FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

2014帰らない夏 ホーチミンの夜景を見ながら1人散歩♪

胸騒ぎの夏から30年経つと、夏は、ただの暑い寝苦しい季節になってしまいました。
夏の夕暮れ、締めつけられるほど胸が苦しかったこと、きれいさっぱり忘れていました。
旅の写真を見ると、涙のステップばかりだった苦しくて苦いあの夏を思い出します。

♪風立ちぬ~今は秋 今日から私は 心の旅人~♪

季節は秋になってしまいましたが、もう少しホーチミンの夏旅を続けます。

P1050358_20140913171043e47.jpg

成熟した都市、東京に暮らしている私には、発展の途上にある外国の都市、
街は、これから夏を迎える新緑が美しい頃の五月雨のように感じます。

ヨーロッパが完熟した果実なら、東京は食べ頃、アジアは青い果実かな。

♪五月雨は緑色 苦しくさせたよ~ 1人の午後は~♪

初恋ではありませんので、1人が苦しいことはありませんが、明かりが灯り始める、
夕暮れの黄昏どき、1人で外国の街を歩くのは、胸騒ぎの夏が蘇って来るようです。

P1050368.jpg

けして19歳の夏に帰ることはできませんが、旅に出ることで、
もう何度となく、気持ちのリスタート。初期設定に戻します。
完熟しない私。成長しない私。完成しない私。終わらない私。懲りない私です。

P1050372.jpg

ホテルは、グエンフエ通りにあるパレスホテルにして、いろいろ助かりました。
ホテルから夜のライトアップが美しい~ホーチミン人民委員会庁舎まで、
目と鼻の先。ここを基点に夜のホーチミン市内をブラブラ歩きです。

P1050376.jpg

ホーチミン像、ホーおじさんをバックにしたグエンフエ通りの夜景。

ここでフレンドリーな雰囲気で、私に話しかけてくれた欧米人の老夫婦。
気さくな感じで記念写真を撮ったり撮られたり。夜景が人の心を開放的にするのかな~。
韓国語を勉強したいなんて思ったことはありませんが、
久しぶりに英会話、真面目に勉強しようかという気持ちになります。

P1050370_20140913171044020.jpg

フランス領時代からある「トゥオンサータックス」国営百貨店。

帰国してからオンラインニュースで知りましたが、
こちらの建物、9月で閉鎖。10月以降取り壊しだそうです。

先月より始まった地下鉄工事に伴うもので、現在セール中とか。
また1つオールドサイゴンの名残りが、街から消える運命。

国営百貨店の名前にふさわしく、その中、デパートの中は、国営でした~。
垢抜けない感じが、とっても良かったのですが、消えますか・・・。

P1050378_20140913171831fe8.jpg

東南アジアの夜は初めてでしたが、思った以上に過ごしやすかったです。
東京都心の夏の夜は、街の熱が冷めることがなく朝まで暑苦しいので、
それと比較すると、ホーチミンは、朝昼夜とメリハリがある暑さではないでしょうか~。

P1050380.jpg

人民委員会庁舎から伸びるグエンフエ通り、
そして市民劇場からベンタイン市場までつながるレロイ通り、
この2つの通りが交差する周辺が、ホーチミン夜景の見所かも。

フランス統治時代、このホーチミンを代表する2つの通り、
私も何度となく朝昼夜と歩いた、グエンフエ通りとレロイ通りですが、
その昔、サイゴン川から続く物流の要として機能する、運河だったそうです。

想像してください。クラシックな建物が水面に浮かぶ夜景。運河から見るプチパリの夜景。
サイゴンと呼ばれた時代のホーチミン。歩いてみたかったです。

P1050381.jpg

かつてオペラ座、国会議事堂として使われ、現在は市民劇場。
夜になっても、バイクが途切れることがありません。

P1050382.jpg

市民劇場の脇には、1880年創業のコンチネンタルホテル。
日中、太陽に照らされて白く輝くコロニアル様式の建物も素敵でしたが、
夜になり照明に浮かび上がる姿も、これまたホテルの風格と伝統を感じさせます。

背後の背が高いビルは、ショッピングセンターのビンコムセンター。

P1050385.jpg

市民劇場の左手前方には、ルイヴィトンのショップ。
この周辺、世界の一流ブランド店が並びますが、私はどこも素通り。
ルイヴィトンのフランスパリ本店に行ったのは、19歳の冬。
憧れのブランドも、ただ素通りするだけの歳になってしまいました。

バッグより美味しいご飯とお酒。そろそろ夜の食事に向かいましょう~。

P1050360_2014091317205059f.jpg

夜は、あらかじめ目星をつけておいたベトナム家庭料理の店へ。
カフェ「ラ・フネ・ソレ」の並びの人気のお店「フーン・ライ」。

P1050361.jpg

こちらのお店も雰囲気あります。
扉を開けたら螺旋階段があり上へ上がります。

すると「本日貸切のため」と、丁寧にお断りされてしまいました。
「ええっ!まさか~嘘~!」と思い店内を見ると、宴会が始まったばかりの様子。
嘘じゃない。1人客だから断られたかと、一瞬思いましたが満席でした。

P1050386_201409131720548db.jpg

トホホ。賑やかな宴会を見せられて、急に1人の旅が心細く寂しい気持ちに。
そして歩き疲れて疲労困憊。頭もぼ~っとしてきます。思考が停止する寸前。

またしてもドンコイ通りを行ったり来たり。ワッタカッタ!です。
さてと、どうしよう~。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
どちらかクリックしていただくとブログランキングに加算されます^^