FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2010年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月
      

≪ 前月 |  2010年08月  | 翌月 ≫

トラ!トラ!トラ!私の欲しい朝鮮民画はコレ♪

今年は庚寅年。次の庚寅の年は2070年です。私は何しているかな?
8月なのに干支の話?違います。昨日に続き、荷物の整理をしていたら、
トラ!トラ!トラ!が出て来て、暑い夏トラに癒されています。

韓国のトラは、私好みの顔です。ちょっとご紹介しますね~。



韓国のトラは、お茶目な顔をしています。

ソウルの広報館、青瓦台サランチェで買った絵葉書です。
ほとんどが、李明博大統領の広報と自慢の館ですが、
ミュージアムショップ、カフェもあり観光客がいっぱいの場所です。

P1070849.jpg

「朝鮮民画」をご存知でしょうか?

韓国の民画は、朝鮮王朝時代にまで、さかのぼります。
宮廷絵画や学者の絵画など、美術鑑賞の目的とは違い、
一般庶民の生活に根ざした絵画。
縁起物でもあったそうですが、家の壁の汚れをすっぽり隠す
装飾的な目的にも使われていたそうです。作者は不明、テーマも様々ですね。
自由な技法、デッサンもうん?と頭を傾げますが、自由な美的感覚が楽しい絵画です。
その芸術的価値を見出し、「朝鮮民画」という呼び方をしたのは、柳宋悦氏。
当時は誰も目をくれなかった絵画を、美術評論の対象に引き上げたのです。

日本にも多くのコレクターがいるそうですが、私には買えません。
韓国の美術館や博物館で、絵葉書をせっせと、コレクションしています。

P1070831.jpg

これは、木製のマグネット。
朝鮮民画の代表的なモチーフ까치 호랑이(カッチ ホランイ)です。
カッチはソウルでもよく見かけるカササギ、ホランイはトラですね。

P1070832.jpg

ユネスコ世界文化遺産に登録されている、泰陵のミュージアムショップで購入。
韓国のミュージアムショップは、今1つ残念なんですが、
これは、木の感じもいいし、イラストが現代風、よく出来ています。

P1070833.jpg

冷蔵庫にペタっと張ると、かわいい~です!

P1070835.jpg

今年の元旦、国立民族博物館で買ったメモ帳。
1人で行きました。つれあいは何してたんだろう?
元旦は、ソウルの街を1人で歩いていましたね。

P1070838.jpg

メモ帳はこんな感じです。使うのがもったいなくて観賞しています。
今年は寅年ということで、他にもトラグッズがいろいろありました。

P1070840.jpg

つれあいが、お世話になった高麗大学の校章は、トラです。
大学の売店に行くと、トラグッズが、いっぱい売っています。

これは、欲しくて買ったモノではありません。
修了の記念品ペンケースと、何かの賞で入賞した時に高麗大学から
進呈された品です。つれあいは負けず嫌い。モノが欲しいわけでは
ありませんが、よくがんばっていました。
ウチで中国人の女の子と3人で、寸劇の練習をしていましたね。
その時かな~?1位になったと聞いて、驚きました・・・。

P1070842.jpg

今年の2月に行った、平倉洞のギャラリーのパンフレットです。

平倉洞は、韓流ファンによく知られた高級住宅地ですね。
カナアートセンターの斜め前にある、PYUNGCHANG ART のオーナーに、
他に客がいなかったせいか?私たちが資産家と、うっかり見間違いされたか?
分かりませんが、別室に通して、ただ見るだけの日本人2人に、熱心に親切に
朝鮮民画の話を、多くの美術書を開いて解説していただきました。

その時オーナーが、ポスターといっしょにくださったギャラリーの
パンフレットです。朝鮮民画の購入予定のあるみなさん!
朝鮮民画のファニーなトラを、一緒に観賞しましょう~。
購入は、平倉洞のPYUNGCHANG ARTで、お願いしますね。

P1070846.jpg

志村けんの「アイ~ン」風?私は、小学校からの志村ファン。
これは絶対!「アイ~ン」って言っています。

P1070843.jpg

結膜炎?徹夜仕事?トラもお疲れになっています。

P1070848.jpg

ウチのつれあいも、お腹が空くと、こんな顔になります。
トラも、腹が減ると機嫌悪くなるのかな?

P1070847.jpg

ウソつくと、こんな顔していますね~。鼻の穴がふくらみます。

P1070845.jpg

私は、これが欲しい。

P1070841.jpg


朝鮮民画は、トラだけではありません。
他にもいろいろなモチーフがあり楽しいです。
仁寺洞には、古い朝鮮民画のレプリカが売っています。
しかしPYUNGCHANG ART で見たホンモノは違っていましたね。

荷物の整理をしていると、韓国に行って、
愉快なトラグッズを、探したくなりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
あれっ、日本のトラってどんな顔していたんだっけ?

PYUNGCHANG ART
ソウル市鐘路区平倉洞462-2