FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月

新大久保☆また会いたくなる社長がいる店☆焼肉韓国料理の「辛ちゃん」

昨日初めて会ったのに、またすぐに会いたくなる人が出来ました。

大満足

辛ちゃんのオーナー、金東俊(キム ドンジュン)さん。
(ブログの顔出しも、快く承諾していただいています!)

そして鼻の穴が大きくふくらんだ亭主も同じ気持ちでしょう~。
かなり楽しい~人懐っこい社長でしたね。
ところで新大久保には、チキン屋の「辛ちゃん」がありますが、
ここは焼肉韓国料理の「辛ちゃん」なのでお間違いなく。
チキン屋の「辛ちゃん」のオーナーも、いい人です。
「辛ちゃん」のオーナー社長は、どこもいい人なのかしら~。

P1120321.jpg

亭主が勤務する駐日韓国企業の、お取引先の社長さんが、この店の常連さん。
「韓国人が通う店」と聞いて、最近の新大久保には行きたがらない
亭主が興味を持ちました。その韓国人の社長さんも、かなりいい人らしい~。
「今度案内しますよ~」と誘われた翌日、私と来てしまいました。

P1120315.jpg

職安通りの赤札堂の並びの、明治通りに近い場所。
あの、韓国家庭料理「武橋洞」の奥の方にあります。
ここ新宿フラワーハイホームは、昭和の匂いがする一角ですね。

P1120331.jpg

遅い時間に来たにもかかわらず、店は満席でした。
蒸し暑い中、待っている気分にもなれず、新大久保を一周して、
「やっぱり気になる!」と、ここ「辛ちゃん」まで戻ってきました。

やっと外のテーブルが1つ空いたところ。10時過ぎだったでしょうか。

P1120322.jpg

亭主が注文したのは、テジカルビ2人前。
ついつい「モイセ」のテジカルビと比べてしまいますが、
もしかしたら「モイセ」より重量がありそうです。

P1120324.jpg

僕のお気に入りの店と、この店を紹介してくれた社長さんは、
サンマキムチチゲが好きらしい。一品料理も次回は食べてみよう。

満足

最近お疲れの亭主。パンチャンが6品並び
炭火で焼かれるテジカルビを前に、少しリラックス。

昨夜も蒸し暑くて、香港の裏道の店にいるような気分になります。
山の手育ちの亭主ですが、小汚い猥雑な匂いのする路地にいると
ホッと寛げる人。部屋着の短パンと韓国で買ったサンダルだし・・・。

P1120338.jpg

オーナーのキムさんは、ソウルの新沙の生まれ育ち。
「あっ先週、新沙の釜山チプでアグチム食べましたよ~」と話すと、
新沙が僕にとってどんな街だったかと、キムさんの話が弾みます。
そして両親は木浦の出身。またまた木浦の話で盛り上がり、
ず~っと前からの常連の客のように、接してくれました。

飲食店の魅力って、私は行き着くところ「人」だと最近つくづく思います。
肉を焼いてくれながら、店の人とおしゃべりする時間が好きですね~。

天順

彼はオーナーのキムさんのお友だち。昼は別のお仕事に忙しく、
平日は夜9時から、ここで働いています。いわゆるダブルワーク。

このスタッフもいい人でしたね~。
順天の出身です。順天に興味があれば、いろいろ教えてくれます。

テジカルビはモイセと比べると、ちょっと甘めの味付け。
パンチャンも比較的甘めのこってりした味付けでした。

P1120345.jpg

マッコリの回転が良くて、冷蔵庫で冷やすのが追いつきません。
氷水に浮かべて、冷やしてくれました。アルマナイトのヤカンだと、
これでマッコリが、かなり冷えます。
生マッコリの銘柄は、この店はククスンダンで1500円です。

オーナーが自ら料理を運び、接客をします。
マニュアル通りのサービスには物足りないアナタには、ぴったりの店。
また来なくっちゃ。ただ外テーブルは、夏は暑いぞー!

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


おまけ

P1120348.jpg

外テーブルは暑いですが、猫がゴロゴロ。
私はタマリマセン。最初から最後まで遊んでいました。

P1120341.jpg

聞けば、猫のひいばあさんの時代から、ここにいる猫らしい。
この仔たちは4代目かな?お客さんにエサをもらって、この通り。

P1120342.jpg

猫も暑いのか、冷たい床にゴロゴロゴロゴロ~。
踏まれそうで私は心配でした。




辛ちゃん
東京都新宿区大久保1-1-9
新宿フラワーハイホーム107号
TEL03-3232-3331
営業時間17時~翌3時まで