FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2012年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月

日本人は知らないけど韓国人なら誰でも知ってる韓国芸能裏情報 - オム・ジョンファ編

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


前回のオム・ジョンファの記事。
わが社の芸能担当のパクから不満の声。
オム・ジョンファなら私に聞いてください!
はい、はい、わかりました。

Baidu IME_2012-6-23_10-33-53


↑ ↑ ↑
97年のヒット曲「裏切りのバラ」。
MVでしか見たことなかったので、
動画をアップしてくれたMBCには大感謝!


彼女の話(オム・ジョンファのデビューまで)をまとめると以下のように・・・

彼女は幼い頃に父親をなくして、苦労して育ったらしいです。
そのため、高卒後、大学には行けず、ソウルに上京してカフェでアルバイト生活。
母親はトッポキとオデンの屋台で生計をたてていました。
二十歳で準政府系だった放送局MBCの合唱団のオーディションに合格。
しかし、合唱団員の資格が専門大学卒以上だったことから、
スッタモンダで特別採用に。
自殺した女優チェ・ジンシルがMBCのバラエティーで歌を披露することになり、
そのとき、歌の指導をしたのが、合唱団員のオム・ジョンファ。

歌に自信のないチェ・ジンシルを、励ましながら指導した
オム・ジョンファを、気に入ったのが、チェ・ジンシルをトップスターに育てた、
敏腕マネージャーのペ・ビョンス。
並みのタレントより当時から有名人だったみたいです。

20070323085511_327_0.jpgchoi.jpg

そこで、オム・ジョンファを自分の事務所に入れ、1992年、歌ではなく
映画「風の吹く日は、アプクジョンドンへ行かなくちゃ」で役者デビューさせ、
その映画の挿入歌「ヌンドンジャ(瞳)」を収録したアルバムで、
1993年に正式に歌手デビューを果たしました。

Baidu IME_2012-6-23_8-22-43
↑ ↑ ↑
映画「風の吹く日は、アプクジョンドンへ行かなくちゃ」の一場面。

芸能担当パクの話を聞いていて、こういう話は僕、弱いです。
弟のオム・テウンの大学の学費を彼女が稼いでいたんだと、
容易に想像ができ、泣けてきました~。

Baidu IME_2012-6-23_8-20-32

実は、僕にとって、オム・ジョンファは歌手としてよりも、
女優の方のイメージが強く、2002年、カム・ウソンと共演した映画
「結婚は狂った沙汰だ」は、セックスシーン盛りだくさんで、
強烈に焼きついています。

Baidu IME_2012-6-23_7-38-58

僕のPCには、2008年、KBSでOAされた
「不朽の名曲~オム・ジョンファ編」のファイルが、
たまたま保存されていたので、再チェックしてみました。

韓国では、芸能人が、軍部隊へ赴き、慰問公演なんてのが、
今でも行われていますが、90年代中盤、軍人の間で、オム・ジョンファが、
人気ナンバーワンだったと、この番組で紹介されていました。


↑ ↑ ↑
一人の軍人がオム・ジョンファを前に、
興奮した状態でインタビューに答えているのが笑えます。

軍人「とても素敵でございます」
司会「(オム・ジョンファの)どんな面が?」
軍人「顔、すべての面がとても素敵でございます」
会場「ワ~~~~」

Baidu IME_2012-6-23_6-23-25Baidu IME_2012-6-23_5-52-25
↑ ↑ ↑
番組の中に登場したデビュー当時と2008年当時の顔を比較しても
鼻の部分が形といい、高さといいかなり異なりますよね。

そんなことより今回、パクの講義で、とてもショッキングな話もありました。

Baidu IME_2012-6-23_7-28-10

当時、敏腕マネージャーとして知られたペ・ビョンス氏(36歳)が、
1994年(オム・ジョンファのデビュー翌年)、
部下の20歳そこそこの若者(チェ・ジンシルの運転手)に殺害されたという事実。

事件は、自宅で待ち伏せしていた部下に刺し殺され、
山に死体を遺棄されたというもの。
オム・ジョンファも捜査段階で、警察に呼ばれ、事情聴取を受けたのですが、
ペ・ビョンスの銀行カードからカネを引き出していたことから犯人が逮捕され、
無期懲役の判決を喰らい、現在服役中です。

Baidu IME_2012-6-23_7-31-3
↑ ↑ ↑
1994年12月、現場検証で犯行を再現中の実行犯のチョン・ヨンチョル。

殺害動機に関しては、
「被害者から暴行や人格を否定するような暴言があった。」と、
当時の事情聴取に応えていたそう。
最近になって、刑務所で犯人に接見した記者によれば、
犯人は事件の真相告白本を執筆中とのことで、もし本当に出版されたら、
そのときには、皆様にも内容をご報告したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。引き続き公正なクリックも夜露死苦です!


おまけ

Baidu IME_2012-6-23_10-26-49

この殺されたペ・ビョンスと生前に関わったチェ・ジンシルも、その弟も自殺という最期。
オム・ジョンファも不幸にならなければいいなと思っていたら、
今年、出演した番組で、甲状腺がんで闘病生活を送っていたことを告白。
もう完治したということですが、今後の活躍を期待しております。