FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP2013年9月 パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日 ≫ 済州島~市場の喧騒を13人で歩いた~はぐれた~ミヤネヨ~の済州民族五日市場♪

済州島~市場の喧騒を13人で歩いた~はぐれた~ミヤネヨ~の済州民族五日市場♪

え~まず最初にお詫びをいたします m(_ _)m

ワタクシ済州民俗五日市場で、団体行動からはぐれてしまい、
参加者の皆さま、主催者さま、ガイドニムにご迷惑ご心配をかけてしまいました。

一緒に居て一緒にはぐれたお2人も、私たち3人が集団から遅れていると勘違いし、
先に先にと急ぎ、行き着くところまで行き着いて、こりゃ~ハグレタと気づきました。

皆さま~お疲れのところお待たせして、本当に申し訳ございませんでした!
あらためてお詫びいたします。ミヤネヨ~。



さて日本では、毎月7の付く日はポイント2倍の「セブンデイズ」ですが、
ここでは、毎月2と7の付く日に「済州民俗五日市場」が開催されています。
5が付く日じゃないから要注意ね。

私たちが済州島を訪れた初日は、9月の7日。
タイミングいいじゃんと、済州民俗五日市場にレッツラゴーです。

市は新済州市街の北側、空港からも近く、約5000坪の敷地で広大。
生鮮食料品から日用雑貨、韓方薬材、屋台まで並びます。

P1000638.jpg

この済州島の五日市は、かなり歴史が古く・・・
1906年、尹元求という郡長が、民間の物資流通を円滑化するため、
村(邑や面などと韓国では表記)などの行政区分ごとの中心となる役場の周辺に、
5日ごとに市場を開いたのが始まりだそうです。

ガイドニムを先頭にブロガー10人と主催者さま2人、合わせて13人で、
平日は約1万人、休日は約2万人の人出と聞く、大混雑の市場の中を団体行動します。

また次回ツアーがあるのなら、混雑した市場では旗!目印になる旗!の用意を!

P1000582.jpg

旅の最終日だったら・・・間違いなく買い物をしましたが、旅の初日でした。

P1000586.jpg

ここは見るだけと覚悟したら、気持ちがラクになりました。生魚はお土産にしませんが。

P1000585.jpg

見るだけの市場なんて・・・物足りません・・・。
エサを見せられて、取り上げられたワンコの気持ち・・・。

P1000579.jpg

さすが島の市場。お魚が美味しそう~。手が出そうになるのを、ああ~我慢我慢。

P1000613.jpg

これは懐かしい~。子供の頃、湯がいて酢味噌で食べた「ミル」ではないでしょうか。
正式な名称は知りませんが、私が大好きだった海藻の「ミル」かも?
九州の北部にお住まいの方、「ミル」を、どなたかご存知ではないですか?

P1000589.jpg

雑貨。まとめ買いして、バラ撒きのお土産にピッタリなんだけどな。

P1000588.jpg

旅の初日から、本当によく歩いきました。
初日とあって、まだ気心が知れず、挨拶も交わしておらず・・・私はモクモクと歩きます。

P1000593.jpg

シッケを横目に通り過ぎます。「シッケ飲まない?」一声かければ良かったかな。
飲みたかったな・・・シッケ。

P1000590.jpg

ここでは研修旅行の気分になってきました。真面目に見学です。

P1000595.jpg

皆さん、とうもろこしで盛り上がっていましたね~。私も買いました。
好き嫌いありますが、韓国のとうもろこし、モッチッモチッで旨いです!

P1000602.jpg

鶏が元気。

P1000604.jpg

食用?卵用?あなたは、どっち?

P1000605.jpg

生きた鶏の目利きは私には出来ませんが、丸丸とよく太っていますね。

P1000598.jpg

いずれ、こうなっちゃうのかな~?

P1000610.jpg

オリのヒナもフワフワで可愛い~ですが・・・

P1000608.jpg

いつかオリコギになっちゃうのかな~?肉を食べるということは、そういうこと。
なんまいだ~なんまいだ~あ~めん。

P1000612.jpg

私と夫の韓国滞留は、わずか1年と3か月でしたが、市場で買い物をして、
料理をしたことは、今となっては貴重な体験。忘れられない思い出。

P1000617_20130926033206049.jpg

住んでいた安岩洞から京東市場まで近かったので、週に2回か3回は通いましたね。
韓国の市場を歩くと、2009年4月から2010年7月へ、私はタイムスリップします。

P1000633.jpg

市場の喧騒って、やっぱりいいなあ~。済州民俗五日市場か・・・また来れるかな?

P1000619.jpg

白菜のカーブを曲がり・・・

P1000615.jpg

ガイドニム、この先何があるの~?

P1000622.jpg

地元の畑を耕す婆さんたちが集まる、通称「ハルモニジャント」の一角へ。

P1000624.jpg

「ハルモニジャント」とは「おばあちゃん市場」の意味。

P1000625.jpg

ここは済州島のハルモニが手塩にかけて育てた、新鮮な野菜や豆類などが満載。

P1000629.jpg

ハルモニ~今日の売上は~?儲かりましたか~?

P1000599.jpg

「迷ったら買う」とRu~♥さんは言いましたが、迷ったら買わない私。
私・・・これ欲しかったのですが・・・意外と重く・・・迷いました。
やっぱり買えば良かったかな・・・。


P1000611.jpg

市場好きの皆さん!済州島に訪れたのが、たまたま2と7のつく日だったら、
空港からも近い、済州民俗五日市場を歩くのはどうですか~。

ええ~残念!2と7の付く日じゃないわ~なんて、ガッカリしないでください。
済州島へ訪れる皆さ~ん、この五日市場は、済州島の島内各地で開催されています。

P1010511.jpg

・細花五日市場・・・毎月5、10、15、20、25、30日
 東部エリアでは規模が最も大きい。海が一望出来る場所に立つ。
 
 済州市 旧左邑 細花里 TEL 064-728-4155
 

・城山五日市場・・・毎月1、6、11、16、21、26日
 城山日出峰入口に立つ、昔のながらの雰囲気の伝統的な市。
 
 西帰浦市 城山邑 城山里 TEL 064-760-4282
 

・表善五日市場・・・毎月2、7、12、17、22、27日
 規模は小さいが気前は良い。商人の情が最高の市。

 西帰浦市 表善面 表善里 TEL 064-760-4471


・西帰浦郷土五日市場・・・毎月4、9、14、19、24、29日
 水産物、農産物の他、家畜の売買もある異色の市。
 
 西帰浦市 東烘洞 TEL 064-763-0965


・大静五日市場・・・毎月1、6、11、16、21、26日
 港が近く施設も整備されているので、若者に人気の市。品揃えも豊富。
 
 西帰浦市 大静邑 TEL 064-730-1615


・中文郷土五日市場・・・毎月3、8、13、18、23、28日
 中文里の中心街にあって中文観光団地からも近い。地域商圏の中核となっている。

 西帰浦市 中文洞 TEL 064-760-2634


・翰林民族五日市場・・・毎月4、9、14、19、24、29日
 規模は小さいが伝統農機具の販売や、伝統菓子の製造過程の見学と販売も。

 済州市 翰林邑 大林邑 TEL 064-796-8830


ざっとまとめてみましたが、済州島の五日市場巡り、それぞれに特色があって、
これは面白そうです。済州島を訪れたなら、日程が合う市から順に巡ってみてもいいですね。



済州市民俗五日市(제주시민속오일시장)
市が開催される日は、毎月2、7、12、17、22、27日

済州市道頭1洞1212 (제주특별자치도 제주시 도두 1동1212) 
TEL 064-743-5985


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします^^

Baidu IME_2013-9-10_12-21-45
supported by 韓国観光公社&済州特別自治道

関連記事

Comment

市場って楽しいですよね?
さすがに肉や魚は買ったことないですが、キムチ、明太子、のり、ぎんなん、ドライトマト、干し海老、干しタコなんか買いますね~

くそ暑い日でも、氷もないところにおいてあるお魚ちゃん・・・
道路?アスファルトの上でさばいたお魚ちゃん・・・
大丈夫なのでしょうか?

そうそうワッタカッタさん、ちょっとあせりましたね!!
でも、絶対においていくことはしませんから~~~
ケンチャナヨ~
2013.09.26Thu 10:10 ≫ 編集
済州島に行く楽しみが増えました
こんにちわ~

いや~ 私こんな所に来たら、すっかりツアー旅行を忘れ、絶対、添乗員泣かせ泣かせの、うろつき廻る事、間違いなしです

面白~い!! 大好きです市場 暮らしの匂いがプンプンして
初めてのソウルで、おのぼりさんご用達の東大門に行った時、どんなに嬉しかったか、私にとっての韓国の醍醐味は、市場めぐりが、大きく占めています 
済州島へいった方で、市場が面白かったという情報は、聞いてません

ワッタカッタさん 面白い情報 ありがとうございます

皆さんにはぐれても、これじゃ仕方ないでしょう!と、画像を拝見して、納得しています  
2013.09.26Thu 16:52 ≫ 編集
大きな市場(休日2万人って)!

済州島にはまだ行ったことはなく地理感はありませんが、詳しい市場情報ありがとうございます。食に一番興味がある私は、旅行先の市場とスーパーマーケットははずせません。済州島でも市場ぶらぶらをしてみたいなぁ。

韓国の一般的な穀物、果物、日本のものより味が濃くおいしいように感じています。冬はハルラボン、夏は黄桃など果物は初日に市場で買って、部屋食などしたり。おみやげには、ハナロマートで売り場のハルモニおすすめのするめを買ったりしてマス。

済州島の旅行記、これからもアップ楽しみにしています~
 
2013.09.26Thu 21:44 ≫ 編集
NoTitle
市場見学は、途中で自由行動が欲しいところですよね。ペースも見たいところも違うので、団体でぞろぞろは無理があるでしょう。

いたいけなオリの雛鳥に、胸がちくっと痛みました。美味しくて好きなんですけど・・・

カルチ(太刀魚)もピカピカ。お刺身で食べられるのは済州だけなんですよね。釜山の市場で尋ねたら、刺身は無理と言われて驚いたことがあります。傷みやすいみたいですね。チュコチチャンでカルチフェ、食べたい~~ 
2013.09.26Thu 23:25 ≫ 編集
Re: uknowumi さんへ
uknowumiさんへ
市場巡り、主婦は目の色が変わる瞬間です。
そしてずさんな食品の管理にも唖然!ともしますね。
ソウルの市場では、魚と肉には手が出せませんでした・・・。
生肉はマートで買いました。
なので市場はもっぱら、野菜と乾物でしたね。私が買ったものは。
夏も心配でしたが、冬は凍結しないように、
野菜にハロゲンヒーターを当てている商人もいました・・・。
さすがに暖をとっている野菜・・・手が出ませんでした。
市場は、本当に面白いです!

まさかはぐれるとは・・・思いませんでした。すみませんです。
2013.09.28Sat 09:32 ≫ 編集
Re: 緑さんへ
緑さんへ
済州島には地下鉄がありませんので、ローカルバスに乗れる観光客は別ですが、
ほとんどの日本人観光客は、貸切バスかタクシーを使うと思います。
地元の五日市場が、コースに入れられることは、まずないでしょうね。
おうおうに業者は、自分たちの身近な市場が女性観光客に受けが良いとは気づかないものです。
これからコースを組む方、じゃんじゃんリクエストしてください。
済州民族五日市、迫力もあって品揃えも豊富~ワンダーランドです。

ただし団体行動のさいには、旗を用意してくださいね^^
2013.09.28Sat 09:41 ≫ 編集
Re: 銀杏だいすき さんへ
銀杏だいすきさんへ
韓国観光公社さんの刊行物によると、
休日は約2万人、平日は約1万人の人出と書いてあります。
少々盛ってあったとしても、大変な混雑の市場です。
だから面白いのですが。是非、日程が合えば訪ねてみてください。
私も韓国の果物、腐りやすくはありますが、甘くて美味しいですね。
野菜の味もしっかりして、しかも値段が安い。
市場でゆっくり買い物をして、韓国料理が作りたくなります^^
2013.09.28Sat 09:47 ≫ 編集
Re: seuさんへ
seuさんへ
今回のご招待、これは観光旅行ではなく研修旅行だと、
ここで気を引き締めました・・・。
日本の都会の子供たちは、パックに詰められた生肉しか知らず、
肉食をするということは、いたいけな動物の命をいただいている・・・
なんて知らないまま大人になるのが、私は気になります。
雛鳥はかわいいけど、フライドチキンは旨いのです。

ウチの地元、九州の実家の方ではカルチの刺身ありありです。
寿司のネタになっていることも。
カルチの刺身、運送がハイテクになった現在も、東京で見たことないです。
やはり鮮度を保つのが、難しいのでしょうか。
2013.09.28Sat 09:54 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL