ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2010年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年04月
ARCHIVE ≫ 2010年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

奥様は、日本食で武装するテロリスト???

去年のゴールデンウィークは、ソウルへの出発日が近く、
部屋の片付けと荷造りで寝不足の毎日。

必要最低限の荷物は船便で送り、日本に置いていく荷物は
世田谷のつれあいの実家に預けました。
5月6日、重いスーツケースとカバンを持って羽田空港へ。

カウンターで荷物の計量をすると、やっぱり重量オーバー。
スーツケースは制限の20キロをオーバーして、
5キロ分はサービスになり、それでも超過した分を支払いました。

そして検査場へ。

機内に持ち込もうとしたバッグは、要チェックになりました。
「開けてもらえますか?」と検査係り。
「はずかしいので、スミに行っていいですか?」と私。
検査係りと私は検査場のスミへ移動。
全部、ソウルのつれあいに運ぶ、日本食です。
何が問題なのかしら?液体は無いはず・・・。

「これですね」とマヨネーズが2本。キューピーはあきらめるか。
再度バッグを機械に通すと、また要チェック。
また、スミに移動してガサゴソ「これですね」とカレーマルシェ8箱。
カレーマルシェもあきらめるか。
再再度機械を通すも要チェック。スミに移動。
検査係りも何だろうと、一人が、二人がかりになりガサゴソ 捜索。
「これか~!」と練りわさびのチューブ1本。
ああ!ハウスのわさびも、あきらめないとT T

めんどうなのと、はずかしいので、全部見て欲しいのですが、
一つみつけると、その都度機械に通すので
トレイに、みつけたマヨネーズ、レトルトカレー、
練りわさびのチューブを1回1回のせて
検査の機械と検査場のスミを、私と検査係りは行ったり来たり。
もう一つのトレイには日本食の山がだんだん高くなります。
最後は炊き込みご飯の素4箱も、引っかかりました。
ゆず胡椒のビンもあったかな。

「どうされます?」
超過料金を支払えば受託荷物として預かるそうです。
『うん~捨てるか!支払うか!重かったのにどうしよう~』と考え
「お支払いします!」あきらめきれません・・・。
すると今度は、検査係りが私の日本食をトレイに全部乗せて、
「ついて来てください」とチェックインカウンターまでもどりました。
検査場に並ぶ人ごみをかき分け、混雑するチェックインカウンターへ。

『早くこの場から立ち去りたい・・・』制服の検査係りと歩く私。

再度計量すると、先程の超過分の支払った重量分に収まり
追加料金はありませんでした。
「始めから機内預けにしたら良かったんじゃない?」
なんて言わないでください。
まだ他にも鰹節、昆布など乾物などなど。パソコンもあったし。
荷物の超過料金は高いのです。

マヨネーズもレトルトカレーも練りわさびも
炊き込みご飯の素も、全部これらは液体あつかいです。
機内持ち込みはできません。

しかし日本食で武装したテロリストが世界にいるのでしょうか?
私は世界が平和になり、安心して日本食を
機内持ち込みに出来る日が来ることを願います!


カレーマルシェは私の好物


あきらめきれなかったカレーマルシェ。
今日の昼ご飯に、最後の2つをつれあいと食べました。

羽田空港の検査場を思い出してしまいます^^