ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 2015年韓ドラ新作情報

韓ドラ新作情報♪JTBC社会派ドラマ「ソンゴッ[송곳]」はtvN「未生[ミセン]」を越えられるか?

TEXT BY オルラッタネリョッタ!





ART151014122407.jpg


先月24日からOAが始まったばかりのJTBC週末特別企画ドラマ「ソンゴッ[송곳]」。
OA前からすでに大注目されていたその訳は、
原作であるWEB漫画が昨年の大ヒットtvNドラマ「未生[ミセン]」の原作漫画と
韓国では人気を二分するほどの作品だから。
「未生」がいわゆる‘ホワイトカラー’を主人公にしたものとすれば、
この「ソンゴッ」は‘ブルーカラー’に近い人々に焦点を当てたドラマと言えます。
しかも、韓国のニュース映像でよく見る労働争議に関連した内容なので、
パッと見、重くて暗い内容を想像するので、
チョット見るのに気が重くなりましたが、
第1話から‘ツカミ’はOK。


内容をざっくり言ってしまえば、
陸軍士官学校を卒業後、将校を勤めた男イ・スイン(智鉉寓[チ・ヒョヌ]扮)が、
あることから軍上層部と対立し、5年で軍を退役します。
その後、大型スーパーにキャリアとして入社するのですが、
ある日突然、上司からフランス人店長からの業務命令として、
「販売社員全員のクビキリ」を命じられるも、「不法な業務はできない」と抵抗。
部下のため、労働組合を組織して会社と闘いつつ、
人間としての成長過程を描くドラマなんだと思います。


201510242213331114_1.jpg



“지금있는 판매사원들 수단 방법 가리지 말고 전부 내보내세요.”

今現在働く販売社員、手段・方法を選ばずに、全員クビにしなさい。

第1話のワンシーン。
フランス系大型スーパー「フルミマート」のチョン部長(キム・ヒウォン扮)が
青果売り場担当のイ・スイン課長(チ・ヒョヌ扮)に対して、
部下全員の(不当)解雇を命じたことが全ての始まり。

※部長役のキム・ヒウォン、ドラマ「未生」にも登場しましたが、今回もかなりの適役で、
現場の叩き上げから這い上がった部長役。(よって外資系なのに語学力ゼロ)
一方のチ・ヒョヌは本社から派遣されたキャリア採用組&英語バリバリの課長役。
両者の演技対決だけでもかなり見所あります、あります。


フランス系のスーパーって言ったら2006年に韓国から撤退した
大型スーパー「カルフール」がドラマのモデルでしょ!と思い調べて見たら、
主人公イ・スインにはやはり、実在のモデルがいました。

177598_51563_489.jpg

この方が、「カルフール」の課長として、2003年当時、部下の不当解雇を阻止するべく、
労働組合を組織し、伝説の「カルフール70日間ストライキ」を敢行。
実質、会社との戦いに勝利し、カルフールの韓国からの撤退への契機となった
張本人であるキム・ギョンウク氏。
風貌はドラマの設定通り、軍隊の元指揮官って感じが残っていますね。
そして、自身の不当解雇ではなく、部下の不当解雇を阻止しようと
労働組合を組織化した点が、今の時代からしたらファンタジーなのかな?


「部下をクビにしなければ、今度は自分の番。」
こんなある種、社会的不条理をテーマにしたドラマを制作するのが、
労働組合を持たない(作らせない?)サムソン家と姻戚関係にある
中央日報系の放送局「JTBC」というところも面白いです。
このようなドラマがJTBCでOAされていることについては、
「罪滅ぼし&企業イメージ向上が目的」なんて陰口を叩かれていますが、
放送決定に至るまでの過程にも、
局内で紆余曲折・賛否両論があったことが想像でき、
このドラマの成否は、JTBC局内の本気度にかかっていると言えそうです。


177598_51564_4847.jpg

また、監督はKBSのバラエティー畑出身で、JTBCに2011年移籍、
現在は制作企画局長を務めるキム・ソギュン氏。
キャスティングに関しては、
原作漫画のキャラクターとのシンクロ率と演技力を最大限考慮して、
役者を選んだと語っており、
また、韓国的な注目点は、Super Juniorのイェソンが鮮魚売り場の主任役として
演技初挑戦ということになってます。

cast4_big.jpg


因みにタイトルのソンゴッ[송곳]、英語にしたら「awl」や「drill」。
日本語でしたら、「穴を開ける道具」の総称で、
「尖ったヤツ」「鋭いヤツ」みたいなニュアンスで使っていると思います。


※放送前の予告編です。役者を一切登場させないところに制作陣の意気込みを感じます。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^



「財閥系シリーズ」ファン必見!SBSドラマ「풍문으로 들었소(プンムヌロ トゥロッソ、風の噂で聞いたのさ、I Heard It Through the Grapevine)」で韓国財閥系生活を覗き見しちゃいましょ♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



久々にオモロイ韓ドラが現在OAされています。
それが今回ご紹介のSBS月・火ドラマ
「풍문으로 들었소(プンムヌロ トゥロッソ、風の噂で聞いたのさ、
I Heard It Through the Grapevine)全30話予定」

Baidu IME_2015-4-26_20-20-36

僕、3話まで見てみましたが、内容をザックリ言うと、
上流階級と庶民階層をうまく対比させながら、
今の韓国の格差問題を皮肉ったコメディードラマなので、
釜山で買ってきたさきイカをツマミに
ビールでも飲みながら気楽に見るのに丁度いいっス。

パッと見、市原悦子主演、土曜ワイド劇場「家政婦は見た」シリーズを彷彿とさせ、
今後の展開がとっても楽しみな内容になっています。

加えてOAのタイミングも絶妙っス。
大韓航空「ナッツリターン」騒動後というタイミングに、このドラマを見ることで、
財閥系を含む大韓民国上位1%の上流階級の人間らが、
表向きにはどんなに上品ぶったところで、
「やってることはとてもエグくてお下品」ということを
いろんなエピソードを交えて、これからドラマ内で
ドシドシ表現してくれるのでは?と、期待大。

流石、あからさまに今のタイミングで財閥系を話の軸に持ってくると、露骨すぎるのか?
今回のドラマでは、代々韓国法曹界を牛耳ってきた一族のおバカ話という設定に・・・

ドラマのタイトルを見てぱっと浮かんだのが、僕の大好きな曲で、
バンド「張基河(チャン・ギハ)とオルグルドゥル(仲間の面々)」のリメーク曲、
「풍문으로 들었소(プンムヌロ トゥロッソ)」


案の定、この曲がドラマのエンディングに流され、おバカ話と見事にマッチ。
番組で使用されているのは、1981年に発表の함중아와 양키스[ハム・ジュンアとYANKEES] による原曲


第1&2話のストーリー・・・

韓国NO1法律事務所代表の1人息子で
ソウル大へ毎年50名以上輩出する外国語高校に通うハン・インサンと
典型的な庶民の家に生まれ、
ソウル市内の大学への進学率が3%に過ぎない一般女子高に通う女子高生ソ・ボムが、
英語討論大会を通じて知り合うことから物語はスタート。

Baidu IME_2015-4-26_13-52-22
ソ・ボム役で子役出身女優の고아성(コ・アソン[高我星]1992年8月10日生、左)、
ハン・インサン役には、男性グループ엠블랙(MBLAQ)のメンバーでボーカルの
이준([イジュン]、本名 : 이창선 (Lee Chang-Sun)、1988年2月7日生)

2人はやがて愛し合うようになり、ソ・ボムに速度違反の妊娠が発覚。
ソ・ボムは学校にバレる前に高校を中退し、
ハン・インサンに妊娠の事実を伝えることなく、彼の前から姿を消し、
一人で子供を育てることを決意。

一方、ハン・インサンは自分の前から唐突に姿を消したソ・ボムに会いたい一心で、
オヤジの秘書を使って、彼女の居場所を突き止め、妊娠の事実をようやく知ることに。

その場で、ソ・ボムの父親に責められたハン・インサンは
「責任とって結婚します。今すぐ、娘さんを僕の実家に連れて、
二人の仲を認めてもらいます」と宣言。

Img0404_20150403100846_6.jpg
父親のハン・ジョンホ役は、元々演劇・ミュージカル俳優の
유준상(ユ・ジュンサン[劉俊相]1969年11月28日生、左)、
母親チェ・ヨニ役には、유호정(ユ・ホジョン[柳好貞] 1969年1月24日生)

言葉通りにお腹の膨れたソ・ボムを連れて、実家で父母に事情説明するハン・インサンだが、
突如ソ・ボムが産気づいてしまい・・・


ハン・インサンの実家のキャラクター設定の方はと言えば、
ハン・インサンの父親、ハン・ジョンホは代々裁判官を勤めた家系出身で、
本人は韓国最大の法律事務所「韓松[ハンソン]」の代表弁護士。
子供の頃から金製のお箸・フォーク・スプーンで食事してきた超~ボンボン。
母親のチェ・ヨニは元司法長官の娘。

Img0404_20150318102023_1.jpg

夫婦の自宅の内部は、ハン・ジョンホのおばあちゃんがかつて生活していた伝統住居である
韓屋[ハノッ]を移築した異様な作りになっていて、彼らの俗物ぶりを強調したセット。

演出面では、撮影は外ロケがほぼ皆無で、主に室内での撮影ばかり。
照明はわざと落としめで、効果音はへんちくりんなものばかり。
ドラマ全体のトーンはどこか冷たく陰鬱だけど、なぜだか荘厳なイメージを醸しつつ、
そこで繰り広げられる上流階級の「俗物的おバカエピソード」を
面白おかしく浮き彫りにしていきます。
その他、人物のクローズアップをほとんど用いず、ワイドを多用することで、
視聴者に他人の家庭を覗き見る感覚にさせる演出。
僕の見たてでは、監督の意図はある程度成功しているように感じられました。


「問題は何でもカネで解決すればヨシ。
カネによる解決が無理ならお上品に脅迫。」

「自分一人ではスケジュール管理もできず、
やることなすこと、秘書のお膳立てが必要」

「基本、人に頭を下げて謝罪するのを嫌い、
自分の過ちも、何が過ちかさえも理解できない、理解しようとしない人種」

ナッツリターン騒動で僕ら日本人が感じた韓国財閥2・3世の実態を
想像させるエピソードが今後連発されれば、大満足ドラマになること必至。

Baidu IME_2015-4-26_14-11-19

視聴率も急激な下降トレンドを見せておらず、
直近のOA分で過去最高視聴率を記録していることからも
大化けする可能性を秘めたドラマと言えそう。

Img0404_20150324172845_5.jpg

ユ・ジュンサン、ユ・ホジョンのおバカ演技、
そして、コ・アソン&イジュンの若手演技もバッチシ。

Img0404_20150422103006_3.jpg

お手伝い&秘書&乳母&家庭教師役などの重要な脇役たちも
大学路[テハンノ]の演劇系ベテラン無名役者で固められ、
上流階級の生活がリアルに表現されているのはアッパレ!

ドラマの中盤まで見てみて、面白さが維持されていれば、
このドラマに関する続報をお届けしたいと存じます。


第一話予告編


出演者の初顔合わせ&台本読み合せ現場

Baidu IME_2015-4-26_13-32-26
Baidu IME_2015-4-26_13-32-57
Baidu IME_2015-4-26_13-33-18
出演者一覧


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^

賛否両論!韓国tvNドラマ「未生【미생:ミセン】」のパロディー「微生物【미생물:ミセンムル】(全2話)」♬

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



微生物ポスター

tvNドラマ「未生【미생:ミセン】」の
パロディードラマ「微生物【미생물:ミセンムル】」が今回のネタ。
第一話は正月、自宅でiPhone画面、
最終回の第二話は何と済州島のホテルの大画面で
本放送を見ることができて大ハッピーでした。


微生物出演者

パロディー版の出演陣、
基本的には、tvNのお笑いバラエティー出演者で構成。
主人公チャン・グレの設定では、
オリジでは「プロ棋士になれなかった男が商社マンに」という部分が、
パロディー版では、「芸能事務所の練習生だった主人公が
アイドルとしてデビューを果たせず、仕方なく商社へ入社する」という話に変わったのみ。
今回のストーリーは
「出社から、インターン社員によるプレゼンテーション試験の合格発表前まで」のシーンが描かれ、
大方、オリジ版の流れと同じと思って構いません。


ケーブルテレビ局tvNの芸能バラエティー局長が会議で発した
「未生のパロディー作ったらオモロイかも!」という鶴の一声で始まったこの企画。
演出は、僕の大好きな大人気tvNギャグバラエティー「SNLコリア」の
ディレクターさんが担当してます。


パロディー版チャン・グレ役には、
90年代、一世を風靡した6人組アイドルグループ
「ジェクスキス(97~2000年まで活動、通称:ジェッキ)」元メンバーのチャン・スウォン。



※昨年11月OAのチャン・スウォン出演ドラマ。ガールズデイのユラ嬢と共演
結婚前に二股かけられる男の役で、この中のセリフもパロディー版で使われてます

昨年、KBS2ドラマ「사랑과 전쟁【サラングァ チョンジェン:愛と戦争】」の出演で、
どのシーンでも「同じ顔&セリフ棒読み&ぎこちない動き」だったことから、
「ロボット演技の第一人者」と大絶賛?されて、今回のキャスティングとなった模様です。


Baidu IME_2015-1-14_18-40-57
※MBCのバラエティ番組で、ロボット演技をからかわれた際に使われたフリップ画面

こんな主役のキャスティング事情がわかった上でドラマを見ると、
より楽しんで鑑賞できると思います。


さっそく本筋に入りますが、
第一話のオープニングで登場するは、
世界遺産にも選ばれたヨルダンのペトラ遺跡

Baidu IME_2015-1-14_15-10-52

ここまではオリジと全く同じ映像なのですが、
この場面、フェイドアウトしてから次の場面でアレッ?

Baidu IME_2015-1-14_15-17-0
Baidu IME_2015-1-14_21-34-17

オリジではヨルダンの首都アンマンでの追跡シーンだったのが、
パロディー版になると、道路案内がハングル表記。
どう見てもロケ地はソウルの梨泰院【イテウォン】っス。
オープニングの段階で僕的には、「つかみはOK!」ってな感じでした。

Baidu IME_2015-1-14_16-21-55

チャン・グレ、出社初日のシーン、
お母さん役が、tvNお抱えのお笑いさん(チョン・ミョンオク扮)でクスッ

Baidu IME_2015-1-14_16-25-56

パロディー版キム代理(イ・ジノ扮)の初登場シーン。
オリジ版の役者に合わせたヘアスタイルにクスッ

Baidu IME_2015-1-14_16-29-31

初日、チャン・グレがキム代理から外に連れ出されるシーンで、
「一体、あなたは何ができるの?」と聞かれ、
いきなり、ブレイクダンスを披露するチャン・グレにクスッ!
(オリジと同じロケ場所の屋上が雪化粧になってるのにもクスッ!)

Baidu IME_2015-1-14_13-55-54
Baidu IME_2015-1-14_13-56-5

英語の電話に対応できないチャン・グレが、
同期のアン・ヨンイ(チャン・ドヨン扮)に救いを求める場面では、
女子トイレにまで侵入するシーンでクスッ

Baidu IME_2015-1-14_19-28-12
Baidu IME_2015-1-14_16-49-18

チャン・グレの歌手練習生時代のダンスの師匠が、
昨年再結成したGODメンバーで基本アメリカ在住の
パク・チュニョン【박준형、朴俊炯、1969年7月20日生】でビックリ

20141231_1420010105_39315900_1_99_20141231161810.jpg

オリジ版でも印象に残ったシーンでしたが、
渋滞にハマったオ次長のピンチヒッターとして
チャン・グレが急遽出動した外国人バイヤー・ヘンリーとのホテルミーティング。
パロディー版でもそのヘンリ-が出演してたのでクスッ


同様、オリジ版に出演し、パロディー版にも友情出演したのは
以下の代理役の3人。

Baidu IME_2015-1-14_16-46-8

チャン・グレ同期、アン・ヨンイの天敵だった資源2チームのハ代理(チョン・ソッコ扮)
パロディー版ではおせっかいなほどアン・ヨンイに対していい人に変貌・・・

Baidu IME_2015-1-14_16-46-18

チャン・ベッキの上司で、「내일 봅시다(ネイル ポプシダ~:あす会いましょう)」の名台詞を生んだ
鉄鋼チームのカン代理(オ・ミンソク扮)

Baidu IME_2015-1-14_17-15-19

優しいけど気が弱い性格をチャン・グレの言葉で克服した
IT営業チームのパク代理(チェ・グィハ扮)


細かいギャグ部分、
例えば、営業3チームのパク課長(セクハラ&横領)が
監査チームに連行されるシーンでは、
CJ系ケーブルテレビOCNの人気ドラマ
「나쁜 녀석들【ナップンニョソクトゥル:悪い奴ら】」を
見てないとちっとも笑えないし・・・、
実際2009年に中古車販売店からベンツを盗んだ容疑で捕まったことのあるお笑い芸人が、
劇中「ヨルダンへの中古車輸出事業」の絡みで、自動車ディーラー役を演じているなど、
韓国に住む韓国人でないと笑えないポイントがいくつも散見されたので、
今回は「放置プレー」にしようかと、正直チト悩んだのですが、
第二話ラストシーンでの、オ次長が発するチャン・グレへのセリフを聞いて、
大爆笑させてもらったので、当ブログでご紹介することに致しました~

Baidu IME_2015-1-14_17-57-29

이 세상 모든 생명체들 역시 미생물들이 진화해서 만들어진거야.
イ セサン モドゥン センミョンチェドゥル ヨクシ ミセンムルドゥリ チヌァヘソ 
マンドゥロジンゴヤ~

この世の全ての生命体もまた、微生物が進化して作られたものなんだ

우리 아직 다 미생물이야.
ウリ アジク タ~ ミセンムリヤ~

我々みんな、まだ「微生物」に過ぎないのだ


ネット上では、間接広告のオンパレードだとか、批判もされてるようですが、
所詮パロディードラマなんだから、目くじら立てなくていいのでは?
オリジナルドラマ「未生」を全編鑑賞され、
パロディーだと割り切ってこのドラマをご覧いただければ、
クスクス程度にそこそこ楽しめる単発ドラマだと思いました~。
最近僕の好きなシットコム(シチュエーションコメディー)分野のOA少ないですし・・・


※第一話予告編


※第二話予告編




おまけ


今回の済州島&釜山の旅で大後悔が一つ。
済州島の最終日で寄った「5日市場」を散策中、
ドラマ「未生」に出演した主役オ次長とは同期入社で
隣の席に座っていた営業2チームのコ課長役を演じた
演劇俳優のリュ・テホさんに遭遇。

2014120119160415910_1.jpg
※写真は韓国マネートゥデー紙より

僕、「コ課長~」と大声で叫びそうになりましたが、
奥さんらしき女性と買い物袋を下げて歩いていたので、
写真撮影と声掛けは自制&断念。
念のため調べて見たら、
この俳優さん、昨年12月に子供の教育環境を変えるため
ソウルから済州島
(イ・ヒョリ夫妻の別荘と同じ애월읍Aewol-eup涯月邑)に家族で移住したという
インタビュー記事を発見。
ですので、僕の見間違えではなかったと思います。
変な理性が働いてしまい、あー、悔しい~。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

※現在、ブログランキングには参加していないそうです