FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月

読者の皆様のおかげで面白いドラマに出会えました♪ ありがとうございました!!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


以前、俳優キム・ソンミンの下着モデルのネタで
多くの方々からご指摘を受けました
2006年MBCドラマ「幻想のカップル、환상의 커플」。

Baidu IME_2013-9-23_17-4-29

遂に何年かぶりにツタヤに駆け込み、1・2話を借りてきました。
つかみはOKですね~。
主役のハン・イェスル(チョ・アンナ、ナ・サンシル役)をドラマで見るの、
初めてな僕ですが、キツイ女をうまく演じてます。

Baidu IME_2013-9-23_17-3-6

中でも、彼女がホテル従業員を次々、クビにするときのセリフ
“マメアンドゥロ~(気に入らない)”、“パックォ~(替えろ)”、
“コラジハゴヌン(このザマは一体)”が、とても小気味よくてグッド!

読者さんのご指摘にもあったキム・ソンミン(ビリー役)と
キム・グァンギュ(コン室長役)のコンビも、もちろんいいのですが、

Baidu IME_2013-9-23_16-38-40
Baidu IME_2013-9-23_16-4-44
※後年、バラエティーに出演したコン室長。このドラマの大ヒットがきっかけで
以降の出演料が2倍になったそうです。

僕にとってのツボは、ビリーが熱帯魚(名前がソロモン)に音楽を真剣に聞かせてるシーンと

Baidu IME_2013-9-23_16-22-16

チョ・アンナが興奮して投げたグラスが、ソロモンの金魚鉢に命中したことが原因で、

Baidu IME_2013-9-23_16-24-47
Baidu IME_2013-9-23_16-24-19

離婚を決意する場面で、「このドラマ、最後まで見る」と決断しました。
あと、某韓国人ブロガーのツボに入ったシーン、
ハン・イェスルのチャジャンミョンを豪快に食べるシーンは、
この後の第3話で登場とのことで、とても楽しみです。

Baidu IME_2013-9-23_16-27-27

主役のハン・イェスル(1981年9月18日生、本名:キム・イェスリ、英語名:レスリー・キム)は、
アメリカLA出身のいわゆる在米韓国人。

幼稚園卒業

Baidu IME_2013-9-23_19-6-38

高校時代

Baidu IME_2013-9-23_19-4-37
Baidu IME_2013-9-23_19-8-44

大学時代

Baidu IME_2013-9-23_19-13-17

2001年SBS主催のスーパーモデル選抜大会で受賞したのを
きっかけに韓国芸能界に足を踏み入れました。

Baidu IME_2013-9-23_19-3-7
Baidu IME_2013-9-23_19-2-31


※本名のキム・イェスリで出場し、入賞を果たしています。
壇上から降りる際、靴が脱げるのですが、この人、性格は良さそうです。

受賞後、SBSの芸能番組でリポーターなんかをやってみたり

Baidu IME_2013-9-23_16-6-5

2003年MBCのシットコムドラマ「ノンストップ4、논스톱 4」で
ドラマデビューを果たし、少し名前を売ったそう。


※この「ノンストップ4」で、彼女はOSTにも参加しました。
タイトルは「あなたは違います、그댄달라요」、作詞・作曲はユン・ジョンシン
売り出し中のヒョンビンなどもMVに登場します。

しかしその後、次回作に恵まれず、悶々としている時期に、
MBCドラマ「幻想のカップル」で主演に決まったオム・ジョンファが、
アルバム制作を理由に降板したことを知るや、
「溺れる者は藁をも掴む(本人談)」心境で、ドラマ監督にしつこく付きまとい、
その結果、主役の座を射止めたとは、2007年のバラエティー番組で彼女が語ってました。

Baidu IME_2013-9-23_11-12-25

で、そのチャンスを見事ものにして、彼女の人気が不動のものになったそうです。
ただし、2011年のKBSドラマ「スパイミョンウォル、스파이 명월」の撮影中、
彼女、過密なスケジュールに抗議し、アメリカに逃亡する事件を起こしてしまいます。

Baidu IME_2013-9-23_15-48-43

よって、このドラマ、11話分の放送に穴をあけ、ダイジェスト版が放送されるという
前代未聞の事態に発展したそうです。(番組に穴をあけた話なんて僕、初めて聞きました)
KBS側も態度を硬化させ、ハン・イェスルに対する厳しい処分を検討したところ、
仲裁に入ったのが、共演者のエリック。

コ・ヨンタクKBSドラマ制作局長(当時)、監督のファン・イニョクPD以下制作スタッフ70名を
呼んでの飲み会を開いて、彼女に謝罪の機会を与えたといいます。

Baidu IME_2013-9-23_15-48-1
※当時の番組スタッフのブログより

彼女は、表向き「韓国のドラマ制作における
劣悪な環境を訴えたかった」なんて大げさなことを言ってましたが、
内々のスタッフの前では、
「私的な事情で精神的に追い詰められ、
監督やスタッフから嫌がらせを
受けているのではないかと勝手に誤解して、
このような事態を招きましてすみませんでした」と
涙ながらに謝罪しています。

その私的な事情とは、彼女、ドラマ撮影の少し前に、
「ソテジとイ・ジアの離婚の原因は、ハン・イェスル」という噂がネットで広まったり、
彼女の運転する車が、駐車場のおじさんを当て逃げしたとか、
いくつかの不幸な出来事に見舞われて、まともな精神状況ではなかったようです。

その2011年の事件以降、彼女を使おうというドラマ監督も現れず、
2年間、ドラマ・映画からは姿を消した彼女。(コマーシャルは出てるみたいです。)
所属事務所社長によれば、来年には映画出演を決めたいという
インタビュー記事が最近、出てました。

以上、ドラマ「幻想のカップル」とハン・イェスルに関してまとめてみましたが、
そんなこんなで、僕、ドラマ鑑賞の関係上、
多少、ブログUPのペースが今後、落ちますことをご了承下さいますよう
よろしくお願いいたします。

angry_billy.gif
※「アンナが憎い~」ビリーの心の叫びです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックもよろしくお願いいたします。