FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      

≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

マンセー!初めてのモーテル~韓国地方の旅の魅力とは?

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その24

2012年9月15日 土曜日


私は、30歳になる前に、つまり20代で日本全国47都道府県を、
すべて訪ねることが出来ました。お陰様で良い経験になっています。

小学生の頃は、母親が趣味で購入していた時刻表を私も開き、
仮想の旅プランを立て、日本全国を旅する自分を空想していましたね。

育った町は地方都市ですから娯楽も少なく、インターネットも無い時代、
電話帳ほどの厚みのある時刻表は、子供の良い遊び道具でした。
巻末のホテル・旅館の広告も、一つ一つ眺めていました。ヒマでした。

学校が長い休みに入ると、親が連れて行ってくれた九州各地の旅。
今でも鮮明に記憶が蘇ります。若い頃の旅は、貴重な経験になります。



韓国地方の魅力。韓国地方の魅力ね。韓国地方の魅力ですか。

ここ数年、誰に言わされているのか不思議ですが、
「韓国地方の魅力」なんてキーワードをよく目にします。

私も韓国の地方に出かけ、魅力について考えております。

P1200056.jpg

韓国地方の旅の魅力の一つとして、ホテル施設が極端に少なく、
韓国では、普通~の旅行者も、普通~にモーテル(連れ込み宿)に宿泊します。

見かけによらず、お坊ちゃん育ちの夫、覚悟が出来た様子です。

P1200057.jpg

夫の韓国のモーテル嫌いを決定づけたのは、
会社の韓国人駐在員たちが話す、モーテル宿泊体験記に、
心底、肝を冷やしたからです。それを私に話す夫は、震えていました。

韓国人も嫌がるモーテルに、僕が泊まれるわけがない・・・らしい。

P1200058.jpg

でもね困ったことに鉄原も、観光客を誘致しているにもかかわらず、
ここDMZ非武装地帯の町にもホテルは1軒のみ。
そこのホテルが満室だから、今夜は初めてのモーテル泊まりなの・・・。

夫は黙った。

行き当たりばったりの韓国の旅ですから、い・つ・か・は、
モーテルに泊まる日もあるかな~なんて、私は思っておりました。

P1200059.jpg

ちょっとワクワク。
ワカメのような暖簾をくぐると、部屋タイプの一覧がありますね。

ホテルの手配は、現地ガイドのあむちゃんにお願いしましたが、
急な思いつきでしたので、ホテルが取れず、
良さそう~なモーテルを紹介してくれました。

いい機会なので、モーテル初宿泊です。

P1200060.jpg

通されたのは、韓国にしては落ち着いた色調の部屋。1室6万ウォンなり。

朝が早くハードなスケジュールでしたから、もう二人ともぐったり。
部屋がうんぬんなんて言えないほど、疲れていたことが幸いでしたね。

P1200062.jpg

そそくさと荷物を下ろし、食事に行く用意をします。
すると!夫の悲鳴!歓声!嬌声!

うん?どう~した?どう~した~?

P1200068.jpg

「こんな風呂・・・初めて見たぞ・・・」

大人二人が並んで入れる浴槽を見て、怖がる夫・・・。
それを見て、笑う嫁・・・。

以外と肝っ玉が小さい男です。

P1200067.jpg

私は仕事の事情で、ホテルのカラオケボックスに寝たこともあります。
20畳はありそうなドデカイ宴会場に、
一人ポツンと寝かされたこともあります。どこに布団を敷くか悩みましたね。
北海道では、窓が無い白い部屋っていうのもありました。

若い頃の経験は大事です。温室育ちの夫とは違う嫁。
これくらいでは驚きません。

ウソです。いや~このバスルームには驚きました。

だってベッドルームと、バスルームの広さが同じ。
いやこれはダブルベッドと、浴槽が同じ大きさとも言えます。

どんだけ風呂が大きい~の。意味不明。浴槽を前に顔を見合わせる夫婦。

P1200117.jpg

韓国地方の旅の魅力でした。

パン オプスムニダ(部屋 ありません)。

P1200123.jpg

モーテルの場所は、鉄原のバスターミナルに隣接しています。
ロケーションはバッチリです!

さあ~飯だ飯!飯食いに行くぞ~。次回は鉄原夕飯編です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国地方の旅にマンセー!クリックお願いしますね^^