ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年02月

衝撃!金正男の暗殺報道 金正恩を“ディクテーター[独裁者]”と呼んだ金正男の息子「金韓率[キム・ハンソル]」は今後どうなる?

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






20170215110614633877.jpg
※クアラルンプール国際空港で監視カメラに収められた北朝鮮女工作員(2月13日午前9時26分ころ)





マレーシアの空港で、北のオンナ工作員2人から毒薬のスプレーを浴びせされ、
暗殺されたと報じられている、以前から北朝鮮の世襲政治を批判していた
北朝鮮・悲運の皇太子「金正男[キム・ジョンナム]」(46歳)。
※「マレーシアに金正男の愛人が居住」説アリ
※遺体が所持していた旅券には、氏名:김철(Kim Chol)、出身:平壌と記載。(要はニセ旅券だった)

報道が事実とすれば、金正恩の指示がなければ、こんなことは出来ないっしょ、やっぱ。
腹違いとは言え、アニキの殺害を指示するって、権力基盤が安定してるように見えていても、
まだまだビビってるんですね、北の将軍様は・・・

韓国の報道系は、「金正男が殺られたのだから、その息子も危ない!」ってな感じで、
その長男「김한솔(金韓率[キム・ハンソル])」(21歳)の身の安全に注目が集まってます。


video01.jpg


“おじいちゃん(金正日)、おじさん(金正恩)には一度も会ったことありません” 
“おじさん(金正恩)がどうして独裁者になったかは僕にはわかりません”
“いつかは北に戻って、住民の生活を改善したいし、統一も夢見ます”


2012年、ボスニアの国際学校在学中、
フィンランドのTVインタビューに応じた息子。
動画1分38秒付近で彼は自分の叔父、金正恩[キム・ジョンウン]を
“ディクテーター[独裁者]”と呼んでいて、
この点から、韓国の報道系は息子の身の安全を気にかけています。





4f6d483080319f9feec2bd866b0d920c.jpg
※パリ留学時代、寄宿舎で取材陣に囲まれた金韓率[キム・ハンソル]



ボスニアの国際学校から、親父さんの出身校でもある、
フランスのエリート教育機関「パリ政治学院」に2013年9月、進学、去年卒業し、
その後、中国?マカオ?に戻ったとされますが、詳細は不明。



article-0-0E38E00A00000578-732_468x929.jpg
※ボスニア時代からの彼女。去年から彼女と一緒に英・オックスフォード大に入学予定でしたが、
身の安全を考慮して、彼女だけ、現在イギリスで勉強中とのこと。


金正日[キム・ジョンイル]の秘密資金を管理しているだの、
北朝鮮の武器輸出に関わってるだの、権力には無欲だの、
いろいろ言われている金正男。
ハッキリ言えることは、
中国と仲良しだった張成澤[チャン・ソンテク]が処刑されてしまった現在、
中国にとっては金正男一家はお荷物状態だったのでは?
ですので、僕的には息子の命の危険以前に、
彼の今後の生活(金銭面等)が気になっちゃいます。



AKR20170215120300014_03_i.jpg




☆参考資料

GYH2017021400280004400_P2_20170215053901936.jpg
※北の“金王朝”家系図




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!