FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2010年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月

東大門のヌティナム韓牛ハンバーグはピカイチ☆モノホンの穴場☆

初めての韓国旅行は2001年。その頃の隣人が、たまたま韓国人。
影響が大きかったですね。彼女が、私たちの韓国への扉でした。

新宿のウチの隣りが韓国人、その隣りは、ゲイのカップルが暮らしていました。
つまりウチ、韓国人、ゲイのカップル(パートナーがよくチェンジ)の3世帯。
ゲイのカップルの痴話喧嘩も、大変でしたが、キムさんとゲイの男性?の
相性が悪く、深夜大喧嘩して興奮したキムさんが、ウチに来るのには困りました。
ウチは韓国人のキムさんとも、ゲイの方とも仲良くしていました。

キムさんが保証人になった韓国人がドロン。廊下に誰か知らない人が立っていると
不思議に思っていたら、借金取りが、廊下でキムさんを待っていたことも。
キムさん「ワタシ スメナイ ヒッコシ シタイ」と、私に訴えます。
私も同感でした。しかしそんな暮らしが続き、2001年キムさんの国へ行くことに!



あれから、どれだけの韓国料理を食べたのでしょうか。
私が写真を撮るようになったのは、ソウルに暮らしてからです。
なので記録もとってないし、店を思い出すのは、舌の記憶だけが頼りです。

1度食事して忘れてしまう店もあれば、何度も通う店もあります。
なんだろう~店との相性かな?ついつい行きたくなる店があります。
これはガイドブック、ネットの情報だけでは分かりません。
店に行って、情報とは違うぞ!と感じることも少なくありません。
そこが面白いのですが、この店もネットで検索した情報とは
少し印象の違う店でしたね。そしてついつい行きたくなる店になりました。

P1020476.jpg

東大門から歩いていける場所ですが、ここは静かな店です。
店内に入ると、店名になっている大きなヌティナム(ケヤキ)が、空にのびています。
天井はガラス張りなので、昼間は太陽の光が入って開放的な気分に。

P1060689.jpg

時間を変えて夜です。東大門あたりは、買い物客で、夜からが忙しい。
ちょっと見上げるとガラス張りの天井からビルのネオンが見え、
夜は夜で雰囲気のある店です。この店24時間営業。
遅い飛行機でソウルに入っても、美味しい料理が待っています。

P1020479.jpg

ソルロンタンの美味しい店を探していて、ここをみつけました。
牛骨のスープが、大きな釜で煮立っています。
ソルロンタンも美味しいですが、この店のトガニタンは贅沢で美味しい。
店の人に奥の部屋をすすめられても、私はこの釜の近くに座ります。
湯気が、もうもうと上がっている火の傍が、好きです。

子供の頃、九州の田舎のおばあさんのウチに行くと、釜戸がありました。
もちろん現役です。人が集まる盆暮れ正月、法事には大活躍していました。
私は薪の匂いが好きで、ごうごうと燃える薪を、ススだらけになって、
飽きずに見ていました。子供は火が好きです。離れられませんでした。
夏は暑いのですが、釜戸の近くに座ると、今でも心が落ち着きます。
そして釜戸の傍は、イイ~匂いもしてきます。燃料はガスですが・・・。

P1020473.jpg

トッカルビには期待しても「うん?韓国のハンバーグって、こんなもん?」と
裏切られることが多く、やっぱり帰国して、ハングリータイガーで食べよう~、
銀座のつばめグリルにしようかと、思うことが多かったですね。

この店は韓牛に、こだわった店です。試しにトッカルビを注文すると
「やった~トッカルビに、やっと会えた!」と、感激しました。
肉汁がジュワ~っと滴りますが、この脂が美味しい。さらっとしています。
薬味のニンニク、ネギの香りが良くて、肉のたたき加減もちょうどいい感じ。
韓牛のカルビの旨さが、上手にいかされたこの店のトッカルビは、忘れられません。
骨の回りの肉も、美味しいかったなあ。

P1020467.jpg

広蔵市場のピンデトッも美味しいですが、なかなかあの味に当たらない。
この店のピンデトッを食べた時「この味だ!探したよ~」と
隣人だったキムさんのお母さんが作ってくれた、ピンデトッの味を思い出しました。
長い間その味こそが、私の緑豆のチヂミの味でした。
キムさんは料理上手で、いつも韓国人が多く集まる部屋でした。
キムさんの料理は、やはり料理上手のお母さんの味を受け継いでいました。
この店のピンデトッを食べたら、キムさんのお母さんのピンデトッを思い出します。

P1060692.jpg

麹醇堂(ククスンダン)の新しいマッコリ。これ美味しい!
ソウルの飲食店は、長寿マッコリが圧倒的に多いですが、
たまに麹醇堂(ククスンダン)のマッコリも置いてありますね。
どちらも生マッコリは生きもの。製造してからの日数と、店の管理で
味が変わります。なので生マッコリについては、一概にどちらが
美味しいとは、私は断言できません。いつも味が違います。安定しない。

夕べ、マッコリが飲みたくなりました。困った・・・。

P1020468.jpg

これはサービスのソルロンタンのスープ。滋養豊かで美味しい。
スープを飲みながら酒を飲むのは、韓国では普通。

P1020466.jpg

九州の細ネギがネギだった私は、東京の白くて太いネギに最初は抵抗しました。
焼き飯には、ネギは使いません。玉ねぎでしたね。全般に玉ねぎをよく使いました。
チャーハンも、ネギか玉ねぎかで、味が変わります。
職場の関西人が、東京のネギは「不味い」とよく不満を言っていました。
隣人だったキムさんは、日本のネギは「オイシクナイ」と言っていました。
どこに美味しいネギがあるのでしょうか?
テンジャンチゲを作ると分かります。韓国料理には、やっぱり韓国のネギ。
ソルロンタンにも、韓国のネギをたっぷり入れたいです。
東京で食べるトンコツラーメンの美味しい店でも、私はネギに、いつも不満です。

P1020463.jpg

壷でドンと置かれる、白菜と大根のキムチ。食べ放題!
これだけでもマッコリがすすみます。ソルロンタンが美味しい店は、
キムチも美味しい。これは韓国料理の定説ですね。間違いない。

P1060705.jpg

この日はオーナーの夫人と、つれあいのおしゃべりが弾みました。
オーナー夫婦は元は牧場の経営もされていたそうです。
生産者だったんです。韓国の牛には、ちょっと詳しいらしい。
この店ソルロンタンだけ食べて帰るには、惜しい店です。
「水冷麺も食べて!」とすすめられるので、お願いしました。
量が少ないのは、1人分を2つに分けて持ってきてくれました。
韓国の店では、珍しいことです。なかなか美味しい水冷麺でした。

P1020461.jpg

お店の入口の黒板に、本日の仕入れ肉の原産国の一覧と、
その証明になる書類がクリップされて置いてあります。
最近のソウルでは、原材料の原産地表記を出しているお店は多いですが、
証明になる書類を見たのは、この店が初めてです。

P1060706.jpg

店を出ると、遅い時間にも関わらず、東大門のファッションビルでは
仕入れか、品出しか、分かりませんが、大忙しです。

いつ寝るんだろう?アジアの夜は元気です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
韓国に暮らした1年あまり、肌と髪のコンディションが良くなりました。
食事のおかげだと思います。帰国して骨付きの肉を食べる機会がありません。
韓国料理は、たしかに身体にいいと、つくづく感じています。

ヌティナム(느티나무)
ソウル市 中区新堂洞251-131
TEL02-2234-9713