FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2010年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年06月
ARCHIVE ≫ 2010年06月

弾丸日帰り「江陵の旅」4 ドンドンジュとマッコリ~

砂時計公園の近くで、チョゲグイを満喫して、
私たちは、再び海岸を歩いて正東津駅前に戻りました。
少し時間があるので切符を買って、駅前の土産店の店先で
地元のマッコリを飲むことに~。



だいたい日本も韓国も、田舎の観光地は
妖しいお土産が売っています。
私たちは、この瓶の前に座りました。薬酒です。
見ているだけで効いてきそう~~~。
何に効能効果があるかは、想像してください。

P1050310.jpg

おばさんに「ドンドンジュちょうだい!」と言うと
キムチを添えて出してくれました。
つまみもありましたが、時間が無いのでドンドンジュだけ。
少しオレンジがかったドンドンジュ。とうもろこしの味がします。

P1050319.jpg

世界で1番海に近い駅を背景に1枚写真をカシャッ!

商品名:オクスス(とうもろこし)生ドンドンジュ
 会社:江原酒造 TEL033-746-3006
 成分:米(輸入産)70%小麦(輸入産)20%
     とうもろこし澱粉糖(国産)10%

と、ボトルに書いてあります。
いや~とうもろこしのドンドンジュは初めてです。
甘さはひかえめで、生の清涼感があり美味しくいただきました^^

P1050303.jpg

こちらは先程の、東海岸刺身家で飲んだ生マッコリ。
美味しかったので、ご紹介します。
それにしても、日本も韓国も電線が・・・何とかなりませんかね~。

商品名:ウリサルマッコリ
 会社:商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ)
 成分:白米国内産100%

と、ボトルに書いてあります。
商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ?聞いたことある!って方は
かなりの韓国の伝統酒、分かっている方と思います。
ソウルのデパート、マートでも、この会社の酒はよ~く売っていますね。
会社のホームページを見ると「ああ見たことある!」と分かります。
会社のある抱川は水の美味しい場所で知られ、マッコリが有名。

サル(米)マッコリは普通に飲めますが、国産の米を原料にしている
マッコリは、ちょっと記憶にありません。珍しいです。

この会社、ソウルに直営店があります。
そこでは、美味しい生伝統酒と料理が楽しめるようです。
実は、市庁前にあるファイナンスセンタービルの地下にあるこの店、
私は行きたい店リストに入れていましたが、ちょっと高い。
どうなんでしょうかね~?いまだに検討中。
「ペサンミョン酒家」で検索すると直営店がみつかります。

商冕酒家(ペ・サンミョンジュガ)のホームページはココ

P1050275.jpg

このマッコリは、この写真はトラックなんですが、
駅前の土産店で買って、ソウルに持ち帰りました。
写真を撮る前にボトルをつぶしたので、こんな写真です。

しかも私は飲んでいません!
私が寝ている間に、つれあいが1人で飲んでしまっていました。
「美味しかった?」と聞くと
「すごいサッパリしてたよ~!米にしては軽かった」と
サッパリと答えました。私は飲んでいません!寝ていました。

商品名:生マッコリ
 会社:SAIMDANG(サイムダン) TEL033-746-3006
 成分:白米100%

と飲み干したボトルに書いてあります。

P1050323.jpg

オクスス生ドンドンジュを1本飲んだらいい時間。
17:13発のムグンファ号に乗車して江陵駅まで戻ります。
再び15分だけの鉄道の旅。気が張りますね~^^

ところで、何て書いてあるのでしょうか・・・。
「景服宮(光化門)真東側」
ここに来て知りました。正東津の名前の由来なんですね。
つまりソウルの古宮、景福宮の光化門のちょうど真東の国土の先が
ここ正東津駅だったんです!なるほど~。
光化門に立ったら、磁石を持って東を指す方角に
世界で1番海に近い駅があります。

江陵駅に戻り、19:00のバスに、もう少し時間があります。
「江原道と云ったら~?」「蕎麦だ」「蕎麦食い行くぞう~!」
観光案内所で貰っといたガイドを参考に、タクシーに飛び乗りました。
美味しい蕎麦の店はどこだろ?

つづく・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑今日は朝から雨が降っています。もしかして梅雨?に入ったかな。
 ブログランキング参加しています。