ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP韓国芸能情報 ≫ シリーズ化決定?!オルネリョ風♪韓国財閥系タレント名鑑その1

シリーズ化決定?!オルネリョ風♪韓国財閥系タレント名鑑その1

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


最近、ブログ書いていると、いろいろ昔のことを思い出したりして
ノスタルジーな気分になっていく自分を感じざるを得ません。
僕って、日本でブームになったいわゆる「韓流ブーム」時代よりも
それ以前の「韓流」あるいは韓国芸能系が好きだったのだと…
つくづく思うわけです。

最近、頭に浮かんだのは、唐突にも俳優の「イ・ソジン」。
Baidu IME_2013-8-9_15-44-45a

※彼と言えば、僕の場合、自殺して他界したイ・ウンジュ、エリックと共演した
2004年ドラマ「火の鳥、불새」ですね。

前職芸能担当パク某によれば、イ・ソジンは、
「芸能人と付き合いたくて俳優やってる男」と言われてましたが、
この男、僕らが初期にハマった2004年の韓ドラ「パリの恋人」のキム・ジョンウンを
2008年、ボロ雑巾のように捨てた容疑で僕の心に深く刻まれた男です。


キム・ジョンウンって言っても、同姓同名の「北の将軍さま」ではありませんよ。
Baidu IME_2013-8-9_15-21-44

こちらッす。
Baidu IME_2013-8-9_15-21-21

破局を知った時は、僕も感情的になって、
「このガーグル野郎!何がニューヨーク大経営学科卒だよ!」
Baidu IME_2013-8-9_15-23-30
※ニューヨーク大の卒業式です。

「母親の反対ぐらい無視しろよ!」
Baidu IME_2013-8-9_15-3-50
※母親のキムチ料理研究家イ・ユンジャ(センター)が、
2010年、国立国楽院の舞台で主役を演じた時の家族写真。
左端で、にやけているのがイ・ソジン。多分、母ちゃんの右隣は、彼のアネキだと思います。

なんて吠えていたものです。
でも、「イ・ソンジンって家柄はいいらしいよ」と聞きつけ、調べてみると…

じいさん(イ・ボヒョン)が、ソウル銀行を始め、いくつもの銀行の頭取を歴任して、
Baidu IME_2013-8-9_14-27-3이보형
Baidu IME_2013-8-9_14-14-16Baidu IME_2013-8-9_14-20-37
※2002年、ソウル銀行は、ハナ銀行(右、因みに僕のサブバンク)と合併されて、名前は消滅しました。

中央銀行である韓国銀行内に設置された韓国金融通貨委員会の委員や
Baidu IME_2013-8-9_14-22-43
※毎月開催され、基準金利が決められます。

韓国ボーイスカウト連盟の総裁を歴任したのが「そんなにエライのかよ!」
Baidu IME_2013-8-9_15-53-26
Baidu IME_2013-8-9_14-38-0
※2011年、韓国(ボーイ)スカウト連盟広報大使は、日本語お上手な歌手の「ユナ」

一方、父ちゃん(イ・ジェウン)は、安興(アンフン)相互信用金庫(今は存在しないです)の
代表理事をやってて、「じいさんから600億ウォンの遺産を譲り受けたぐらいが何なんだ!」
って怒ってはみたものの、やっぱり大したもんですね。

しかも、2011年の1年間、イ・ソジン自身が、
「アスクベリタス資産運用」って多分外資系企業から
グローバルコンテンツ第2本部長と常務の肩書きで招かれ、
タレント業と金融業の2足のわらじを履くことに…

Baidu IME_2013-8-9_14-57-39
※常務就任後、雑誌の特集記事で取り上げられ、
「大韓民国を代表する孝行息子イ・ソジンの終わりなき挑戦」だって、ケッ!
Baidu IME_2013-8-9_14-33-4
※アスクベリタス資産運用株式会社ホームページ

これって、自分の莫大な資産を背景に入社したのか?
単なる客寄せパンダ?かは、よくわかりませんが…

僕、金融系のタレントは、日本でいうと、歌手の小椋佳しか知りませんが、
小椋さんは、銀行マン続けながら歌手活動をしてきた方なので、
イ・ソンジンのケースとはかなり異なります。


                       「韓国財閥系タレント名鑑」不定期でつづきます。

「韓国財閥系タレント名鑑その2」に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
ここをクリックしていただきますと
僕ら夫婦のランキングが上昇します。

関連記事

Comment

NoTitle
オルラッタさん、待ってましたよー♪
火の鳥、観てました。
イ・ウンジュ、『スカーレットレター』も観てたせいか
どこからみてもはかなげなオーラがある女優さんでしたね。
あのドラマのチョン・ヘヨンが割れたガラスの上を裸足で歩く
シーンも忘れられません。
そうでした、イ・ソジンですがキム・ジョンウンを
アッサリ、ボロ雑巾のように捨てた男ですね。
キム・ジョンウンちゃんをはじめてみたのがパリ恋で
(整形仕立てのまぶたを見てびっくりしましたが)
結構好きだったんでかわいそうでしたよ。
イ・ソジンって財閥家系と何かにつけ聞いてはいましたが
こういう家柄だったんですね。
やっぱり家には何があっても逆らえないんですね!
まあご本人は芸能人と付き合いたいだけで結婚ははじめから
ないんでしょうけど・・・
2013.08.10Sat 12:44 ≫ 編集
ノルサラヘドテゲンニ~
パリ恋!と言えばチョソンモ!
とにかく、私も当時はまってました。懐かしい~
プラハ~恋人まで観たんですが、どうにも恋人はイソジンのせいからか、ハマらずリタイアしました。
キムジョンウン、整形バリバリなんですが、何か憎めない感じがいいですよね。チョコレートの終了を心から悲しんだ一人です。。
2013.08.10Sat 15:04 ≫ 編集
Re: makorin さま
makorin さま

あの時代の同じドラマ、映画を共有できるのは
本当にありがたいことです。完全に「同士」ですね!

僕、記事書くときにいつも「わかってもらえるかな~」と
ドキドキしながら書いてるんです、本当は。

不定期になりますが、
この財閥系タレント名鑑は、古さ炸裂することになりますので
よろしくお願いいたします。



2013.08.10Sat 21:32 ≫ 編集
Re: miyoungさま
miyoungさま

ノルサラヘドテゲンニ~
    ↓
もちろん、アンドゥエ(笑い)

このOSTは3枚ぐらい買った記憶が…
https://www.youtube.com/watch?v=aP2OxEPlZns

懐かしいです。この時、韓国語わからない時代だったから
今聞くと、逆に新鮮です。

僕、ドラマの続編は、日本でもいい思いしたことなかったので
プラハからパスしてます。

チョコレートの司会は、本当に観客とゲストに助けられてる感じで
下手でしたけど、僕も彼女すきですよ。
映画も結構見てて、コメディータッチが似合う女優さんだと思います。








2013.08.10Sat 21:44 ≫ 編集
その、捨てられた女優さんも確か財閥の家柄らしかった様な。
家柄を持ち出さないと自分の立ち位置が見つけられないのでしょうかね、韓国の芸能人って。
2013.08.11Sun 01:30 ≫ 編集
Re: 通りすがり さま
通りすがり さま

その通りです。
その話題は次の予定です。

家柄は本人というより、ネットなど周辺から噂レベルで広がっていっちゃうのだと
思います。自分から持ち出して自慢している人は、あんましいないという認識です。
2013.08.11Sun 12:24 ≫ 編集
イ・ソジンも好きです
7月11日だったかな?イ・ソジンと行くツアーがあって来日してました。
以前、同じようなツアーでオムテウンが来日してましたが、温泉に現地集合して、韓流俳優と過ごすというもの。
もちろん、かなり近くまで近づけるので気になっているのですが・・・参加した事はありません。
2013.08.11Sun 20:08 ≫ 編集
Re: uknowumi さま
uknowumi さま

コメントありがとうございます。

スターと身近に交流とういう世界は僕には縁遠い世界ですね~。
2013.08.12Mon 06:46 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL