FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月

土用丑の日~ピリ辛のタットリタン作りました♪鶏は1羽使います!

土用丑の日、肉屋の前を通って思いついた!

「自分でタットリタンを作ろう~!」

ウナギは、稚魚の高騰で今年は高いので鶏。
理由は適当につけて、久しぶりにタットリタンを作ります。



「おじさん、ひな鶏は無いの?」「無いね」
「これは?」「若鶏」
「生後何日なの?」「う~ん30日から40日くらいだね」
「どこの鶏?」「群馬」
「1羽いくら?」「1200円くらいかな」

秤に乗せて計算すると、1.2キロ少しで1200円と少しでした。
「ぶつ切りにしてね~」「これくらい?」「うん!それくらい」

P1120562.jpg

ウチに帰ると直ぐに、着替えもせず鶏を寸胴鍋に投入!
モタモタしていたら、ぶつ切りした断面から、血が出て臭みが出ます。
そして、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。

隣人だった韓国人のキムさんから伝授した、レシピ帳を開いて
タットリタンの作り方の確認!

タットリタンって意外と簡単に出来ます。韓国の家庭料理ですから…。

P1120563.jpg

沸騰したらザルにあげて、1つ1つアクや血を取りながら、洗います。
料理に慣れた方は「ええっ!水から下ゆで?」とお思いかもですが、
隣人のキムさんは、水から沸騰させていました。
お湯からか?水からか?は、その人のやり方みたいですね。
そして洗っていました。脂の多いブロイラーは洗うみたいです。

タットリタンのポイントはだだ1つ。鶏は1羽丸ごと使うこと!
アジアの鍋料理に限らず、鶏は1羽全部使ったが美味しく出来ます。

P1120564.jpg

水を切った鶏のぶつ切りを、今度は浅い鍋に入れ、

コチュジャン大さじ山盛り2~3、コチュカル(韓国産粉唐辛子)を
大さじ2(辛さの好みで調整)、しょうゆ大さじ2~3、
そしてニンニクのすりおろし5片分と、生姜のしぼり汁を大さじ1くらい

以上を優しく肉に揉みこみ、30分くらい放置して馴染ませます。

P1120566.jpg

30分経過したら、先ずは肉から火にかけます。
かぶるくらいの水を加え、中火にかけ、煮立ったらアクを取り、
弱めの中火で10分煮込みます。

野菜の準備もしましょう~。

じゃがいも特大3個(中だったら4~5個)の皮をむき
半分に切ります。小さめのサイズだったら丸ごと。
玉ねぎ特大1個と半分(中だったら2個)をクシ切りに。
人参は、好みで1本くらい使ってもいいです。

鶏肉だけ10分くらい煮込んで、
少し鶏のスープが出たところに、後から、じゃがいもと玉ねぎを投入。
そして青唐辛子3本(これも好みで調整)斜めきりして投入。

夏は、粉唐辛子と青唐辛子の辛さのダブルがGood!

P1120574.jpg

だいたい20分くらい煮込んだところですね。味見します。

「うんまい!」骨付き肉から出汁が出て、コクがあって辛くて美味しい~。

これで4~6人分はあります。
味付けを薄めにして、汁気が無くなるまで煮込んでもいいですが、
亭主の帰宅に合わせて、2度3度温め直しをするので、
何回かに分けて食べる時は、汁気たっぷりが、あとあと都合がいいです。

この鶏の旨みたっぷりの汁ごと、ごはんにかけて食べても美味しいし、
残った汁にごはんをいれて、おじやにしても最高~です。

夏にタットリタン!元気が出る韓国ごはんです^^
そうだPさんも招待するかな…。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


レシピのメモを見たら、日付が2002.6.22(土)でした。
この日キムさんと一緒に作ったな~としみじみ。