FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2010年6月 全州日帰りの旅 ≫ 「食の本場」全州まで、ソウルから日帰り~^^

「食の本場」全州まで、ソウルから日帰り~^^

昨日は「食の本場」で知られる街へ、日帰り。
先週に続き、高速バスの日帰りの旅シリーズ。



全州です。

全羅北道の全州は、駅も、高速道路の料金所も、
公衆電話ボックスも瓦の屋根が立派!。

私たちは過去2回、KTXが開通したすぐの年と、去年は友人A子と、
KTXで全州には出かけています。
「食の本場」も高速バスで行くと、便利で安いですね~。

P1050628.jpg

信号の制御盤も、瓦の屋根がのっています。

「食の本場」として有名ですが、
朝鮮王朝の礎を築いた李成桂が、本貫の地とした土地でもあり
かつての後百済の都としても栄えた街。
史跡や伝統家屋を、巡るのも興味深いです。

「食べる」と「見る」がたっぷり楽しめる全州は
何回訪れても楽しい~。

P1050649.jpg

慶基殿(キョンギジョン)
朝鮮王朝の、歴代王の肖像画が展示されています。

この日も、木陰では地元の年寄りが大勢集まって
ただ、座っていました。座っているだけ・・・。
田舎では、よく見る光景ですが、どうしておじいちゃん達は
特に会話も無く、ただ一点を見つめて、昼の暑い時間
みんなで一緒に、数時間過ごせるのでしょうか?

「私たちも年をとったら、日がな一日中、ぼ~~~っと
 木の下のベンチの座って過ごすのかな~?」「ありえない!」と、
つれあいは、云いますが、先のコトはわかりません。

P1050654.jpg

殿洞聖堂
韓国最初の、殉教者の意を奉じて建てられた聖堂。
ビザンチン様式とロマネスク様式が融合しています。

さてさて、全州までの行程ですが・・・

昨日は、南部高速バスターミナルから乗車しました。
9:00発、途中1回15分のサービスエリアの休憩の後
11:45に全州高速バスターミナルに到着。
行きは、優等バスでなく一般バスにしたら

片道1人10500ウォン!安っ!今のレート換算で約800円!ですよ~

「食の本場」も、バス代がソウルから800円なら、気楽に行けますね。
KTXを利用した場合は、益山で全羅線に乗り換え。
時間、料金、乗り換えを考えたら、やっぱり私は高速バスがいいかな~。

P1050680.jpg

帰りの高速道路の、サービスエリアのトイレ。
水車が回っていました。何のサービス???

帰りは、全州高速バスターミナル20:30発の優等バスに。
渋滞も無く、東ソウル高速バスターミナルに23:30到着。
全州発のソウル行きの最終のバスは、22時台までありました。

優等バスは1人片道18900ウォン。一般バスより8400ウォン高い分
乗り心地が良く、ぐっすり熟睡できてソウルまで帰りました。
運転手さんの、制服とマナーも、優等と一般バスでは違います。
優等バスの運転手さんは、出発前に挨拶をしてくれます^^
挨拶の分も料金に、入っているのかな~?

P1050681.jpg

3回目の全州でしたが、再発見の旅でした。
いろいろ、ご紹介したいのですが・・・

最近は、お出かけ続きで、ウチの中の細々した雑用も片付けないと・・・
週末は、ソウルで美味しいモノを食べましたが、それも・・・
そうそう釜山で食べた美味しいモノもありました。いつのこと?

これは、職業ブロガーにでもならないと、全部はUP出来ません。
職業ブロガーってあるのかしら???
家事の合間に、ポツポツご紹介します^^

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

↑いつもうれしく思っています。
 ブログランキングに参加しています。


関連記事

Comment

こんにちは
私はまだ高速バスの旅をしたことがありません。高速ターミナルのバス乗り場や、南部ターミナルのバス乗り場までは出かけるのですが、待ち合わせの為だけです。出張もうちの社員にバスで行きたい!と提案するのですが、却下です。こんなところにまで、見栄を張らねばいけないのかなと思っています。^^;そのうち、どこかに行って見たいと思います。
2010.06.17Thu 12:57 ≫ 編集
Re: seoulmikiさん
そうですね、お仕事で韓国にお住まいだったら、
何も好き好んで、高速バスに乗る事もないですね。
それでも、いつかseoulmikiさんの眼から見た韓国高速バスの
レポートが読んでみたいです。
私は車のコトは全く分かりませんので、違う印象かもしれません。
時間が出来たら、高速バスで是非出かけてみてください。
楽しみにしています。
2010.06.18Fri 15:14 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL