FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月

韓国料理教室で参鶏湯を作る!あの秘密をやっと知ることが出来ました♪

今週、生まれて初めての韓国料理教室に行ってきました。

ちょっと考えてみましたが、料理教室からして私、人生で初めてです。
住宅街にある落ち着いたレンタルスペースの、お友だちのウチに
遊びに行ったようなレンタルキッチン。ステキな楽しい時間でした。

たまたま、きょん先生の「きょんの韓国キッチン」というブログを
見ていると、スープから取る、本格的な参鶏湯を教えてくださるとのこと。



ウチにある韓国料理本を見たり、ネットで検索しても
水から炊く参鶏湯のレシピはあっても、スープから取るレシピは
探せなかったので、これはいい~と受講することにしました。
韓国で食べる、濃厚なスープの参鶏湯の作り方が知りたいです。

そして、ひな鶏の足の組ませ方が分かって良かったです。

P1120644.jpg

大股おっぴろげ~でひな鶏がスープにつかっていても情緒がありません。
しっかりと鶏の足を組ませたいと思っていました。お店で参鶏湯を食べると、
タコ紐で結んだ形跡もないし、爪楊枝で閉じて外しているのか?と常々疑問。
それも教えていただこうと料理教室へ。

P1120605.jpg

きょん先生に了解を得て、ちょっとだけ公開。

先ず、ひな鶏を扱う料理を普段ウチでしないので、どこをどう持つのか、
どのあたりを念入りに洗うのか、初めての経験で面白かったです。

P1120607.jpg

あられもない姿のひな鶏ちゃん。なんか恥ずかしい~。
恥ずかしいけど、でんぐり返してお尻から詰めます。

まったくの、ひな鶏の初心者には、穴が首とお尻に2つあるので、
どちらがどちらの穴かも、よく分かりませんが、よ~く見て
こっちがお尻の穴か…と2/3くらいまでモチ米、ナツメ、栗、
高麗人参を詰め詰めしますが、詰め加減が最初は分かりません。

料理本には聞けませんが、先生に「このくらいですか?」と質問すると、
ひな鶏をトントンと揺さぶって「まだまだ入れてください」
そうか~トントンすると、まだまだモチ米が入るわ~。

先生に質問が出来るので、やっぱり料理教室っっていいかも~。

P1120609.jpg

韓国で食べるサムゲタンもタッカンマリも、鶏がプリッとした
もも肉をクロスさせていますよね~。あの姿がなんともセクシーチキン。

足を組ませます。お尻の皮をビロ~ンと伸ばして、
びっくりしましたが、これがけっこう伸びる伸びる。

皮を伸ばして、足を通すための穴を包丁で開けます。
大き過ぎず小さ過ぎず、加減のいい場所に2つ穴を開けます。

P1120611.jpg

穴に足をクロスさせて通しました~。ワタクシ生まれて初めての作業にしては
なかなかうまく、お尻の穴を足を組ませることで、塞ぐことが出来ました。
首の穴は、なつめと栗を最初に詰めて湯船の栓をするみたいにして塞ぎます。

韓国人にとっては、子供の頃から母親の手元を見ていれば
自然と覚えることでも、日本人主婦の私には感心することばかりです。

料理の本って、こういった細かいことがスッポリ抜けていること多々あります。
韓国人にとって常識でも、ひな鶏を滅多に扱うことのない、
平凡な日本人主婦には、いろいろときょん先生の教室は勉強になりました。

P1120613.jpg

少しだけ穴が開いていたので、念のため爪楊枝でブスっと刺し
小さな穴もこれで完全に塞いだ状態の、ひな鶏ちゃんです。

ちなみにこの姿が、うつぶせ。どちらが胸か背中なのかも、今回初めて意識。
今まで食べるだけで、あんまり考えてこともなかったです。

P1120616.jpg

きょん先生の、とっておきのレシピのスープで、
背中を上にして、グツグツ1時間くらい煮込みます。

その間に受講者のみなさんとおしゃべりをして、副菜も作って
午後の1時半からでしたが、3時間半は、あっという間でした。

料理教室って優雅だわ~。セレブなマダムになった気分です。
隣人だった韓国人のキムさんとは、四六時中いきなりの韓国料理教室が、
2人だけで始まりましたが、彼女はいつもスパルタ。
レシピは無し「目で見て味を見て覚えなさい」といい韓国料理の師匠でした。

P1120630.jpg

1時間くらい寸胴鍋で煮込んでから、仕上げに入ります。
トゥッペキにお腹を上にして、ひな鶏ちゃんに入ってもらい、
スープを加えネギと銀杏を入れて、沸騰させます。

グラグラグラ~!おおっ参鶏湯の出来上がりだ~!

P1120635.jpg

きょん先生が、ご自宅から五味子茶(オミジャチャ)を作ってきてくださり、
暑い夏に、酸味の効いた冷たい五味子茶が、とっても美味しかったです。

さあさあ、すべての料理が出来て配膳も出来ました~。

P1120640.jpg

試食です。

参鶏湯、厚揚げのジョリム、カムジャ(じゃがいも)ジョンの3品。
そして切干し大根のあえものは、キョン先生から。

きょんソンセンニム~ありがとうございました。
忘れない近いうちに、ウチでも参鶏湯作ってみます^^

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村