ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月

尹鍾信[ユン・ジョンシン]&金俊秀[キム・ジュンス]♪ それぞれの‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’

TEXT BY オルラッタネリョッタ!






20120608085020_204486_500_500.jpg



윤종신(尹鍾信[ユン・ジョンシン]) ‐ ‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’
作詞・作曲=尹鍾信、発売:2012.05.30.


이제부터 웃음기 사라질거야
いじぇぶと~ うっすむき さ~らじるこ~や~
今からは笑う余裕すらなくなるさ

가파른 이 길을 좀 봐
かっぱる~ん い~ぎるる ちょむ ば~
けわしいこの道を見てみなよ

그래 오르기 전에 미소를 기억해두자
くれ お~るぎ~じょね~ みそるる き~おけ~どぅ~じゃ~
そうさ、登るまえにお互いの笑顔を記憶しておこう

오랫동안 못 볼 지 몰라
お~れっと~んあん もっぽるじ~も~るら~
これから長いこと、笑顔が見られなくなるかもしれないから

완만했던 우리가 지나온 길엔
わんまんへっと~ん うりが ち~なお~ん ぎ~れ~ん
僕らが通り過ぎたなだらかな道には

달콤한 사랑의 향기
たるこま~ん さらんえ ひゃんぎ~
甘美な愛の香り

이제 끈적이는 땀 거칠게 내쉬는 숨이
いじぇくんじょぎ~ぬんたーむ こ~ちるげ ね~しぬ~ん す~み~
今からは、べとつく汗と荒く吐き出される息だけが、

우리 유일한 대화일지 몰라
うり ゆ~いら~ん てふぁ~いるじ~ も~るら~
僕らの唯一の対話になるかもしれない

한걸음 이제 한걸음일 뿐
はんごる~む いじぇ はんごる~みるぷ~ん
一歩、そしてまた一歩

아득한 저 끝은 보지마
あ~どぅか~ん ちょ くとぅん ぽ~じま~
遥か遠いゴールを見てはいけない

평온했던 길처럼 계속 나를 바라봐줘
ぴょんおんへっとん ぎるちょ~ろむ け~そん なるる ぱ~らば~じょ
穏やかだった道を歩く時のように、ずっと僕だけを見てください

그러면 견디겠어
く~ろみょ~ん きょんでぃげっそ~
そうすれば、耐えられるよ

사랑해 이 길 함께 가는 그대
さ~らんへ~ い~ぎる は~むけ~ かぬん く~で~
愛してる、この道を共に進む貴女を

굳이 고된 나를 택한 그대여
く~じ こ~でん なるる てっかん く~でよ~
敢えて、厳しい僕を選んでくれた貴女

가끔 바람이 불 때만
かっくむ ぱら~み ぷる~てまん
時折、風が吹く時が来れば、

저 먼 풍경을 바라봐
ちょ も~ん ぷんぎょ~んうる ぱ~ら~ば
遥かなる風景を見てごらん

올라온 만큼 아름다운 우리 길
おるら~おんま~んくむ あ~るむだ~うん う~り~ぎ~る
登った分だけ美しい、僕らが歩んできた道

기억해 혹시 우리 손 놓쳐도
き~お~け ほ~くし う~り~ そん のっちょ~ど~
覚えておいて。例え僕らの掴んでいた手がほどけても

절대 당황하고 헤매지 마요
ちょるて た~んふぁんは~ご~ へ~め~じ~まよ~
絶対に慌てたり、道に迷わないで

더 이상 오를 곳 없는 그 곳은 넓지 않아서
と~いさん お~るる ごっどむぬ~ん く~ご~すん のるち あ~な~そ~
これ以上登ることのできないゴール地点はあんまし広くないので

우린 결국엔 만나 오른다면
う~りん きょるぐ~げん まんな~ おるんだ~みょ~ん
僕らは結局再会することになるさ、登り切ることさえできれば・・・

한걸음 이제 한걸음일 뿐
は~んごる~む いじぇ はんごる~みるぷ~ん
一歩、そしてまた一歩

아득한 저 끝은 보지마
あ~どぅか~ん ちょ くとぅ~ん ぽ~じま~
遥か遠いゴールを見てはいけない

평온했던 길처럼 계속 나를 바라봐줘
ぴょんおんへっとん ぎるちょ~ろ~む け~そん なるる ぱ~らば~じょ
穏やかだった道を歩く時のように、ずっと僕だけを見て

그러면 견디겠어
く~ろみょ~ん きょんでぃげっそ~
そうすれば、耐えられるよ

사랑해 이 길 함께 가는 그대여
さ~らんへ~ い~ぎる は~むけ~ かぬん く~でよ~
愛してる、この道を共に進む貴女を

굳이 고된 나를 택한 그대여
く~じ こ~でん なるる てっかん く~でよ~
敢えて、厳しい僕を選んでくれた貴女

가끔 바람이 불 때만
かっくむ ぱら~み ぷる~てまん
時折、風が吹く時が来れば、

저 먼 풍경을 바라봐
ちょ も~ん ぷんぎょ~んうる ぱ~ら~ば
遥かなる風景を見てごらん

올라온 만큼 아름다운 우리 길
おるら~おんま~んくむ あ~るむだ~うん う~り~ぎ~る
登った分だけ美しい、僕らが歩んできた道

기억해 혹시 우리 손 놓쳐도
き~お~け ほ~くし う~り~ そん のっちょ~ど~
覚えておいて。例え僕らの掴んでいた手がほどけても

절대 당황하고 헤매지 마요
ちょるて た~んふぁんは~ご~ へ~めじ~ま~よ~
絶対に慌てたり、道に迷わないで


더 이상 오를 곳 없는 그 곳은 넓지 않아서
と~いさん お~るる ごっどむぬ~ん く~ご~すん のるち あ~な~そ~
これ以上登ることのできないゴール地点はあんまし広くないので

우린 결국엔 만나
う~りん きょるぐ~げん まんな~ 
僕らは結局再会することになるさ

크게 소리 쳐
く~げ そ~り ちょ~
大声をだして!

사랑해요 저 끝까지
さ~らんへ~よ~ ちょ くっか~じ~
愛してるよ、上り坂の果てまで・・・





変なウンチクはいらない。単純にいい曲。
昔売れた曲だけを歌い続ける歌手にだけはなりたくない!
歌手は新曲を出し続けてこそ本当の歌手だ。
そんな意気込みで恐らくこの方は歌手をされてるのだと思います。
その気持ちを具現化するように戦う歌手、尹鍾信は、
タイトル‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’に自分の人生を重ね、いい曲を作り上げました。




20150620000162_0.jpg
※奥さんの전미라(田美娜[チョン・ミラ])は元プロテニスプレーヤー。
僕はむか~しテニス野郎でしたので、彼女の現役時代の試合を何回か観てます。
で、この曲は奥さんを戦友に見立てて作った曲だと僕は勝手に推察・・・




新曲を出し続けるのはカネもかかります。
(スタジオ費&プロモーション費、バンドメンバーの生活などなど)
ですので、尹鍾信は、積極的にバラエティー番組に出続けてます。
で、その尹鍾信とは年齢もタイプも全く異なる김준수(金俊秀[キム・ジュンス])が、
この歌詞に共感したのでしょう。
テレビ出入り禁止の中、おととしEBSの音楽番組「スペース共感」で特別出演。
気持ち入りまくりで彼はこの曲‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’を歌い上げました。




※ファンに対して心の底から感謝しながら、この歌を歌っているように僕には思えます。



通常、モト歌&リメークって、どっちかよくて、どっちかダメってのが多いけど、
二人の‘오르막길(オルマッキル[上り坂])’、
僕はそれぞれの「上り坂」がよく表現されていて、優劣はつけがたいです。
それにしても、アイドルなのに、こんな小さな箱で歌えて、
さぞかし幸せだったろ~な~、俊秀氏は・・・




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↑     ↑     ↑
クリックしてくださればHAPPYです。
感謝ハムニダ~!