ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月

味のバラツキの理由が分かりました!【キンパプ天国】東ソウル総合バスターミナル店

初めての韓国旅行で食べた韓国の海苔巻き、キンパプは不味かった~。
ロッテ百貨店本館地下の、階段に座る行商のハルモニから買ったのが大失敗。

それ以来、韓国のキンパプの印象が悪くて、手が出せませんでしたが、
新宿に暮らしていた頃、隣人だった韓国人のキムさんが作ってくれた、
キンパプは、とびきり美味しかったです。あのキンパプの味が私の中でナンバーワン。

東京で売っているキンパプは、具材に対してご飯の量が多すぎです。
韓国の海苔巻きは、具沢山にして、ご飯は薄く広げ少なめにがポイント。

それからまたまた数年後、韓国の高速鉄道KTXに初めて乗車したとき、
駅ホームで買ったキンパプが、これまた不味くて吐き出し、珍しく捨てました。
あれは具材が傷んでいました。キンパプは酢飯を使わないので腐りやすいです。


写真は管理人さんの店の作業風景 このいい加減な感じが旨い!

それからまたまた月日は流れ、韓国に暮らしていた頃、
住まいのビル1階で、管理人さんが経営する店のキンパプは美味しかった~。
これが韓国で食べる私の好きなキンパプのナンバーワン。
しかしその日その日の作り手の違いで、いつも同じ味でないところがミソ

当時、暮らしていた高麗大学校の近所には、チェーン店の「キンパプ天国」もありましたが、
こちらは、管理人さんの店が休みの時などに、2度3度と食べましたが。
私とオルネリョ!さんの口には合わず、チェーン店の「キンパプ天国」には懐疑的に・・・。

しかしキンパプは奥が深い。東ソウル総合バスターミナルの「キンパブ天国」で、
たまたま食べてみたキンパプは、これが美味しかった~。
ここで初めて「キンパプ天国」のキンパプ、意外と美味しい~かもと考えを直し、
チャレンジャーな私は、他の店舗で食べてみると・・・これがまた不味かった~。
そうです。天国だけではなく「キンパプ地獄」も、中には存在します。

同じ「キンパプ天国」の看板の店でも、この味のバラツキ。
なぜどうして~と思いますが、それが韓国なのかもしれません。

P1100225_20150428195612285.jpg

韓国旅行の2日目は、東ソウル総合バスターミナル2階の「キンパブ天国」へ。
久しぶりです。韓国に暮らしているわけではありませんから、
たかだか3泊の旅行で、1食でも失敗すると、その痛手は大きい~。大き過ぎます。
ここは慎重に、美味しかった記憶のある「キンパプ天国」で朝ごはんにしました。

P1100227.jpg

このキンパプのチェーン店「キンパプ天国」ですが、
海苔巻き以外にもメニューが豊富。しかも低価格で頑張っています。

お客さんは、学生街では当然、学生さんが多く、バスターミナルには、
休暇中の兵隊さんが多く見られ、わざわざ行って食べる店でもなく、
ウンチクを垂れるものでもなく、店があれば普通~に手軽に韓国料理を食べる店。

が、しかし、店によって作り手によって、味の差があるので、これがあなどれません。

P1100231.jpg

種類はいろいろありますが、私の好きなチャムチ、ツナキンパプにしました。
良かった~久しぶりのチープな味ですが、これは美味しかった~。
東ソウル総合バスターミナルの「キンパプ天国」の味は、安定しているかも。

P1100236.jpg

オルネリョ!さんは、宴会ククス、チャンチククス【잔치국수】です。
韓国では、祝い事特に、結婚の披露宴でククスが出されます。
前の夜から、ククスが食べたかったらしく、その味は問題無し!という感想。

そうです。長々とブログに書く話でもないですが・・・
たかだか「キンパプ天国」されど「キンパプ天国」。

天国と出るか地獄と出るかとワクワクしましたが、この日は天国dayでした。

P1100232-1.jpg

明朗会計です。この日の朝ごはんは、7,500 ウォン。
物価高、ウォン高の韓国でお財布に優しい店。これはやっぱり嬉しい~。


さてさて、ウンチクを垂れる店でも無いなんて言いながら・・・
「キンパプ天国」をフランチャイズしている会社、シヌ(신우)F&Dは、
京畿道の軍浦(クンポ)市に所在。

シヌ(신우)F&Dに関連するニュース記事を、オルネリョ!さんんが見ていると、
「キンパプ天国」という商標争いの裁判で、会社が敗訴した記事に目が止まりました。

ここで私は「キンパプ天国」の味のバラツキの理由が、やっと理解できました。

「キンパプ天国」の屋号の店は、韓国全土各地にあり、ありふれた屋号で、
「キンパブ天国」の商標登録は出来ないと、韓国の裁判所は判断。

よって「キンパプ天国」の看板は独占できるものではなく、誰でも自由に使えます。

そういうことでした。フランチャイズで展開している「キンパプ天国」もあれば、
個人経営で「キンパブ天国」を看板に上げる店もあるということです。

韓国の不思議~「キンパプ天国」の味のバラツキの理由は、これかもしれません。

P1100224_20150428195611aaf.jpg

たまには、バスターミナルで軽く朝ごはんも良いものです。
腹ごしらえが出来、韓国の地方へ、市外バスでお出かけします。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^



김밥천국[キムパッチョングッ(キムパプ天国)]
http://www.kimbabchunkuk.co.kr/index.html