FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月

済州FAMツアーレポ終了~!大韓航空KE717にて帰国~またいつか島でお会いしましょう~♪

2014年10月17日(金)から19日(日)まで実施された、
済州観光サポーターズFAMツアーも、いよいよ終わりです。



先に済州を発った福岡・中部チームを追うように、
私たち東京・関空帰着組も、済州国際空港に到着しました~。

P1070523.jpg

石と風と女が多い三多島、泥棒と乞食と家の表門が無い三無島。
韓国最南端にある島。韓国で最大の島。464年間「眈羅」と呼ばれた王国だった島。
東西73km南北41kmの楕円の島。道路一周の長さ181km海岸線の長さ258kmの島。

リゾートホテル、韓ドラロケ地、火山、溶岩、世界ジオパークに世界自然遺産、黒豚、鮑と、
済州の魅力は豊かな自然をベースにした多面体。島の空と海と風が優しい~島。
そして何より朴訥として島に生きる力強さを感じる人々「眈羅」の国の人々が魅力の島。

P1070543.jpg

「眈羅」の国の人、済州観光公社の呉(オ)さんが両手いっぱいのお土産を持って、
空港に到着した私たちの前に現れました~。イケメンの笑顔をお見せできないことが残念。

P1070546_20141124134352cc8.jpg

マンダリンオレンジを乾かしたドライフルーツ!嬉しい~ありがとうございます。
最後に島の魅力、オレンジを忘れてはいけません。済州はオレンジの島。

P1070550_20141124134353762.jpg

またお会いしましょう~と、お世話になった方々に挨拶をすませ、カウンターを見ると!
ぎょう~さん並んでいるわ~。済州から帰国する大陸の方々の列に仰天。

P1070574_20141124134427f33.jpg

まるで引越し?済州滞在ひと月?半年?

P1070576.jpg

荷物もスゴイ。預け荷物にするのか?まさかの機内持ち込み?

P1070553_20141124134423346.jpg

一方、我々日本方面に出発するカウンターを見ると!待ち時間ほぼ0分のラクラクだ~!

たまたま偶然、2日前の11月23日の朝鮮日報に、興味深い記事をみつけました。
外国人観光客256万人の済州、免税店は2店だけ

今年9月末現在、済州を訪れた中国人観光客は225万5000人だ。
全外国人観光客256万5000人の87.9%を中国人が占めている。
こうした傾向に伴い、済州地域の免税店の総売上高は
2012年の7133億ウォン(約750億円)から13年には9182億ウォン(約960億円)へと
跳ね上がった。済州観光公社の分析によると、
今年の売上高は史上初の1兆ウォン(約1100億円)を突破するものと予想されている。

(記事から一部抜粋)

たしかに島の観光地そして空港に降り立つと、中国の方の圧倒な数に驚きます。
しかも買物がスゴイ。日本のバブル時代を彷彿とさせますね。
私も80年代のバブル期、年末年始にハワイ旅行へ出かけてのコンニチがありますから、
中国の方々の今の旅行熱も、わからないわけでもありません・・・。
バブル時代ハワイの免税店の夜は、それこそ日本人ばかり。しかもセール会場状態でした。

 P1070556-1.jpg

帰りの飛行機は大韓航空KE717便。済州を18:00出発ですか・・・

P1070554_201411241344247e0.jpg

まだ入るには早いです。もはや世界のブランド品には興味がなくなった私。

若い娘時分は、ハワイの免税店で会社の同僚、女性たちに、お土産として渡すため、
シャネルの石鹸を1人に1個、買っていた時代もありました・・・
石鹸1個10ドルくらいだったかな~それくらいの品でないと、誰も喜びませんでした。

あの頃、バブル時代、海外旅行へ行き、会社のバラマキ用のお土産が、
シャネルの口紅やマニュキュアなんて珍しくなかったです・・・今では信じられないですが


P1070573.jpg

東京帰着組の有志数人とコンビニラウンジへGO!です。すっかり堅実的に。

P1070565_20141124134959b74.jpg

昨年の12月に見たときになかった新商品を選びます。

P1070567_20141124135001e65.jpg

これ!ですが・・・思った味ではなかった・・・まあ時には、失敗もあります。

P1070568_20141124135002b05.jpg

しかしこれ!は思った以上の味。コンビニのキンパプの進化にびっくり~。
済州事務所の友野さんも「それ美味しいよね」と。やっぱりそうか~。

P1070571.jpg

端を開封して、カットしてあるキンパプを、上から取って食べるようになっていました。
進化しているわ~しかも美味しい~と、最後の最後にコンビニラウンジを楽しみ・・・

P1070577.jpg

程よい時間に出国審査を通過、搭乗フロアへ進むと、そこには免税店。
やはり大陸の方々、こちら空港でも最後の最後まで熱い買物。

済州地域のショッピングインフラは依然として不足している。
大企業が運営する外国人専用の市内免税店
(済州市に1カ所、西帰浦市に1カ所)の規模は8910平方メートルにすぎず、
デパートやプレミアム・ショッピング・アウトレットは一切存在しない。
市内の2カ所の免税店も、外国人観光客が30万人だった2004年の基準に合わせて
許可されたものだ。
その上、観光客が出入りする済州空港と済州港が位置した済州市内には、
免税店が一つしかなく、観光客が殺到する時間帯には免税店前の道路が
渋滞してしまうため苦情が絶えない。
 (これまた一部記事より抜粋)

先ほどの朝鮮日報の記事ですが、済州での買物事情の様子がよく分かります。

P1070582-1.jpg

飛行機に乗るにはラクなスタイルが1番。たま~に東京新宿・四谷界隈にも、
こんなジャージー姿のホステスさんが歩いていましたが、不景気で最近は見ません。

P1070580_20141124151253667.jpg

済州でいっぱい買物してくれてありがとう~。でもしかしブランドを買っても、
ソウルの財閥の懐に多くは入ります。悩ましい~現実。海女さんから貝殻も買ってね~。

P1070581.jpg

無造作に置かれていますが、ブランドひと袋いくらになるのかしら~。

P1070588_20141124151341c2a.jpg

お宝の山がゾクゾクと到着して、係りが捌ききれない様子です。

P1070590.jpg

そして島を離陸する時間が近づきました。旅行記も、あと数行で終わります。

P1070587.jpg

あれもこれも伝えたい。済州の魅力をお伝えしたいと、今回も長くなってしまいました。

P1070601.jpg

KE717のシートは3:3の並び。ほぼ満席に近い状態。

P1070603.jpg

やがて食事の時間。燻製卵は、ル~!さんからのいただきものです。

P1070606.jpg

ここでは並んで座った満作さんから、ホワイトバランスの取り方、カメラ教室。
上の写真と違い、ホワイトバランスを修正すると、お弁当も見違えますね~。

P1070598.jpg

大韓航空の機内誌10月号には済州特集が組まれ、名所の紹介があり、
お陰様で、写真を見るだけで場所も名前も分かるようになりました。
これは城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)。すっかり指が覚えてしまいました~。

P1070611_20141124151930a8c.jpg

成田国際空港に到着です。先を急ぐ方も居て、ここでは短く挨拶して解散に。

P1070612_20141124151932123.jpg

私は21:10発のリムジンバスに間に合いました~。
夜はこれ、リムジンバスが渋滞もなくて、荷物が重いとやっぱりラクです。

P1070622_2014112415193313d.jpg

済州のドライみかんを食べて休憩しながら、FAMツアーレポ書きも、これにて終了~。

済州FAMツアーメンバーの皆様、済州自治道関係者の皆様、
大韓航空さま、ラマダプラザ済州、ハイアットリージェンシー済州、
それぞれホテルの関係者の皆様、ガイドさんドライバーさん、
大変お世話になりました。

そして読者の皆様、済州の旅、少しでも興味を持っていただけたら、
私、ブロガー冥利に尽きます。

1ヶ月以上もの長い済州とのおつきあい、本当にありがとうございました。


まだまだあるぞ~!Jejuのダイナミックな魅力は過去の済州島ツアーの記事でもどうぞ!

2013年9月パワーチャージの旅 in 済州2泊3日 目次⇒
2013年12月~済州の魅力を大満喫!2泊3日あったか冬旅行 目次⇒

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道