FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2012年9月 ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 ≫ 北の失郷民の町~アバイマウルと草束名物オジンオスンデ♪

北の失郷民の町~アバイマウルと草束名物オジンオスンデ♪

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その39

2012年9月16日 日曜日

アバイマウル(アバイ村)は、韓国ドラマ「秋の童話」のロケ地として、
あまりにも有名。なので、ケッペの渡し場周辺付近を指すのかと、
思っていましたが、あらためて「韓国 アバイマウル」で地図検索をすると、
束草の青草湖の東側にフラッグが立ちますね。

どこからどこまでがアバイマウルなのか?地図を見ても、
よく分かりませんでしたが、この周辺をアバイマウルと呼んでいるようです。

Baidu IME_2012-11-12_21-12-17-123

実際ケッペが往来しているのは、雪岳山(ソラクサン)から流れる、
青草川の河口となる青草湖の北側になります(オレンジの枠内)。
山から流れる川の水と海水が混ざる、幅50メートルの場所でした。
韓国語のケとは、まさにそういう場所、河口を意味すると、夫が説明します。
そしてペには船の意味があると。

「ケッペ」とは「河口+船」という意味だったんですね~。

私たちが宿をとったのは、青草湖の南側。
観覧車のマークの少し南のオレンジの点です。
ホテルからケッペの渡し場までは、タクシーで3500ウォンでしたから、
だいたい300円くらいの距離。

Baidu+IME_2012-11-17_9-46-46_convert_20121119040700-123-11.jpg

つまりホテルから、湖の東岸をグルッと北に北上して、河口をケッペで渡り、
そこからケッペにまた乗らずとも、対岸から今度は湖の西岸を、
グルッと南下してホテルに戻ることが出来ました。

船なんかに乗るからさ~アバイマウルって、どこの島?
なんて思うじゃないですか~。アホなのは私だけ~?
そうか~ケッペに乗らずとも遠回りですが、湖の周辺を行き来出来ます。

秋の童話のウンソも自転車に乗れるのならば、
わざわざ自転車を持ち込んでケッペに乗らずとも、
ケッペの渡し場から見える橋を渡れば、良かったのではないか?
なんて思ったりしました・・・。
まあ~それでは、感動のドラマにはなりませんが・・・。



予定外でしたが、ここでオジンオスンデを食べることにしました~。
ほら、安芸の宮島に行ったら、いやでもモミジ饅頭が目に入ります。
歩いても歩いてもモミジ饅頭~。そこらかしこにモミジ饅頭~。

まさにそんな感じ。ケッペを下船して歩くと、
歩いても歩いてもオジンオスンデ。そこらかしこにオジンオスンデ。
そうだ~!ここはオジンオスンデが名物だったわね~なんて思い出し、
それではせっかくなので、適当に店に入って食べてみるか~!と思ったら、
夫がiPhoneで熱心に検索中~。
妥協できない性格?韓国人に評判の良い一軒を絞り込んでくれました。

チニャン フェチプです。

P1200349.jpg

アバイマウルも、朝鮮戦争と深いつながりがある村ですね。
北朝鮮との国境に沿う江原道を歩くと、戦争にまつわる話ばかりに出会います。

アバイマウルは、韓半島を南北を分断した朝鮮戦争の渦中、
韓国に避難した咸鏡道の失鄕民たちが、戦後に故郷へ戻ることができず、
休戦ラインに近い、海辺の野原に家を建てて生まれた村と言われています。
アバイマウルが、北朝鮮の文化が色濃く残る村と言われる所以ですね~。

アバイ(아바이)とは・・・
어르신의 북한말 [아바이] [아바이]라는 말은 [할아버지]
라는 뜻의 북한 사투리이다.
お年寄りという意味の北朝鮮の方言だそうです。

失鄕民は苦労した人が多かったのかな~?
年寄りばかりに見えたのかな~?なんて想像します・・・。

P1200346.jpg

ここでも行き当たりばったりですが、
さてさてアバイマウル名物の、オジンオスンデを食べてみましょう~。

P1200352.jpg

思いの外、並べられたパンチャンがキレイでした。
この意外性が、行き当たりばったりの韓国の旅の醍醐味?
ムリムリ書いていますが・・・。

P1200353.jpg

へ~以外。こんな田舎でこんな風流なひと皿に出会うなんて・・・。

P1200355.jpg

お皿も韓国にしてはお上品だし・・・
ただ味は、なかなか・・・でした。分かる人だけが分かる、なかなかな味。
もしかしたらこれが北朝鮮の味?なのかな~?

P1200358.jpg

じゃ~ん!これがオジンオスンデです!イカ飯の韓国版ですね。

見た目は、ぜんぜん美味しそうに見えませんが、これは美味しい。
イカ大好きな私たちですが、へぇ~こんなイカ料理もあったのか!
新鮮でした。小腹が減った時に、酒のつまみにもぴったりの一品。

P1200359.jpg

お店や家庭によって、イカに詰める材料は違いますが、だいたい、
もち米、刻んだイカゲソ、豆腐、もやし、玉ねぎ、ネギ、青と赤唐辛子、
ニンニク、ゴマ油、卵などを混ぜて詰め、蒸して作るようですね。

手前の色が黒いのは?
オジンオ モンムル(イカ墨)スンデです。イカ墨で黒くなったわけ。

P1200343.jpg

恒例のメニューの紹介もチラッとします(一部です)。

オジンオスンデ
オジンオスンデ+オジンオ モンムル(イカ墨)スンデ
チニャン ムルフェ(水刺身) 一人前
チョンボクチュク(あわび粥)
フェトッパプ(刺身丼)

P1200344.jpg

センテ(スケトウタラ)タン(チリ、メウンタン)・・・(上から大・中・小)
テグ(マダラ)タン(国内産)
センソン(魚全般)メウンタン
ウロク(クロソイ)メウンタン

P1200345.jpg

オジンオスンデ ムルフェ お持ち帰りできます。

オジンオスンデ
ソッコ(盛り合わせ)スンデ


料金は写真を見てくださいね。持ち帰り(ポジャン)も出来ます。
出来たての熱熱が美味しかったですが、
持ち帰ってホテルでつまんでも、いいかもです。

P1200337.jpg

ここでガッチリ食べず、移動~海辺の町に来たからには・・・
もう一軒寄って、ホテルには戻ります。どこに行くのでしょう~か?

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックもよろしくです!

P1210233.jpg
P1210234.jpg

関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.19Mon 21:47 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL