FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2013年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月

忘れた頃に韓流ノスタルジー♪ 「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その6

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
内容に関しては、一切の解説、僕の感想も加えません。
話題の人物の名前は記しませんし、写真の目線にはモザイク処理等を施します。
そして、2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「噂」は割愛いたしました。


⑰エアロビクスからスタントマン、去年は卓球にも挑戦した中堅女優H
Baidu IME_2013-10-3_13-47-2mozBaidu IME_2013-10-3_13-46-3moz
Baidu IME_2013-10-3_13-57-41moz


○所属事務所社長とは元々、内縁関係で結婚説まで飛び出すほど、
社長は結婚を望んでいるが彼女が拒否している状態
(彼女が社長をうまく利用していると考えるのが自然)
○事務所社長は最近、新たにパ○・ウ○と内縁関係&売り出し中で、
彼女は精神的に追い詰められているが、
所属事務所が制作する映画に出演中の身なので、下手な動きができない状況
○彼女は現在よりも来年秋に公開予定のその映画で化ける可能性が高く、
日本への進出も予定しているが、社長との関係がダメになる可能性もあり、
もしそうなれば、彼女にとっても業界内でのダメージは大きくなると予想される
○ドラマ「バ×での出×事」で急成長し、
休む間もなく作品活動に従事しながら、演技の幅も広げている。
○来年の上半期まではスケジュールが抑えられており、芸能界でもトップの忙しさ
○自分の価値を高める手段をよく知っており、賢く、誰にでもキチンと挨拶もでき、
監督や芸能記者で彼女の悪口をいうものは一人もいない
○CFに関しても、今のところ、彼女のイメージを壊さないものを選択しており、
何よりもドラマでも、CFでも彼女の多様な感情表現は素晴らしいものがあり、
どんな役にも対応できる力量がある。
○スター性が抜きんでており、涙の演技がうまい。
○活発で気さくなイメージはいいのだが、多少安っぽいイメージを与えることにもなり、
高級感漂う広告には不向きで、なぜだか、彼女にはアンチが多い



⑱あの“涙の電話”は伝説化!実のオヤジさんは韓国空軍のお偉いさんだった中堅俳優J
Baidu IME_2013-10-3_14-20-31moz
Baidu IME_2013-10-3_14-19-25moz

○ドラマ「バ×での出×事」の終了後、彼の演技力に対する評価が高まり、
CFの仕事も多く入るようになる
○彼は女優シ○・○ナとは現在、熱愛中だが、記事化されておらず、
ファンに対する悪影響もないものと考えられ、
例え、記事化した場合でも、本人たちは否定することになるだろう
○しかしこの情報、シ○・○ナが彼女の所属事務所サ○ダス社長の妾(めかけ)説も有力なため、
それをカモフラージュするためのサ○ダス側によるデマ情報である可能性もある
○デビュー前から同性愛者との噂が絶えず、モデル出身だからそんな噂が出るのだが、
彼の今後の飛躍にそれほどの障害にはならないという意見が多数
○彼の態度から悪口を言われる要素もなく、堂々としたスタイルで、
ドラマ「バ×での出×事」の成功で、少し天狗になっているとの評判もあるが、
他の俳優に比べれば、とても品行方正で、賢く、誠実であるため、
予測不能なスキャンダルのようなものに彼は無縁であるとの見方が大勢
○演技者としての成功の意志が強く、その努力も惜しまず、
事業にも、財テクにも関心が高いが、ファンサービスにはそれほど積極的ではない
○大衆的認知度やスター性はすべて備わっており、
チョン・ウソンと似たような道を歩いているようだ
○アンチファンがいるわけではなく、男性からも好まれる方だが、
演技中の彼の表情には
不安感が見て取れ、演技もどちらかといえば自然ではなく、発声と発音がチョットおかしい
○善良な顔つきに変な声のおかげで、演技力不足が彼の致命傷になる可能性も
○作品によって、気分のばらつきがあり、好評・不評がはっきり別れ、
準備不足だった状態で映画に出演し、作品全体をダメにした前科がある
○その失敗もドラマ「バ×での出×事」の成功で挽回したが、今後は未知数で、
コ・ヒョンジョンとのドラマをうまく乗り切れば、トップスターになる可能性も秘めている
○来年には、兵役問題に悩まされることになるであろう


おまけ

テレビCF最新作。
イ・スンギと財閥系イ・ソジンが出演するショッピングサイト“ウィーメープ”の広告。
このサイトのコンセプトは「どこよりも安い」。
香港映画をモチーフにしていて、20秒付近、
ブルース・リーのパロディーで、イ・ソジンが「サダー(韓国語:安い)」と絶叫する部分で
笑ってもらえると思います。


※日本語字幕いれました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。