を知るような子供だったんだから....


とか・・・

네가 앵간한 애였으면 성원실업 사장님이 그 대단한 회사에다 다리를 놔줬겠냐?
お前が普通の人材なら、ソンウォン実業の社長(母親の知り合い)が、
そんな立派な会社を紹介してくれるか?

거기서도 이리저리 재보고 맞으니깐 오라고 했겠지. 기죽지 말어!
その会社でもいろいろ調べて、(お前の適性に)合ってるから、来いと言ってるのだろ。
頑張れ!



母親の子供を評価する基準が、
世間と同じならば、大ハッピーなのですが、
そんなに甘くないのが世の中というもの。

Baidu IME_2014-11-3_21-37-58


配属された営業3チームの先輩社員から、
いきなり屋上に呼び出されてキャリアの確認。
チャン・グレの学歴が、高卒程度で職歴なし、商社なのに外国語能力ゼロ、
しかも、持ってる資格が「コンピューター活用能力」ただ一つとわかるや、
「25年間、何やってきたの?」と先輩社員に呆れられる始末。

でもね、立場を替えて、僕がこの先輩社員だったとしても、アタマが痛くなると思います。
人手不足の部署に、こんなスタッフを送り込むような人事を恨むだろうな~。

このドラマ、社内の描写がリアル。
レールあり、時には、ハンディーカメラを駆使しちゃったり・・・
そして、新入社員という主人公の「ふわふわ感」もよく演出されていて、
自分が会社に入りたての頃を思い出さずにはいられません。

Baidu IME_2014-11-3_22-19-1

座っても落ち着かず...

Baidu IME_2014-11-3_22-19-11

かと言って、立ってみても、やることはなし...


同じ部署の上司から部下として認められないだけでも辛いのに
横並びである他のインターン社員からも総スカン。
ましてや、チャン・グレの学歴が高卒程度、
しかも、コネで潜り込んだと判明するや、
休憩室では、社員とインターンらが集まって、影口の連発。

Baidu IME_2014-11-3_23-43-41
Baidu IME_2014-11-3_23-22-47
※インターン社員の中で最も主人公を目の敵にするこの方。
昨年の「応答せよ!1994」でコンピューター工学専攻の学生さん役、
今年の「応急男女」では、クララの片思い男だった
ユン・ジョンフン【윤종훈、1984年2月15日生】


좀 건방진 말이지만요, 솔직히 기분 나빠요.
少し生意気な言い方ですが、正直、気分は悪いです。
저런 사람의 급도 들어올 수 있는 데를, 내가 뭐하러 오나.
あんなヤツのレベルでも入れる会社に、私が何しにやって来たのか...
형님, 우리 학교 정도는 아니어도, 인서울은 기본 아닌가요?
先輩、僕らの大学程度でなくても、「Inソウル(ソウル市内の大学)」が
基本じゃないですかね?



周囲の冷たい視線を他所に、
主人公チャン・グレ、
さすがに一時は囲碁の神童と呼ばれただけあって、
状況把握では、優れた能力を垣間見せます。
例えば、コピーがマトモにできなくたって、必要となれば、
社内各部署の内線番号や社員の携帯番号を覚えて、上司のサポート。
業界用語が分からなければ、話にならないと察するや、
貿易用語辞典の丸暗記。

そんなチャン・グレの努力も他のインターン社員には全く
通じるはずもありません。
なぜなら、彼ら、正式な試験を経て、入社しているのだから・・・
同僚インターン社員からは、とことんいじめ倒されても、
チャン・グレ、決して、彼らを憎むどころか、
冷静に自己批判までしてみせます。
第1話のエンディング、主人公の決意表明とも言える、
チャン・グレの独白ナレーションが心に響きます。

Baidu IME_2014-11-3_23-8-25
Baidu IME_2014-11-3_23-8-44

내가 열심히 했다고? 아니. 난 열심히 하지 않아서 세상에 나온 거다.
俺が一所懸命やったかって?違う。俺は一所懸命でなかったから一般社会に出てきたのだ。
열심히 하지 않아서 버려진 것 뿐이다.
一所懸命でなかったから、(囲碁の世界から)捨てられただけなのだ。


インターン同士のチャラい「恋愛話」もナシ。
あの社員、フタを開けたら、実は会長の娘だったなんて、「出生の秘密」もナシ。
ダメ社員が突然スーパー営業マンになるってこともナシ。
普通の会社のリアルな社内話がただただ、繰り広げられるだけのストーリー展開。

なのに、面白い。ただ面白いだけでなく、胸がジ~ンと熱くもなります。
かつてサラリーマン、今サラリーマン、これからサラリーマン等々、
幅広い層の方々が、それぞれの立場で、楽しめるドラマとなってます。
プロ棋士になれなかった男の話ということで、
怪我で引退を余儀なくされた元プロ野球選手が見ても、感じるものがあるかも・・・


なお、プロローグ部分では、入社して数年後の自信にあふれたチャン・グレがチラッと登場。

Baidu IME_2014-11-5_14-42-10
Baidu IME_2014-11-5_14-42-22

韓国ドラマ界初のヨルダンロケを敢行。
ドラマの舞台が総合商社という設定に見事マッチしていて、
今後がとっても楽しみです。
(6話まで見ましたが、ヨルダンシーンはまだ登場してません)

☆ヨルダンロケで現地通訳を担当したおばさんのブログはコチラ

☆シワン君のファンブログはコチラ

☆韓国コスモポリタン、特別企画のグラビアはコチラ

☆江南駅近所のCJ系が運営するイタ飯屋「The Place」
シワン君をつい最近、偶然見かけたという人妻のブログはコチラ


1話を完食して、尺を確認したら、何と90分の拡大バージョンだったと判明。
でも、全然、飽きることなく、あっという間で、大満足の90分でした。



おまけ

共演者でチャン・グレと同じインターン社員を演じる女優のカン・ソラ。
ドラマの舞台である総合商社のモチーフであり、ロケ協力も行う
ポスコ系の総合商社「㈱大宇【デウ】インターナショナル」
【(주)대우인터내셔널、DAEWOO INTERNATIONAL CORPORATION】で、
彼女、役づくりのため、3日間、本当にインターン社員として働いたらしい。

1412232666-1.jpg
※勤務先は「食料資源開発チーム」。ポスコの公式ブログにも紹介されていました。

おまけのおまけ

Baidu IME_2014-11-5_19-17-51

ドラマの舞台となる総合商社「One International」の外観は、
ソウル駅前のソウルスクウェアビル(右)という設定、
ロケ協力の大宇【デウ】インターナショナルは、
左側の延世財団セブランスビル内にあります。
因みに、前の道路を左に登っていけば、観光地、南大門市場に到着です。


おまけのおまけのおまけ


このドラマ、無駄な役者さんが皆無。
それぞれのキャラクターがイキイキしてます。
特に、社会に放り出された浮遊感をうまく表現している、
主人公チャン・グレ役のアイドル歌手シワン君が中でも秀逸。

movie_image0RYBUOMH.jpg

1981年の「釜林【プリム】事件」をモチーフにした作品、
2013年映画「弁護人【변호인】」での彼は、
社会科学系の読書会に参加したというだけで、
北朝鮮のスパイに仕立て上げられ、拷問を受ける大学生の役。

movie_image6MTDX3HB.jpg

盧武鉉【ノ・ムヒョン】元大統領の弁護士時代を演じた
ソン・ガンホと共演しても、実に堂々たる演技をしてました。

彼のプロフィールとしては・・・

시완

イム・シワン【임시완(任時完)、本名:イム・ウンジェ(임웅재、任雄宰】
所属グループ:ZE:A、出身:釜山広域市
1988年12月1日生、身長:173cm(実際は168cmくらいとの指摘あり)&体重:55kg

学歴:国立釜山大学機械工学科→東亞放送藝術大学公演芸術系列演劇専攻(安城市)
→又松【ウソン】情報大学実用音楽科(大田市)

父親がエンジニアリング関連の中小企業社長。
その影響で、地方大とはいえ、就職率バツグンで、難関の釜山大に入学。
(高校時代は生徒会長で、成績優秀だったとのこと)
芸能界入りのきっかけは、ローカル局「大田放送(CMB)」主催
チンチン青少年歌謡祭(Chin Chin Star Festival)の釜山予選に出場したこと。
あえなく不合格も、現在の所属事務所「スター帝国」の目にとまり、練習生に大抜擢。
アイドルグループの活動での認知度は低かったが、演技の世界で頭角を表すように。

今回ご紹介のドラマにおいても、
本当、彼の「演技してる感」が全く感じられない演技には脱帽です。



これまでのドラマ出演作としては・・・

Baidu IME_2014-11-5_10-23-41
※2012年MBC「太陽を抱いた月、해를 품은 달」

Baidu IME_2014-11-5_10-28-3
※2012年KBS2「赤道の男、적도의 남자」

news_1378969564_386200_m_1.jpg
※2013年KBS2「恋愛を期待して、연애를 기대해」

2014071422494711477.jpg
※2014年MBC「トライアングル、트라이앵글」


あと、今年は学生服メーカー「スクールックス」のモデルにA-pinkと共に起用されてます。

model_main.jpg


以上です。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村




EXOメンバーの出演で大注目!韓ドラ新作情報♪SBSドラマ「大丈夫、愛だ【괜찮아 사랑이야、It's Okay, that's Love】」

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
そんなこと、興味ないよ~という方は、クリックして次のネタへ!
이런 거 전혀 관심이 없다 하시면 위 로고를 클릭하여 그냥 건너뛰시면 됩니당~



今回は、今月23日からスタートした
SBSドラマ「괜찮아 사랑이야【ケンチャナ サランイヤ、It's Okay, that's Love】」の
ご紹介です。

Img0404_20140710140713_1.jpg

当然、チョ・インソン(조인성、趙寅成、1981年7月28日生)と
コン・ヒョジン(공효진、1980年4月4日生)の共演ということで
OA前から話題にならないハズがありません。
僕は、さっそく1・2話を見てみました。

Baidu IME_2014-7-27_15-37-38

Baidu IME_2014-7-27_20-28-20


ドラマのオープニングは刑務所から出所するチョ・インソンの実兄(ヤン・イクチュン扮)。

Baidu IME_2014-7-27_21-32-34

続いて、そのままの足で、チョ・インソンがDJを務めるパーティー会場に向かい、
フォークでチョ・インソンやお客らを暴行するシーンへ。
結局、実兄は再び刑務所へ舞い戻ることに。


刑務所→プール付きパーティー会場という、
相容れない2つの対照的な場面を連チャンで見せられただけでも、
インパクト十分なオープニング映像でした。

※実父を殺害した容疑で服役していたチョ・インソンの実兄。
しかし、実兄は、実父を殺害したのはチョ・インソンだと主張するので、
今後のストーリー展開で重要なミステリーとなります。

OKLOVE人物相関図
※この4人が1つ屋根の下で同居して巻き起こる騒動が描かれていきます。


このドラマ、心に傷を持った人、もっと言えば、精神病を患った人たちが、
いかにして、自分の病を克服していくのかが、
ストーリーの核になっていくのだと思います。
そのキーワードが「愛」となるのでしょう。

テーマがテーマだけに、OA後の韓国人の反応も賛否両論混在していましたが、
おおむね、このドラマに好意的反応&支持する方々の理由として挙げられるのは・・・

①チョ・インソンとコン・ヒョジンが共演しているドラマだから

Img0404_20140709191647_2.jpg

Img0404_20140709191647_3.jpg

②「その冬、風が吹く」でも一緒だった
演出キム・ギュテ(右)、脚本ノ・ヒギョン、コンビのドラマだから

Img0404_20140709191820_5.jpg


③ダントツ人気EXOのディオ君
(디오、 D.O.、本名:ト・ギョンス、도경수、都暻秀、1993年1月12日生)が、
チョ・インソンの追っかけファン(作家志望)役で出演しているドラマだから

もうこれは主演級の扱い。至るところで、彼の登場シーンが・・・

Baidu IME_2014-7-27_20-33-50

チョ・インソンが実兄から暴行されるシーンで・・・

Baidu IME_2014-7-27_20-25-26

チョ・インソンが出演するトークショー収録会場で・・・

Baidu IME_2014-7-27_20-25-6

チョ・インソンの出版記念サイン会場で・・・

とにかく、彼の登場シーンの多さは、ほとんど異例的な感じでビックリ

Baidu IME_2014-7-27_20-26-39

dio03_convert_20140727134036.gif

ディオ君ファンのブログ
↑ ↑ ↑
ここをクリックです!!



※第1話での「 D.O君シーン」まとめ映像


昔から知っていることも大きいかもしれないのですが、
チョ・インソンのワンパターン演技も、ここまでくれば、「偉大なるワンパターン」レベル。
ある意味、安心して見れるから不思議です。

Baidu IME_2014-7-27_20-52-6

このDJシーンはビールのCMかと思いました。

Baidu IME_2014-7-27_20-52-29

実兄から襲われたシーンはドラマ「バリでの出来事」を思い出させ・・・

Baidu IME_2014-7-27_20-53-35

車に乗っても、まるで自動車CMのよう

Baidu IME_2014-7-27_20-53-52

暴力シーンも彼がやると、気持ちがいい

Baidu IME_2014-7-27_23-30-51

劇中、コン・ヒョジンとは初対面となるトーク番組のシーン。
ガチンコ対談も軽快で演技面で問題な~し。


いずれにせよ、精神病といかに付き合い、克服していくかという
比較的重いテーマを、できるだけ軽快に見せようという演出の意図は、
痛いほどに感じられますし、
チョ・インソンとコン・ヒョジンのようなビッグスターを登場させないと、
視聴者からは絶対に見てもらえない内容のドラマだということも確かだと思います。

僕個人の見立ては、推理作家役のチョ・インソンが、
精神科医であるコン・ヒョジンが患う「SEX恐怖症」を治癒するまでの過程が今後、
中心的に描かれていくのだろうと感じましたが、
2人の演技力ならば、最後まできっちり見せてくれるような気がしました。



おまけ


第1話OA前の予告編



1・2話でのエンディング曲も、良かったです。


※EXOの CHEN(첸) - 最高の幸運(최고의 행운、チェゴエ ヘンウン)

Img0404_20140710140713_3.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑     ↑↑↑    ↑↑↑    ↑↑↑   
여러분~잘 보셨죠~(((o(*゚▽゚*)o)))(((o(*゚▽゚*)o)))
上のマークをクリックすれば、
복 많이 받으실 겁니다~.【いいことがいっぱい起こりますよ~!】




チェ・ジウとクォン・サンウ11年ぶりの共演はインパクトありあり! 新作韓ドラ情報♪ SBSドラマ「誘惑【유혹】」

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
そんなこと、興味ないよ~という方は、クリックして次のネタへ!
이런 거 전혀 관심이 없다 하시면 위 로고를 클릭하여 그냥 건너뛰시면 됩니당~



今回は、今月14日から韓国でのOAがスタートした
SBSドラマ「誘惑【유혹、ユホク】」のご紹介です。

Img0404_20140709174609_1.jpg
Img0404_20140625140104_3.jpg
Img0404_20140625141305_1.jpg


このドラマ、クォン・サンウとチェ・ジウにとっては、
2003年SBSドラマ「天国の階段」以来、
11年ぶりの共演作ということで話題になっていますね。

まだ2話しかOAしていないので、詳細は不明ですが、
はっきりしていることは、二人の役柄が「天国の階段」と
今回のドラマでは大きく異なっている点があること。
それは、2人はそもそも、アマ~いカップルではないということと、
ジウは独身で、サンウは妻帯者という設定も、
今後の展開をある意味、楽しみにさせてます。

そして、ジウ&サンウのキャラがそれぞれ、初共演時と今回のドラマでは、
真逆なキャラクター設定になっているのが面白いッす。
「天国の階段」でのクォン・サンウは、
財閥系で経済的にも余裕満々、初恋を貫く一途な男でしたが、
「誘惑」では、ド田舎からソウルの名門大に進学まではよかったが、
事業に失敗するやカネのためなら、女房も捨てる?
ブレブレ優柔不断系な男を演じてます。
一方のチェ・ジウ。「天国の階段」では、
継母にいじめられたりなんかで、かよわくて、
どこか男が守ってあげたくなるキャラでしたが、
今回の「誘惑」では、若い頃から親の事業を譲り受け、
会社を大きくしちゃうワーカホリック女性。
つまり、「男より仕事」を選ぶような、ある種クールで、
むしろ男から見たら、可愛げない役柄になってます。

誘惑人物相関図
※主役の4名、クォン・サンウ(권상우、權相佑, 1976年8月5日生)、
チェ・ジウ(최지우、崔志宇、1975年6月11日生)、
イ・ジョンジン(이정진、李廷鎭、1978年5月25日生)、
パク・ハソン(박하선、朴河宣、1987年10月22日生)に絞って、人物相関図を作成してみました。


ドラマの大雑把な流れをご説明しちゃうと・・・

人生の危機に追いやられた一人の男(クォン・サンウ扮)が、
かつて、自分を入社試験で落とした冷酷な財閥2世(チェ・ジウ扮)から
思いもがけない魅惑の提案を受け、取り返しのつかない選択をしてしまう。
そして、クォン・サンウの妻(パク・ハソン扮)と
チェ・ジウの昔の交際相手(イ・ジョンジン扮)も加わり、
4人の男女がどんな関係になっていくのか?
ついつい気になってしまうようなドラマになってます。


※第1話OA前のティーザー予告編

(Na.:チェ・ジウ)
子供時代、海へ遊びに行けば、子供たちは砂の城を作って遊びました。
大波が押し寄せれば、全部壊れてしまうのに・・・
何のために作ったのだろうか?バカみたいだと思ったものです。
あなたたち2人(クォン・サンウ&パク・ハソン夫婦)が積み上げてきた「愛」。
それがどれだけ脆い「砂の城」なのか、試してみたかったんですね。
ワタシ、あなたたち2人にとって、
(砂の城を破壊するような)「波」になりたかったんです。


主役4名の番宣インタビュー(原語)あるのですが、コレ、オモロイです。
↑ ↑ ↑
ここをクリック!

これ見てわかった新たな発見は、
チェ・ジウ&クォン・サンウは「天国の階段」つながりでしたが、
クォン・サンウとイ・ジョンジンは映画「マルジュクゴリ残酷史」で共演済みだった点。
この時は、イ・ジョンジンはクォン・サンウの好きな女性を奪う役柄でしたが、
今回はいかに?



☆第1話前半のあらすじ

ドラマは4人の男女が偶然、香港行きの飛行機に同乗するところから始まります。
香港行きの目的はそれぞれ異なります。

Baidu IME_2014-7-20_2-25-25

チェ・ジウは香港のホテルを買収するために。
香港出張前、友人の医師から早発閉経と診断され、
おまけに、腫瘍も見つかり子宮の切除を勧められ、気分は多少、落ち込んだ状態。

Baidu IME_2014-7-20_2-33-50

クォン・サンウと妻のパク・ハソンは、クォン・サンウと共同で会社を経営する
大学の先輩から1億円相当の資金を持ち逃げされ、債権者から責め立てられる。
パク・ハソンは実家を担保にして借りた資金も含まれるため、かなり焦っている。
先輩からの連絡で香港にいることが判明し、資金を受け取りに夫婦で香港へ向かう。

Baidu IME_2014-7-20_2-36-25

イ・ジョンジンは、親の会社を譲り受けるため政略結婚するが、
生まれてくる子供は女の子ばかり。
後継者としての男児を産めなくて、イライラが募る妻と
同じくイライラする母親との板挟み状態に辟易し、
昔の恋人がいる香港へ出張と偽って逃亡。


第2話までに登場した脇役陣で目を引いたのは・・・

Baidu IME_2014-7-20_2-48-22

個人的には刑事役の印象が強いチュ・ジンモ(주진모、朱鎭模、1958年2月26日生)さん、
今回は、会社のお抱え弁護士役です。

Baidu IME_2014-7-20_2-45-59

パク・ハソン父親役のチェ・イルファ(최일화、崔一和、1959年生)さん

Baidu IME_2014-7-20_2-46-13

パク・ハソン弟役のイ・ジョンシン(이정신、李正信、CNBLUE、1991年9月15日生)君


あと、香港ロケでのカメオ出演で、イ・ジョンジンとのキスシーンを披露したのは・・・

Baidu IME_2014-7-20_2-56-4

フェイ(페이、Fei、miss Aメンバー、本名: 王霏霏、1987年4月27日生、中国海南省出身)


このドラマを見ていると、なんやかんや言っても、やっぱり
いろんな場面で、「天国の階段」を想起させるんだよな~

Baidu IME_2014-7-20_3-3-25

このシーンなんて、回転木馬が自転車に差し替わっただけみたいな・・・

Baidu IME_2014-7-20_3-5-37
Baidu IME_2014-7-20_3-5-51

濃厚なキスシーンとか・・・

Baidu IME_2014-7-20_3-53-24

クォン・サンウ「泣きの演技」だったり・・・

Baidu IME_2014-7-20_3-8-11

同じくクォン・サンウのお決まり「入浴シーン」とか・・・

これは、全然思ってもみなかった予期せぬシーンだったのですけど・・・

Baidu IME_2014-7-20_3-10-31

チェ・ジウのサービスカットまで用意されてます。


脚本は、1999年SBS「カイスト」、2007年MBC「犬とオオカミの時間」、
2010年MBC「ロードナンバーワン」、2012年MBC「ドクターJIN」を書いた
男性作家のハン・ジフン氏。

僕にとっては、嫌いなタイプの作家さんではないので、
一応、このドラマも最後まで付き合おうかなとは考えています。
まっ、脚本家ウンヌン以前に、かつて「天国の階段」で韓ドラにハマった方々には、
是非とも、ご覧いただきたいです。

最後に不満を一言。

このドラマ、配役はうまくいってる方だと思うのですが、
唯一のキャスティングミスはクォン・サンウの妻役パク・ハソン。
警官役だろうが、OL役だろうが、王妃役だろうが、
何の役をやっても演技が同じ。これはイタイです。



おまけ

1話2話共にエンディングで流れる曲が無条件にGOOD。
だって、歌っているのが僕の大好きなパク・チョンヒョン(박정현 、朴正炫)、
英語名リナ・パク(리나 박、Lena Park、1976年3月23日生)だから。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑     ↑↑↑    ↑↑↑    ↑↑↑   
여러분~잘 보셨죠~(((o(*゚▽゚*)o)))(((o(*゚▽゚*)o)))
「よくできました~!」と思った方、上のマークをクリックして頂ければ、
감사하게 생각하겠습니당~.【感謝感謝で~す!】