FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月

韓流ブームの「祭りのあと」?不幸続きの韓国芸能界!今年に入って韓流ブームで恩恵を受けた大物プロデューサーが3人も自殺って!!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

今週火曜日でしたか、韓国の大物ドラマ監督の
キム・ジョンハク氏(62)がレンタルルームで練炭自殺との報道。

Baidu IME_2013-7-24_16-32-9
Baidu IME_2013-7-24_18-43-15

韓国3大放送局のMBC出身のPDさんで、局を退社・独立して
一発目、1995年に制作したのが、あの伝説のドラマ「砂時計(모래시계)」で、
僕にとっても忘れられないドラマっす。

Baidu IME_2013-7-24_19-4-19

日本にとって彼が知られるようになったのは、多分、
ヨン様主演で2007年に制作の「太王四神記(태왕사신기)」。
このドラマは、日本、台湾、その他10ヵ国で
ドラマ制作前に放映権を売るという快挙を成し遂げたそうです。

自殺原因については、いろいろな記事を読んでも、
どうやら「カネの問題」みたいです。

ケチの付け始めは昨年、今の時代に100億ウォンもかけて制作された
韓国SBSでOAされた「信義?神医?(신의)」。

Baidu IME_2013-7-24_18-59-6

視聴率は低調だし、制作費も回収できず、
出演者、スタッフからは出演料・給料の未払い問題で訴えられ、
おまけに、それに関連して、背任・横領の容疑もかけられ、
今年に入って、当局からは出国禁止措置も出され、
ついでに、このドラマのOSTの版権をいろんなところへ
販売して金を受け取ったという詐欺罪にも問われ、
追加で告訴もされていたとの報道も。
カネの問題に加え、演出家としての自信喪失というダブルパンチで
自殺に至ったとの分析が多数派のようです。


それにしても練炭自殺、韓国多いです。

Baidu IME_2013-7-24_17-10-2
↑ ↑ ↑
ソウルでも観光客が行かないような焼肉屋ではよく練炭が使われてます。
韓国人には郷愁の味らしいですが、僕ら日本人にとっては
練炭の香りがついた肉はちょっとという感じだと思います。


연탄번개탄자살(練炭・着火炭の自殺)という検索語入れたら
韓国の検索サイトで、ザクザク出てきます。
有名人の相次ぐ練炭自殺のせいなのか
一般人の練炭自殺が増加してるように感じられます。
人々からは、簡単に手に入り、安らかに死ねると思われているのも原因みたいです。
練炭での自殺の方法を教えてください!なんてのもネットで出てきました。

僕的には韓国芸能界、練炭自殺の事案で強烈な印象があるのは、
2008年、俳優のアン・ジェファンの自殺です。

Baidu IME_2013-7-24_18-39-23
Baidu IME_2013-7-24_19-42-12
↑ ↑ ↑
2002年制作、SBSのシットコム「正直に生きろ(똑바로살아라)」で
医者役を演じていたアン・ジェファン。
日本では馴染み薄ですが、僕ら夫婦は、隣人のキムさん所有のVHSテープで
このドラマを見せてもらい韓国コメディードラマに開眼させてもらいました。

彼は、ソウル大工芸学科卒の異色タレントでしたが、
次々に事業に失敗、裏金融の借金を返せずに自殺したとされます。
なぜ、強烈な印象が残っているのかは、凄惨な自殺現場の写真のせいです。

Baidu IME_2013-7-24_17-16-31

焼酎のビンが車内で転がっているのが確認でき、
ものすごく切なくなりました。

話は少しそれましたが、今年に入って、キム・ジョンハク氏以外にも
2人の大物プロデューサーが自ら命を絶ちました。

1月には、2009年制作のドラマ「アイリス」を制作したチョ・ヒョンギル氏(48)と
Baidu IME_2013-7-24_18-46-8

6月には、大手音楽芸能企画社イェダンの会長だったピョン・ドゥソプ氏(54)です。
Baidu IME_2013-7-24_18-47-26


チョ氏は、自身が経営するレストランの駐車場でこれまた車内で練炭自殺。
2009年制作のドラマ「アイリス」の続編だった
2010年「アテナ:戦争の女神」が興行的にコケたことが自殺の一因とも言われました。
また、この人はガールズグループKARAの分裂騒動の仕掛け人・張本人として
噂になったこともあります。本人は否定しましたが。

一方のピョン氏は、大手音楽芸能事務所で上場企業の
「イェダン・エンターテインメント」の会長で、
冬ソナブーム時代は、チェ・ジウのマネージメント、
特に、チェ・ジウ主演のドラマ「天国の階段」関連の
OSTやコンサートではかなり儲けたみたいっす。
それが最近、事業の多角化で、石油の油田開発事業にまで手を出し、
背任と横領で株主から訴えられていたそう。

Baidu IME_2013-7-24_17-57-12
↑ ↑ ↑
「イェダン・エンターテインメント」株価をチェックしようとしたら、
6月上旬からイェダン株の取引が停止になってました。
もしかすると上場廃止になるかもです。

韓国サイドの報道では、この3人の大物プロデューサーの自殺、
何か韓国芸能界や映画・ドラマ界の構造的な問題が要因みたいな論調が、
かなり存在するのですが、僕には疑問っす。

金計算ができないなら、信頼できる人にお願いして演出だけに専念するとか、
演出家として自信失ったら、思い切って辞めてみるとか、
出資額が大きければ、リスクの分散をするとか、
やり方はいくらでもあったと思います。
冷たい言い方ですけど、
やはり、あくまでも個人の資質が一番の要因だと思うのですが、
皆さん、いかがお考えですか?

2013年の大物プロデューサーの相次ぐ自殺。
何かを暗示するようで。
かなり大げさで、飛躍した話になりますが、
2013年という年が、韓国経済の終わりの始まりにならなければいいのですが…

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑     ↑↑↑    ↑↑↑    ↑↑↑   
僕らのシンボルマーク「挫折禁止【좌절금지、チャジョルクムジ】」をクリックして、
是非とも、応援してください。そして、皆様もヒムネシグヨ~!