ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月

リクエストにお答えします!!韓国アジュンマ&ハルモニ女優の若かりし頃♪ その2

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


「ベテラン女優さんのデビュー当時」ネタは、僕にとっても、本当に愉快な作業でした。
最初にブログタイトルとして頭に浮かんだのが「一挙公開」というワードだったので
どれぐらいの女優さんを調べれば、タイトル負けしないのかな~と考えて、20人位を想定しました。
でも、あまりにも日本で知られていない方はな~とも考え、前回は15人になりました。
ブログUP後、コメントの中にリクエストが寄せられ、
1名だけ、準備していた女優さんが含まれていましたので、
今回、追加でご報告させていただきます。



⑯박원숙(パク・ウォンスク【朴元淑】)
生年月日:1949年1月19日
出身高:崇義[スンイ]女子高等學校@ソウル/銅雀区大方洞
宗教:여호와의 증인(エホバの証人)


僕的には「オールイン」での役柄で印象がある女優ですが、
今年に入ってMBCドラマ「百年の遺産、백년의 유산」でも

Baidu IME_2013-9-30_16-9-6

11月からOA予定のMBC「黄金の虹、황금무지개」でも
悪徳シオモニを連チャンで演じることになっていて、
パク・ウォンスク本人曰く、実生活でも家族から嫌われているのを感じるそうです。

この方、1970年、MBCの公募タレント募集で合格し、芸能界デビュー。
なんといってもこの人は1973年のコカ・コーラのCF水着ルックで
大注目を集めたそうです。

Baidu IME_2013-9-30_14-51-21
Baidu IME_2013-9-30_14-57-8

下の写真が今年彼女が、友人と旅行したヨーロッパ(チェコ)で撮影した1枚ですが、
僕、コメントは差し控えますです。

その40年前のコカ・コーラCFのエピソードとしては、
この仕事、当時としては破格のギャラ100万ウォン。
ソウルの30平米のマンションが当時450万ウォンが相場と考えれば
ものすごい金額とのこと。
僕の想像ですが、トップ女優に水着着せるのが至難の業なのか、
ギャラが莫大になってしまうことから新人の彼女に白羽の矢が立ったのか?
はたまた、水着の仕事は、当時、当局から目を付けられ、摘発される恐れもあるから
高額なギャラが支払われるのかな~なんてことまで想像させられます。

彼女の昔に関して、先日のバラエティーで
学生時代、母親にソウルのチョンノ(鐘路)に連れられて
二重の手術をしたことを番組で語ってます。

Baidu IME_2013-9-30_14-34-53

この人もデビュー当時の写真が少なくて困っていたところ
また、新たな発見をいたしました。
彼女の別荘がある慶尙南道(キョンサンナムド)南海(ナメ)で
彼女が韓国コーヒーショップチェーン“Caffe bene(カフェベネ)”
運営してるというではありませんか。
会社のホームページで確認したら、チェーン店社長の名前がパク・ウォンスクと記載。

Baidu IME_2013-9-30_15-40-54red
※サジャンニム パク・ウォンスクと表記されています。

お店の様子は韓国人ブロガーさんから拝借。
2010年のオープンで、このブロガーさんはその翌年に訪問。
本当に本人がいたからビックリしたそうです。

Baidu IME_2013-9-30_14-26-51
Baidu IME_2013-9-30_14-26-24
Baidu IME_2013-9-30_14-29-54
Baidu IME_2013-9-30_14-29-6
Baidu IME_2013-9-30_14-28-20
※ご本人のデビュー当時の写真も展示してあるようなので気にはなります。
でも、チェーン店というのがちょっと・・・

ご案内
カフェベネ(카페베네)南海園芸村店(남해원예마을점)
住所:
慶尙南道南海郡三東面鳳花里2611番地
경상남도 남해군 삼동면 봉화리 2611
※近くに南海園芸芸術村という観光地があって、
草木が好きな方には楽しめる場所のようです。


※「南海園芸芸術村」の広報影像です。

この女優さん、番組制作会社でPDやってた息子さんが、
2003年、ミネラルウォーターの配送車に轢かれ、34歳という若さで交通事故死するなど
波乱万丈な人生を歩まれています。
Baidu IME_2013-9-30_16-51-3
※当時、霊安室で嗚咽するパク・ウォンスク
彼女は後のインタビューで、この事態が、
「ドラマの撮影であって欲しい、泣いている自分は今、演技をしているんだ」と考えたそう。
Baidu IME_2013-9-30_16-57-47
※やっと心の整理ができたのか、今年に入って息子さんの写真を公開

そこで登場するのが、我らが財閥系俳優のシン・ヒョンジュン。
2011年、番組撮影を一時放棄してアメリカに逃亡した女優ハン・イェスルに対して
自身がMCを担当する芸能バラエティー番組で一喝!

Baidu IME_2013-9-30_17-0-21red
※↑ ↑ ↑が当時の記事で、タイトルは、
シン・ヒョンジュンがハン・イェスルに警告、
“パク・ウォンスク先輩は息子さんの喪に服している間も撮影には行ったぞ~”
Baidu IME_2013-9-30_17-0-38
※その時の番組キャプチャー。ヒョンジュンおっぱ、ハン・イェスルにガン飛ばしてます。

いや~、ヒョンジュン兄さん、意外なところで男気見せて、
初めて彼をカッコイイと感じさせてもらいました。

何か、今回、まとまりはありませんでしたが、この辺で締めたいと存じます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックもよろしくお願いいたします。