FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月

韓国女優のデビュー間もない時代の画像♪ ~キョン・ミリ編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




SSI_20150819154839_V.jpg

견미리(甄美里[キョン・ミリ])

生年月日:1964年12月25日
出身地:非公開だけど多分ソウル特別市
学歴:ソウル國樂藝術高校(現在の國立傳統藝術高等學校)→
 世宗大學校藝體能学部舞踊科  ※藝體能=art, music and physical education
デビューのきっかけ:1984年 MBC 17期公募タレント合格


学歴をご覧になればお分かりの通り、
韓国芸能界ではある種の「王道」「エリートコース」を歩まれたキョン・ミリ。

SSI_20150819154746_V.jpg

僕的にまず気になっちゃうのが“キョン”という珍しいその名前で、
調べて見たら、20年前の資料によれば、
韓国国内ではおよそ990世帯の“甄[キョン]”姓が存在するようで、
ランキングにしたら上から数えて158番目(1番はもちろん“金[キム]”姓)とのこと。


NAVERの新聞アーカイブをチェックすると、
彼女に関する最も古い記事は、1992年3月22日の京郷新聞。

Baidu IME_2015-10-29_20-2-39

ドラマ紹介欄で小さな扱い。内容も「お酒を飲むシーンで本物を飲んで酔いつぶれ、
撮影日を延期させちゃった」エピソードが紹介されてる程度なので、
この当時は、彼女、そんなに知られた女優ではなかったことが想像できます。

R750x0.jpg

彼女を有名にさせたのは、これまでも何本かリメークされたけど、
歴代最高作との呼び声高い
1995年ドラマ「張禧嬪[チャン・ヒビン]」での「明聖王后 金氏」役。

상궁_견미리
※名古屋系ホステスさんともタイマン張れるこの頭の“モリ”

僕的には彼女は2004年「大長今[テジャングム]」や
2006年「朱蒙[チュモン]」の悪役が印象的です。

8295667578984.jpg
※撮影時期不明ですが、中年にさしかかった頃のキョン・ミリ



彼女の私生活を見てみると、いい意味でも悪い意味でも、
なんかカネの匂いがプンプン。

最初の結婚が1986年。

Baidu IME_2015-10-30_8-8-41

お相手はMBCの先輩で当時人気俳優だった임영규(林榮奎[イム・ヨンギュ])。
彼の父親は“かつて”韓国でも有数の実業家で、
サムソンの創業者、李秉喆(イ・ビョンチョル)にも
カネ貸したことがある(というウワサ)経歴の持ち主。
そのことからも想像できるように息子のイム・ヨンギュは“超”のつくボンボンで
相当カネ使いが荒く、知人には飲み代などをおごり放題、家にも寄り付かず、
挙げ句の果てには、キョン・ミリに愛想をつかされ、1993年に離婚ということに。

※旦那は離婚後、アメリカに渡り、事業失敗、バカラで大損。
2年後には親からの遺産165億ウォンを全て使い果たしてしまいました。
その後、韓国に戻り、兄妹親戚と絶縁状態→ホームレス生活→
飲食店駐車場おじさん(日当3,000ウォン)→知人のライブカフェで歌手。
その間、アル中のため事件を起こしまくり、
無銭飲食や暴行事件を繰り返し前科9犯の身に…
まさに、ローラコースター人生です。


2人の間に産まれた離婚当時4歳と2歳だった娘2人が現在、
芸能界で活動していることは、外せないネタ。
(父親とは離婚後会ったことはないらしい)

2014121618155044599_1.jpg

長女のイ・ユビはサイダス所属の女優で、
去年のドラマ「ピノキオ」で僕はお目にかかりました。
演技はそこそこですが、どうも、この人工的なお顔が鼻について、僕的には?


※長女は「仙和藝術高等學校→梨花女子大學校声楽科」出身で、
高校時代の映像のようです(無音声)


2582_3074_4023.jpg

次女のイ・ダインはヨン様事務所所属の、これまた女優業やっていて、
今年のキム・ジョンウン主演ドラマ「女を泣かす」で脇役やってましたが、
あまり印象に残ってません。


2度目の結婚は1998年で、お相手は実業家のイ・ホンホン氏で、
現在は製薬事業を手がけるコスダック上場企業「보타바이오(ボタバイオ)」
会長職やってます。

2015033010411927132_1.jpg
※左が再婚相手の旦那です。

キョン・ミリ自身、旦那の会社の大株主として名を連ね、(長女も一応株主)
子会社の健食会社のフランチャイズショップ1号店のオーナーになったりして、
内助の功にいそしんでいるのが、今年撮影された上の写真です。


2度目の結婚後、現在では、なにか順風満帆な私生活に見える彼女ですが、
これまでも、彼女はいろいろと物議を醸してきました。
2006年のJU事件(被害者9万人被害額2兆ウォンのマルチ商法詐欺事件)では、
広告塔の役割を果たしたキョン・ミリに対して世間様から白い目が向けられたり・・・
(彼女の立場はあくまでも “自分も被害者”)
2010年、旦那の会社の株価操作の容疑がかかるも、不起訴処分だったり・・・
2011年には、大物演歌歌手の太珍兒[テ・ジナ]と出資した企業での
インサイダー事件に関わったとして、
株価操作の容疑でこれまた不起訴処分となったり…
ダークなイメージが常につきまとってる女優&
サイズはミニでも、エセ財閥系ミュヌリ(妻)を狙ってる女優と言えそうです。 


おまけ

723894340204378.png


※作詞テ・ジナでタイトル「행복한 여자(幸せなおんな)」

キョン・ミリ、テ・ジナとは本当に親しかったみたいで、
彼の勧めで2009年、44歳という年齢で歌手デビューも果たしています。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^