FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月

韓国旅客船沈没事故 責任放棄の船長と命を賭けて乗客を救った女性乗務員

TEXT BY オルラッタネリョッタ!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへ


木曜日、自宅に戻って来てから、韓国のテレビをPCでチェックしたところ、
日本でも大々的に報道しているセウォル【歳月】号の沈没事故の話題のため、
韓国のほぼ全ての地上波放送は、特別報道番組になっていました。

Baidu IME_2014-4-17_21-39-1
※速報タイトル「セウォル号、死亡者3名、追加で発見」

17日の21時半には、YTNが速報で、「死亡者3名を発見」との速報。
死亡者が計13人になったことを伝えていました。

韓国メディアは、乗客の救助を放棄して「脱出第1号」の疑惑が持たれた人物とされる
セウォル号のイ・ジュンソク【이준석、居住地:釜山広域市東萊区】船長に大注目。

木浦【モクポ】警察署の事情聴取を受ける船長に、各メディアが殺到していました。

Baidu IME_2014-4-17_22-9-37

メディアが何を質問しても、「スミマセン」「申し上げる言葉はございません」と
蚊の泣くような声で返事をしていた船長ですが、僕が韓国ブログを見ると、
韓国人ブロガーたちは、この船長を非難するブログを大量にUPしてました。


Baidu IME_2014-4-17_22-0-0

韓国人ブロガーの「ipetbay」さんは、↑の写真のキャプションに

乗船客に「じっとして下さい」と放送しておいて、乗客の救助活動も行わないまま、
客を船に残して、船長が1人で脱出する場面です。
怒りがフツフツと湧いてきます。この「子犬野郎め」(原語:ケーセッキヤー)!


という怒りのコメントを加えています。

別のブロガー「sungank」さんは、船長がかつて新聞記事に掲載された時の
顔写真を公開しています。

Baidu IME_2014-4-17_22-30-27

この船長、以前も海難事故を経験していて、日本のヘリ機に救助されたことがある

ともブログでは言及しています。

事故現場を管轄する地元の海洋警察庁長官も今日の会見で、
セウォル号の船長は「韓国船員法第10条」の「在船義務」と
「船員法第11条」の「船舶危険時の処置義務」違反に 
相当する疑いがあると発表しています。

あまりにひどい話に僕まで、憂鬱な気持ちになっていたところ、
すこしホッとする事が、韓国人ブロガーたちの間で話題になっていました。

本当は、ホッとすると言ってはイケナイ話です。彼女は亡くなってしまったのですから。

「船長以上に船長らしかった」と称賛されている方が船内にいたそうです。
その方とは、セウォル号の女性乗務員パク・チヨン【박지영】さん(享年22歳)。

IMG_9320013716661.jpg

救出された乗客の証言です。

修学旅行に参加の女子高生キム某さん(京畿道安山市 檀園高等学校2年)

3階のロビーで、オンニ(亡くなったパクさん)が、
4階から取ってきた救命ジャケットを学生たちに配っているのを見たのが最後です。
私が「なんでオンニ(年上女性への敬称)は救命ジャケットを着ないの?」と聞いたら、
「船員は最後に着ることになっている。お前たちをみんな助けてから、
私は船から脱出するから大丈夫」と話していました。


ヤン某さん(男性、49歳)

3階にいた女性乗務員(パクさんのこと)は、
乗客がすべて脱出する最後の最後まで、
海水が胸まで浸かっているのに、案内放送をしていました。
彼女は、修学旅行中の学生たちに「早く海に飛び込め!」と叫んでいました


オンライン記事によれば、この勇敢な女性乗務員は、2012年、大学を休学して、
親戚のおじさんの勧めでセウォル号を所有する船会社、
淸海鎭海運【チョンヘジン海運、청해진해운、Chonghaejin Marine Co., Ltd.】に入社。
母親と妹との3人家族で、パクさんが家族の生計を支えていたとのこと。


ベテランの船長がさっさと責任放棄して、
入社まもないパクさんが、法律に則った当然の行動で命を落とすことになるとは・・・

亡くなった方のご冥福と、現在も船内で救出を待っている行方不明の方々の、
一刻も早い生還を、心よりお祈りしています。

追記 4.18 11:15

11時5分頃、潜水夫が船内の進入に成功したと速報が・・・

Baidu IME_2014-4-18_11-8-32
※タイトル「セウォル号内部の進入に成功・・・生存者確認中」

一人でも多くの生命が救われることを願うばかりです。

以下は、亡くなった方25名の名簿です。

18日午前10時現在(敬称略、中央日報より)

△パク・チヨン(22・女・乗務員)△チョン・チャウン(男・檀園高2年)
△クォン・オチョン(男・檀園高2年)△イム・ギョンビン(男・檀園高2年)
△イ・ダウン(男・檀園高2年)△チェ・ヘジョン(女・檀園高教師)
△アン・ジュニョク(男・檀園高2年)△キム・ジュア(女・檀園高2年)
△ナム・ユンチョル(36・男・檀園高教師)△キム・ギウン(29・男・船内イベントスタッフ)
△イ・ヘギョン(女・檀園高2年)△身元不明者14名

△박지영(22·여·승무원) △정차웅(남·단원고 2)
△권오천(남·단원고 2) △임경빈(남·단원고 2)
△이다운(남·단원고 2) △최혜정(여·단원고 교사)
△안준혁(남·단원고 2) △김주아(여·단원고 2)
△남윤철(36·남·단원고 교사) △김기웅(29·남·행사요원)
△이혜경(여·단원고 2) △신원미상 14구  


再追記 2014.0418 21:25

勇敢な女性乗務員パク・チヨンさんに関する報道を読みまくって
彼女の細かな家庭事情がわかってきました。

母親の話によれば、
パクさんは水原【スウォン】科学大学に入学したものの、1学期で休学。
理由は、彼女の父親が、肝臓疾患で長い闘病生活の末、4年前に亡くなり、
家庭の経済状況が悪化したから。
そのため、いとこのお兄さんから紹介された船会社への入社の道を選択し、
セウォル号3階の売店と客の案内を担当しながら、家族の生活を助けました。
船で働きながら、母親と妹をセウォル号に招待し、
済州島旅行にも連れて行ったこともある親孝行ものだったとは親戚の1人のコメントです。

Baidu IME_2014-4-18_21-22-35

彼女が安置された葬儀場には、18日午前、「大韓民国国民、대한민국 국민」を名乗る
匿名の人物から献花が配送されてきたということです。

Baidu IME_2014-4-18_21-16-48


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへ