FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2010年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年05月
ARCHIVE ≫ 2010年05月

釜山からソウルへ「ビール飲もう」「またチキンですか」

2010年春 釜山の旅の食事は、ケンタッキー
フライドチキンのハンバーガーから始まりました。
〆はソウルでチキンとビールです。

ところで、つれあいは早めにソウルに戻って、
やることがあったはず。
「用事は?」「月曜日の朝にする」「はあ~」
それだったら、私はもう少し釜山に居たかった。
彼の予定は前ぶれも無く、変更になります。
いちいち気にしてたら精神衛生上、良くないので
大学路の、いつものお店に、ソウル駅から直行しました。

ビアオークは、バスの車窓からみつけた店。

つれあいがバスが好きなので、電車で行けるエリアも
よ~くバスを利用します。タクシーは極上の贅沢です。
私が嫌がっても、城北区から江南エリアまでバスで移動。
お蔭様で、ソウルの街の地図が、点から点だったのが
面で把握できるようになりました。

もう1つバスに乗ると、美味しそうな店が、みつかります。
いつも乗るバスは限られるので、同じ通りを定期的に走ります。
すると「あの店なんだろうね?」「今日も客が入っている」と
観察の結果「ちょっと寄ってみるか」と近くのバス停で降車。
バスだったら運転手さんに気を使わずに
降りたいバス停で、すぐ降りられるのもいいですね。

ビアオークは大学路のロータリーの近く、ずらりと並んだ
数軒あるチキン屋さんの1つで、人気店です。



ソウルの人は、屋外で肉を焼いたり、酒を飲んだりが好きですね。
この日も4月にしては気温が高く、
空気が乾いてテラスの席が気持ちいい天気。

東京の表参道だったら絶対に、私はテラスの席には座りません。
歩道から見えるテラスに座るお客は、店にとって見栄えのいい客。
つまり、西洋人やモデル、トレンドの服を着た業界人の指定席です。
ソウルは違います!
店の外のテーブルで昼間から、焼酎がぶ飲みのおじさんは普通です。
私たちも遠慮なく夕方早い時間から、テラスの席でビールがぶ飲み。

P1030151.jpg

ビアオークの漢方チキン(ハンバントンタックイ)です。
鶏のお腹に、もち米、にんにく、なつめ、栗、高麗人参、
銀杏を詰めて、ゆっくりクヌギの木で焼き上げた料理。
参鶏湯の鶏をオーブンでローストした料理とも言えます。

P1030164.jpg

この焼き担当のおじさんの手元に注目。

韓国の人の、はさみ使いには、いつも感心しますが
とり皮をはさみの先でつついて、皮が破裂しないようにしています。
西洋人のバーベキューに、はさみの発想はありません。
鶏をぐるぐる回転させて、さらに上段、中段、下段と入れ替え。
脂が下に下に落ちて、燃えているクヌギの木に落ち、煙も上がり
バチバチローストされ皮はカリカリ、もち米は漢方のエキスを吸い
しっとり、もちもちに。

おじさんも、すっかり脂が抜けて、すっきりスリムです。
そうとうオーブンの前は熱い様子、夏はおじさん首にタオルを巻いて
巨大扇風機の前で汗をぬぐっていました。

P1030147.jpg

チキン屋のお決まりのつけあわせ。
キャベツの千切りにオーロラソース。
甘酢に漬けた韓国式ピクルスなど。

P1030145.jpg

大学路のロータリー側から
つまりバスの車窓から見えるお店の外観。

開店したすぐで、テラス席は私たちだけでしたが、このあと
暑い日曜日のせいか、隣も、その隣も、私の後ろのテーブルも
この日は見栄えのいい西洋人で埋めつくされてしまいました。

釜山の旅、チキンで始まりチキンとビールで終わりです。



ビアオーク( 비어오크)
ソウル市鍾路区恵化洞141
TEL02-745-0087


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑村民にいれていただいて1週間になりました。