FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2015年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月

穴場ソウル!霊泉市場(ヨンチョンシジャン) 大都会に残る宝探しの旅♪

珍しくオルネリョ!さんが、行きたい市場があると強硬に主張をします。

「ヨンチョン シジャンに行こう~!」
「ヨンチョン シジャン?どこそこ?」

実は私、初めて聞いた、ソウルの在来市場、霊泉市場(ヨンチョンシジャン[영천시장])。
思いがけず訪ねてみれば、どうして今まで、見過ごしていたのだろう~と思うほど、
昔ながらの韓国ソウルの匂いが残り、いつかまた、再訪したいソウルの「お宝」市場でした。



驚きました。ソウル中心部に、こんな人情たっぷりの在来市場が残っていたとは。

P1100760.jpg

ソウルの地図を見ると分かりますが、
慶熙宮[경희궁(キョンヒグン)]から西へソウル城郭を隔てて、
わずか300メートルほどの場所。ソウル中心部からバスに乗車して直ぐに行けました。
地下鉄で行くなら、3号線の独立門駅と5号線の西大門駅のちょうど中間あたり。

P1100761.jpg

私は情報ゼロ。ただ行きたいと、何か目的があるオルネリョ!さんの後に続き歩きます。
西大門駅に近い入口から入り、独立門駅方面に向かって歩き出しました。

P1100764_20150528094037b2a.jpg

霊泉市場に入るやいなや、私は、腰抜かしそうになりました~!!

パカっとフタをあけた鍋から、歯をむきだした牛の頭蓋骨がゴロゴロと見え、
白い頭の骨から湯気を立てているのが、私の視界に、何の断りもなく入って来ました。

動揺激しい私に動じることもなく、フタをパカッと閉めスープを注ぐ店のお兄さん。

P1100765.jpg

ソモリコギ[소머리고기(牛の頭の肉)]の店です。
怖いもの見たさで、もう1度フタを開けてくれないかと待つ私。
店の外に並べられた鍋では、肉を削いだ牛の頭からスープを煮出していました。
鍋の脇には、出汁ガラでしょうか。霊泉市場歩きは、スタートから気分は上々かも。

P1100792_20150528094109f57.jpg

狭い通路の両脇に、間口が狭い商店がびっしりと並ぶ、
南北に延びる長~い市場です。距離にして300メートルあるかないかくらい。
ちょっと散策するにも、コンパクトにまとまり、歩き易い市場でした。

P1100783.jpg

市場ですから、当然、野菜も売っています。

P1100784.jpg

春から夏へどんどん美味しくなる韓国のキュウリ。
私は皮を剥いて、浅漬けにして、瓜のような味わいを楽しむのが好き。

P1100831.jpg

お肉屋さん。小さな店ですが、牛一頭買いでしょうか。吊るしてあるのが見えます。

P1100832_20150528100741193.jpg

ここで捌いた内蔵かもしれません。ハリがあって新鮮なことが分かります。

P1100769_20150528094749694.jpg

お魚屋さんもありました。

P1100770_201505280947506d0.jpg
국내산 쭈꾸미(クンネサン チュックミ[国産 イイダコ])

万が一、何かの間違いで、ソウルで生活することになってしまったら、
ここ霊泉市場から徒歩圏内で、部屋を探そうかと思いました。
大都会の中に残る、昔ながらのソウルの匂いが、四方八方からしてきます。

P1100775_20150528094751b52.jpg

乾物屋さんからは、乾燥させた魚の匂いが上がっています。
東京のスーパーでは、野菜も肉も魚も、匂い1つしません。

P1100776.jpg
국산콩 콩비지(クッサンコン コンビジ[国産大豆で作ったおから])


私が小さな子供の頃は、魚屋さんからは魚、肉屋さんからは肉、
豆腐屋さんからは豆腐の匂いがしていました。

P1100793.jpg
※메주[メジュ]=みそ玉
大豆を茹でた後、発酵&熟成させたもの。これ自体を食べることはなく、
味噌、醤油、コチュジャンを作る基本材料となる。
写真は충청북도(忠淸北道) 단양군(丹陽郡) 産。


匂いがしない店で日々買物することに慣れた鼻に、
韓国ソウルの市場は、懐かしい子供時代を、いつも思い出させてくれます。

P1100805.jpg

そして紀行作家でなくても胸がトキメク、ソウルの人情が、市場に浮遊しています。
お客さんと店の人の空気が大都会とは思えない、ゆるい時間を刻んでいました。

P1100800.jpg

実は先週、ソウル市長さまと「ソウルの宝探しの旅」と称して、
広蔵市場をご一緒に散策、そして食事もしましたが・・・

P1100801.jpg

ソウル市長!ソウルの宝は、ここミシンの音がする市場で、私はみつけていました。

P1100803.jpg

私を霊泉市場に誘ったオルネリョ!さんも、足取り軽やかです。

P1100829.jpg
右모든걸직접만들어서정말
맛있어요(소스가 끝내줘요!)
すべて手作りで本当に美味しいですよ!
(タレが最高ですよ~!)
수제닭강정[スジェタッカンジョン(お手製フライドチキンの甘辛ソース和え)]

手作りハンバーガーもどことなく風情があり、屋台にちょっと寄って行きますか~。

P1100802.jpg

「知らなかったな~こんな雰囲気の良い市場が、近くにあったなんて」
残念なことに昼食をすませたばかりのお腹です。また今度が悔しい。

P1100840.jpg

栗を剥くそばで、だべるお客。

P1100799.jpg

狭い通路をバイクで抜けて行くおじさん。

P1100795.jpg
店名:치킨달인[チキンタリン(チキンの達人)]

ブラブラ歩いていると、時折、人は集まっている店があります。

P1100797.jpg

OH!チキン1羽丸ごとフライでした。2羽買うと1万ウォンです。

P1100839_20150528095916ef4.jpg
左선지내장탕(ソンジネジャンタン[ソンジ内蔵スープ])
右사골곰국(サゴルコムグッ[牛骨と膝肉を煮込んだスープ])


おばさんが力強く、鍋をかき回しています。何でしょうね~。

P1100785.jpg

こちらは出来立てのソンジスープです。茶褐色の塊は、凝固した牛の血。

P1100786.jpg

昔、中国大陸のホテルで、牛の血のゼリーを食べたことがあります。
それが美味しい~絶品と勧めた友人の中国人は、生卵が食べられません。
すき焼きも卵は無しで食べます。そんな彼女から牛の血が美味しいと言われ、
つくづく食文化とは・・・と、考え込んだことがありました。

P1100787.jpg

鍋の大きいこと。おばさん、かき混ぜては、ひと休みです。

P1100790.jpg
店名:땡기네(テンギネ[惹かれるね、そそるねー]) 「ジョン」専門店

歩いたのは、4月春の、土曜日の昼下がり。

P1100791.jpg

ソウルの市場で一杯飲むには、秋と並んで良い季節です。

P1100788.jpg

あちらこちらに並ぶ、ジョン、チヂミを見ていると、油の匂いを嗅ぐと、
ここはマッコリが飲みたくなってきます。

P1100789.jpg

今度、ソウルに来るときは、絶対、お腹すかして、霊泉市場に来ようね~。

P1100794.jpg

はん!?今度!?今度と、お化けは、出ないぞ!!

P1100825_20150528100718ed6.jpg

どうするオルネリョ!?


☆영천시장(靈泉市場[ヨンチョンシジャン])

霊川市場地図

所在地:서울특별시(서울特別市) 서대문구(西大門區) 성산로(城山路)704番地 周辺
交通:地下鉄5号線「西大門[ソデムン]駅」2番出口から636m、徒歩10分




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^