FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月

飛揚島(ピヤンド)の南サイドを散策♪ 済州馬~小学校~海女さん~百年草~海水の池

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
ランキング参加しています。




飛揚島(ピヤンド)の頂上に立つ灯台までのハイキングは、
お天気が良ければ見晴らしが良く、軽い運動にもなってオススメです。



丸~い島、飛揚島(ピヤンド)の山頂から下ったら、散策路を右手の方、
つまり島の南西側へ歩きました。行きあたった所は済州独特の石だらけの海岸です。

島の伝説では、中国から峰1つが飛んで来て、ここに落ちて島になったと伝わりますが、
飛揚島(ピヤンド)は、これもオルムの1つと数えられているので、科学的には、
火山活動によって海底から溶岩が隆起して出来た島と、考える方が合理的です・・・。

P1080288.jpg

島にあった地図でご説明すると、青い縦のラインが登山路、白い灯台から下り、
ぶつかった青い横のラインを西(写真では左)に歩きました。
突き当たった海岸から、赤いライン、島の一周散策路を港、東に向かって半周します。

P1080396_20150219110128593.jpg

昔から済州は「三多島」、「三無島」と言われてきたそうよ~と、
私がここでオルネリョ!さんに、済州の話をしました。

「三多島」の3つとは、風と石と女。
「三無島」の3つとは、泥棒、乞食、門。

P1080400.jpg

ここ飛揚島(ピヤンド)も、女性の姿の方が目立ちます。
済州では、働いているのは女ばかりと言われますが、実際は、男は海に出て漁をして、
畑を耕すのは女ばかりで、島では女の方が目立ち、女の数が多いように見えたそうです。

P1080402_201502191101315ab.jpg

そして私は、泥棒も乞食も居ない島なんて、善人ばかりの楽園の島かと思いましたが、
済州は貧しくて貧しくて盗むものが無い、物乞いをしても誰も施す余裕すら無かった。
そんな島の実情では、家の門など必要も無い。それほど厳しい暮らしの島だったと。

P1080404.jpg

島の交番(飛揚島治安センター)がありました。海に向かって建っています。
見張るのは海からの侵入者でしょうか~。

P1080405.jpg

港に出るまで、人一人会うこともなく。ここには男も女も居ません。

P1080406.jpg

石垣の向こうには、先ほど登った飛揚峰が見えています。
小さなハルラ山のようです。島のどこにいても、この山が見えます。

P1080407_20150219110656310.jpg

突然、馬に出会いました。済州は馬の産地としても知られています。
済州馬は、済州固有の馬と、蒙古馬を交配させた混血。
そう~ここ済州は、蒙古に支配された時代もあります。馬も苦難の島の歴史です。

P1080409_201502191106589c4.jpg

馬が私たちに寄ってきました。何て人懐っこいのでしょう~。
島の犬たちも穏やかですが、島の馬も人を警戒することなく愛嬌たっぷり。

P1080410_201502191106595bd.jpg

私の方が尻込みしたほど、馬の顔と私の顔がぶつかるほどの接近です。
この馬が済州馬かどうかの見分けは、私には出来ませんが、
島の馬も本当に優しい眼差しをしていました。犬に黒ヤギに馬にと癒されます。

P1080416_201502191110125c5.jpg

飛揚島(ピヤンド)は、島の南サイドに港があり、
その周辺に診療所、食堂が2軒、民家、民宿、売店などの集落が出来ていました。

P1080418.jpg

ここはスーパーマーケットのようですが、営業している様子には見えず?

P1080419_20150219111015ab1.jpg

ここは老人会館で・・・

P1080420.jpg

小さな小学校に行き当たりました。

P1080422.jpg

翰林初等学校 飛揚分校です。島には交差点、信号はありませんが、
学校、診療所、食堂、民宿は見ました。

P1080433.jpg

生徒数はどれくらいでしょう。4~5人というところです。

http://www.sisajeju.com/news/articleView.html?idxno=191251
http://www.sisajeju.com/news/articleView.html?idxno=231201

P1080432.jpg

小さな校庭。私はBEGINの名曲「島人ぬ宝」がどこからか聞こえてきます。

P1080434.jpg

そして小さな小学校を出ると、沖には海女さんの姿がありました。

P1080428_20150219111017597.jpg

この日、海女さんが潜水から上がって来た時の
呼吸の音「スムビソリ【숨비소리】」が聞こえ、
初めて聞いたオルネリョ!さん、「おいおい死んじゃうんじゃないの~」と、
真面目な顔して心配していました。海女さんは大変、本当に長く潜水しています。

P1080439.jpg

小学校からポルラン池に向かいます。

P1080440.jpg

このあたりが、ちょうど島の東サイドになります。
島の西から東まで半周歩いても、さほどの時間はかかりませんでした。

P1080436.jpg

歩く途中に海岸に自生する植物が気になります。サボテンでしょうか~。

P1080438.jpg

百日草です。私は、自生している百日草を認識したのは初めてです。
済州で見ていたかもしれませんが、花?実?がついているのは、初めて見ました。

百年草から採れる鮮やかな紫の粉は、百の効果効能があるとして珍重され、
マッコリ作りやチョコレートに配合したり、サラダのドレッシングに使われたりします。

P1080443.jpg

島の東サイドに大きく広がる池、ポルラン池に来ました。

ところでポルラン池(펄랑못)とは?
塩濕地(염습지:salt marsh)海水が地下から染み出ている湿地帯。
塩水にも耐えられる植物が生息しているエリアのことだそうです。

P1080444.jpg

島に広がる海水の池。池の周囲も散策路が整備されています。
飛揚島(ピヤンド)は小さな島ですが、山も海岸も池までも、
思いのほか良く整備されていて観光するのは、快適。

P1080446.jpg

島の南サイドを半周歩きましたが、
さて、ここ東サイドから北サイドへ周って、ぐるっと島を一周するかどうか。
それとも、このまま港へ歩いた道を引き返すか・・・迷うところ。

さて、どうしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^

ピヤンド3

P1090054.jpg

今回1月の済州の旅で、市場を歩いた時に撮影しました。

P1090053.jpg
百年草 済州産
仙人掌(サボテンのこと)の果実

市場で売られる、済州産の百年草です。