FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月

安保と観光は矛盾しないのか?そう考えながら韓国鉄原でのお土産選びです。。。

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その23

軍事境界線、DMZ非武装地帯沿いの町、鉄原のバスターミナルです。
そこの売店でなんですが・・・何か引っかかるものがありました。

兵士には当然、軍からの支給があるでしょうから、販売している軍事用品は、
鉄原を訪れた、観光客のためのお土産品でしょう。

この町ではある意味、民族分断の歴史が町の売り、観光の目玉になっています。



その筋ではあまりにも有名な、産経新聞記者でソウル駐在の黒田勝弘氏が、
鉄原を訪ね、その感想がYAHOO!ニュースにあります。
たまたま偶然記事をみつけ、アップされた今月の16日に私も拝読しました。

「亡命兵」より「観光客」? 南北軍事境界線の街

僭越ですが、私も全く同じようなことを鉄原で感じていたので、
「黒田ちゃ~ん同じこと考えたわね~今度ソウルで一杯飲まない?」
なんて、うかつにもコメントしたい気分になりました。
ブログではありませんから、勿論コメントなんて出来ませんが・・・。

P1200054.jpg

黒田さんの記事を、かい摘んで紹介すると・・・

DMZは、鉄条網で厳重に囲われていて民間人は入れない。
「鉄原平和展望台」からの展望は素晴らしい。
分断以来、60年にわたって手つかずなため、その遠景は実に美しい。
しかし、安保と観光は矛盾しないのか?


黒田氏がおっしゃる通り、私も鉄原の町で同じことを考えました。

P1200053.jpg

最近、北朝鮮兵士がDMZを越え亡命してきた。
韓国軍はこの兵士がDMZ外の韓国軍宿舎のドアをノックするまで、
越境の事実をキャッチしていなかったという。

観光客が押しかけている中で、
前線部隊の緊張も緩んでいるに違いない


本当にそうですね。
60年も休戦していると、気の緩みも半端ではないのかもしれません。
実際に鉄原を訪れて感じましたが、本当に休戦中?
我が目を疑うばかりでした。

P1200052.jpg

物珍しげに、DMZ非武装地帯を見学しておきながら、
そして、販売している軍事関連のグッズも気になりながら、
自己矛盾は承知ですが、こんなことを考える私ってどうかしている?

産経の黒田さんの記事を読んで、そうそうそう思う・・・なんて、
気持ちの整理が、少し出来ました。

P1200107.jpg

鉄原のセブンイレブンに立ち寄り、ここでも私は仰天。

P1200108.jpg

「戦友 軍装」軍事用品を扱う店ですが、セブンイレブンと入口が同じです。
店舗の中でも、自由に行き来出来るため、
セブンイレブンが、軍事用品を販売しているのかと、最初驚きました。

P1200102.jpg

お菓子やドリンクを買いに来たついでに、
兵士がここで買物をするとは思われません。

ここも観光客のために販売している、
お土産屋として見るのが普通でしょうね。

 追記
 現地在住、あむちゃん情報によると、軍人さんも買物をするそうです。
 私の想像を超えていました~。


P1200103.jpg

やはり物珍しい~ので、あれこれと手にして見てしまいました。
このあたりの商品は、完全にセブンイレブンの店舗内に、
陳列されていました。どこがどこまでか、線引きがよく分かりません。

P1200104.jpg

このジャケットはレプリカ?それともモノホン?

P1200106.jpg

これ買ってしまいました。帽子が6000ウォン(約500円)です。
今、我が家にあるこの帽子を眺めながら、このブログを書いています。
日々、いろいろと自己矛盾を抱えながらですが・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
良かったらクリックお願いします。