FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月

自分と向き合い 自然と対話する 歩く済州の旅がおすすめです ♪

済州 2015 GEO FESTIVALのレポの続きの続きの続きで最後になります。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

クリックお願い







歩いた、済州ジオトレイル、山房山・龍頭海岸のAコースには、
済州の道路7選に選ばれた「沙渓海岸道路」も、一部含まれています。

「沙渓海岸道路」では、昨年のFAMツアーで、たまたま中国映画、
「情敌蜜月 / 敵とのハネムーン」の済州ロケ現場をバスで通過し、
韓国の人気俳優である、ナマのクォン・サンウに遭遇しました~。

セルカ棒を使うクォン・サンウに仰天!
中国映画「情敌蜜月 / 敵とのハネムーン」済州ロケに遭遇しました~!


P1180391.jpg

「沙渓海岸道路」から「兄弟海岸路」へ、ゆっくり歩いていくと、
重なって見えていた2つの島が、だんだんと兄弟らしく見えてきます。

P1180392.jpg

済州の海岸は、沖縄と比べると、うっすらと黒いです。
それは珊瑚礁の島と、火山の島の違い。島もいろいろで世界に1つの島。

P1180384.jpg

P1180386.jpg

P1180395.jpg

済州で人気のドライブコースとあって、沿道にはポツポツと個性的なカフェが立ち、

P1180397.jpg

こちらは洞窟カフェ。
どんなカフェか、またまた日本から飛んできた、集団のぞき見隊は、
興味津々と、団体で、カフェをのぞき見しましたが、どうやら休業の様子でした。

P1180399_2015112010133027e.jpg

歩いて来た道を振り返ると、スタートを切った
山房山(サンバンサン)が、だいぶ遠くに見えます。

P1180400_20151120102027c29.jpg

そして途中には、バス停が、ポツンと立っていました。
映画「バクダット・カフェ」ではありませんが、映画の始まりのワンシーンのようです。

横暴なオルネリョ!さんと喧嘩したワッタカッタ!さんは、ついには車を降り、
スタスタと砂漠ではなく、海岸沿いを、小さなカバン1つ持って歩きます。
そこでたまたま入った、モーテル兼カフェに長期滞在し、やがて人気者になって行く・・・

私が、済州のカフェで手品をしていたら、皆さん遊びに来てください。

P1180415_201511201020561b0.jpg

並ぶ、兄弟島の前を船が通過中。そばに見えるのは浮かぶゴミではありません。

P1180406.jpg

私のカメラの性能が、いまいちなので、分かりづらいですが、波乗りする人の姿が。
韓国でサーフィンする人の姿、ここで初めてみました。海女さんは、ちょくちょくと見ますが。

P1180402_201511201020280fa.jpg

兄弟海岸路 (형제헤안로) の石碑の前で、私たちを待っていたかのように、
ギター弾き語りのライブが始まりました。

P1180405.jpg

今年のFAMツアーは、弾き語りまで用意されましたか~!と驚きましたが、
実はこれ、済州 2015 GEO FESTIVALの催しの1つでした。

P1180408_2015112010203140b.jpg

この日は、フェスの最終日、しかも朝から雨が本降りで、幸い雨は上がりましたが、
いろいろと企画・準備をされた割には、歩く人出が少なかったかもしれません。

歌手のお兄さん、お名前を聞くと、「キム・シニク」さんとおっしゃるそうです。
私たち、集団そぞき見隊のため、心を込めて歌を披露してくださいました。

P1180414_201511201020543a9.jpg

譜面をちらっと、のぞき見すると、当然と言ったら当然、スコアにはハングル文字が。
なぜか、それが新鮮でした。

P1180411_201511201020325fb.jpg

そしてキレイな景色の中、ベンチの上には、ロケ弁ならぬ、
スタッフと本人のお弁当が、ちょこんと、座っていました。

P1180412_201511201020538d5.jpg

済州の島では、どんなお弁当なんだろう~。中は何が詰まっているのか、
見たくて見たくて、たまらない私でしたが・・・流石に開けることはできません。

P1180420_201511201024106de.jpg

集団の視察は続きます。ライブを聴いて、次に目に入ったのは・・・

P1180418_20151120102059f42.jpg

海岸に建つ、色鮮やかなコンテナハウス。

P1180416_20151120102057c55.jpg

海から山からの強風を遮り、こちらでゆっくり、お弁当を広げるのも良いかも。
窓は開閉するのでしょうか~。夏場は、どうなっているのかな?

P1180421_20151120103115e1b.jpg

朝、ホテルを出発して、午前中は、たっぷり歩きました。

済州は、島の約9割が玄武岩に覆われ、
火山活動によって流出した石のせいか、遠赤外線効果が期待でき、
よって島は、歩けば歩くほど元気にるとは、ガイドのアミさんの話。

私も、少し納得できるようになってきました。
普段、運動不足は否めませんが、済州に来るとなぜか元気に歩けます。

P1180424.jpg

歩いて歩いて、またここで小休止。今度は何が待っていたのでしょうか。

P1180430_20151120103137ad1.jpg

粘土こね?泥遊び?

P1180429_201511201031208b9.jpg

これも今回のフェスのプログラムの1つです。
化石割りというのか、恐竜発掘体験だそうです。
ジオパーク(地球科学的価値ある地質公園)に引っ掛けて、化石とは、
少々強引な感じでもありますが(^_^;)

追記:大変失礼をしました。読者さまより情報が届きました。
オルレ10コースにも該当するこの地の、
柵の南側は、沙渓化石発見地ということです。

記事ソース ⇒ 

P1180442.jpg

集団のぞきたい!は、何につけても、のぞきたいと興味津々、前向き。
好奇心旺盛な集団です。喜々として、化石割りにもチャレンジ。

P1180441.jpg

発掘した恐竜の骨を、最後は組み立てて出来上がり。
こちら15000ウォンで、絶賛?かどうかは不明ですが販売しているそうです。

P1180436_201511201031400e7.jpg

ユネスコが選定した、済州の地質学的な世界的な価値と、景観を活かし、
そこで収穫される特産物と、加工された食品、そしてギフトを、
ジオブランドとして、広報。普及するイベント、済州 2015 GEO FESTIVALでした。

簡単に言うなら、豊かな済州の自然と向き合う時間でしょうか~。

P1180437.jpg

済州の旅は歩くことが、おすすめ。バスを降り、タクシーには、少し待っていただき、
自分の足で歩き、豊かな自然と神秘に包まれる時間こそが、済州の旅の醍醐味。

P1180435_201511201031380cb.jpg

残念ながら視察隊には、時間がありません。ここからはバスに乗車です。

P1180439_2015112010314390d.jpg

隊員が「カマキリバス」と呼んでいた、3日間、私は2日間、お世話になったバスです。

P1180422_20151120103117004.jpg

駐車場から見えた山房山。さてこれから昼食になります。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくです^^




Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州観光公社