ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2012年9月 ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 ≫ 金剛山観光客被撃死亡事件~軍事境界線を越え12000峰の名山へまた行ける日はいつ?

金剛山観光客被撃死亡事件~軍事境界線を越え12000峰の名山へまた行ける日はいつ?

2012年9月ソウル~鉄原~春川~束草~高城~DMZ非武装地帯を巡る旅 その46

2012年9月17日 月曜日

神様から授かった?ようなかたちで、突然天から降りてきたガイドの、
ノ・ジェヨンさんは、終始一貫、陽気な韓国人でした。
言葉は分からなくても、一緒に居て楽しい~タイプです。

そんな彼が、車を運転しながら顔を曇らせて・・・
「あの事件からこのあたりの状況が一変してね」と言います。

事件以来、観光客の足は途絶え、観光で潤っていた町の収入は激減し、
そして軍事的な緊張が高まり、規制が厳しくなったそうです。

そうです。あの事件とは、金剛山(クムガンサン)観光客被撃死亡事件のことですね。

Baidu IME_2012-11-27_20-50-14

Aのバルーンが立っているのが、金剛山(クムガンサン)です。
焼肉屋ではありませんよ。金剛山という店の屋号は、ソウルにも多いですが、
韓半島の人たちが、一度は訪れたいと憧れる名山です。
高城の大津は、金剛山観光の玄関口だったのです。

だった?そう観光事業は事件以来、現在は中断しています。

P1200582.jpg

金剛山(クムガンサン)観光事業とは?簡単にまとめると・・・

南北和解を進めたい韓国の金大中(キム・デジュン)政権と、
カネが欲しい北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)体制の思惑が一致して、
開城(ケソン)工業団地政策と並ぶ、韓国の北朝鮮経済協力の1つですね。

1998年11月に始まり、2006年には初めて決算が黒字化。
そして盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権に変わっても、政権の支持のもと事業は拡大。

海路で行き来するしかなかった99年には、14万7000人の観光客数が、
04年に陸路での金剛山への往来が本格化すると、05年には30万1000人と倍増。
累計は07年10月末で167万人を突破という、日本でも話題のニュースでした。

なお、この観光事業では、参加者一人につき30〜80米ドル「対価」が、
北朝鮮に支払われました。カネは何に使われたのでしょうか~?

P1200585.jpg

この金剛山観光事業には、当然政治カネ絡みのドロドロがあって、
事業に大きく貢献した、韓国の代表的な財閥、現代の創始者の五男である、
鄭夢憲(チョン・モンホン)氏が「北朝鮮巨額不正送金事件」公判中の、
03年8月に自殺と・・・様々な思惑が見え隠れする事業でもありましたね~。
(これには、他殺説も韓国には根強くあって、現在、現代の会長は、
 自殺したことになった鄭夢憲(チョン・モンホン)氏の嫁が就任しています)

自殺した鄭夢憲(チョン・モンホン)氏の父親は、金剛山近くの出身。
事業が始まった1998年には、
その父親で現代の創始者、故・鄭周永(チョン・ジュヨン)会長が、
1001頭の牛を引き連れて直接板門店を渡り、北に牛を贈った話は有名です。

Baidu IME_2012-11-28_8-48-9
1001頭のモーモーの、北への凱旋は圧巻だったでしょうね~。

Baidu IME_2012-11-28_8-49-46
チョン・ジュヨンじいちゃん、かっこよすぎ~。ヒューヒュー♡♡♡
(パクってパクって、一財産築いた!?)

정주영~1
テレホンカードになりました~。

北の人は、牛より現代の自動車の方が、欲しかったのかもしれませんが・・・。
しかし、牛は乳も絞れるし、肉にもなるし、やっぱ車より牛かな?
車は腹の足しにはなりませんから。背に腹はかえられぬ・・・ってことね。

腹黒い連中のドロドロはあっても、北と南が交流出来たことは一歩前進でしたが、
2008年7月、韓国の女性観光客が、金剛山付近の軍事立ち入り禁止区域で、
朝鮮の兵士に射殺され、それ以来、金剛山の観光事業は中止になりました。

当然、ガイドのノ・ジェヨンさんの財布にも影響したでしょう~。

ところで。韓国のおばさんは、なんでそんな入ってはいけない場所に入ったの?
普通に考えると理解不能ですが、自由すぎる韓国人を知っている方は、
まあ~納得も出来ますね。とにかく人の言うことを聞かない人が多いですから。

それでも、無邪気なおばさんを、なぜ射殺しないといけなかったのか?
ちょっと気になります・・・。こういう話は夫の得意分野ですが・・・。

P1200519.jpg

民間人統制区域内に車は入って行きます。通行証が随分と大きいです。
おじさんの話は韓国語でしたが、夫が通訳をしてくれました。

ここから先、展望台までは、けして車を止めてはいけないそうです。
いたる場所に監視カメラが設置してあって、車を止めたら、
そこで拘束されるらしい~。ちょっと緊張しますね。
万が一、車がエンストしたら・・・どうしよう~無事走ってくれよ~。

Baidu IME_2012-11-26_21-1-26

金剛山観光客被殺(韓国語の表現)事件の概要

1.(射殺された)朴さん、ビーチホテル出発(11日4時30分、ホテル内CCTVで確認)
2.徒歩で海水浴場の入口に到着
3.フェンスの横、高さ1~1.5m砂山を越え(推定)北の軍事統制区域に侵入
4.北の哨兵、朴さんを制止、朴さん逃走(北側の説明)
5.朴さん、フェンスの200m手前で北の哨兵の銃撃を受け4時50分死亡(北側の説明)

核心的な疑惑
北の説明では朴さんの総移動時間及び距離が20分/3~3.3kmとなり
暗がりの中で、しかも、スカート姿の50代の女性が歩くのは、
物理的に無理で到底納得できない。

Baidu IME_2012-11-26_21-30-10

金剛山観光客銃撃死亡事件は、2008年7月11日午前4時50分頃、
朝鮮民主主義人民共和国の金剛山観光地域で、
韓国国籍の女性観光客パク・ワンジャ(53歳)が、不明な理由で、
朝鮮人民軍によって、銃撃を受け死亡した事件。
被害者を銃撃した理由について、朝鮮民主主義人民共和国は、
軍事境界地域を侵犯したという主張をしているが、
韓国が要求している真相究明を、
朝鮮民主主義人民共和国が拒否していることにより、
事件の実際の経緯は明らかにされなかった。
(訳:オルネリョ!)

Baidu IME_2012-11-26_20-58-52

事件の真相は、曖昧なままです。

ところで海外のニュースは、ナマナマしい映像画像が多いですね。
火事も交通事故も焼けた遺体を隠すことなく、そのまんま伝えることが多いです。
日本の報道がナマぬるいと言えばナマぬるいのですが・・・。

さて統一展望台へと行ってみましょう~。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックお願いしますね~(^^ゞ

韓国人が憧れる金剛山、写真を選ぶにも数が多くて、
興味あるかたは、「금강산」と検索ボックスに入力(コピペ)して、
画像検索をしてみてください。

美しい~金剛山がいっぱいです。

関連記事

Comment

益々面白くなってきましたね
緊張感とともにワクワク感もでてきましたね。
危険と背中合わせの観光~スリル満点です。

現代グループの話も納得です。
韓ドラ「英雄時代」の冒頭部分は自殺シーンからでしたから・・・

続きが楽しみです。
2012.11.28Wed 09:11 ≫ 編集
金剛山
こんにちは。
その事故、覚えています。
「いうことをきかない韓国人」のフレーズ、笑ってしまいました。

金剛山といえば、在日3世の金蓮花(ペンネーム)という方のかかれた
「銀葉亭茶話ー金剛山奇譚」というコバルト文庫(!)を読んで、とても感動した記憶があります。
朝鮮風ファンタジーというのでしょうか、なかなか彩に富んだお話でしたが、それが脳裏によみがえりました。

将来国交が正常化されたら、堂々と平壌冷麺を食べるためにも健康で長生きしたいものだと思います。
2012.11.28Wed 14:24 ≫ 編集
NoTitle
すげぇ~、最近の記事で見られる、この行動力&範囲の広さ真似できないです。
2012.11.28Wed 23:01 ≫ 編集
金剛山
この事件は知りませんでした
暗がりで20分3kmは無理でしょう・・・
いや~不思議です

ホテルの件ですが、災害のこととか考えてなかったです
確かに出口が一箇所って怖いですね
ぐっすり眠るには最高なんですが(^^;
2012.11.28Wed 23:39 ≫ 編集
Re: uknowumiさんへ
uknowumiさん おはようございます。
韓ドラ「英雄時代」は、私も見よう~と思いながら・・・いまだに。
韓国財閥の話は、興味がつきません。
韓国は日本とのつながりがなくては、今の経済成長はありませんでした。
ああ~それなのに、やつらは・・・ですね^^
2012.11.30Fri 07:36 ≫ 編集
Re: 紅白梅さんへ
紅白梅さん おはようございます。
真相は闇ですが、韓国のおばさんが一人朝方、
海岸を歩いていたのは事実です。いったい何のため?
この一人のおばさんが、北と南の交流事業を阻んだとしたら、
どうなんでしょうか?その功罪は・・・。
金剛山には、私も行ってみたいです。
そして本場冷麺を食べてみたいですね。
その時は、紅白梅さんご一緒しますか~^^
2012.11.30Fri 07:41 ≫ 編集
Re: 元(ゲン)さんへ
元(ゲン)さん おはようございます。
仕事じゃないからです。趣味だからです。
コーディネーターもスポンサーもいません。
遠慮なくブログに記事はかけますね。これが醍醐味です。
空港へのお迎えの車、アテンド、通訳そんな身分でもありませんから。
そのおかげで、いつも素敵な笑顔の出会う旅になります。
体力的にはキツイですが^^
2012.11.30Fri 07:45 ≫ 編集
Re: 豊年満作さんへ
豊年満作さん おはようございます。
日本でも報道されたニュースですが、地元の人から、
あん時は、ああでこうでそうだったと聞くと、
へぇ~そうなんですか~なんて、あらためて興味が出ました。

ホテルの窓なしの部屋・・・盛り上がっていますね。
何が怖いかって、緊急時、外の様子に気づくのが遅れるのと、
熱や気圧や振動で、ドアが開かなくなる危険性です。
非常階段が近くても、ドアが開かないと逃げられませんから・・・。
2012.11.30Fri 07:50 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL