FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2012年9月 ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 ≫ DMZ非武装地帯~ツアー出発前の注意事項~鉄原の場合は?

DMZ非武装地帯~ツアー出発前の注意事項~鉄原の場合は?

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その18

2012年9月15日 土曜日


当初は、13:00発の安保観光に参加する予定でしたが、
いろいろと時間が押してしまい、14:30発のツアーに申し込みをしました。

私たちが行く場所行く場所で、長居をしてしまったせいですね・・・。
サクサクと歩けば、昼食も済ませて13:00発に間に合うと思います。



食事をした場所から歩いても直ぐの、鉄衣三角戦跡観光事業所で、
食事の前に、参加申し込みをしました~。
ここは鉄原の公式ガイドによると・・・

鉄衣三角戦跡観光事業所は、地上2階、地下1階で、
鉄原観光を紹介、案内する中心機関として孤石亭(コソクチョン)内にあります。
安保および、全史跡地発掘保存事業を推進し、
国内最大の安保教育の場として、活用されています。


どうりで、デカイ施設だったんだ~。
ただのツアー参加申し込み所にしたら、ずいぶんとデカイと思っていました。

P1190900.jpg

いわゆる民統線(民間人出入り統制線)内に入っていくツアーなので、
ガチガチな誓約書を書き、パスポートも提示するのかと、身構えていましたが、
そんな雰囲気ではありません。身体検査も無し。荷物検査もありません。
普通に申し込みをしました。正直に言って、これには拍子抜けです。

夫が韓国留学中、板門店・第三トンネルツアーに参加しようと、
思ったこともありましたが、男子の長髪は参加禁止と聞いて断念しました。

夫は当時、学生気分満喫でロン毛でポニーテールでした。

ポニーテールのおっさんが、軍事境界線スレスレをチョロチョロ歩いて、
うかつにも北の兵士の癇に障り、発泡となったら一大事です!
ウチの夫はサムライだと言い張っても、ウソは通じないでしょう~。

たかだかロン毛の日本人男子のため、南北の緊張が高まったらエライことです。
いろいろ想像してあの当時は、DMZツアーは諦めていましたね。

P1190901.jpg

安保観光シャトルバス

時間表

冬季
9:30 10:30 13:00 14:00
夏期
9:30 10:30 13:00 14:00 
※その他随時運行あり


料金表

一般   8,000ウォン
青少年  7,000ウォン
子供   6,000ウォン
※老人、障害者、国家功労者 6,000ウォン

DMZ鉄原平和観光株式会社
033-455-8275


ソウルからの代理店経由のツアー参加に比べると、激安ですね。

ただし上記の料金は、各施設の入場料は含まれていません。
私たちはここで入場料もまとめて支払い、大人1人1万2千ウォンでした。

ここのツアーは、ちょっと運行システムが変わっていて、
先頭に引率する車がついて、自家用車やタクシーでも参加出来ます。
その場合はまた料金が違うので、施設に問い合わせくださいませ~。

P1190905.jpg

申し込みカウンターの脇から、展示室に入場出来ます。
タダでしたので、ここもちょっと食事の前に見学しました~。

P1190904.jpg

北朝鮮の国民が使っている(今も?)、生活道具が主な展示物です。
言わずと知れた粗末な材質に、稚拙なデザインの北朝鮮の生活用品。

P1190902.jpg

私の目を引いたのは、北朝鮮の酒のボトル。
パッケージは兎も角として、味はどうなんでしょうね~。

P1190894.jpg

鉄衣三角戦跡観光事業所の前には、軍事用の飛行機も展示。

P1200043.jpg

噴水のある広場もあって、お土産物屋が並びます。

P1200045.jpg

そしてこの銅像は誰かしら?ずいぶんと筋肉ギャランドゥ~ですね。
というか、チョンマゲ姿の力道山にも見えます。

ガイドのあむちゃんから、情報が寄せられました~。
李氏朝鮮第13代王明宗の時代に実在した、朝鮮時代3大義賊の一人で、
林さんと言います。ハヤシさんではなく林巨正(イムコッチョン)、イムさんです。
「林巨正」で検索すると、彼の人となりがザクザクと出ました~。
韓国では有名な史人みたいです。あむちゃんありがとうございますm(__)m


ハイハイそれでは次回、第2トンネルへ向けて出発します~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いします。

関連記事

Comment

NoTitle
またまた横槍すみません。
銅像のマッチョは林巨正(イムコクチョン)という朝鮮時代の大義賊です。
この後階段を降りて見に行かれたでしょうか、ハンタン川にそそり立つ大きな岩がありますが、追われてその岩の端まで追い詰められた彼がそこから川に跳び込み、魚になって逃げたという伝説があります。
ほんとムキムキに作られてますよね。
2012.10.14Sun 10:53 ≫ 編集
Re: あむさんへ
あむさん おはようございます。
いや~ありがとうございます。助かりました。
誰だか知りたいところでしたが、こんな質問ね・・・。
マニア過ぎて困っていました^^
行きましたよ!最後に・・・
ハードな一日の疲れなのか、階段がきつかったです。
2012.10.15Mon 08:05 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL