ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2012年9月 ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 ≫ 韓国最北端の終着駅~月井里駅「鉄馬は走りたい」しかし韓国の子供は走り放題です!

韓国最北端の終着駅~月井里駅「鉄馬は走りたい」しかし韓国の子供は走り放題です!

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その21

2012年9月15日 土曜日

第二トンネル⇒鉄原平和展望台⇒鉄原タンチョウ鶴展示館⇒月井里駅



安保観光3時間コース、最後の見学地になります。
鉄原タンチョウ鶴展示館と、月井里駅は目と鼻の先、同じ敷地内にありました。

鉄原タンチョウ鶴展示館は、旧月井駅展望台をリニューアルしてオープン。
2階は、タンチョウ鶴と、ここ鉄原が渡り鳥の飛来地になった資料の展示。
3階は、約38種類90点に及ぶ、自然動物の剥製の展示となっていました。



正直に言って、私は剥製が苦手・・・気持ちが悪くて足早に退散しました。
小学生の頃から、理科室にある剥製が本当に嫌いでした。
死んでも展示される動物が、可哀想~に見えるからかな・・・。

ところで・・・
地雷が埋まったDMZは、60年もの歳月放置されたため、手つかずの自然が残り、
そこは野生の王国となって、動物たちの薬園となっているそうです。

で・・・私も不思議なんですが・・・
野生動物が地雷を踏んで、大ケガもしくは命を落とすことがあるのでしょうか?
そんな疑問を抱えながら、鉄原タンチョウ鶴展示館をあとにしました。

このことについては、また調べてみたいと思いますが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授くださいませ~。

P1200026.jpg

タイミングが悪く、社会見学でしょうか~、
韓国の小学生の団体さんがバス数台で到着。

最後の最後、私は感傷的になって月井里駅に佇むはずでしたが、
そこは野生児の王国になってしまいました。

「うるさ~い!静かにしなさい!」なんて、
韓国の小学校の先生は注意しませんから。韓国では子供は野放しです。

いっそ、野生児をDMZに放り込んでやろうかと・・・思いましたね。

P1200032.jpg

私が写真で見た、雪景色の月井里駅は美しかった・・・。
私が自分の目で見た月井里駅は、ガキだらけで、うるさかったです・・・。

さて月井里駅ですが、
元来は、鉄原駅と北朝鮮のにある柯谷駅の間に位置する、簡易駅でしたが、
南北の分断により、ここが京元線の最北端の駅となっています。
韓国側の最北端の最終駅ですが、現在は駅としての機能はしていません。

駅舎は、タンチョウ鶴とセットとなって、
韓国の小学校の社会見学の定番コースらしいです。

夫の会社のソウル大学出身のダイニエル・キム氏も小学校の頃、
この地を訪れたと、夫に懐かしく語ったそうです。

線路の途切れた先の、柵の向こうはDMZ非武装地帯です。

P1200028.jpg

「鉄馬は走りたい」

と、看板には書いてあります。月井里駅、名前が由来を示すように、
月と井戸にまつまる伝説が残る月井里という村が、ここにはあったらしい。

P1200034.jpg

「鉄馬は走りたい」しかし韓国の子供は走り放題。
分け隔てなく子供は可愛いです・・・。ただしかし感じるのは・・・

韓国は、親、先生の、躾、社会のマナー教育に問題が多いように思いますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
鉄原のネタは地味ですかね?
もしも良かったらクリックお願いします^^


関連記事

Comment

NoTitle
またまたまたしつこく登場してしまいました。
本来は一緒に行ったはずの場所に行けなかった分、知っていることを「知りたい」と言われれば口がうずきます。一種の職業病ですかね。

動物と地雷のことで、私もあちこちから噂のように聞いた程度なので定かでない部分もあるかもですが、、、
この辺りによくいるイノシシは、匂いが嗅ぎ分けられるので踏まないそうです。また、鳥や、鹿のように蹄の面積が小さい動物は、踏んでかかる圧力から地雷が反応しないとも聞いたことがあります。鹿ってジャンプ力がすごいので爆発した瞬間、すでに数M遠くへ逃げていそうです、これは無知な私の勝手な妄想ですが。
とはいえ、踏んでやられてる動物も少なからずいるはずです。先日来られた70年前に鉄原に住んでいたおじいさんは、当時は狐がいたとおっしゃってましたが、今はいません。地雷にやられたのだろうと思います。戦後は、今よりもっともっと生活圏内に地雷畑が広かったですから。

ついでに、、、月井里駅は今の場所は本来の位置でありません。本当は少し非武装地帯内に位置してました。そのままじゃ見学できないから、今の非武装地帯外ぎりぎりまでひっぱってきました。ご存知でしたら聞き流してくださいね。

子供の群れにあたってしまって残念でしたね。
あの駅舎は昭和のかほりがしてひっそり佇むほうが確かに雰囲気にあっていますね。記事のタイトルうまいです。大笑いです。
2012.10.17Wed 10:48 ≫ 編集
子供の躾
韓国の親は子供に何を教えているのですか?
私の家の近くに陶磁器を専門に展示している美術館がありますが、そこでも韓国からの親子連れが煩かったのを覚えています。小さなときから我慢や不自由を覚えさせないと、大人になってからが大変です。韓国人の大多数が怒りっぽく自制心に欠ける理由が分かる気がします。
2012.10.17Wed 20:54 ≫ 編集
안녕하세요?
처음 뵙겠습니다,우연히 이blog를 봐서 얼마나 한국어로 공부하시는지 궁금해져서 이렇게 해 봤습니다,전 3급까지 공부했지만 사전이 생겨서 그만두고 귀국했습니다,이제 오랜 시간이 지났습니다.그래서 다른 분들이 일본에서 어떤 방법으로 공부하실 까 봐 물어보고 싶습니다.
2012.10.17Wed 21:58 ≫ 編集
Re: あむさんへ
あむさん おはようございます。
いえいえ、ありがとうございます。
罪なき動物と地雷のこと・・・悲しいですね。

月井里駅が元の場所から移設されたこと・・・
本文中から抜けていました。それもありがとうございます。

こうしてあらためて記事にすると・・・
鉄原って自然豊かで良い所です。子供たちのはしゃぐ声を聞くと、
とてもとても軍事境界線と隣りあった町とは、思えません。

何が現実なのか?私はわからなくなりました。
またそれを確認に、鉄原には行きますね~^^

2012.10.18Thu 09:31 ≫ 編集
Re: 福島区の一区民 さんへ
福島区の一区民さん おはようございます。

日本で生まれ育ったケンちゃんは、
お祖母ちゃんの暮らす香港で、そこの公園に遊びに行くと、
いつまでたっても、ブランコにも滑り台にも順番が回ってきません。
日本の幼稚園では「みんな仲良く順番に」と教えますが、
香港の公園で遊ぶ子供たちは「競争」で、遊具の順番を勝ち取ります。
中国人のお祖母ちゃんは、孫を心配して、
何をするのも「ケンちゃん競争だからね」と、躾をしたそうです。
友人の中国人が笑って、私に話をしてくれたことですが、
滑り台の上には、ガキ大将が立っていて、
滑り台を滑る子供からカネを巻き上げていたそうです。おそるべしです。

自己肯定が強く、自身に溢れ、既存の常識に捕らわれない韓国人。
日本人の私からすると、時には常識外れにも見えますが、
意外と国際競争では強かったりしますね。
批判も多いですが、結果は出します。

子供の頃から、放牧されて溺愛されて育ったせいでしょうか。

日本人は決まりは守り、真面目に育ちますが、
世の中の不景気、閉塞感を見て、
もう少し国際社会ではハッチャケテもいいのかな~、
と、それぞれ近隣諸国の子供を見ながら考えてしまいす。
2012.10.18Thu 09:48 ≫ 編集
ウリナラもおばちゃんはうるさい(?)
こんにちは。かつてソウルの中央博物館に行った時に小学生の団体に遭遇した時のことを思い出しました。ノビノビしてるというか、走り回り、写真を撮りまくりでしたよ。外国人も多く訪れる場所なのに、引率の先生は注意しないのかな?と不思議でした。社会全体が容認しているのか、それとも塾の比重が大きくなって学校教育が役割を果たせなくなってるのか、興味深いです。かくいう私ですが、先日高速バスに乗っていて運転手さんに「もっと小さい声で話すように」と、注意を受けて、恥かしいやらショックやら。控えめに話しているつもりだったのに、地声がすでに大きくなっていると知りました。韓国のバスにも乗ってみたいものです。DMZには初めての韓国旅行で行きましたが、歴史や現実の重さと、他国の観光客が気軽に行けるギャップに韓国という国の不思議さを感じたものです。
2012.10.18Thu 14:07 ≫ 編集
Re: クラリネットさんへ
クラリネットさん こんばんは~
日本は特殊かも?です。
ヨーロッパの有名美術館に行った時、
やはり現地の子供たちも見学していましたが、
のびのびしていた事を、今思い出しました~。
私の小学生時代は、キチンと整列させられて見学、私語はもちろん厳禁!
社会見学は、ひどく窮屈で退屈でしたね。特に美術鑑賞は。
小学校で教諭をしている友人がこぼしていましたが、
校内の廊下を走り回って子供らしくしているから、放置していると、
先輩の教諭から、指導が悪いとキツク注意されたと凹んでいました。

バスの中でも、声をひそめなくてはいけない日本。
まあ~ちょっと窮屈です。私も夫も、声がついつい大きくなるので^^




2012.10.18Thu 20:58 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL