FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月

カロスキルから徒歩5分「裏カロス」の素敵な店♪サンホ(산호:珊瑚)はグループ予約もOK!

「隠れた横丁の楽しみ方、숨은 골목 즐기기」の著者で、文化日報の記者イ・ギョンテク氏によると、
カロスキルは2000年の始めの頃、インテリア通りと呼ばれていたそうです。
彼はソウル屈指の横丁評論家で、彼の著書は韓国の本屋でオルネリョ!さんが購入しました。

夫で旅友のオルネリョ!さんと、韓国ソウルを訪問するようになった始めの頃、
2000年の始めの頃でしょうか、カロスキルは本のタイトル通りの「隠れた横丁」。
まばらに並ぶ、通りの洒落た個性的な店を見て歩くのは、当時のソウルでは新鮮でしたね。

さて2日目の昼食は、カロスキルにあるレストランで食事、そして食事のあとは、
カロスキルの自由散策と聞いて、ワクワクしました。

最近、足が遠くなっていたカロスキルを満喫するぞ~~~!

P1030080_2014031001351521b.jpg

で、到着した店はサンホ(산호:珊瑚)。ここカロスキルだっけ?

バスから降りガイドさんの後をついて歩いて来たので、どっちの方向がカロスキルなのか、
分かりません。食事のあと歩いて知るのですが、店はカロスキルからは少し離れた裏道にありました。

カロスキルも成熟しましたね。ここは裏カロスキル。

東京の原宿の裏通りを「ウラハラ」と呼びますが、ここは「ウラカロス」の様相です。
その昔、カロスキルの横手や裏手に入ると、これといって何もありませんでしたが、
カロスキルの人気とともに、裏通りにまで雰囲気のある洒落た店が出来るようになったと、私は想像。

そして裏通りにある店の方が穴場、というのは街歩きのセオリー。
こちらサンホは立地的には通りの外れですが、今ソウルで相当の人気の店で有名店とか。
日本の女性誌でも「今ホットな裏カロスの店!」なんて特集が組まれる日も近いかも?

P1030075.jpg

韓国観光公社ソウル本社のハ・スルギさんにお聞きしたところ、
人気で美味しい店は他にもありますが、団体を予約で受けてくれる店は数少ないそうです。

サンホを昼食のレストランに選んだのは「団体様予約OK」というのが大きな理由。
そうか~そうなのね。オフ会には都合が良い店じゃない。サンホは団体の予約が出来る店。
人気のカロスキルから歩けるしお覚えておこう~なんて、私は思いました。

P1030077_20140310013514e40.jpg

パンチャンが、いきなりの韓国料理上級者向け。青唐辛子のフライは辛かった~。
そして私の前にあったキムチは、酸っぱかった~。辛くて酸っぱい大人の韓国料理。私は好きです。

韓国グルメ情報サイトCookandによると、サンホの食材は、
オーナーが四季を通して全国を巡り、 自分の目で確認した食材だけを産地から直送。

古漬けキムチ【묵은지:ムグンジ】は、全羅南道海南郡から、
味噌【된장:トゥェンジャン】は、江原道から、
小エビの塩辛【새우젓:セウジョッ 】は、全羅南道木浦から取り寄せたもの。

毎日使う新鮮な野菜は、京東市場へオーナー本人が毎日出向いて仕入れをし、
予約時に食べたい刺身を注文すれば、その日最高の魚を準備する「予約制刺身」が、
この店のウリ。 またデザートの「自家製チーズケーキ」も大評判とのこと。

Baidu IME_2014-3-9_15-45-55

そしてメニューにはレストランポリシーが書いてありました。

サンホは、全国の産地で出荷される食材の供給を受け、真心込めて、
洗練された料理を披露するコリアンソウル(魂)キッチンです。
サンホは、食材本来の味と鮮度を第一に考え、化学調味料を一切使用せず、
多少味が薄く感じられることもありますが、
(食材のもつ)四季それぞれの自然な風味を楽しまれることを願っています。

う~んなるほど。高感度な人が集まって来そうな「ウラカロス」の店です。

P1030086.jpg

先ず出された牛肉のジョン「ユクジョン」は、韓牛のチヂミと言えばいいのでしょうか。
この味で分かりました。この店只者では無い!ツアー参加のブロガーの皆さんは、
韓国の韓国料理に慣れた舌の持ち主ばかり。一同~唸りぱなしでしたね。

「これ美味しい~」

P1030089.jpg

そして生肉の色鮮やかな「韓牛ユッケピビンバプ(ハヌユッケピビンバプ)」にも参りました。

「これも美味しい~」

P1030094_20140310014042923.jpg

韓牛は、割とクセがある味だと思っていましたが、この生肉の韓牛はすっきりした味。
ごはんと混ぜて食べる生肉のピビンパプが、こんなに味わい深いと初めて知りました。

「ここまた来たい」

というのが、今回のFAMツアー参加者ブロガー皆さんの、気持ちでした。
私も、韓国人が美味しいという、本場韓国の韓国料理が1番口に合います。

P1030083.jpg

サンホは、お酒の品揃えにも力を入れており、オーナーが厳選した、
20種類ものワイン、シャンパンからマッコリ、法酒などの韓国伝統酒も用意とのこと。

やっぱりまた行きたいお店です。

Baidu IME_2014-3-9_15-33-21

ランチメニューの一部です。韓牛ユッケピビンバプは12000ウォン。

P1030102_20140310083933912.jpg

ゆず茶で仕上げ。さあ~これから、カロスキルの自由散策に出発します。

夜の部は、韓国人ブロガーさんのこのブログを見ていただければ、
写真だけでも、ぜひとも来訪したくなります。
丸ごとの魚は「すずき」と想像。
And、ユッケ+ナクチ+このわた(ナマコの腸)、クリゴ、中々まで、
もうこれは、スゴスギ!(オルネリョ!)


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへクリック!お願いします^^



2014年2月仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの旅の本編はここから始まります。
韓国旅行ご招待も3回目~ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか
細心の注意を払いましたが(^_^;)先ずはお礼の挨拶♪ ←ここをクリック!


Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社


サンホ(산호、珊瑚)

Baidu IME_2014-3-9_16-17-33

所在地:
서울특별시(ソウル特別市) 강남구(江南区) 논현로(論峴路)175길 111(175ギル111番地)

交通:地下鉄3号線「新沙【シンサ】駅」7番出口すぐの路地を入り、
道なりに700m歩いて右側、徒歩10分。

夜のメニュー:
さしみ(小)-35000ウォン
くじら肉(小)-80000ウォン
メロー焼き-30000ウォン
さしみのカルパッチョ-18000ウォン
肉のジョン(小)-18000ウォン 等

営業時間:12:00~02:00(15~18時は休憩)
定休日:年中無休(お盆&旧正月はさすがに休むと思います)
テレビ出演歴:MBC「찾아라! 맛있는 TV、探せ!おいしいTV」2012.03.17OA


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへクリックもね!