ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国ドラマ ≫ 青春歌謡グラフィティー!韓国ケーブルテレビtvNドラマ「応答せよ1997(응답하라1997)」で、30代韓国人のノスタルジーを体感しちゃいましょう♪♪

青春歌謡グラフィティー!韓国ケーブルテレビtvNドラマ「応答せよ1997(응답하라1997)」で、30代韓国人のノスタルジーを体感しちゃいましょう♪♪

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


弊社芸能担当パク某から強引に見ることを強要されたこのドラマ。
彼女の出身地、プサンがこのドラマのメイン舞台だからなのですが、
実際、見てみると、並みの地上波ドラマなんか目じゃないっす。

Baidu IME_2012-9-12_0-51-59


ネタばれになるので、細かなことは割愛しますが、
ざっくり説明しますと、
2012年に開かれた、高校の同窓会(参加者は全員30代前半)をベースに、
次々と主人公たちの高校時代や大学卒業後のエピソードが、
インサートされるというストーリー構成で、
タイトルの1997は、登場人物たちが17歳だった年を意味しています。

登場人物の女の子たちが、90年代後半、実在した韓国の男性アイドルグループ
【H.O.T】と【ジェクスキス】のファンに二分していて、
そのファン同士の対立の模様がドラマに組み込まれていて、コレが楽しい。

Baidu IME_22-52-34
↑ ↑ ↑
第10話のワンシーン。白が【H.O.T】派、黄が【ジェキ】派。
年末の歌謡祭での会場入場前の抗争。
それぞれのファンクラブ会長がそれぞれのグループを罵り合います。
このシーン、本当に笑えます。


日本なら、【たのきんトリオ派】か【シブガキ隊派】といったところですかね。

Baidu IME_2012-9-11_18-59-49
↑ ↑ ↑
H.O.Tは5人組で2001年に解散。
元メンバーのトニー・アンが本人役で出演。

Baidu IME_2012-9-11_19-1-26
↑ ↑ ↑
ジェクスキスは6人組で、2000年に解散しています。
元メンバーのウン・ジウォンが主役級で出演していますが、
高校生役で制服着ていても、違和感は無いです。

このドラマの見どころは…
・プサン訛りが満載で(皆うまい)、伝説の映画「チング」を彷彿とさせている。
 主人公シウォンの父母役、特に父親役のソン・ドンイルさんはインチョン(仁川)出身なのに、
 全羅道なまり(全羅道出身でプサンのプロ野球2軍監督という設定)を見事に駆使しています。 

・主役の多くがプロの役者ではなく、本業が歌手なのに、
 みんな演技が達者で素直にストーリーに入り込める。
 そして、脇役には、お笑い系男女やアイドル系歌手が豊富に出演。

主役4人だけをさらっとご紹介。

Baidu IME_2012-9-11_19-10-11
↑ ↑ ↑
ソン・シウォン役のチョン・ウンジ。
本業は、ガールズグループ【A pink】のメンバーです。
ブス系なんだけど、ドラマを見続けるにつれ、かわいく見えてきました。
父ちゃんは、プロ野球プサンジャイアンツの2軍監督で、
1997年当時の実在のアイドルグループ【H.O.T】メンバー、
トニー・アン(本人が本人役で出演)の追っかけファンで、
高校では学業成績はビリという役柄です。
ドラマの関心事は、この娘が、現在、誰と結婚しているのかに集中しています。

Baidu IME_2012-9-11_19-11-53
↑ ↑ ↑
ユン・ユンジェ役のソ・イングク。本業は歌手で、ソロ活動しています。
役柄では、高校の成績は全校トップで、シウォンとは幼馴染という設定。。

Baidu IME_2012-9-11_19-18-45
↑ ↑ ↑
左がシウォンの親友モ・ユジョン役のシン・ソユル。この娘の本業は女優です。
この娘もブス可愛くて好きになりました。
右がソウルからの転校生ト・ハクチャン役のウン・ジウォン。
この人はドラマで登場する男性アイドルグループ【ジェクスキス】出身の歌手です。

Baidu IME_2012-9-11_19-23-39
↑ ↑ ↑
カン・ジュニ役(右)で本業は、アイドルグループ【インフィニット】メンバーのホヤ君。
この人、演技うまいです。アイドル歌手が演技なんてと最初は偏見だらけでしたが、
いい意味で裏切られました。

・プロデューサー、監督、脚本がドラマ畑ではなく、バラエティー出身の制作陣なのに、
 きっちりドラマを作っているのがとても驚き。
こまかでリアルなエピソード満載で、日本人のおっさんが見ても、十分楽しめる。

・毎回ではないのですが、ドラマのエンディングに1997年当時のヒット曲が挿入されるのですが、
 これがかなり効果的な演出になっている。

 僕は第2話でのヤンパ「エソンイエ サラン(若造の愛)」



 第10話でのキム・ドンニュル「チュィジュンジンダム(酔中真談)」



 第13話でのイルギイェボ「人形の夢」



あたりがお気に入りです。

視聴方法は、ユーチューブにUPされた映像は、最近、著作権の関係で削除されたのですが、
中国のサイト「PPS.tv」では、非会員でも、現在、1話~14話をご覧いただけます。
ちなみに、中国語のタイトルは「请回答1997」。

Baidu IME_2012-9-11_20-49-23

ここをクリックしてください。
第1話から視聴できます。
画面の下には1話から14話のリストがありますので、
それぞれクリックすることで各話が視聴できます。

毎回、30秒の中国のCMがうっとうしく、
中国語の字幕が邪魔なのですが、かなりクリアに楽しめます。
なお、iPhoneのApp Storeでもダウンロードできますので、
PC・携帯両方で視聴可能です。
ケーブルテレビのドラマとしては、異例の視聴率を記録しているらしく、
本日11日(火)午後11時に15話、18日(火)に最終回の16話がOA予定。
この「PPS.tv」では、各話OAの3、4日後にUPされます(たぶん)。

本当に、僕的には久しぶりに面白く、推薦できるドラマですので、
だまされたと思ってどうか見てくださいませ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
ここをクリックしていただきますと
「韓国情報」にジャンプします。


おまけ



このドラマのOSTです。この2人の恋の行方はいかに・・・



関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.12Wed 15:48 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ

コメントありがとうございました。
このケーブル局はCJ系列なので、
もしかしたら、Mnet Japanで
放送するかもしれません。

ソ・イングク君のキスシーン、
ヤンパの曲がインサートされて
良かったです


2012.09.13Thu 00:04 ≫ 編集
NoTitle
おはようございます
ネットでも すごく面白いと評判ですよね。 CSで放送を心待ちにしています!!
たのきん と シブガキ という文字にひかれてしまいました
私は、たのきん では よっちゃん が好きで、友達に言ったら大笑されてしまい。  顔?と思い、仙八先生を観て モックン命(笑) でした。
やっぱり顔よね~と思う10代20代でしたが、歳をとるにしたがって、よっちゃんへ戻ってきています


2012.09.13Thu 10:19 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL