FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP2012年5月 釜山⇔ソウル 無計画非効率な韓国の旅 ≫ 唐津~東京~ソウルを結ぶ明治の建築界の巨匠~辰野金吾 竹島は触っちゃダメ!

唐津~東京~ソウルを結ぶ明治の建築界の巨匠~辰野金吾 竹島は触っちゃダメ!

2012年5月釜山⇔ソウル~無計画非効率な韓国の旅 その27

5月26日 土曜日

日韓関係のゴタゴタと韓国旅行は無関係~。
そう、政治とスポーツは無関係、オリンピックが平和の祭典ならば、
領土問題と韓国旅行も無関係よ~と、無理無理、都合よく自分に言い聞かせて、
5月の韓国旅行記を急ぎます。

韓国大統領の暴言や行動、竹島問題で、韓国旅行まで色あせると、
政治をスポーツの祭典に持ち込む輩と、同じになってしまいます。

P1170821.jpg

こちらは韓国旅行の三日目、私が撮影したソウル駅の旧駅舎です。

日本が韓国を統治した時代に建築した、代表的な建物としても知られています。
韓国の遅れていたインフラを整備したのは、紛れもなくこの時代の日本ですね。

東京の玄関、東京駅の丸の内側から見る、駅舎に似ていませんか~。

ソウル駅を設計したのは、東京駅を設計した辰野金吾の弟子である塚本靖。
辰野金吾と塚本靖は師弟関係にあり、
東京駅とソウル駅のデザインは、よく似ています。

急にまたどうして明治時代の建築家の話になったのか~?

子供の頃から旧唐津銀行の「辰野式」と言われる、
クラッシックな建物を見て育った私には、辰野金吾の名前は身近な存在です。
私は幼少期、近くにある唐津幼稚園に通園していました~。

東京に上京して、東京駅の丸の内駅舎を見た時の感慨は忘れられませんね~。
東京日本橋に現存する日本銀行本店も、辰野金吾の設計です。
韓国ソウルの新世界百貨店本店そばに残る、旧朝鮮銀行本店も辰野金吾の設計。

辰野金吾は唐津の出身。明治時代、旧唐津銀行の設計を依頼されますが、
ちょうど東京駅の設計で忙しく、弟子の田中実に委ねたという経緯があります。
そしてソウル駅は、同じく弟子の塚本靖の設計です。

唐津と東京とソウルの点と点が、辰野金吾でつながるご縁。

ソウル駅の旧駅舎もですが、新世界百貨店に行き来する際に目に付く
旧朝鮮銀行本店の建物にも、唐津が生んだ建築界の巨匠・辰野金吾を、
ついつい必ず思い出す私です。日韓関係は、ご縁が深いのです・・・。



同じく韓国旅行三日目、その国鉄ソウル駅の地下構内で・・・
ここはもう何回も行き来しています。今さらの竹島の模型に足を止めました。
日韓関係は根が深いのです。昨日今日の歴史ではありませんね。

もう10年以上~韓国を旅行しているので、韓国の竹島に対する執着は、
現地で嫌というほど目にして「またか・・・」というのが、5月のこの時の感想。
この問題には、少々麻痺していました。慣れですかね・・・。

しかし、ここ一、二週間ばかり、日本のテレビでも熱心に竹島問題が報道されています。
やれやれ・・・ようやくですか・・・と言った感想でもあります。

P1170830.jpg

獨島(竹島)は 自慢できる 大韓民国の固有の領土です。
獨島(竹島)を愛する心を込め 
目だけで鑑賞してくださることを願います(触らないでください)。

ソウル地下鉄、市庁駅長

P1170825.jpg

『獨島(竹島)を愛する心を込め 
目だけで鑑賞してくださることを願います(触らないでください)』だって・・・。
模型同様に、目だけで竹島を、鑑賞してくれていたら良かったのに。

激込みのソウル駅へやって来た話は次回へとつづきます!

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします^^


karatuginnkou.png
幼い頃から親しんだ旧唐津銀行

200804~1
復元完成するとこんなデザインらしい東京駅

C6FCCBDCB6E4B9D4new.jpg
日本銀行本店

photo_9.jpg
韓国の人は知っているのかな~?日本人が設計したソウル駅。
駅前は、攻撃的な浮浪者のたまり場でしたが・・・。
これもいつか書きたいのですが、
韓国の浮浪者は、日本の浮浪者と違い、攻撃的なのです・・・。

300px-Bank_of_Chosen.jpg
旧朝鮮銀行本店は、旧三越百貨店・京城店(現・新世界百貨店本店)にも近いですね。
現在は、韓国銀行貨幣金融博物館となっています。

関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.08.21Tue 14:22 ≫ 編集
そうでしたか!
なんと!ソウル駅は辰野金吾先生のお弟子さんが設計された
のですね~ビックリと納得です。
ソウル駅は辰野金吾先生が設計された大阪市中央公会堂に良く似ているなと以前から思っていました。
謎が解けました。
ありがとうございます!
日本に帰って辰野金吾建築巡りをしたくなりました。
2012.08.21Tue 21:41 ≫ 編集
Re: miya さんへ
miya さんありがとう~~~~~!
夫には、私が日本で一番の辰野金吾ファンと言われています。
こんなに熱く辰野金吾を語るヤツはいないと・・・。
東京駅の復元工事の完成を楽しみにしている私です。
大阪市中央公会堂も素晴らしいですね。
100年経っても残る仕事に、私はロマンを感じます^^
2012.08.21Tue 22:48 ≫ 編集
Re: コメントありがとうございます。
ソウル便の航空券ですが、最近はもっぱらHISかトラベルコちゃんで検索、
トラベルコちゃんが、安いですがたいていは売り切れで、
他のチケットを勧められますので、結局はHISで購入することが多いです。
プサン便でしたら、エアプサンのキャンペーンをチェックしてもいいかも。
釜山→ソウルまでの国内移動は、疲れますが楽しいです。
(楽しいかどうかは、人によりますが^^)
2012.08.22Wed 09:19 ≫ 編集
唐津!
ワッタカッタさんは唐津ご出身でしたか?
それでは、やはり韓国とは縁が深いですね。
今から30年くらい昔の日韓共同制作のテレビドラマ
「女たちの海峡」(うろ覚えですが)ご覧になったことがありますか?
時代は秀吉の朝鮮出兵ころ、場所は多分唐津あたりと韓国、
ヒロインは関根恵子・金英蘭というーこてこてに日本人を悪く描いたドラマなのですが、今でも心に残っています。
探せばどこかでありそうな・・・。
日本を悪く出しすぎはちょっと!でしたが、いいドラマでしたよ~基本は人間同士の信頼・愛情関係という感じでした。
2012.08.24Fri 10:24 ≫ 編集
Re: 唐津!
紅白梅さんコメント遅れてすみません。
二人で更新していると、コメント欄の管理も少々煩雑になりすみません。

残念ながら、そのドラマは知りませんでした。
大陸とは古くから繋がりの多い土地なので、子供の頃から、
「韓国」も「中国」も、聞きなれたキーワードにはなっていました。
東京の暮らしにすっかり慣れたころ、
ウチの隣りにキムさんが引っ越して来て、
懐かしい故郷の人に会った気持ちがしました。

韓国人のキムさんも言っていましたが、九州の人に雰囲気は、
韓国人と共有する部分があると・・・。分かるような気持ちがします。
私が韓国人を、遠い親戚のような気持ちで見るのも、そういうわけです。
困った親戚の方が多いですが(;´Д`)

2012.08.26Sun 06:52 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL