FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2013年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月
ARCHIVE ≫ 2013年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

韓国アボジ&ハラボジ男優の若かりし頃♪ その3

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






③ソン・ドンイル(성동일【成東鎰】)

生年月日:1967年4月27日
出身地:仁川廣域市/富平区

Baidu IME_2013-10-25_17-11-29 Baidu IME_2013-10-25_17-13-23
※2012年映画「ゴマすり王(아부의 왕【アブエワン】)」のポスターと制作発表会
この映画、超オモロいので、日本でDVD化されたら是非ご覧下さい。



彼を調べるため、昨年出演のバラエティーを見たのですが、
チョット耳を疑うような話に大当惑。
簡潔にまとめてみますと・・・



ソン・ドンイルの若い頃のキーワードは“超貧乏”。
生まれは仁川(インチョン)ですが、
3歳の頃に全羅南道の和順郡(ファスン)に移り住みます。
父親は孤児出身、母親は母子家庭という境遇で、
父親が彼の出産を望んでいなかったため、自分の戸籍に入れないまま失踪。
そのため、ソン・ドンイルは、6歳になっても、
小学校(当時は国民学校)に入学できませんでした。
将来を案じた母親が行方不明の父親を探し出して説得。
息子に、この時初めて“ドンイル”という名前をつけて戸籍登録させます。
当時9歳だった彼は、年齢に合わせる形で、
小学校3年生から学校生活をスタートさせました。
(戸籍登録以前、彼は世の中に存在しない形だったので、
便宜上、近所の人がつけてくれた“ジョンフン”という名前で呼ばれていたらしいです。)
生活が苦しく、母親が都市部まで出稼ぎをしていたため、
実質、彼の母親役を務めたのは8歳年上の姉。
彼女が、近所の農家で働きながら、彼を高校まで育てたとのことです。
多分、韓国芸能界で“貧乏”を語らせたら、彼がNO1なのではないでしょうか?


http___sccdn_chosun_com_news_html_2014_07_11_2014071101001388100086421.jpg
※卒業アルバム、中学校かな~?


Baidu IME_2013-10-25_10-0-24Baidu IME_2013-10-25_9-59-51
※テレビデビュー前、演劇の舞台に立っていた頃。



ソウルの大学路(テハンノ)で演劇役者として経験を積み、
彼が24歳の1991年、SBS開局と同時に公募タレントに合格。



Baidu IME_2013-10-25_10-17-1



この年、他局では、KBSにイ・ビョンホン、MBCにチャン・ドンゴンが入社し、
ソン・ドンイルがSBSの第1期タレントとして、いかに期待されていたかが伺えるのですが、
残念なことに、鳴かず飛ばずの生活が長く続くことになってしまいます。
1998年SBSドラマ「ウンシリ、은실이(全70話)」で、
当初3回分のゲスト出演予定だったのですが、
全羅道なまり&“赤い靴下”がトレードマークのキャラクターで、
国民的な評判を呼び込み、急遽、台本が変更され、番組ラストまでの出演に・・・
彼は、ついに、およそ7年間に及ぶ無名俳優からの脱却に成功し、
これを期に、母親は、長年続けた屋台の仕事を辞めたそうです。



Baidu IME_2013-10-25_13-19-14 Baidu IME_2013-10-25_13-20-56
※二枚目俳優としては成功しませんでしたが、今のイメージ通りの役柄ですね。



結婚は2005年に14歳年下の一般女性パク・キョンへさんと。
2002年SBSドラマ「ガラスの靴」を撮影していた時期に、
友達の紹介で蔚山(ウルサン)で初めて会って一目惚れ。
以来、ソウル-ウルサン間の遠距離恋愛を続けた末にゴールインしたそうです。



Baidu IME_2013-10-25_16-16-26 Baidu IME_2013-10-25_16-16-11
※結婚式直前、月刊「女性東亜」の取材を受けた時の奥さんとソン・ドンイルの実母



彼は父親への憎しみが強すぎて、
父親とは30年近く音信不通を続けました。
そして、父親が病死した際、葬式にも行かなかったそうです。
しかし、この奥さん、自分の判断で、父親が亡くなる3日前、
旦那に内緒で孫を連れて父親の病院を訪ねたそう。
しかも、奥さんや孫にとって、この時がおじいちゃんとは初お目見え。
この話を後日聞かされたソン・ドンイルは大泣きし、
父親のお墓を作ってあげたとのこと。これが4年前の話だそうです。



Baidu IME_2013-10-25_16-31-41
※今では3人の子供に恵まれ、5年前にはインチョンに家も買ったそうです。



僕が待ちに待った、
現在放送中のtvNドラマ「応答せよ1994、응답하라 1994」に出演中のソン・ドンイル。
Baidu IME_2013-10-25_16-50-26


前作の「応答せよ1997」に続いて主人公の父親役で、
またもや設定が、プロ野球のコーチ役です。



Baidu IME_2013-10-25_17-0-35




彼、全羅道なまり炸裂(女房と子供役は釜山なまり)で頑張っており、
今回、それを応援する意味で、少し年齢は若いですが、ソン・ドンイルを取り上げました。



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。
クリックもよろしくお願いいたします。