FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年12月
ARCHIVE ≫ 2011年12月

クムスポックク本店で食べる1970年釜山で開業~フグ料理の韓国老舗の味

2011年8月~慶尚南道5泊6日の旅 8月26日金曜日 その53

釜山の海雲台(ヘウンデ)の海を遊覧したあとは、
久しぶりにクムスポックク(금수복국)でフグを食べることにしました。



実は初めて釜山を訪れた2000年の初めの頃に、この店で
韓国式フグをいただいて、その味に感激した思い出があります。

P1130869.jpg

記憶をたよりに探したら、割りと簡単にみつかりました~。
釜山では超有名店ですから、街で配布している地図にも出ていますね。

入り口には日本語の看板。親日家かしらね~ただ日本人観光客が多いだけ?

P1130870.jpg

日本の郊外型の、ファミリーレストランのような作りの店。
店舗の内装も食器もソウルとは違い、日本に近い雰囲気がします。

故・朴 正煕(パク・チョンヒ)元大統領が愛した
老舗には間違いありませんが、どこかに書いてあるような、
高級店でもないように私は思います。感じ方は人それぞれですが…。

クムスポッククは釜山の店にしたら、お高いクラスかもしれませんが、
私たちが訪れた日も、普通の釜山市民が食事をしていましたよ~。

P1130873.jpg

パンチャンは6品。

初めに感想を書いてしまいますが、最初に釜山を訪れた時の印象は、
「安くて美味しい~」でしたが「適正価格で普通に美味しい~」と
8月に再訪して、なぜだろう~そんなふうに感じ方が変わりました。

また次回訪れることがあったら、感想は変わるかもしれませんが…。

クムスポッククには、フグ刺しもフグチリもありますが…
そういった日本料理は、多少高くても日本が美味しい~と思いますね。

どこかに書きましたが、
下関の春帆楼本店にかなう味は無いと、私は信じています。
春帆楼の、きりっとしたポン酢で食べるフグ刺しは旨い!です。

韓国で食べるなら、やはり韓国式で食べるフグ料理がいいかと思いますよ~。

P1130874.jpg

泡が少ない韓国の生ビールで乾杯。
泡はビールのフタの役目をするって、韓国の人知らないのかな~。
なんていつも思ってしまいます。

P1130877.jpg

ビールのつまみに、フグの唐揚げを頼んでみました。抹茶塩が添えてあります。
う~ん微妙~この味だったら、韓国式天ぷらティギムに料理した方がいいかな~。

P1130879.jpg

そしてコレコレ~クムスポッククに来たらコレを食べないとね~。

韓国の土鍋トゥッペギに、1人分盛られたフグのスープ、ポックク(복국)です。
トゥッペギに保温効果があるので、最後まで熱々でいただけます。
メウン辛いスープもありますが、フグの淡白な味を堪能するなら
辛くないスープを選んだ方がいいですね~。

P1130883.jpg

大胆にぶつ切りしたフグと韓国のセリ「ミナリ」の爽やかな香り。
フグとモヤシのお出汁が効いて熱々~、大満足でした~。

韓国のフグ料理が安いのは、フグの品種によりますね~。
日本でフグを食べるとなると、無条件で「トラフグ」ですが、
韓国では日本で食べない「サバフグ」や「シマフグ」も多く使われます。

韓国のフグ料理屋さんで普通に頼むと「サバフグ」が料理されて出てきます。
お店に「トラフグ」があれば、値段は高いですが、そちらを指定すれば
日本同様に「トラフグ」の味も、韓国で堪能できます。

が…ですね…やはり…韓国ならではの食べ方であれば…
「トラフグ」にコダワルこともないかと…私は思いますよ~。

巧みの技は、日本の職人さんの方が格段に上かと…思いますから…。

P1130875.jpg

フグの鍋15,000ウォン
フグの唐揚げ2,000ウォン
生ビールが2000ウォン

どうでしょうか~韓国の物価は上昇していますので…
こんなところでしょうかね~。

P1130886.jpg

創立41周年 クムスポックク(금수복국)

味と粋がある…心が残る(思い出になる)
夏の海のロマンと追憶をクムスポッククとともに


流行り廃りの激しい~韓国の飲食店において、
創立41年はスゴイことですね。

以前うかがった時は「日本人が来た~」とスタッフが慌てて
日本語が少し出来る、創業者の息子さん、といっても
だいぶお爺ちゃんが接客してくれたのを覚えています。

あの頃は、なんだか~もっとのんびりした店だったなあ~。

P1130888.jpg

今では、こんなにお店も増えて、ソウルの江南にも支店があります。
味は釜山本店と同じかしらね~と言いながら、まだ行ったことありません。

P1130887.jpg

クムスポックク本店 
1970年4月開業


創業者のおばあちゃん。
彼女がトゥッペギでいただく、韓国スタイルを作ったと言われています。
今では、ヨンジンお坊ちゃまが副会長を務める百貨店、
新世界にも出店したなんて、あの世で喜んでいるでしょうね~。

ここをクリックすると、まだまだ韓国情報がいっぱいです。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村