FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2011年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年01月

経済格差?いや卵格差を知る!夫の実家のすき焼事情~舅と長男と長男の嫁との初めての年末年始2011~2012

夫が二十歳の大学生だった1986年の11月から、日本はバブル時代へ。
初心で純粋だった青年は、バブルが弾ける1991年10月まで、
東京の街で、熱風熱狂のバブル時代と共に青春を過ごすことになります。

私もバブル景気の恩恵は、人並みに?享受しましたが、
夫と違い、地方出身者の一人暮らしの身の上です。
バブル時代は心底、実家に暮らす友人や同僚が羨ましかったですね~。
どんなに働いても経済格差は埋まらず、家賃を払いやりくりする毎日。

バブル時代夫は、バイト代を月に30万円は稼いでいたと言います。
それが全部、学生の小遣いになります。授業をサボって箱根の温泉へ。
すき焼食いに行こう~ぜ!と浅草今半へ。何が言いたいのか私は!

そうです。私は未だに今半のすき焼を食べたことがありませんが、
夫は学生時代からご学友たちと、今半のすき焼を頻繁に食べていたらしい。

今半牛肉

紀尾井町のニューオオタニで、ご学友とランチやお茶をしていた男です。
玄界灘でウニやアワビを捕獲して、食べていた女とは境遇が違います。

義父がお正月に「家ですき焼をしようや~」とおっしゃいましたが、
私は自信がない。牛肉は義父に見立てて購入していただくことに。
100グラム1500円前後の牛肉を、義母は買っていたそうです。

100グラム100円の特売のオージービーフを、
未だに喜んで食べている嫁です。『どんな肉よ?』想像がつきません。
年末に義父とデパートにお菓子を買いに行ったついでに、二人で下見。
世の中には100グラム1500円する牛肉が、存在していました…。

そして大晦日に義父が決断したのは、どういう理由か聞きませんでしたが、
100グラム700円前後の牛肉でした。約700グラムお買い上げ。
1人200グラムは食べるだろう~という、義父の計算。

そして私が卵を手にしたら「僕は6個は食べるから!」とおっしゃいます。
『何!卵を1人で6個使う???』身体に悪いのではないかしら!!!

たまご

私は老舗の高級店で、すき焼は食べ慣れてはいませんが、
関東風と関西風のすき焼の食べ方の区別は知っています。しかし…
はて?卵を1人6個も消費する食べ方があったのか大疑問。
大晦日の大混雑のスーパーに、長居はしたくありません。
卵6個入りパックを2つ、つまり12個買いました。そして野菜もね。

割り下をどうするのか?大晦日の大混雑のスーパーで家族協議になり、
「おかあさんは作っていた」と、義父は言いましたが、
「これでいいじゃないですか~お父さん」と、
人形町今半のすき焼の割り下の瓶を、カゴに入れる夫。
ああ~助かりました。浅草今半と人形町今半の違いは、またいつか。

義父も夫も舌が肥えています。お口に合う割り下が作れるか私は!
数日前から不安でしたが、私の負担を軽減してくれた夫に感謝。
今半割り下
いよいよお正月二日の夜、すき焼の準備と支度が整いました。
肉を前に、やけにテンションが上がっている義父と夫。なぜだろう~。

卵を入れる取り皿を出すと、二人揃って「小~さい!」
小鉢では小さいらしく中鉢を出すと、卵を2個も割り入れる二人。
「ええっ卵は最初から2個ですか?」
当然だ~と言わんばかりにカチャカチャと、卵を箸で溶く二人。
いよいよ、義父と夫の気持ちが高揚してきたことが感じ取れます。

夫は、今まで私の前で、こんな卵の使い方を見せたことがない。なぜ?

鍋奉行は、夫がお願いされてくれました。ああ~助かった。
夫は、買って来た今半の割り下だけでは甘いので、
酒を足したりしながら味の加減をして、焼いたり煮たり取り分けたり。
普段料理はしませんが、なかなかの鍋奉行ぶりでした。

最初から最後まで夫が牛肉を焼き、野菜や豆腐の火の通り具合もみてくれて、
私はラクチンで良かったですが…この人たち卵の消費する量がすごいわ…。
すき焼って、こんなに卵を食べるものなのかしらね…?

結局、義父が卵5個、夫が卵4個、私が1個で、残った卵が2個でした。

「腹いっぱいで食べ切れんな~」と、ご満悦の男二人。
1人200グラム予定していた牛肉は、1/5ほど残してしまいました。
『あの~それは…卵の食べ過ぎではないでしょうか…』
思っても口にしない方が良いこともあると、ここ数日で勉強しております。
余計なことは言わず、二日の夜の食事も楽しく過ごせて大成功~だな。

〆のうどんは翌日の昼食にいただくことになりました。

義母は「お麩」を、すき焼に入れるのが好きだったそうです。
「テンションが上がり過ぎていた…」とはおっしゃいませんが、
「うっかりしていた」「お麩を忘れた」と、義父のお腹が落ち着いて、
ポツリとおっしゃったのが、またまた私の頭に残りました~。

今度は「お麩」も、すき焼には用意しましょう~。
それからバブル時代も食べていない、
浅草か人形町の今半のすき焼も、私は食べてみよう~かな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ここクリックお願いしております^^