FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月

韓国名脇役女優キム・ジャオク【김자옥、金慈玉】の突然すぎる訃報(´・ω・`) 彼女の人生を振り返ってみました!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



日曜日午後2時、NAVERの検索語1位が、
唐突にキム・ジャオク【김자옥、金慈玉、1951年10月11日生】となっていたので、
何気なくクリックしてみたら、まったく予期せぬ訃報記事。
思わず体がのけぞってしまいました。
2008年に初期の大腸がんで入院&手術、2012年にリンパ腺と肺にガンの転移を発見、
芸能活動を続けながら、順調に抗がん剤治療を行っていたとのことですが、
先週の金曜日に突然体調を崩し、緊急入院。
そのまま16日の日曜日午前7時40分、帰らぬ人となりました。
享年63歳という若さっス。


htm_2014111795057c010c011.jpg


僕的な故人に対するイメージは、
年齢をいくら重ねても少女チックな部分を残す女性、
日本で言ったら、八千草薫的な女優さんという印象でした。
スポーツソウルさん所蔵の彼女20代のグラビア写真を並べると、
当時の彼女を知らなくても、十分に彼女の可愛らしさが伝わってきます。


김자옥11171135

김자옥11171136

김자옥11571113

김자옥11170227

SSI_20130208000841_V_20141117172024bc8.jpg



培花【ペファ】女子中学校1年生の時から5年間、テレビドラマの子役を務めた後、
1969年、MBC公募タレント2期に合格。
半年間の演技教育を受けるも、
父親で詩人の故キム・サンファ【김상화、金相華】の猛反対で、
MBCを強引に辞めさせられ、漢陽【ハニャン】大學の演劇科に入学します。


Baidu IME_2014-11-17_10-16-4
※以前バラエティーで紹介された父親。女好きで家族を泣かすような父親だったらしい。
(ソウル大作曲科中退→釜山で音楽教師→詩人→映画会社役員)


その後、学業に専念するも業界関係者からスカウトされて
1973年KBSドラマ「銀河の季節【은하의 계절】」に出演し、再びテレビの世界へ。
(結局大学は2年で中退することに)
その時の女子高生役で10代の視聴者から爆発的な支持を受けました。

김자옥22171154

김자옥11171153


ニュース原稿的には、70年代以降、キム・ジャオクは、キム・ヨンエハン・ヘスクと並んで
連ドラ界の「涙の女王、눈물의 여왕」として悲劇のヒロインを数多く演じることに。


김자옥11171228
※1977年KBSドラマ「幸福の門」でカン・ブジャ【姜富子、강부자】と共演。


강부자11171243
※1982年KBSドラマ「妻、아내」 ではハン・ジニ【한진희、韓振熙】と共演。


김자옥11171235
※1985年KBSドラマ「銀色のせせらぎ、은빛 여울」では、パク・クニョン【박근형、朴根瀅】と。

Baidu IME_2014-11-17_17-31-46
imagesC04BH8EF.jpgyd0194.jpg
※人気のバロメーター、週刊誌の表紙にも多数登場



プライベートでは1980年、当時の人気歌手と結婚。一時芸能界を引退します。

Baidu IME_2014-11-17_12-10-42
※電撃結婚宣言。ひと月前から同居中。(京郷【キョンヒャン】新聞1980.04.21)


でも、3年後の1983年には、性格の不一致で離婚。
その翌年、フォーク歌手出身で事業家の
オ・スングン氏【오승근、呉承根, 1951年12月20日生】と
バツイチ同士で再婚し、芸能活動を再開させます。


Baidu IME_2014-11-17_9-59-27

김자옥11171220

2008年、大腸がんの手術を同じ日に受けたキム・ジャオク夫妻。
(一緒に健康診断を受けて、一緒に大腸がんが発見された)
術後夫婦で仲良く回復したタイミングで、
月刊女性誌「レディー京郷」からインタビューを受けた
旦那さんの記事を読んで見ましたが、
彼女の明るさからは想像できない程、
キム・ジャオクという女優、なかなかな波乱万丈人生だったみたいです。

80年代の2度の結婚を経ても、女優業は順調でしたが、
90年代に入って、仕事に行き詰まりを感じ始めたキム・ジャオク。
仲の良かった一番上の実姉がうつ病で自殺したことも影響し、
本人も深刻なうつ病にかかってしまったそうです。
そんな時、夫婦共通の友人である
大物演歌歌手テ・ジナ【태진아、太珍兒】のプロデュースで
1996年に歌手デビュー。この時彼女、45歳。


0050010034442.jpg

※お姫様病(공주병)にかかった女性をコミカルに歌った「姫は寂しい、공주는 외로워」。
中年女優がお姫様ルックのまま舞台で歌った事が大ヒット(60万枚)の要因とのこと。


「涙の女王」から「永遠のお姫様」へと見事なイメチェンを果たして、
人生開き直った彼女でしたが、
翌年の1997年、IMF外貨危機の煽りをマトモに喰らい
旦那の会社(旅行業)が、70億ウォン規模の不渡りで倒産。
そんなどん底状態でも、旦那によれば、
妻であるキム・ジャオクは明るく励まし続けてくれたようで、
彼女の「あなた、昔歌手していたんだから、また始めてみれば?」との一言で、
またまた友人のテ・ジナに助けてもらって旦那は17年ぶりにカムバック。
2001年「一緒にいる時、良くしてあげて、있을 때 잘해」が大ヒット。
この時、倒産で抱えた借金もかなり返せたそうです。

女性誌のインタビュー内容は以上です。


20080807165327_2_o_kim2.jpg


一度は地獄を味わった夫婦ですが、
4年前に旦那の連れ子の長女オ・ジヨンさんを嫁にやり、
旦那との間にできた実の子供で、長男のオ・ヨンファン君の結婚を来年3月に控え、
人生まだまだこれからという、
そんな中で飛び出した突然の訃報だったようで、
旦那さんを始め、子供たち、
そして、SBSでアナウンサーやってる実弟のキム・テウク氏など、
残された家族たちの悲しみの深さは計り知れません。

IMG_2160[1]
※日曜の深夜、弟さん担当のFM番組「気分のいい夜」を聞いてみました。
生放送ではなく収録ものだったので、ご本人のコメントはありませんでしたが、
追悼のメッセージは番組HPに数多く寄せられていました。


僕的にはキム・ジャオクといえば、
ドラマ「屋根部屋のネコ」でのチョン・ダビンの母親役も印象的でしたけど、
2005年MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン、내 이름은 김삼순」での
キム・ソナの母親役が絶品でした。
故人の絶妙なコメディー演技が忘れられません。

Baidu IME_2014-11-17_14-44-9


「ウチの娘を馬鹿にして!」とレストランに乗り込んで、
ヒョンビンに殴りかかるも、背が低すぎて空振りしたり、
ついには支配人役のヨ・ウンゲから水をぶっかけられるシーンがヨカッタ。


※ワッタカッタ!さんは8分45秒からのカラオケシーンを故人の名場面に挙げています。


01_9291237_1.jpg
※このドラマにヒョンビンの母親役で出演したナ・ムニ【나문희、羅文熙】が弔問に訪れていました。


70&80年代の正統派ヒロインとしての女優全盛期→
96年、満身創痍の歌手転向→
2000年代からは主にコメディー系アジュンマ演技で活躍

このように韓国芸能界で息の長い活動を続けたキム・ジャオクさんの突然の死。
(サムソン会長イ・ゴニ死去時の予定稿は各マスコミ、準備してあると思いますが、
彼女の訃報は誰にとっても晴天の霹靂)
トレードマークである彼女の笑顔をいつまでも忘れることはないでしょう。


※弔問客動画はコチラ!

※埋葬地は盆唐【プンダン】メモリアルパーク(분당 메모리얼파크、別名:南ソウル公園墓地)

交通:地下鉄盆唐【プンダン】線、 野塔【ヤタプ】駅3or4番出口からバスかタクシー利用
-50番バスで11番目の停留場で降りる(25分)、タクシーなら15分、距離は3.6km-

所在地:경기도(京畿道) 성남시 분당구(城南市 盆唐區) 야탑동(野塔洞)6番地


※夫婦での貴重な共演作としては、
2003年映画「同い年の家庭教師、동갑내기 과외하기」で
キム・ハヌルの両親役を好演していました。

movie_image.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村