FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年08月
ARCHIVE ≫ 2011年08月

☆ピリ辛で美味しい韓流肉じゃが☆神宮の花火大会の夜に食べました☆☆☆

8月6日は恒例の「日刊スポーツ主催2011神宮外苑花火大会」でした。

亭主が韓国留学に行く前まで暮らしていたアパートも、
韓国から帰国して現在暮らしているマンションからも、
花火をバッチリ見ることが出来ます。タダです!1年に1回の楽しみ~。

隅田川花火大会や東京湾大華火祭と並んで、東京三大花火大会の1つらしいです。
1980年から始まったので、今年で31年目の花火大会になります。

神宮外苑花火大会は、打ち上げの前にゲスト歌手によるライブがあり、
そのリハーサルから、ステージの音が部屋まで届きます。
1年に1回の贅沢を、日刊スポーツさんにはさせていただいています~。



花火の写真を撮るのは難しい…。これが東京三大花火大会の花火?

P1120667.jpg

カメラは愛用のLUMIX、DMC-FX40です。花火モードで撮影してみました。
何度も試しましたが、シャッターチャンスが難しい…。

P1120662.jpg

花火の写真はこれくらいで…実際の花火はもっとキレイでした。

P1120651.jpg

そして我が家のゲストは、近所からサンダル履きで歩いて来た
亭主の会社の韓国人社員のPさん。足だけチラッと見えていますね。
千葉のリゾートホテルでワークショップの泊まり明け、東京にもどり、
自宅で少し休んで夕方から我が家で、花火大会の見物となりました。

枝つきで買ってきた枝豆は、湯がきたてで熱々です。
高野豆腐とインゲンの煮物は、前日から冷蔵庫で冷やしておき冷え冷え。
ナムルが2つとオイジのムチムと、切干し大根のピリ辛和え。
そしてPさんが好物と聞いたのでしめ鯖も用意。これくらいあれば
1つ2つくらい口に合わなくても、大丈夫かな~と思い
日韓とり混ぜてのパンチャンを並べてみました。

P1120654.jpg

我が家でPさんと一緒に食事をするのは、2回目になりますね~。
前回は、東京ディズニーシーに行った帰りでした。
骨付き鶏を丸ごと1羽使った、タットリタンを、お出ししました。
口に合うかな~?と心配しましたが、韓国人社員2人に好評~♪
わたくしタットリタンは、自信を持ってしまいました。
韓国人に仕込まれたタットリタンだったので、ちょっと自信はありましたが。
(ちょっと自慢…^^)

今回は韓流肉じゃがです。肉じゃがを、韓国風にアレンジした我が家の定番。
私もチャレンジャーです。韓国人が食べたら、どういった反応を見せるか
ちょっと見てみたかったのです^^

イタリアのナポリの人に、ナポリタンを食べていただくような気持ちです。

ちょっと不思議そうにして一口食べて「ごはんある?」
白いごはんと一緒に気持ちよく食べていただき、ホッとしました。
私も韓国人が作る和食を出されたら、喜んで食べてみたいですね~。

夏の夜、花火を見て食べて飲んで、日付が変わる時間までおしゃべり。
いろいろ韓国の人と話すと考え方に、イチイチ驚きます。
その話はまた、折々ブログでも少しずつご紹介しますね~。

P1120724.jpg

そして今日は、私のランチプレートになりました。残り物です…。

韓流肉じゃがの作り方

○材料4人分

切り落としの牛肉300グラム
スーパーで売っているオージービーフの100グラム100円位の肉。
脂身の少ない安いオージービーフで十分美味しく出来ます。

ジャガイモ大4つ
韓国のジャガイモは煮崩れませんが、日本の男爵イモは煮崩れてしまいます。
今回は静岡産の三方原馬鈴薯を使いました。4個で250円でした。
三方原馬鈴薯は、煮込んでも煮崩れないし、味も良くて
韓国料理に使うにも、大変重宝するジャガイモです。私のお気に入り~。

玉ねぎ中1個、あれば韓国産青唐辛子を2~3本。

○作り方

①鍋に牛肉を入れ、にんにくのすりおろし3片分(大さじ1くらい)と
 生姜の絞り汁を少々、コチュジャン大さじ山盛り1、韓国産コチュカルを
 大さじ1~(好みの辛さで調節)、砂糖小さじ1、
 酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、すりゴマ適当(大さじ1くらい)と
 ゴマ油を加え、牛肉に手でよく揉みこみ、しばらく放置します。

②牛肉に味が馴染む間に、ジャガイモの皮をむき、半分に切ります。
 玉ねぎはクシ型に切り、青唐辛子は斜めに切っておきます。

③だいたい洗い物もしていると、20~30分は経ちます。
 ①の肉をそのまま弱めの中火でいりつけ、肉の色が変わってきたところに
 玉ねぎ、ジャガイモの順でさらに炒めます。

④ジャガイモの角が、ツンツン出るくらいの水の量を鍋に加えます。
 強火で煮立たせアクを取り、砂糖大さじ1、酒大さじ1、しょうゆ大さじ2~3
 (塩分の好みは家庭によって違うので、これも調節してください)
 落しブタをして弱めの中火で(肉じゃがと同じ要領)15分位煮ます。

⑤1度味を見て、ここでもっと甘くしたり辛くしたりします。
 味が決まったら、なべ返しをして煮詰めて出来上がりです。

私は汁を多めに作って、翌日も食べたり、ごはんにかけたりします。
この日は青唐辛子がウチに切れていたので、使いませんでしたが、
辛さに深みがでるので、韓国産のコチュカルと青唐辛子は一緒に
使う方が美味しくできます。手に入りやすい、しし唐でも代用できますね。

とにかく家計に優しく、簡単で、韓国人も驚く韓流肉じゃがでした。
良かったら試してみてください。夏にピッタリのメニューです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックもお願いします^^